超ワールドサッカー

ニュース

thumb

今季3ゴールと苦しいシーズンを振り返るFW岡崎慎司「ずっと考えてプレーしなければいけない」《海外組合宿》

▽日本代表は29日、千葉県内で海外組合宿の2日目を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽練習後、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)がメディアの取材に応対。今シーズンを振り返り、「考えてプレーしなければいけない」と自身の見解を語った。 ◆FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド) (C)CWS Brains,LTD.──今シーズンは3得点に終わったが 「もちろん悔しさはありますが、自分の中では役割の部分で悔しさがありました。100%でゴールを狙っていると、チームのバランスが崩れてしまいます。その狭間でずっと戦っていました。点が獲れてから獲り出す、というのが自分のサイクルでしたが、点が獲れたからといって次も点を狙って高い位置にいると、それでチームのバランスが崩れてしまいます。結果として45分で交代させられたことが何度もあります。あのチームではバランスを考えてプレーしなければいけません。ヴァーディやマフレズなど点が獲れる選手がいますので、どうしても僕は後ろからでした」 「その中で一番多かったのは届きそうで届かないボール。これは、かなり工夫して飛び込んでも追いつかないことが多かったです。もしかしたら決定機を外したと見られているかもしれませんが、自分の中では100%のプレーの結果なので、後悔はないですし、どうやれば届くのだろうという方が大きかったです。そこが見えないから楽しいですし、突き詰めていきたいと思ってます」 「ただ、自分のプレーを振り返り、そういう決定機はほとんどありませんでした。そこにもっと顔を出せるようにしなければいけません。ただ、代表は違うものです。最近プレーしていて思うものは、ずっと考えてプレーしなければいけないなということですね」 (C)CWS Brains,LTD.──日本代表で点を獲るためにはメリハリが必要か 「何かを掴むときは何かのキッカケがあります。それは誰にでも巡ってくるチャンスで、そこを見逃さないように工夫しなければいけません。日本代表でももう一度自分が試合に出て、そして点を獲る。そういう準備をしていきたいです」 2017.05.29 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギーで得点を量産したFW久保裕也「スイスよりプレッシャーがあってもできた」《海外組合宿》

▽日本代表は29日、千葉県内で海外組合宿の2日目を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽練習後、FW久保裕也(ヘント/ベルギー)がメディアの取材に応対。新天地ベルギーでのシーズンを振り返るとともに、自身の課題について口にした。 ◆FW久保裕也(ヘント/ベルギー) (C)CWS Brains,LTD.──練習前にハリルホジッチ監督とはどう言った話をしたか 「フィジカル的なコンディションの部分のことを言われました。具体的には、データを元にこう言う風にしたほうがいいと」 ──具体的な内容は 「上下運動ができるようなトレーニングや、この合宿でやるようなことをもっとやって行けということでした」 ──データ的に不足を指摘されたりはあったか 「色々言われましたが、全体的に見て自分のコンディションを上げろと言うことかなと」 (C)CWS Brains,LTD.──ベルギーでプレーオフまで戦い連戦だったが、今のコンディションは 「自分的には悪くないと思っていますが、監督の求めるものはレベルが高いので、それに応えられればまた成長できるかなと思います」 ──今シーズン結果を残した中で感じる課題は 「色々ありますし、チームと代表のスタイルは違います。ここではここの課題、チームではチームの課題があります」 ──日本代表代表での課題は 「上下運動が求められています。監督からもゴール前に入る回数を増やせと言われてます。また守備も求められます」 (C)CWS Brains,LTD.──ベルギーリーグでハーフシーズンを戦った感想は 「スイスよりもプレッシャーがある中でも、できたなという印象です」 ──日本代表にはプレミアリーグやブンデスリーガで活躍している選手がいるが、刺激を受けるのでは 「それは今回に限らず、呼ばれた時は常に感じていました。良い刺激をもらってます」 2017.05.29 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトかアーセナルか…去就についてFW浅野拓磨「流れに身を任せるのもあり」《海外組合宿》

▽日本代表は29日、千葉県内で海外組合宿の2日目を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽練習後、FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)がメディアの取材に応対。ドイツで戦うためのトレーニングについて語り、自身の去就についても口にした。 ◆FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ) (C)CWS Brains,LTD.──シュツットガルトは2部で優勝しブンデスリーガに昇格したが、自身の去就は 「まだそんなに考えていないですね。どっちに転んでも、すごく良い環境でやれると思ってます。今は、流れに身をまかせるのもありかなと思ってます。どちらかといえば、今は代表のことに集中したいので、そのことは深く考えていません」 ──体つきがだいぶ変わった印象だが 「そういうトレーニングも、海外でやって行く上では必要なものだと思ってます。それなりにはやってます。ただ、増やすというよりも落とさないイメージです。自分の特長であるスピードを意識して、そこは絶対に落とさないようにしてます」 (C)CWS Brains,LTD.──スピードに関してはブンデスリーガでも通用すると思うが、他のどの部分が課題に思っているか 「スピードには自信がありますが、その活かし方。それは自分だけではできません。味方の選手とどれだけ息を合わせてできるか。そこが大事なことであり難しいことだと感じてます」 2017.05.29 22:35 Mon
twitterfacebook
thumb

合流初日のFW大迫勇也、6月の2試合に向けて「しっかりと結果を残したい」《海外組合宿》

▽日本代表は29日、千葉県内で海外組合宿の2日目を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽練習後、この日から合宿に合流したFW大迫勇也(ケルン/ドイツ)がメディアの取材に応対。シーズンを振り返るとともに、6月の試合に向けて意気込みを語った。 ◆FW大迫勇也(ケルン/ドイツ) (C)CWS Brains,LTD.──1日遅れの合流となったが、トレーニングしてみて 「やっぱり走るなと(笑) 予想通りの練習でした」 ──これでまたスイッチが入るのでは 「スイッチというか、頭の中は自然とイラク戦に向けて動いています。なのでそこは心配していません」 ──ハリルホジッチ監督とは話をしたか 「最初は冗談のような感じで、頭を切り替えてもらいたいというような話です。ここで一つコンディションを上げて、シリア戦で良い調整ができるように、そしてイラク戦にトップコンディションで臨めればなと思ってます」 (C)CWS Brains,LTD.──今シーズンはケガや体調不良があったが、最後に調子を上げて日本代表に来られたのでは 「確かに良い流れで来てますが、代表は別です。やり方も雰囲気も違います。また切り替えてやりたいです」 ──7ゴール獲ってシーズンを終えて日本代表に来たことで持ち込める部分もあるのでは 「正直にもう少し欲しいですね。フォワードは2ケタ獲らなければいけません。今シーズンは残り代表戦しかありません。しっかりと結果を残したいですね」 (C)CWS Brains,LTD.──3月のUAE戦は途中でケガしたことで不完全燃焼だった思うが、次の試合に向けては 「ケガば仕方なかったですし、不幸中の幸いというか、軽傷でした。ただ、もう一度同じ場面が来ても突っ込んで行くと思います」 ──あの試合の大迫選手、久保裕也選手、原口元気選手のスリートップは、もっと煮詰めれば迫力があると思ったが 「チーム全体として、やるべきことが少し整理できてきたかなと。もっと結果がついてくれば、個人個人の自信にもなります。なので、まずは結果を残すことが一番大事だと思ってます」 2017.05.29 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

海外組合宿2日目! FW大迫勇也が合流もMF乾貴士が足首の違和感で練習を切り上げる…《海外組合宿》

▽日本代表は29日、千葉県内で海外組合宿を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 (C)CWS Brains,LTD.▽合宿2日目には前日のトレーニングに参加した10名に加え、FW大迫勇也(ケルン/ドイツ)も合流した。 (C)CWS Brains,LTD.▽ピッチに入ってきた選手たちは、鳥カゴで体をほぐす。一方で、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、久保裕也(ヘント/ベルギー)はヴァイッド・ハリルホジッチ監督とのミーティング実施後に鳥カゴに参加。その後は、合流したばかりの大迫だけ別メニューとなり、他の10選手はランニングをスタート。 (C)CWS Brains,LTD.▽その後は、川島永嗣(メス/フランス)だけGKトレーニングに移り、他の9選手は4人と5人に分かれ、ボールを使ったサーキットトレーニングで汗を流した。練習の合間には給水の時間を設け、次は再び川島も交えて強度の高い鳥カゴを行なった。 ▽しかし、このトレーニング中に乾貴士(エイバル/スペイン)が足首に違和感を覚えて離脱。ハリルホジッチ監督とのミーティング後、軽めのランニングを行なってトレーニングを切り上げた。 (C)CWS Brains,LTD.▽最後には再び川島が外れて4人一組となり、ミニコートでのサッカーを実施。最後はダウンを行なって2日目のトレーニングは終了した。 2017.05.29 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田MFムサエフがウズベキスタン代表に選出「日本と同様にウズベキスタンも応援して下さい」

▽ジュビロ磐田は29日、MFムサエフが、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨むウズベキスタン代表に選出されたことを発表した。 ▽ウズベキスタンはグループAに属し、7試合を終え4勝3敗の勝ち点12で現在3位に位置。首位のイラン代表とは勝ち点差5、2位の韓国代表とは勝ち点差1となっている。ウズベキスタンは12日にアウェイで首位のイランと対戦する。ムサエフはクラブを通じてコメントしている。 「今回、ワールドカップ最終予選の代表に選ばれて、大変光栄です。母国がロシアワールドカップ本戦に出場できるよう全力で戦ってきます。ジュビロ磐田の選手として、ワールドカップに出場することは僕の夢です。日本と同様にウズベキスタンも応援して下さい。僕も日本とウズベキスタンが共にアジア代表として、本戦に出場できることを願っています」 2017.05.29 19:40 Mon
twitterfacebook
thumb

キャプテンとしてハンブルガーSVを残留に導いたDF酒井高徳「悪い時こそ、自信を持ってプレーしなきゃいけない」《海外組合宿》

▽日本代表は28日、千葉県内で海外組合宿を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽練習後、日本代表に招集されたDF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)がメディアの取材に応対。苦しい残留争いを繰り広げたシーズンについて振り返るとともに、代表での活動に向けての意気込みを語った。 ◆DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ) (C)CWS Brains,LTD.──今シーズンの収穫というのは 「できれば残留争いはしたくないのが本音です。プレー面での収穫は、辛い状態でも自分のパフォーマンスを下げずにプレーできたことが一番良かったと思います。メンタル面でも成長できたのが一番の収穫ですね」 ──パフォーマンスを下げないために気をつけたことは 「下位に沈んでいるチームのサッカーは、自信を持ちにくいシチュエーションです。チーム全体で話し合ってはいますが、ポジティブにポジティブにと考えていました。空なポジティブではなく、チームとして自信を持ってプレーしようと意気込みを持った中で、チームが厳しい状況でも最後まで諦めずに戦おうという自信がプレーの自信にも表れたと思います。90分間を通して失点したり得点したり、悪いシチュエーションもある中でこそ、そういったことを自分に言い聞かせることで、ある程度安定したパフォーマンスができたことが掴めました。悪い時こそ、自信を持ってプレーしなきゃいけない。それがなかなか難しいなということにも気付けました」 (C)CWS Brains,LTD.──キャプテンとしてのプレッシャーもあったのでは 「ありましたね。エゴじゃないですが、自分は常に良くなきゃいけない。周りが悪くても自分は良くなきゃいけないという風な感じでずっとやっていました。攻撃的なポジションをやったときは、結果でチームに貢献できたら良かったんですが、なかなか上手くいきませんでした。最低限良いプレーを味方に見せて、少しでも勢いづけられるようにと注意していつもやっていました」 ──残留を決めた時の涙は 「色々な感情がありましたけど、単純に溢れてきたという感じが強かったです。不安もあったし、やれるという自信を持っている自分に対しての半信半疑の気持ち。シチュエーションにギャップがあるときは信じきれないこともありました。あとは周りで支えてくれた人、チームメイトもそうですし、色々な人への感謝。そういった複数の思いがバーっと出てきた感じですね。一番はホッとしたという感じです」 (C)CWS Brains,LTD.──今日からの代表合宿には新たな気持ちで臨むことができているか 「帰ってきてから3、4日もらえて、家族とも過ごせて、自分なりのリフレッシュができました。初日ということで、ケガなく全体合流まで行くことが大事です。もちろんコンディションを作ることもですが、張り切りすぎず、気を抜きすぎず、良い感じでやりたいです。新しい選手という意味では、大きなグループではなく、小さなグループから入って行くことが良いかなと思います。コミュニケーションを取りづらそうにはしていなかったので心配はないと思いますし、上手く入っていければと思います」 2017.05.28 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

苦しいシーズンも終盤にポジションを掴んだGK川島永嗣「これから先も一歩一歩進んでいきたい」《海外組合宿》

▽日本代表は28日、千葉県内で海外組合宿を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽練習後、日本代表に招集されたGK川島永嗣(メス/フランス)がメディアの取材に応対。初招集となったMF加藤恒平(ベロエ・スタラ・ザゴラ/ブルガリア)の印象や、自身のシーズンについて語った。 ◆GK川島永嗣(メス/フランス) (C)CWS Brains,LTD.──日本代表初招集となった加藤恒平選手のイメージは 「普通に話しました(笑)まだ1日というか、さっきなので(笑)でも、いいんじゃないですかね。今は前に比べて海外でプレーしている日本人選手も増えていますし、ヨーロッパでもアメリカでもそうです。ここまで海外で日本人がプレーしていることはなかったのでね。ブラジル人まではいかないですが、日本人選手が求められている中で、どこでやっていてもしっかりとパフォーマンスを残していれば、日本代表という場所があることは希望だと思います。そういった意味で、良い例だと思います」 (C)CWS Brains,LTD.──今シーズンは苦しかったと思いますが振り返って 「特別なシーズンだったなと思います。ここ2年ぐらい色々な経験をさせてもらっているのでね。自分の中では、ここまで一歩一歩進んできましたし、これから先も一歩一歩進んでいきたいと思っています。でも、自分の中では何かを成し遂げたという感じはないですね」 2017.05.28 23:52 Sun
twitterfacebook
thumb

約2年ぶりの日本代表招集となったMF乾貴士「一緒にサッカーできるのは楽しい」《海外組合宿》

▽日本代表は28日、千葉県内で海外組合宿を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽練習後、日本代表に約2年ぶりに招集されたMF乾貴士(エイバル/スペイン)がメディアの取材に応対。ケガの状態や、エイバルでのプレー、バルセロナ戦で挙げた2ゴールについて語った。 ◆MF乾貴士(エイバル/スペイン) (C)CWS Brains,LTD.──ケガの状態はどうか 「多少痛くてもやりたいなと思います」 ──どの場面で負傷したのか 「バルサ戦です。2点目のシュートの時の着地でやったと思います。その時はなんともなかったんですが、その後走ったらなんか痛いなと。その時しか無いと思います」 ──正式な診断結果は 「ただの捻挫です」 ──練習前にハリルホジッチ監督と話していたが、ケガのことか 「そうですね。そのことと、自分のプレースタイルの部分と、代表での役割ですね。スペインでやっているサッカーとは異なるところがあるので、そこの役割を話しました」 ──日本代表は久々の招集ですが 「すごく楽しみでしたし、久々に会う選手もいるので、一緒にサッカーできるのは楽しいです。そこは喜びを噛み締めながら、楽しみながら、しっかり勝てるように、自分自身貢献できるようにしたいです」 (C)CWS Brains,LTD.──今シーズンはどんな1年だったか 「凄く良い1年でしたし、成長できた1年でした。出られない時期もあったんですが、その時期も腐らずやれたのは成長だと思います。そこから這い上がってスタメンも獲れました。コンスタントに試合に出られたのは自分にとっても成長できたところだと思います」 ──ドイツからスペインにわたっての苦労は 「技術面ではみんなレベルが高いので、そこは戸惑うではないですが、凄くビックリしました。守備面が最初は難しかったです。監督が求めることが理解できず、1年目は苦しみましたが、2年目は理解できるようになったので良かったです。あと、ディフェンスのアジリティがドイツよりもあるので、かわせたと思っても付いてこられる場面が増えました」 ──クラブと代表での違いがあると思うが 「クラブでは足下で受けることが多いので、そこからの個人技やサイドバックとのコンビネーションが求められています。でも、こっちでは基本的に裏を狙ってゴールを狙いに行くのが重要になると思うので、求められることをやりながら自分の特徴を出せればと思います」 ──バルサ戦のゴールの様な形を狙っていく感じか 「あのような所は狙って行かないといけないですし、狙えば得点チャンスが増えると思います」 (C)CWS Brains,LTD.──改めてバルサ戦の2ゴールを振り返って 「コースが凄く良かったのでラッキーな部分もありますけど、入ったことが良かったです。点が獲れたのが本当に良かったですね」 ──バルサから点を獲るというのはいかがですか 「もちろん嬉しいですし、去年初めてバルセロナとカンプ・ノウでやりました。カンプ・ノウでやることは自分の夢でしたが、何もできなくて、ピッチに立つだけでは満足できないと去年は思いました。それが2点に繋がったのは凄く良かったです。ただ、点を獲ってもシーンとなったので、不思議でした」 2017.05.28 22:20 Sun
twitterfacebook
thumb

緊張も見られたMF加藤恒平、初めての日本代表招集に「スタートラインに立っただけ」《海外組合宿》

▽日本代表は28日、千葉県内で海外組合宿を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽練習後、日本代表に初招集されたMF加藤恒平(ベロエ・スタラ・ザゴラ/ブルガリア)がメディアの取材に応対。日本代表の雰囲気についてコメントするとともに、自身の経験を生かしたいと語った。 ◆MF加藤恒平(ベロエ・スタラ・ザゴラ/ブルガリア) (C)CWS Brains,LTD.──日本代表の雰囲気は 「凄く良いです。最初は誰も知らない人ばかりでしたが、一緒に練習したら、代表の選手は人間性もみんな素晴らしいなと感じました」 ──久保裕也選手とよく話していたようだが 「僕は大学が立命館大学で、京都サンガF.C.のユースから大学に来ている子が結構居ます。そこで共通の知り合いが居たので、話が盛り上がりました」 ──ハリルホジッチ監督のイメージは 「最初は少し怖い方なのかなと思いますが、凄く冗談を言われるので、そこのメリハリがしっかりしているという印象です」 ──監督から要求されたことは 「戦術的なことはまだ話していません。これからになると思います」 (C)CWS Brains,LTD.──初めての代表の練習はどうだったか 「今日は全然キツくなく、気持良くやれました」 ──改めて代表に選ばれた状況は 「周りがガラッと変わりました。そこに自分が戸惑っている部分があります。ピッチの上では自分がやるべきことをやって、周りにはしっかり流されないように、そこも自分の中でしっかりやっていきたいと思います」 ──27歳での日本代表初招集となったが、ここまでの道のりは長かったか、短かったか 「周りから見たら27歳は遅く見られるかもしれませんが、僕にとっては全てが必要な時間でした。そこに関しては、長いも短いもないです。代表に来るまでに必要な時間だったと感じています」 ──海外に行ったのは日本代表に呼ばれるためでもあったかと思うが 「僕みたいな経歴の選手が日本でやっていても目につかないと思います。日本代表に入ったら海外の選手と戦うことになるので、だったら日頃の練習や試合から海外でやったほうが、代表に呼ばれた時に力になれるんじゃないかと思っています」 (C)CWS Brains,LTD.──いよいよ呼ばれたという感じか 「ようやく呼ばれて、スタートラインに立っただけです。ここから呼ばれ続けること、試合に出続けることが大事になると思うので、そこを目指してやっていきます」 ──色々な国での経験は代表で生きるか 「比較的環境に慣れることは得意です。そういった意味では周りをあまり気にせずにやれます。多少の緊張はありますが、周りの良い方ばかりなのでしっかりやれると思います」 ──日本代表の試合は観ていたのか 「観れる試合は観ていて、代表に呼ばれてから4試合を観直しました」 2017.05.28 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

日本代表招集外のMF宇佐美貴史、来シーズンのポジションは「10番のポジションになる」《海外組合宿》

▽日本代表は28日、千葉県内で海外組合宿を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。 ▽練習後、日本代表には招集されていないものの、バックアップメンバーとして海外組合宿に呼ばれたMF宇佐美貴史(アウグスブルク)がメディアの取材に応対。難しいモチベーションながらもしっかりと準備すると意気込みを語り、来シーズンはクラブでのポジションも変更があることを明かした。 ◆MF宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ) (C)CWS Brains,LTD.──微妙な立ち位置での参加となるがどのようなモチベーションですか 「準備を求められているので、黙々と良い準備をしたいと思っています。良いモチベーションでいます」 ──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督とはなにか話しましたか 「着いてすぐ話しました。チーム(アウグスブルク)のことと、この合宿について話しました」 ──アウグスブルクでの1シーズン目が終わりましたが 「苦しい1年でした。チームとしてもなかなかうまく行かなくて、でも最後に盛り返して残留も決めました。間違いなく良い1年とは言えないですけど、今年のことをどう次の1年に生かすかということしかないです」 ──合宿参加の連絡があったのはいつですか? 「昨日(27日)の夜ですね。明日の昼に幕張に来いと(笑)」 (C)CWS Brains,LTD.──予定していたことがあったりは? 「(予定は)大分飛んでます(笑)。それでも来なくてはいけないですし、来れることを光栄に思うのが代表です。準備を求められているので、モチベーションは難しい部分はありますけど、求められたことをするのが選手の宿命だと思います。急に呼び出されようが、予定が飛ぼうが、やり続けるだけです」 ──来シーズンに繋げたい部分は 「来シーズンはポジションを変えると、監督とGMと話しました。真ん中の10番のポジション(トップ下)でやってほしいということだったので、結構変わると思います。よりボールに触れるポジションでやらせてもらったほうが、自分の特徴を生かせると話して決めました。この合宿で、今日は走りの部分をどこまで伸ばせるかという練習もしましたし、来シーズンに向けた一歩にできたらと思います」 2017.05.28 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

エル・シャーラウィやモントリーボが復帰! イタリア代表26名が発表《ロシアW杯欧州予選》

▽イタリアサッカー連盟 (FIGC)は27日、来月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選と国際親善試合に臨むイタリア代表メンバー26名を発表した。 ▽今回の招集メンバーでは、ナポリMFロレンツォ・インシーニェやパリ・サンジェルマンMFマルコ・ヴェッラッティ、ローマMFダニエレ・デ・ロッシ、トリノFWアンドレア・ベロッティら従来の主力が名を連ねたほか、ローマFWステファン・エル・シャーラウィや、昨年10月のスペイン代表戦で左ヒザ前十字じん帯を損傷し長期離脱を強いられていたミランMFリッカルド・モントリーボが復帰。 ▽また、ユベントスに所属するGKジャンルイジ・ブッフォンやDFレオナルド・ボヌッチ、DFジョルジョ・キエッリーニ、DFアンドレア・バルザーリ、MFクラウディオ・マルキジオら5選手は6月3日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦後の同5日に合流する。 ▽欧州予選5試合を終えてグループGの2位に位置するイタリアは、6日にウルグアイ代表との国際親善試合を行い、11日にホームで最下位リヒテンシュタイン代表と欧州予選で対戦する。今回発表されたイタリア代表メンバーは以下の通り。 ◆イタリア代表メンバー GK ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス) ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン) シモーネ・スクフェット( ウディネーゼ) DF ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) レオナルド・ボヌッチ(ユベントス) アンドレア・バルザーリ(ユベントス) エメルソン・パルミエリ(ローマ) ダビデ・アストーリ(フィオレンティーナ) ダニーロ・ダンブロージオ(インテル) マッティア・カルダーラ(アタランタ) レオナルド・スピナッツォーラ(アタランタ) フェデリコ・チェッケリーニ(クロトーネ) マッテオ・ダルミアン(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) MF クラウディオ・マルキジオ(ユベントス) ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ) ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ) リッカルド・モントリーボ(ミラン) フェデリコ・ベルナルデスキ(フィオレンティーナ) アントニオ・カンドレーバ(インテル) ロレンツォ・ペッレグリーニ(サッスオーロ) マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン/フランス) FW ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ) チーロ・インモービレ(ラツィオ) エデル(インテル) アンドレア・ベロッティ(トリノ) マノロ・ガッビアディーニ(サウサンプトン/イングランド) 2017.05.28 02:46 Sun
twitterfacebook
thumb

K・ナバスやB・ルイスなどが選出!! コスタリカ代表メンバー発表《ロシアW杯北中米カリブ海予選》

▽コスタリカサッカー連盟は26日、ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海最終予選に臨むコスタリカ代表メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、GKケイロル・ナバス(レアル・マドリー)やFWジョエル・キャンベル(スポルティング)、MFブライアン・ルイス(スポルティング)らが招集されている。 ▽コスタリカは現在、北中米カリブ海最終予選で4試合を戦い2勝1分け1敗で勝ち点7を獲得。メキシコ(勝ち点10)に次いで、2位に立っている。今回は8日と28日にぞれぞれホームでパナマとトリニダード・トバコと対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆コスタリカ代表メンバー GK ケイロル・ナバス(レアル・マドリー/スペイン)パトリック・ペンベルトン(アラフエレンセ) ダニー・カルバハル(サプリサ) レオネル・モレイラ(エレディアノ) DF ケンネル・グティエレス(アラフエレンセ) ミカエル・ウマーニャ(アラフエレンセ) ホセ・サルバティエラ(アラフエレンセ) ジョニー・アコスタ(エレディアノ) ケンドル・ワストン(バンクーバー・ホワイトキャップス/カナダ) フランシスコ・カルボ(ミネソタ・ユナイテッド/アメリカ) ロナルド・マタリタ・ウラテ(ニューヨーク・シティ/アメリカ) クリスティアン・ガンボア(セルティック/スコットランド) ブライアン・オビエド(サンダーランド/イングランド) ジャンカルロ・ゴンサレス(パレルモ/イタリア) MF ダニエル・コリンドレス(サプリサ) ランダル・アソフェイファ(エレディアノ) クリスティアン・ボラーニョス(バンクーバー・ホワイトキャップス/カナダ) デビッド・グズマン(ポートランド・ディンバーズ/アメリカ) ロドニー・ワラセ(ニューヨーク・シティ/アメリカ) イェルツィン・テヘダ(ローザンヌ/スイス) セルソ・ボルジェス(デポルティボ/スペイン) ジョエル・キャンベル(スポルティング/ポルトガル) ブライアン・ルイス(スポルティング/ポルトガル) FW マルコ・ウレニャ(サンノゼ・アースクエイクス/アメリカ) ジョハン・ヴェネガス(ミネソタ・ユナイテッド/アメリカ) アリエル・ロドリゲス(バンコク・グラス/タイ) ダヴィド・ラミレス(サプリサ) 2017.05.27 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ゼコやピャニッチが順当に選出! ボスニア・ヘルツェゴビナ代表メンバーが発表!《ロシアW杯欧州予選》

▽ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(FSBiH)は26日、ロシア・ワールドカップ欧州予選に臨むボスニア・ヘルツェゴビナ代表メンバー28名を発表した。 ▽今回のメンバーには、出場停止明けのローマFWエディン・ゼコを始め、ユベントスMFミラレム・ピャニッチやチェルシーGKアスミル・ベゴビッチら主力が順当に選出された。 ▽ロシアW杯欧州予選でグループHの3位に位置するボスニア・ヘルツェゴビナは、9日にホームで2位のギリシャ代表と対戦する。今回発表されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表メンバーは以下のとおり。 ◆ボスニア・ヘルツェゴビナ代表メンバー GK アスミル・ベゴビッチ(チェルシー/イングランド) イブラヒム・シェヒッチ(カラバグ/アゼルバイジャン) ケナン・ピリッチ(ズリニスキ・モスタル) DF オグジェン・ヴランジェ(AEKアテネ/ギリシャ) アブディヤ・ヴァサジェビッチ(オスマンルスポル/トルコ) エディン・コカリッチ(メヘレン/ベルギー) ダリオ・ジュミッチ(NEC/オランダ) サミル・メミシェビッチ(フローニンヘン/オランダ) エルミン・ビカクチッチ(ホッフェンハイム/ドイツ) トニ・シュニッチ(パレルモ/イタリア) ダニエル・パブロビッチ(サンプドリア/イタリア) エルビン・ズカノビッチ(アタランタ/イタリア) MF ミロスラフ・ステファノビッチ(ジェリェズニチャル) ハリス・メドゥンヤニン(フィラデルフィア・ユニオン/アメリカ) ダニエル・ミリチェビッチ(ヘント/ベルギー) ゴイコ・チミロット(PAOK/ギリシャ) エディン・ヴィスチャ(イスタンブールBB/トルコ) サニン・プルチッチ(レンヌ/フランス) モハメド・ベシッチ(エバートン/イングランド) ラデ・クルニッチ(エンポリ/イタリア) マト・ヤヤロ(パレルモ/イタリア) セナド・ルリッチ(ラツィオ/イタリア) ミラレム・ピャニッチ(ユベントス/イタリア) FW エディン・ゼコ(ローマ/イタリア) ヴェダド・イビセビッチ(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) ケナン・コドロ(オサスナ/スペイン) アルミン・ホジッチ(ディナモ・ザグレブ/クロアチア) リアド・バイッチ(コンヤシュポル/トルコ) 2017.05.27 02:23 Sat
twitterfacebook
thumb

原口同僚MFダリダらチェコ代表メンバーが発表《ロシアW杯欧州予選》

▽チェコサッカー協会(MFS)は25日、国際親善試合とロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むチェコ代表メンバー22名を発表した。 ▽カレル・ヤロリム監督は、今回のメンバーにMFウラジミール・ダリダ(ヘルタ・ベルリン)やDFセオドル・ゲブレ・セラシェ(ブレーメン)など主力を順当に選出している。 ▽チェコは6月5日にベルギー代表と国際親善試合で対戦。同10日にアウェイでノルウェー代表(5位/勝ち点3)とロシアW杯欧州予選を戦う。今回発表されたチェコ代表メンバーは以下の通り。 ◆チェコ代表メンバー22名 GK トマシュ・バシリク(バーゼル/スイス) トマシュ・コウベク(スパルタ・プラハ) イリ・パブレンカ(スラビア・プラハ) DF ヤクブ・ブラベツ(ヘンク/ベルギー) トマシュ・シボク(ブルサシュポル/トルコ) フィリップ・ノバク(ミッティラン/デンマーク) マレク・スヒー(バーゼル/スイス) トマシュ・カラス(フルアム/イングランド) パベル・カデラベク(ホッフェンハイム/ドイツ) セオドル・ゲブレ・セラシェ(ブレーメン/ドイツ) MF ヨセフ・スラル(スパルタ・プラハ) トマシュ・ホラバ(ビクトリア・プルゼニ) アントニン・バラク(スラビア・プラハ) ヤロミール・ズムルハル(スラビア・プラハ) トマシュ・スーチェク(スロバン・リベレツ) ボレク・ドカル(河南建業/中国) ヤクブ・ヤンクト(ウディネーゼ/イタリア) ラディスラフ・クレイチ(ボローニャ/イタリア) ウラジミール・ダリダ(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) FW パトリック・シック(サンプドリア/イタリア) ミラン・シュコダ(スラビア・プラハ) ミハエル・クルメンチク(ビクトリア・プルゼニ) 2017.05.26 12:26 Fri
twitterfacebook
thumb

今季11得点のベテランFWノヴァコヴィッチらスロベニア代表メンバーが発表!《ロシアW杯欧州予選》

▽スロベニアサッカー協会(NZS)は25日、ロシア・ワールドカップ欧州予選に臨むスロベニア代表メンバー27名を発表した。 ▽スレチコ・カタネツ監督は、アトレティコ・マドリーのGKヤン・オブラクや、Jリーグでもプレー経験があるマリボルのFWミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチを招集。その他にも、フィオレンティーナのFWヨシップ・イリチッチなどを招集した。 ▽スロベニアは、イングランド代表、スロバキア代表、スコットランド代表、リトアニア代表、マルタ代表と同じグループFに入っており、5試合を終えて勝ち点8の3位。6月10日にマルタとホームで対戦する。今回発表されたスロベニア代表メンバーは以下のとおり。 ◆スロベニア代表メンバー27名 GK ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー/スペイン) ヴィド・ベレツ(カルピ/イタリア) ヤン・コプリベック(アノルトシス・ファマグスタ/ギリシャ) グレガ・ソルカン(ゴリツァ) DF ユレ・バルコヴェツ(ドムジャレ) ミハ・ブラジッチ(ドムジャレ) マティヤ・シロク(ドムジャレ) マテイ・パルチッチ(マリボル) ネマニャ・ミトロビッチ(オリンピア) アントニオ・デラメア・ムリナール(ニューイングランド・レボリューション/アメリカ) ボヤン・ヨキッチ(ウファ/ロシア) ミハ・メビジャ(ロストフ/ロシア) グレゴル・シコシェク(ブロンビー/デンマーク) ネイツ・スクビッチ(コンヤシュポル/トルコ) ルカ・クラインツ(フロジノーネ/イタリア) アリアス・ストゥルナ(カルピ/イタリア) MF ザン・マイェル(ドムジャレ) ベンヤミン・べルビッチ(コペンハーゲン/デンマーク) ライコ・ロトマン(カイセリシュポル/トルコ) レネ・クーリン(グラナダ/スペイン) ミハ・ザイツ(エンポリ/イタリア) ジャスミン・クルティッチ(アタランタ/イタリア) ニク・オムラディッチ(ブラウンシュヴァイク/ドイツ) FW ヨシップ・イリチッチ(フィオレンティーナ/イタリア) ロベルト・ベリッチ(サンテチェンヌ/フランス) ロマン・ベジャク(リエカ/クロアチア) ミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチ(マリボル) 2017.05.26 11:42 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェールズ代表に16歳のDFアンパドゥらが初招集! ベイルは出場停止のため選外《ロシアW杯欧州予選》

▽ウェールズサッカー協会(FAW)は25日、6月に行われるロシア・ワールドカップ欧州予選に臨むウェールズ代表メンバー26名を発表した。 ▽今回のメンバーには、MFアーロン・ラムジー(アーセナル)やDFアシュリー・ウィリアムズ(エバートン)、MFジョー・アレン(ストーク・シティ)らが順当に選出。また、16歳のDFイーサン・アンパドゥ(エクセター・シティ)やDFジェシン・ジョーンズ(エバートン)など4名が初招集となった。 ▽その他、FWガレス・ベイル(レアル・マドリー)、DFニール・テイラー(アストン・ビラ)は出場停止のため招集外となっている。 ▽ウェールズは欧州予選でグループDに属し、5試合を終えて3位に位置。6月11日に首位のセルビア代表とアウェイで対戦する。今回発表されたウェールズ代表メンバー26名は以下のとおり。 ◆ウェールズ代表メンバー26名 GK ウェイン・ヘネシー(クリスタル・パレス/イングランド) ダニー・ウォード(ハダースフィールド/イングランド) オーウェイン・フォン・ウィリアムズ(インヴァネス/スコットランド) DF デクラン・ジョン(カーディフ) アシュリー・リチャーズ(カーディフ) イーサン・アンパドゥ(エクセター・シティ/イングランド) トム・ロッキャー(ブリストル・ローバーズ/イングランド) ジョー・ウォルシュ(MKドンズ/イングランド) ジェシン・ジョーンズ(エバートン/イングランド) アシュリー・ウィリアムズ(エバートン/イングランド) ジェームズ・チェスター(アストン・ビラ/イングランド) ベン・デイビス(トッテナム/イングランド) クリス・ガンター(レディング/イングランド) MF マーリー・ワトキンス(バーンズリー/イングランド) エミール・フース(イプスウィッチ・タウン/イングランド) リー・エバンス(ウォルバーハンプトン/イングランド) デイビッド・エドワーズ(ウォルバーハンプトン/イングランド) ジョー・レドリー(クリスタル・パレス/イングランド) ジョー・アレン(ストーク・シティ/イングランド) アーロン・ラムジー(アーセナル/イングランド) ハリー・ウィルソン(リバプール/イングランド) FW ハル・ロブソン=カヌ(WBA/イングランド) サム・ヴォークス(バーンリー/イングランド) トム・ローレンス(イプスウィッチ・タウン/イングランド) トム・ブラッドショー(バーンズリー/イングランド) ベン・ウッドバーン(リバプール/イングランド) 2017.05.26 11:29 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド代表メンバーが発表! ルーニーは引き続き選外、トリッピアーが初招集《ロシアW杯欧州予選》

▽イングランドサッカー協会(FA)は25日、6月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選と国際親善試合に向けたイングランド代表メンバー25名を発表した。 ▽ガレス・サウスゲイト監督は、GKジョー・ハート(トリノ/イタリア)やDFクリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)、FWジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)やMFデレ・アリ(トッテナム)、FWハリー・ケイン(トッテナム)などの主力を順当に選出した。 ▽また、3月に久々の代表復帰を果たしたFWジャーメイン・デフォー(サンダーランド)も引き続き選出。足首を負傷していたGKジャック・バトランド(ストーク・シティ)が復帰した。一方で、FWウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)は引き続き選外となった。初招集はDFキーラン・トリッピアー(トッテナム)の1名。 ▽イングランドは、6月10日にスコットランド代表とロシアW杯欧州予選を戦い、同13日にフランス代表とアウェイで国際親善試合を戦う。今回発表されたイングランド代表メンバー25名は以下のとおり。 イングランド代表メンバー25名 GK ジャック・バトランド(ストーク・シティ) フレイザー・フォースター(サウサンプトン) ジョー・ハート(トリノ/イタリア) トム・ヒートン(ハル・シティ) DF ライアン・バートランド(サウサンプトン) ギャリー・ケイヒル(チェルシー) ナサニエル・クライン(リバプール) アーロン・クレスウェル(ウェストハム) ベン・ギブソン(ミドルズブラ) フィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド) クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド) ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ) キーラン・トリッピアー(トッテナム) カイル・ウォーカー(トッテナム) MF デレ・アリ(トッテナム) エリック・ダイアー(トッテナム) アダム・ララナ(リバプール) ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド) ジェイク・リバモア(WBA) アレックス・オックスレイド=チェンバレン(アーセナル) ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ) FW ジャーメイン・デフォー(サンダーランド) ハリー・ケイン(トッテナム) マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド) ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ) 2017.05.25 21:50 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表メンバー発表! ブルガリアでプレーするMF加藤恒平や柏GK中村ら4名を初招集《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、来月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア代表戦及び同13日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽サプライズとなったのは、MF加藤恒平の招集。ブルガリアのベロエ・スタラ・ザゴラでプレーする27歳の加藤について、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「約1年かけて追跡してきた。現地でも4試合見て、ビデオでも見ている。ボールを奪える選手で組み立てもできる」と評した。 ▽そのほか、ハリルホジッチ監督は、今季に柏レイソルで好パフォーマンスを見せている22歳のGK中村航輔、浦和レッズのDF宇賀神友弥、ガンバ大阪のGK三浦弦太を初招集。また、先日のバルセロナ戦で2ゴールを挙げる活躍を披露したMF乾貴士(エイバル)が2015年3月以来に代表復帰している。 ▽前回のメンバーからは、負傷中のMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)のほか、GK西川周作(浦和レッズ)、植田直通(鹿島アントラーズ)、DF森重真人(FC東京)、MF清武弘嗣(セレッソ大阪)らがはずれた。 ▽日本はアジア最終予選7試合終了時点で、5勝1分け1敗の勝ち点16で首位に位置。2位のサウジアラビアとは同勝ち点、3位のオーストラリアとは3ポイント差となっている。7日に東京スタジアムでシリア代表と対戦した後、13日のイラク戦はアウェイでの一戦となる。 ◆日本代表メンバー GK 川島永嗣(メス/フランス) 東口順昭(ガンバ大阪) 中村航輔(柏レイソル) DF 酒井宏樹(マルセイユ/フランス) 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ) 長友佑都(インテル/イタリア) 宇賀神友弥(浦和レッズ) 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) 三浦弦太(ガンバ大阪) 昌子源(鹿島アントラーズ) 槙野智章(浦和レッズ) MF 山口蛍(セレッソ大阪) 遠藤航 (浦和レッズ) 今野泰幸(ガンバ大阪) 加藤恒平 (ベロエ・スタラ・ザゴラ/ブルガリア) 香川真司(ドルトムント/ドイツ) 倉田秋(ガンバ大阪) 井手口陽介(ガンバ大阪) FW 久保裕也(ヘント/ベルギー) 本田圭佑(ミラン/イタリア) 原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) 乾貴士(エイバル/スペイン) 大迫勇也(ケルン/ドイツ) 岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド) 浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ) 2017.05.25 15:39 Thu
twitterfacebook
thumb

ハムシクら主力が順当に選出!! スロバキア代表メンバー発表《ロシアW杯欧州予選》

▽スロバキアサッカー協会(SFZ)は24日、6月10日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループFのリトアニア代表戦に向けたスロバキア代表メンバーを発表した。 ▽今回のメンバー発表ではナポリMFマレク・ハムシクやフェネルバフチェDFマルティン・シュクルテルら主力が順当に選出された。 ▽現在、グループFで5試合を終えて3勝2敗の勝ち点9で2位に付ける。今節は、勝ち点5で5位のリトアニアとの対戦を迎える。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆スロバキア代表メンバー GK マトゥス・コザチック(ヴィクトリア・プルゼニ/チェコ) マルティン・ドゥブラフカ(スロヴァン・リベレッツ/チェコ) マルティン・ポラーチェク(サグウェンビェ・ルビン/ポーランド) ミロシュ・ヴォレシャーク(MSKジリナ) DF コルネル・サラタ(スロヴァン・ブラティスラヴァ) エリク・サボ(ベイタル・エルサレム/イスラエル) ノルベルト・ギョンベル(テレク・グロズヌイ/ロシア) トマシュ・フボチャン(マルセイユ/フランス) ペテル・ペカリーク(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) ヤン・ドゥリツァ(トラブゾンスポル/トルコ) マルティン・シュクルテル (フェネルバフチェ/トルコ) ミラン・スクリニア(サンプドリア/イタリア) MF ヴラジミール・バイス(アル・ガラファ/カタール) アルベルト・ルスナーク(リアル・ソルトレーク/アメリカ) フィリップ・キス(FKハウゲスン/ノルウェー) ロベルト・マク(ゼニト/ロシア) スタニスラブ・ロボツカ(ノアシャラン/デンマーク) ヤン・グレグシュ(コペンハーゲン/デンマーク) パトリック・ホロソフスキ(ヴィクトリア・プルゼニ/チェコ) マトゥス・ベロ(トラブゾンスポル/トルコ) ラズロ・ベネス(ボルシアMG/ドイツ) オンドレイ・ドゥダ(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) マレク・ハムシク(ナポリ/イタリア) FW ミハル・ジュリシュ(オレンブルク/ロシア) 2017.05.25 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

アラバら主力に加え2選手が初招集!! オーストリア代表メンバー発表《ロシアW杯欧州予選》

▽オーストリアサッカー協会(OFB)は24日、来月11日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループDのアイルランド代表戦に臨むオーストリア代表メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、バイエルンMFダビド・アラバやトッテナムDFケビン・ヴィマーらが順当に招集される中、アウグスブルクDFケビン・ダンソ、ザルツブルクMFコンラッド・ライマーが初招集となった。 ▽オーストリア代表はW杯欧州予選を5試合終えて、2勝1分け2敗の勝ち点7で4位に付けている。今節は、勝ち点11で2位のアイルランドと対戦する。今回発表されたオーストリア代表メンバーは以下の通り。 ◆オーストリア代表メンバー GK ハインツ・リンドナー(フランクフルト/ドイツ) ダニエル・バッハマン(ストーク・シティ/イングランド) マルクス・クスター(マッタースブルク) DF シュテファン・ライナー(ザルツブルク) シュテファン・シュタングル(ザルツブルク) ヴァレンティーノ・ラザロ(ザルツブルク) ケビン・ダンソ(アウグスブルク) マルティン・ヒンテレッガー(アウクスブルク/ドイツ) アレクサンダル・ドラゴビッチ(レバークーゼン/ドイツ) セバスティアン・プレードル (ワトフォード/イングランド) ケビン・ヴィマー(トッテナム/イングランド) MF コンラッド・ライマー(ザルツブルク) ルイス・シャーブ (ラピッド・ウィーン) マルセル・サビツァー (ライプツィヒ/ドイツ) ユリアン・バウムガルトリンガー (レバークーゼン/ドイツ) マルティン・ハルニク(ハノーファー/ドイツ) フロリアン・カインツ(ブレーメン/ドイツ) フロリアン・グリリッチュ(ブレーメン/ドイツ) ズラトコ・ユヌゾビッチ(ブレーメン/ドイツ) ダビド・アラバ (バイエルン/ドイツ) FW グイド・ブルクシュタラー(シャルケ/ドイツ) ミハエル・グレゴリッチュ(ハンブルガーSV/ドイツ) マルク・ヤンコ(バーゼル/スイス) 2017.05.25 10:34 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯優勝トロフィーが日本初上陸! 目の前にしたハリル「日本代表で大きな仕事を」、中田氏「僕がこの先触る機会はない」

