フランスのW杯優勝を受け、ジルーが公約を守り坊主姿を披露!2018.07.24 12:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、自身の公約を果たしたことを報告した。

▽ジルーは、フランス代表の一員としてロシア・ワールドカップに出場。枠内シュートがないなど、ストライカーとしての結果は果たせなかったものの、最前線でチームのために働き、フランス代表の優勝に大きく貢献していた。

▽22日、ジルーは自身のツイッター(@_OlivierGiroud_)を更新。ワールドカップ前に「フランス代表が優勝したら坊主にする」と宣言していた公約を果たした事を報告。坊主姿のセルフィーを投稿していた。

▽ファッション誌『GQ』のイタリア版では、日本代表DF槙野智章も選ばれたW杯髪型特集5人に選出され、「男らしさ溢れる髪型と評価されていたが、しっかりと公約を守った。
コメント
関連ニュース
thumb

元フランス代表MFラサナ・ディアラが33歳で現役引退

元フランス代表MFラサナ・ディアラ(33)が21日にインスタグラムを更新し、現役を引退することを発表した。 ナントやル・マンの育成組織出身のL・ディアラは2005年にル・アーブルからチェルシーに移籍。だが、出場機会に恵まれず、2007年にアーセナルに移籍するも、ここでも花は咲かなった。 注目を集めたのは2009年。当時ポーツマスに在籍していたL・ディアラは冬のマーケットでレアル・マドリーに移籍した。元々、フランス代表では定評のあった同選手は世界最高クラブで居場所を見つけ、2008-09シーズンは途中加入ながらリーグ戦19試合に出場した。さらに翌シーズンからは背番号を「10」に変更。3年半の在籍期間の中で公式戦116試合に出場し、リーガやコパ・デル・レイ制覇に貢献した。 その後はロシアやマルセイユでプレーし、直近では昨年1月にUAEのアル・ジャジーラからフリーでパリ・サンジェルマンに移籍。引退発表日までに公式戦19試合に出場した。 L・ディアラは自身のインスタグラムで「スパイクを脱ぐときが来た」として、引退メッセージを綴っている。 「いわゆる『スパイクを脱ぐ時』がやってきたんだ。私はフットボールに多くを与えてきたし、フットボールからたくさんのものを受け取った。感謝している」 「ハイパフォーマンススポーツというのは勇気や忍耐力、そして尊敬することを学ぶことが出来る真の学校だ。私はすべてを完璧にやってきたとは言わないが、ハートや情熱、思いやりを持ってやってきた」 「キャリアを通じて勇気を与えてくれた皆に感謝したい。クラブや監督、先生、そしてチームメイト…彼らは私の人生の一部だった」 「私が2007年に初めてフランス代表に選ばれたことは忘れない。代表のユニフォームを着ることはすべてのフットボーラーの夢だ」 「私はページを捲る。だが、何も忘れることはない。新しいプロジェクトに熱意や決意、誠意を持って働き続けるよ」 2019.02.23 02:24 Sat
twitterfacebook
thumb

ユムティティが同胞デンベレを称賛! 「くそプレーしてやがる」

バルセロナに所属するフランス代表DFサミュエル・ユムティティが、同僚を独特の表現で称えている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ユムティティが称えている選手とは、フランス代表でもチームメイトのFWウスマーヌ・デンベレだ。2017年夏にドルトムントからバルセロナに加入した同選手は、今シーズンにはここまで公式戦27試合13ゴール5アシストを記録。素行不良が報じられ一時期には放出候補とも言われたが、実力でチャンスを掴んでいる。 既に公式戦24試合4ゴール9アシストに終わった昨シーズンの成績を上回っているデンベレを、ユムティティは以下のような表現で称賛した。 「あいつは滅茶苦茶良い選手だし、僕らにクオリティを与えてくれる。今じゃくそプレーしてやがる」 「スターだし、チャンピオンズリーグやリーグ、コパ・デル・レイで助けようとしてくれるんだ」 また、ユムティティは自身の負傷についても言及。未だ見通しが立っていないことも明かした。 「僕は良い感じだし回復に集中してるよ。すぐ戻りたいけど、それがいつになるかは神のみぞ知るところだ」 2019.01.30 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯王者ラミがクロアチア大統領相手に無知を晒す…

マルセイユに所属するフランス代表DFアディル・ラミが昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)決勝後の自身の恥ずかしいエピソードを明かした。イギリス『Who Ate All The Pies』が伝えている。 出場機会はなかったものの、昨年行われたロシアW杯で世界王者の一員となったラミ。しかし、クロアチア代表との決勝戦のあとに行われた表彰式の場面でクロアチアのコリンダ・グラバル=キタロヴィッチ大統領に対して、とんちんかんなやり取りをしてしまったことを告白した。 「ワールドカップ決勝の後にクロアチアの大統領から『口ひげが素敵ね』と声をかけてもらったんだ。そして、僕は彼女に向って『僕もミコノス(島)が好きだ』って返したんだ」 「なんでそんなことを言ったのかは自分でもわからないけど、僕は以前からギリシャとクロアチアをよく混同してしまうんだ」 「そのときに彼女は『ありがとう』と、だけ言ってその場を去って行ったんだ」 キタロヴィッチ大統領に対して失礼な返答をしてしまったラミだったが、さらに悪いことにこのやり取りをチームメートのFWオリヴィエ・ジルーに聞かれてしまっていたという。 「あのやり取りの後にオリヴィエは僕の方を見て、『お前はバカか? ミコノスはギリシャだぞ』って言われてしまったよ」 「ただ、僕は彼に対して『どうせ、僕は何も知らない無知な奴だよ。でも、いいんだ。世界王者の一員だからね』と返したよ」 気の利いた返しをしようとして無知を晒してしまったラミだが、その恥ずかしいエピソードを自ら告白する潔さに、逆に好感度が上がりそうだ。 2019.01.04 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マテュイディ、ロシアW杯優勝賞金を慈善団体に寄付と告白

▽ユベントスに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディは、ロシア・ワールドカップの賞金を全て慈善団体に寄付していたと明かした。フランス『Journal du Dimanche』が伝えた。 ▽マテュイディは、フランス代表の一員として、2018年6月に行われたロシアW杯に出場。グループステージで2試合、決勝トーナメントで3試合に出場。フランスの20年ぶりの優勝に貢献していた。 ▽W杯の優勝賞金としてフランス代表は3800万ドル(約42億141万円)を受け取っており、23人の選手たちはそれぞれ33万ドル(約3650万円)を受け取っていたとのこと。しかし、マテュイディはその賞金を慈善団体に寄付していた。 「僕たちは、寄付をする決断をするかは自由だ。そして、公にするかどうかも自由だ。僕は自分の慈善団体に寄付した」 「キリアン(・ムバッペ)は、僕たちが多くのお金を稼いでいると言っているが、それは正しい。僕たちにとってそれは大したことではないが、僕たちが寄付する彼らにとっては大きなことだ」 「最も重要なことは、それが心からなされているということ。僕たちは本当に気にしている。子供たちの笑顔を見ると、幸せになるんだ」 ▽マテュイディの慈善団体「Tremplins Blaise Matuidi」は、貧しい子供たちを社会に再統合することを目的とした団体。フランス国民のヒーローは、子供たちにとってもヒーローとなった。 2018.12.26 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ムバッペが年間最優秀フランス人選手賞受賞!

▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は26日、2018年度の最優秀フランス人選手にパリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペを選出したことを発表した。 ▽ムバッペは、PSG加入初年度の2017-18シーズンに公式戦46試合21ゴール15アシストをマークし、国内3冠の達成に大きく貢献。20歳になった今シーズンは更なる成長を遂げ、ここまでの公式戦19試合で16ゴール10アシストを記録している。 ▽また、今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)では、主要大会でのフランス代表史上最年少の19歳178日で初戦のオーストラリア代表戦に先発出場。またアルゼンチン代表戦では2ゴールを沈め、“王様”ペレ氏以来となる10大でのW杯1試合複数得点を記録した。大会全体では全7試合に出場し、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンと並ぶチームトップタイの4ゴールを決め、母国優勝の原動力に。同大会では最優秀若手選手賞を受賞し、バロンドール投票でも4位に名を連ねた新たなスーパースターだ。 ▽最優秀フランス人選手賞は、昨年にはチェルシーMFエンゴロ・カンテが、一昨年にはアトレティコFWグリーズマンが受賞。今年は、ヨーロッパリーグ(EL)を制して代表の大黒柱になったFWグリーズマン、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成したレアル・マドリーDFラファエル・ヴァランと競合していたが、最終的にヤングスターが栄誉を手にすることとなった。 2018.12.26 15:00 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース