ジェノア

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
12 ジェノア 38 10 8 15 26 33 -7 33

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018-04-23
27:45
セリエA
第34節
ジェノア vs ヴェローナ
2018-04-29
22:00
セリエA
第35節
アタランタ vs ジェノア
2018-05-06
22:00
セリエA
第36節
ジェノア vs フィオレンティーナ
2018-05-13
22:00
セリエA
第37節
ベネヴェント vs ジェノア
2018-05-21
27:45
セリエA
第38節
ジェノア vs トリノ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2018.04.18
27:45
セリエA
第33節
ローマ 2 - 1 ジェノア
2018.04.14
25:00
セリエA
第32節
ジェノア 1 - 0 クロトーネ
2018.04.07
27:45
セリエA
第31節
サンプドリア 0 - 0 ジェノア
2018.04.03
25:30
セリエA
第27節
ジェノア 2 - 1 カリアリ
2018.03.31
22:00
セリエA
第30節
ジェノア 1 - 1 SPAL

基本データ

正式名称:ジェノアCFC

原語表記:Genoa Cricket and Football Club s.p.a

愛称:ロッソブル(赤と青)、グリフィン

創立:1893年

ホームタウン:ジェノバ

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

ジェノアが来季新指揮官にピッポをリストアップ! 来季シモーネとの兄弟監督初対決実現か

▽ジェノアが来シーズンからの新指揮官候補としてセリエBのヴェネツィアを率いるフィリッポ・インザーギ監督(44)をリストアップしているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 ▽現在、セリエA12位と余裕の残留県圏に位置しているジェノアだが、エンリコ・プレツィオージ会長は現指揮官のダビデ・バッラルディーニ監督の仕事ぶりに満足しておらず、今季終了後の解任を考慮しているようだ。 ▽これまでその後任候補にはキエーボのロランド・マラン監督、SPALのレオナルド・センプリチ監督、前クロトーネ指揮官のダビデ・ニコラ氏の名前が挙がっていた。 ▽しかし、『カルチョ・メルカート』はこの後任候補にインザーギ監督の名前が新たに加えられたと主張している。 ▽現役時代にミランやユベントスで活躍した元イタリア代表FWのインザーギ監督は、ミランのプリマヴェーラで指導者キャリアをスタート。その後、ミランのトップチームの指揮官に昇格も、成績不振を理由に2015年6月に解任された。それでも、2016年に就任した当時セリエCのヴェネツィアではセリエB昇格に導くなど、優れた手腕を発揮している。 ▽なお、現在ラツィオの指揮官を務める実弟シモーネ・インザーギ監督とはセリエAの舞台で監督対決が実現しておらず、仮にジェノアの新指揮官に就任すれば、来季に兄弟監督初対決が実現することになる。 2018.04.12 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アルビオルの一撃でジェノア撃破のナポリ、首位ユベントスに2ポイント差に迫る《セリエA》

▽ナポリは18日、セリエA第29節でジェノアをホームに迎え、1-0で勝利した。 ▽前節インテル戦では相手の堅守を崩し切れずゴールレスドローに終わって2試合勝利から見放され、2位に転落したナポリ(勝ち点70)は、前日の試合でユベントスが引き分けた中、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽13位ジェノア(勝ち点30)に対し、勝利すればユベントスとのポイント差が2に縮まるナポリは、11分にラゾビッチの個人技から決定的なシュートに持ち込まれる。出足鋭い入りを見せてきたジェノアにペースを掴めずにいたナポリだったが、メルテンスがミドルシュートやコントロールシュートを放ってゴールに近づいていく。 ▽しかし20分、右足を負傷した様子のハムシクがプレー続行不可能となってジエリンスキが投入されると、攻勢がトーンダウン。34分にはパンデフに際どいシュートを浴びると、直後のCKからスポッリに決定的なヘディングシュートを許してしまった。 ▽それでも40分に決定機。メルテンスのお膳立てからボックス中央のアランがシュート。しかし枠の上に外してしまう。さらに44分、左CKからニアのインシーニェがヘディングで合わせるもシュートは右ポストに直撃し、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半開始6分、ナポリはメルテンスのコントロールシュートが右ポストを直撃。ハーフコートゲームを展開したものの、自陣に引くジェノアを崩せない状況を強いられる。 ▽後半半ばを過ぎてもチャンスを作れず焦りが出始めた72分、ナポリが均衡を破る。左CKからニアのアルビオルがバックヘッドで流し込んだ。 ▽その後、ロッシを投入してきたジェノアに対し、メルテンスをお役御免としたナポリは1-0のまま逃げ切り。3戦ぶりの勝利でユベントスとのポイント差を2に縮めている。 2018.03.19 06:46 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランが本田圭佑弾以来の快挙…アウェイのジェノアに4年ぶり勝利、EL圏に浮上

ミランが11日、ジェノアのホームであるマラッシ(スタディオ・ルイジ・フェラーリス)で2014年以来となる勝利を飾った。ミラン情報サイト『MilanNews.it』が伝えている。<br><br>ミランは11日、セリエA第28節でジェノアと対戦。スコアレスドローのまま試合終了が近づいていたが、アディショナルタイムにポルトガル代表FWアンドレ・シウバがセリエA初得点を挙げ、チームを劇的な勝利へ導いた。アウェイでのジェノア戦の勝利は、2014年4月以来で約4年ぶりとなる。この時は、日本代表のMF本田圭佑とモロッコ代表MFアデル・ターラブトのゴールにより、2-1で勝利を収めている。<br><br>ミランは先週まで、公式戦13試合連続無敗で6連勝と好調ぶりを見せていたが、8日のヨーロッパリーグ(EL)アーセナル戦において、ホームでありながらも0-2と完敗。直後のジェノア戦に向けて、精神面への影響が心配されていた。しかしジェンナーロ・ガットゥーゾ率いるミランは、不穏な空気をすぐさま払拭。順位表では47ポイントでEL出場圏内の6位に浮上し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏の4位ラツィオ(消化試合が1試合多い)まで6ポイント差に迫った。<br><br>指揮官も、「2カ月半にわたり無敗だったので、アーセナル戦以降、反動が出てしまうのではないかと、かなり心配していた。だがチームは良く反応してくれた。今回も全力を尽くしてくれた選手たちを褒めたい」と述べ、13位のジェノアから3ポイントをもぎ取ったことで胸をなでおろした。<br><br><br>提供:goal.com 2018.03.12 20:12 Mon
twitterfacebook
thumb

ラストプレーに生まれたアンドレ・シウバのセリエA初ゴールでミランが劇的勝利! リーグ戦4連勝《セリエA》

▽ミランは11日、セリエA第28節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽前節インテルとのダービーがアストーリの急逝によって延期となった6位ミラン(勝ち点44)は、3日前に行われたアーセナルとのヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグをホームで戦って0-2と敗れた。ベスト8進出が厳しくなった中、アーセナル戦のスタメンから2選手を変更。クトローネとカラブリアに代えてカリニッチとボリーニを起用した。 ▽13位ジェノア(勝ち点30)に対し、立ち上がりからミランが圧力をかけると、8分にボナヴェントゥーラがコントロールシュートでゴールに迫っていく。さらに1分後、R・ロドリゲスの左クロスをカリニッチが左足ダイレクトで合わせ、シュートを枠に飛ばしたが、GKペリンのファインセーブに阻まれた。 ▽その後は自陣に引くジェノアを相手にミランがボールを持つ流れとするものの、シュートに持ち込めない状況が続く。36分にはチャルハノールの直接FKが枠を捉えたが、GKペリンの守備範囲に飛んでしまう。 ▽ハーフタイムにかけて再びギアを上げたミランは42分、CKの流れからボナヴェントゥーラがゴールに押し込むも、オフサイドでノーゴールに。直後にはチャルハノールが際どいシュートを浴びせたがゴールを捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半開始直後、パンデフにGKドンナルンマを強襲されたミランは53分に失点しかける。左サイドからのヒリェマルクのFKをL・リゴーニにヘディングシュートで流し込まれた。しかし、VARの末、L・リゴーニのポジションがオフサイドでノーゴールとなり救われた。 ▽直後にもCKからフリーのズカノビッチにヘディングシュートを許すも枠を外れて助かったミランは、カリニッチに代えてクトローネを、チャルハノールに代えてアンドレ・シウバを投入していく。 ▽終盤にかけてスソを起点にゴールを狙うミランは、追加タイム1分にケシエが枠内シュートを浴びせたがGKペリンにキャッチされ、そのまま0-0で終わるかに思われた。それでもラストプレーとなった追加タイム4分、右サイドからスソが左足で入れたインスウィングのクロスをアンドレ・シウバがヘディングで流し込み、ミランが劇的勝利。アンドレ・シウバのセリエA初ゴールでミランがリーグ戦4連勝としている。 2018.03.12 04:20 Mon
twitterfacebook
thumb

主力負傷欠場のインテル、鬼門ルイジ・フェラリスに沈んで暫定4位後退《セリエA》

▽インテルは17日、セリエA第25節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗戦した。 ▽前節ボローニャ戦を救世主カラモーの活躍で9戦ぶりの勝利を手にした3位インテル(勝ち点48)は、イカルディやペリシッチ、ミランダらが負傷で欠場となった中、カラモーが引き続き先発となり、カンドレーバがスタメンに戻った。 ▽2連勝中の12位ジェノア(勝ち点27)に対し、3トップに右からカラモー、エデル、カンドレーバと並べたインテルは立ち上がり、押し込まれる入りとなってしまう。すると9分、パンデフにGKハンダノビッチが強襲されてしまった。さらに11分、パンデフのインスウィングにかけたクロスが直接ゴールに向かい、バーを直撃。 ▽ひやりとしたインテルは19分、カラモーに決定機。ボックス左からのエデルの好クロスにカラモーがボレー。しかし、ミートしきれず枠の上に外してしまった。 ▽その後、徐々にポゼッションを上げたインテルは31分、ボックス手前左のカンドレーバが強烈なミドルシュートを浴びせるも、GKペリンのファインセーブに阻まれた。ハーフタイムにかけて膠着状態に陥っていた中、45分に失点する。ズカノビッチの左クロスをシュクリニアルがクリアにかかると、ボールがラノッキアに当たって自陣ゴールに吸い込まれた。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、インテルが押し込みにかかる中、パンデフにバイタルエリアを使われ、主導権を握りきれない。すると59分、ジェノアに追加点を奪われる。右CKの流れからボックス手前左のラクサールがミドルシュートを放つと、これをボックス中央のパンデフが絶妙なトラップで収めて反転。左足を振り抜いてネットを揺らした。 ▽2点を追うインテルはヴェシーノに代えてラフィーニャを投入。そのラフィーニャの投入でボールの回りがスムーズになると、71分にはカラモーがミドルシュートでゴールに迫った。 ▽しかし、終盤にかけてはチャンスを生めず、0-2のまま敗戦。鬼門となっているルイジ・フェラリスで対ジェノア戦5連敗となり、暫定4位に