▽「ウブロ ポップアップブティック表参道」期間限定オープン記念イベントが24日に都内で行われ、ウブロアンバサダーで日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督、元日本代表MFの中田英寿氏、『キャプテン翼』作者の高橋陽一氏が出席した。 ▽ハリルホジッチ監督は、トロフィーを目の前にして「日本代表で大きな仕事をして、これを手にすることができたら嬉しい」とコメント。中田氏は「僕がこの先触る機会はないだろうなと思います」と語り、「羨ましい」と今後の日本代表が勝ち取るチャンスがあることを羨んだ。また、高橋氏はワールドカップについて「翼くんの一番の目標はトロフィーを掲げること」と語り、それを目指して物語を進めていることを明かした。 (C)CWS Brains,LTD.▽イベントでは、ハリルホジッチ監督、中田氏、高橋氏のトークセッションが行われ、ワールドカップへの思いや、『キャプテン翼』についての思いなどを語った。また、イベント中に高橋氏が色紙に主人公の大空翼を描いてハリルホジッチ監督へプレゼント。受け取ったハリルホジッチ監督は「日本代表の選手たちに必ず見せます。そして、モスクワまで持って行きます。これが幸運となればいいですね」と、ワールドカップ本大会へ持っていくプランを明かした。 ──ハリルホジッチ監督はどのような思いで今までこの優勝トロフィーを見てきたか ハリルホジッチ監督「ワールドカップとは直接関わってきました。選手として、代表監督として関わってきました。選手としても監督としても忘れがたい経験となります。ただ、私の人生ではこれをまだ1度も手にしたことはありません。何が起こるかわかりませんし、私がいつか手にするかもしれないです。日本代表で大きな仕事をして、これを手にすることができたら嬉しいです」 「これは、日本国民みなさんの夢だと思います。ただ、まだ最終予選を突破していません。本大会に出て、何かを成し遂げたいと思っています。スポーツというのは、我々が望めば全てが可能です。信じること、そして勇敢さと少しのチャンスがあれば行けると思います。大きな仕事にトライすることが重要です」 (C)CWS Brains,LTD.──日本サポーターがこのトロフィーを見たら一つになると思いますか? ハリルホジッチ監督「まず、声を大にして言わなくてはいけないのは、最終予選を突破しなければなりません。まだ、難しい試合が3つ待っています。ここまでは上手く行っていますが、あと数日で大事な合宿が始まります。その後移動して、イラクと対戦する訳ですが、勝つために全てを捧げます。ここに勝利すれば、ワールドカップ本大会へ大きな一歩になると思います。そして、最終予選を突破すれば、野心も気持ちも全て本大会に向けて準備をします。本当に大きな野心が必要となります」 「私が日本代表の監督に就任して、最初に選手に言ったことを今でも思い出します。『ブラジルでやった前回のワールドカップの失望が君たちを覆っている。ロシアにもう1回行くのであれば、幸運を掴みながら、前を向いて行くぞ』と。なぜなら、ワールドカップの後、選手もスタッフもみんな打ちひしがれていました。これを克服するためにも、日本のサポーター、国民と本大会で何かを成し遂げたいと思っています。そして日本国民みなさんが、日本代表を誇りに思えるように準備したいと思います」 ──中田さんはワールドカップのトロフィーを間近で見ていかがですか 中田英寿氏「これだけ近くでワールドカップを見るのは初めての経験です。ここにありますが、優勝した選手、監督しか触れないというルールがありますから、僕がこの先触る機会はないだろうなと思います。ただ、これからの日本代表を含めて可能性があるということは、(ハリルホジッチ監督と)右と左に分かれていますが、羨ましいなと思います」 (C)CWS Brains,LTD.──中田さんの言葉を受けていかがですか ハリルホジッチ監督「みなさんが御存知の通り、中田英寿という選手はワールドカップで大きな貢献をしました。そして、歴史上必ず誰かが失敗します。その人生で必ず、後悔、悲しみが残ってしまう。私も選手として、中田英寿と同じ思いをしています。そしてワールドカップで負けた悲しさが人生で離れません。だから、選手には声を大にして言っています。ワールドカップ本大会出場を懸けて戦うこと、本大会に出たことが、すでに人生の大きな一歩だと。そして、本大会に出たら必ず後悔をしないで欲しいです。人生で1回、2回出られるかどうかの大会です。そこで終わりです」 「ワールドカップ本大会はロシアで行われますが、本当に大きな意気込みを持って行きたいと思います。ブラジル大会で、私はあるチームを率いていました。美しい成功だったと思います。我々がブラジルから帰った後、勝利をみんなが大きく喜んでくれました。200万人、300万人の人が待っていました。そして、国民のみんなが喜びを持って迎えてくれました。そういった経験があるので、ロシア・ワールドカップでは日本国民がそういった気持ちになってもらえるように、私は努力したいです。それが、私の代表監督しての目的です」 ───高橋先生はワールドカップのトロフィーを間近で見ていかがですか 高橋陽一氏「これだけ近い位置で見るのは僕も初めてなので、輝いているなと思います。これが本物だなという気持ちです」 (C)CWS Brains,LTD.──率直にお聞きします。翼くんがワールドカップのトロフィーを掲げることはあるんでしょうか 高橋陽一氏「主人公の翼くんの一番の目標は、日本代表としてワールドカップのトロフィーを掲げることなので、それを目指して描いているところです」 ──中田さんがサッカーを始めたキッカケは『キャプテン翼』だったと聞いていますが 中田英寿氏「色々なところで話はしていますが、『キャプテン翼』がなければ、僕のサッカー人生はなかったと思います。日本自体もプロ化だったりは遅れたんじゃないかなと。『キャプテン翼』は日本のサッカー界にとっても重要でしたし、世界のサッカーの多くの選手が影響を受けていると思います。『キャプテン翼』の中でのプレーは大体試しました。『キャプテン翼』に描いてあることは大体できるということなので、ワールドカップで日本が勝つと描いてくれれば、日本も早く勝てるんじゃないかなと思います」 ──ピアチェンツァ戦(1998年11月29日)でオーバーヘッドのゴールを決めています。『キャプテン翼』の影響ですか? 中田英寿氏「『キャプテン翼』でオーバーヘッドというものを見てから、すぐに砂場で練習しました。その経験がなければ、あの様なプレーをしようとも思ってないです。オーバーヘッドって横から来たボールに対してやりますが、あの時は後ろからきたボールだったのでね。自分では色々考えられないことも、漫画でインスピレーションを受けて、できるだろうと考えてやることが多かったです。漫画を読んでなければ、まずなかったシュートだと思います」 (C)CWS Brains,LTD.──ちなみに、スカイラブハリケーンにはチャレンジしたんでしょうか 中田英寿氏「それも試しました(笑)。下になる人は必ず背中を痛めるという(笑)。ポストを駆け上がったりするのも試しましたが、スパイクだと滑るとか。あとで聞くとルール上はあまりいけないプレーだと聞きましたが、実はいろんなプレーを試しました。子供だったので、現実でできるかは考えず、漫画で描かれていることはできるだろうと。高橋先生の責任ですね(笑)」 ──次の試合、そして来年のワールドカップに向けて一言お願いします ハリルホジッチ監督「次の土曜日から合宿がスタートします。まず海外組の選手とだけで合宿を行います。その後、Jリーグを終えた選手が合流します。今はその準備をしています。スピーチとトレーニングが中心となります。まず、6月7日にフレンドリーマッチがあり、シリアも強く、イラクに似ているので良い準備をしていきたいです。次の日に飛び立ち、テヘランで6月13日に試合をします。もの凄く重要な試合となります。この試合に全てを捧げる。もちろん勝利するためです。勝てば最終予選突破が近づくと思っています」 「まずは最終予選を突破することですが、その後に違う目的を作りたいと思っています。ただ、私が日本に居る間の大きな目標は、過去の偉人たちが繋いできた日本の伝統に対して、日本国民のみなさんに誇りに思ってもらうことです。それが私の大きな目標です。現段階の代表が情熱を持って、野心を持って戦う姿を国民のみなさんに見守ってもらいたいです」 (C)CWS Brains,LTD.▽今回日本初上陸となった2018 FIFAワールドカップ優勝トロフィーは、5月16日(火)〜6月11日(日)まで期間限定でオープンしている「ウブロ ポップアップブティック表参道」にて、5月25日(木)の1日限定で展示。一般公開されるため、この機会に是非足を運んではいかがだろうか。 2017.05.24 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

デンマーク代表23名を発表! MFエリクセン、GKシュマイケルらが順当に選出《ロシアW杯欧州予選》

▽デンマークサッカー協会は24日、国際親善試合とロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨む同国代表メンバー23名を発表した。 ▽アゲ・ハレイデ監督は、トッテナムのMFクリスティアン・エリクセンやレスター・シティのGKカスパー・シュマイケルら主力を選出。また、前回は負傷により招集外となっていたライプツィヒのFWユスフ・ポウルセンやアヤックスの新星FWカスパー・ドルベアらが復帰を果たしてる。 ▽デンマークは、6月6日に国際親善試合でドイツ代表と対戦。10日にはロシアW杯欧州予選のカザフスタン代表戦が控えている。今回発表された代表候補メンバーは以下のとおり。 ◆デンマーク代表メンバー23名 GK カスパー・シュマイケル(レスター・シティ/イングランド) フレデリック・ラノウ(ブロンビー) イェスパー・ハンセン(リンビー) DF マティアス・ヨルゲンセン(コペンハーゲン) シモン・ケアー(フェネルバフチェ/トルコ) ヘンリク・ダルスゴーア(ズルテ・ワレヘム/ベルギー) アンドレアス・ビランド(ブレントフォード/イングランド) フレデリック・ソーレンセン(ケルン/ドイツ) アンドレアス・クリステンセン(ボルシアMG/ドイツ) ヤニク・ヴェステルゴーア(ボルシアMG/ドイツ) リザ・ドゥルミジ(ベティス/スペイン) MF ウィリアム・クヴィスト(コペンハーゲン) ルーカス・レラガー(ズルテ・ワレヘム/ベルギー) イェンス・ストリガー・ラーセン(オーストリア・ウィーン/オーストリア) ラッセ・シェーネ(アヤックス/オランダ) ピオネ・シスト(セルタ/スペイン) トーマス・デラネイ(ブレーメン/ドイツ) ラッセ・ヴィベ(ブレントフォード) クリスティアン・エリクセン(トッテナム/イングランド) FW ユスフ・ポウルセン(ライプツィヒ/ドイツ) マルティン・ブラースヴァイト(トゥールーズ/フランス) ニコライ・ヨルゲンセン(フェイエノールト/オランダ) カスパー・ドルベア(アヤックス/オランダ) 2017.05.24 14:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ウクライナ代表候補メンバーが発表! コノプリャンカやクラベツなどが選出《ロシアW杯欧州予選》

▽ウクライナサッカー協会は24日、国際親善試合とロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨む同国代表候補メンバー28名を発表した。 ▽この代表におけるレジェンドで現指揮官のアンドリー・シェフチェンコ監督は、MFイェフレン・コノプリャンカ(シャルケ/ドイツ)やMFアンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キエフ)、FWアルテム・クラベツ(グラナダ/スペイン)ら順当な面々を選出した。 ▽ウクライナは、6月6日に国際親善試合でマルタ代表と対戦。11日にはロシアW杯欧州予選のフィンランド代表戦が控えている。今回発表された代表候補メンバーは以下のとおり。 ◆ウクライナ代表候補メンバー28名 GK アンドリー・ピアトフ(シャフタール) ミキタ・シェフチェンコ(シャフタール) アンドリー・ルニン(ドニプロ) DF エドゥアルド・ソボル(ゾリャ・ルハンシク) ミコラ・マトビイェンコ(カルパティ・リヴィウ) セルギー・クリフツォフ(シャフタール) イバン・オルテツ(シャフタール) ボグダン・ブトコ(シャフタール) オレクサンデル・クチェル(シャフタール) ヤロスラフ・ラキツキ(シャフタール) ミコラ・モロジュク(ディナモ・キエフ) MF タラス・ステパネンコ(シャフタール) マクシム・マリシェフ(シャフタール) ビクトール・コバレンコ(シャフタール) イバン・ペトリャク(ゾリャ・ルハンシク) ヴォロディミル・シェペレフ(ディナモ・キエフ) ビクトル・ツィガンコフ(ディナモ・キエフ) デニス・ハルマシュ(ディナモ・キエフ) セルジー・シドルチュク(ディナモ・キエフ) アンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キエフ) ルスラン・ロタン(ドニプロ) エフゲン・シャコフ(PAOK/ギリシャ) ルスラン・マリノフスキー(ヘンク/ベルギー) イェフレン・コノプリャンカ(シャルケ/ドイツ) FW アルテム・クラベツ(グラナダ/スペイン) イェフヘン・セレズニョフ(カラビュクシュポル/トルコ) アーテム・ベセディン(ディナモ・キエフ) アルテム・ドヴビク(ドニプロ) 2017.05.24 13:49 Wed
twitterfacebook
thumb

シャキリやメーメディら選出もジャカは選外…スイス代表メンバー発表《ロシアW杯欧州予選》

▽スイスサッカー協会(SFV)は23日、国際親善試合とロシア・ワールドカップ欧州予選に臨むスイス代表メンバー20名を発表した。 ▽今回のメンバー発表でウラジミール・ペトコビッチ監督はストーク・シティのMFシェルダン・シャキリ、レバークーゼンのFWアドミール・メーメディといった主力を選出。一方でアーセナルのMFグラニト・ジャカは選外となった。 ▽なお、スイス代表は6月1日に国際親善試合でベラルーシ代表と対戦。9日にはロシアW杯欧州予選のフェロー諸島戦が控えている。ベラルーシ戦には今回発表された20名で臨むも、フェロー諸島戦では数名を追加招集するようだ。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆スイス代表メンバー2#名 GK ヤン・ゾンマー(ボルシアMG/ドイツ) マルビン・ヒッツ(アウグスブルク/ドイツ) グレゴール・コベル(ホッフェンハイム/ドイツ) DF レオ・ラクロワ(サンテチェンヌ/フランス) フランソワ・ムバンジェ(トゥールーズ/フランス) ティム・クローゼ(ノリッジ/イングランド) ウリッセス・ガルシア(ブレーメン/ドイツ) フローラン・アデルジョナイ(インゴルシュタット/ドイツ) ニコ・エルベディ(ボルシアMG/ドイツ) ヨハン・ジュルー(ハンブルガーSV/ドイツ) MF ジェルソン・フェルナンデス(レンヌ/フランス) アント・グルジッチ(シュツットガルト/ドイツ) ジブリル・ソウ(ボルシアMG/ドイツ) シュテファン・ツバー(ホッフェンハイム/ドイツ) ファビアン・フライ(マインツ/ドイツ) エジミウソン・フェルナンデス(ウェストハム/イングランド) ヴァロン・ベーラミ(ワトフォード/イングランド) シェルダン・シャキリ(ストーク・シティ/イングランド) FW アドミール・メーメディ(レバークーゼン/ドイツ) ブリール・エンボロ(シャルケ/ドイツ) 2017.05.24 09:31 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ・アンで15ゴールのFWサンティニを初招集! クロアチア代表メンバーが発表《ロシアW杯欧州予選》

▽クロアチアサッカー協会は22日、27日に行われる国際親善試合と6月に行われる2018年ロシア・ワールドカップ欧州予選に臨むクロアチア代表メンバー35名を発表した。 ▽クロアチア代表を率いるアンテ・チャチッチ監督は、27日に行われる国際親善試合に臨むメンバー16名と、6月の欧州予選に臨む招集メンバー23名を別で発表。アウェイで行われるメキシコ代表戦のメンバーには、GKロヴレ・カリニッチ(ヘント)やDFティン・イェドバイ(レバークーゼン)、FWドゥイエ・チョップ(スポルティング・ヒホン)らA代表常連組に加え、リーグ・アンで今季15ゴールを記録したFWイヴァン・サンティニ(カーン)らを初招集した。 ▽また、6月に行われる欧州予選の招集メンバーでは、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)やMFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、FWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス)にMFイバン・ペリシッチ(インテル)といった主力が順当に選出。なお、カリニッチ、チョップ、イェドバイ、サンティニは欧州予選にも帯同する。 ▽クロアチア代表は欧州予選グループIに属し、4勝1分けの首位に立つ。今回発表されたクロアチア代表メンバー35名は以下のとおり。 ◆クロアチア代表メンバー35名 GK ダニエル・スバシッチ(モナコ/スペイン) ロヴレ・カリニッチ(ヘント/ベルギー) ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ) アントゥン・マルコヴィッチ(スラヴェン・ベルポ)※ DF マルコ・レスコビッチ(ディナモ・ザグレブ) ヨシプ・ピバリッチ(ディナモ・ザグレブ) ドマジョフ・ヴィダ(ディナモ・キエフ/ウクライナ) マチェイ・ミトロビッチ(ベシクタシュ/トルコ) ティン・イェドバイ(レバークーゼン/ドイツ) デヤン・ロブレン(リバプール/イングランド) マト・ミロシュ(イストラ1961)※ デニス・コリンゲル(ロコモティヴァ・ザグレブ)※ 二コラ・カティッチ(スラヴェン・ベルポ)※ ボルナ・バリシッチ(オシエク)※ ヤコフ・フィリポビッチ(インテル・ザプレシッチ)※ ゾラン・ニジッチ(ハイドゥク・スプリト)※ MF ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン) マテオ・コバチッチ(レアル・マドリー/スペイン) イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン) ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア) イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア) マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア) マルコ・ログ(ナポリ/イタリア) マリオ・パシャリッチ(ミラン/イタリア) フィリップ・ブラダリッチ(リエカ) フランコ・アンドリヤシェビッチ(リエカ) ミレ・シュコリッチ(オシエク)※ イヴァン・シュニッチ(ロコモティヴァ・ザグレブ)※ ロブロ・マイェル(ロコモティヴァ・ザグレブ)※ フラン・トゥドル(ハイドゥク・スプリト)※ ニコラ・ヴラシッチ(ハイドゥク・スプリト)※ FW マリオ・マンジュキッチ(ユベントス/イタリア) ニコラ・カリニッチ(フィオレンティーナ/イタリア) ドゥイエ・チョップ(スポルティング・ヒホン/スペイン) イヴァン・サンティニ(カーン/フランス) ※国際親善試合のみ招集のメンバー 2017.05.23 04:40 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランド戦に臨むスコットランド代表メンバー発表! ネイスミスやフレッチャーが選出《ロシアW杯欧州予選》

▽スコットランドサッカー協会(SFA)は22日、ロシア・ワールドカップ欧州予選に臨むスコットランド代表メンバー29名を発表した。 ▽ゴードン・ストラカン監督は、今回のメンバーにFWスティーブン・ネイスミス(ノリッジ)やMFダレン・フレッチャー(WBA)、MFロバート・スノッドグラス(ウェストハム) などを招集した。 ▽ロシアW杯欧州予選でグループFに属するスコットランドは、第5節終了時点で2勝2敗1分けの4位に位置している。今回の代表ウィークでは、6月10日にホームでグループ首位のイングランド代表とロシアW杯欧州予選を行う。今回発表されたスコットランド代表メンバー29名は以下のとおり。 ◆スコットランド代表招集メンバー29名 GK クレイグ・ゴードン(セルティック) ジャック・ハミルトン(ハーツ) デイビッド・マーシャル(ハル・シティ/イングランド) アラン・マクレガー(カーディフ/ウェールズ) DF マーク・レイノルズ(アバディーン) キーラン・ティアニー(セルティック) スティーブン・キングスレイ(スウォンジー/ウェールズ) チャーリー・マルグルー(ブラックバーン/イングランド) アンドリュー・ロバートソン(ハル・シティ/イングランド) ラッセル・マーティン(ノリッジ/イングランド) クリストフ・ベラ(イプスウィッチ/イングランド) イケチ・アニャ(ダービー/イングランド) MF ケニー・マクリーン(アバディーン) ジョン・マッギン(ハイバーニアン) スチュアート・アームストロング(セルティック) ジェームズ・フォレスト(セルティック) スコット・ブラウン(セルティック) トム・ケアーニー(フルアム/イングランド) ライアン・フレイザー(ボーンマス/イングランド) ジェームズ・マッカーサー(クリスタル・パレス/イングランド) ダレン・フレッチャー(WBA/イングランド) ジェームズ・モリソン(WBA/イングランド) バリー・バナン(シェフィールド・ウェンズデイ/イングランド) ロバート・スノッドグラス(ウェストハム/イングランド) オリヴァー・バーク(ライプツィヒ/ドイツ) FW スティーブン・フレッチャー(シェフィールド・ウェンズデイ/イングランド) スティーブン・ネイスミス(ノリッジ/イングランド) ジェイミー・マーフィー(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) クリス・マーティン(フルアム/イングランド) レイ・グリフィ(セルティック) 2017.05.23 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

オーストラリアがロシアW杯アジア予選&コンフェデレーションズカップに臨む代表候補メンバー30名を発表《コンフェデレーションズカップ2017》

▽オーストラリアサッカー連盟(AFF)は22日、来月に行われる2018年ロシア・ワールドカップアジア予選と国際親善試合、コンフェデレーションズカップ2017に臨むオーストラリア代表候補メンバー30名を発表した。 ▽今回のメンバーには、FWティム・ケイヒル(メルボルン・シティ)やFWトミ・ユリッチ (ルツェルン)、FWマシュー・レッキー(インゴルシュタット)、DFトレント・セインズベリー(インテル)など主力が順当に選出された。また、JリーグからはDFミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス)が招集されている。なお、各クラブでの試合の様子を見て、31日までに30名から23名まで絞るとのことだ。 ▽ロシアW杯アジア最終予選の7試合を終え、オーストラリアは現在グループBの3位に位置。2位のサウジアラビアとは勝ち点差3となっている。また、6月17日から開幕するコンフェデレーションズカップでグループBに所属するオーストラリアは、ドイツ代表(前回W杯優勝国)、チリ代表(南米王者)、カメルーン代表(アフリカ王者)と対戦する。今回発表されたオーストラリア代表候補メンバーは以下のとおり。 ◆オーストラリア代表候補メンバー30名 GK ミッチェル・ランゲラク(シュツットガルト/ドイツ) マシュー・ライアン(ヘンク/ベルギー) マーク・ビリギッティ(スウォンジー/イングランド) ダニエル・ヴコヴィッチ(シドニーFC) DF ライアン・グラント(シドニーFC) ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス/日本) ライアン・マクゴーワン(貴州智誠/中国) アレックス・ガーズバック(ローゼンボリ/ノルウェー) アジズ・ベヒッチ(ブルサシュポル/トルコ) ディラン・マクゴーワン(パソス・デ・フェレイラ/ポルトガル) トレント・セインズベリー(インテル/イタリア) ブラッド・スミス(ボーンマス/イングランド) ベイリー・ライト(ブリストル・シティ/イングランド) MF ライリー・マッグリー(アデレード・ユナイテッド) ジェームズ・トロイージ(メルボルン・ビクトリー) マーク・ミリガン(バニーヤース/UAE) ジェームズ・ジェッゴ(シュトルム・グラーツ/オーストリア) ムスタファ・アミニ(オーフスGF/デンマーク) アイディン・フルスティッチ(フローニンヘン/オランダ) クレイグ・グッドウィン(スパルタ・ロッテルダム/オランダ) トーマス・ロジック(セルティック/スコットランド) ジャクソン・アーバイン(バートン・アルビオン/イングランド) アーロン・ムーイ(ハダースフィールド/イングランド) マッシモ・ルオンゴ(QPR/イングランド) ミル・ジェディナク(アストン・ビラ/イングランド) FW ティム・ケイヒル(メルボルン・シティ) トミ・ユリッチ(ルツェルン/スイス) マシュー・レッキー(インゴルシュタット/ドイツ) ジェイミー・マクラーレン(ダルムシュタット/ドイツ) ロビー・クルーズ(無所属) 2017.05.23 00:35 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪GKキム・ジンヒョンやMFイ・チョンヨンが復帰! 韓国代表が招集メンバー24名を発表《ロシアW杯アジア予選》

▽韓国サッカー協会(KFA)は22日、来月に行われる国際親善試合と2018年ロシア・ワールドカップアジア予選に臨む韓国代表メンバー24名を発表した。 ▽韓国代表を率いるシュティーリケ監督は、3月に行われたロシアW杯アジア予選から招集メンバーを大幅11人変更。GKキム・ドンジュン(城南FC)やMFク・ジャチョル(アウグスブルク)、FWキム・シンウク(全北現代モータース)らに代わり、GKキム・ジンヒョン(セレッソ大阪)やDFキム・チャンス(蔚山現代)、MFイ・チョンヨン (クリスタル・パレス)、FWイ・グノ(江原FC)らが代表復帰。MFイ・チャンミン(済州ユナイテッド)とMFファン・イルス(済州ユナイテッド)が初招集となった。 ▽また、Jリーグからはキム・ジンヒョンの他にGKクォン・スンテ(鹿島アントラーズ)、GKキム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、DFキム・ミンヒョク(サガン鳥栖) が選出。ヨーロッパでプレーするMFソン・フンミン(トッテナム)やMFキ・ソンヨン(スウォンジー)、FWチ・ドンウォン(アウグスブルク)らも順当に選出された。 ▽ロシアW杯アジア予選でグループAに属する韓国は、第7節終了時点で4勝2敗1分けの2位。今回の代表ウィークでは、6月8日に中立地のUAEでイラク代表と国際親善試合を、同13日にはアウェイでカタール代表とロシアW杯アジア予選を行う。今回発表された韓国代表メンバー24名は以下のとおり。 ◆韓国代表招集メンバー24名 GK クォン・スンテ(鹿島アントラーズ/日本) キム・スンギュ(ヴィッセル神戸/日本) キム・ジンヒョン(セレッソ大阪/日本) チョ・ヒョンウ(大邱FC) DF カク・テヒ(FCソウル) チェ・チョルスン(全北現代モータース) キム・ジンス(全北現代モータース) キム・チャンス(蔚山現代) キム・ミンヒョク(サガン鳥栖/日本) チャン・ヒョンス(広州富力/中国) ホン・ジョンホ(江蘇蘇寧/中国) パク・チュホ(ドルトムント/ドイツ) MF イ・チャンミン(済州ユナイテッド) ファン・イルス(済州ユナイテッド) イ・ジェソン(全北現代) イ・ミョンジュ(アル・アイン/UAE) ハン・グギョン(アル・ガラファ/カタール) ナム・テヒ(レフウィヤSC/カタール) ソン・フンミン(トッテナム/イングランド) キ・ソンヨン(スウォンジー/イングランド) イ・チョンヨン(クリスタル・パレス/イングランド) FW チ・ドンウォン(アウグスブルク/ドイツ) ファン・フイチャン(ザルツブルク/オーストリア) イ・グノ(江原FC) 2017.05.23 00:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ポーランド代表、レヴァンドフスキら国外組クラブ所属の19名を発表《ロシアW杯欧州予選》

▽ポーランドサッカー協会(PZPN)は19日、6月10日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のルーマニア代表戦に臨む国外組クラブ所属のポーランド代表メンバー19名を発表した。 ▽アダム・ナヴァルカ監督は、FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)やFWアルカディウシュ・ミリク、DFルーカス・ピシュチェク(ドルトムント)といった主力を順当に選出。一方でDFカミル・グリク(モナコ)が累積警告のため招集外となっている。 ▽ロシアW杯欧州予選でグループEに属するポーランドは、第5節終了時点で4勝1分けの首位に立っている。今回発表されたポーランド代表メンバーは以下の通り。 ◆国外クラブ所属のポーランド代表メンバー19名 GK ヴォイチェフ・シュチェスニー(ローマ/イタリア) ルカシュ・スコルプスキ(エンポリ/イタリア) ルカシュ・ファビアンスキ(スウォンジー/イングランド) DF イゴール・レフチュク(ボルドー/フランス) マチェフ・リブス(リヨン/フランス) バルトシュ・ベレシニスキ(サンプドリア/イタリア) チアゴ・ランジェウ・チョネク(パレルモ/イタリア) マルチン・カミンスキ(シュツットガルト/ドイツ) ルーカス・ピシュチェク(ドルトムント/ドイツ) MF グルゼゴルツ・クリホヴィアク(パリ・サンジェルマン/フランス) ヤクブ・ブワシュチコフスキ(ヴォルフスブルク/ドイツ) カミル・グロシツキ(ハル・シティ/イングランド) パヴェウ・ヴショウェク(QPR/イングランド) カロル・リネティ(サンプドリア/イタリア) ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ/イタリア) FW ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ドイツ) アルカディウシュ・ミリク(ナポリ/イタリア) ルカス・テオドルジク(アンデルレヒト/ベルギー) カミル・ヴィルチェク(ブロンビー/デンマーク) 2017.05.20 03:37 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング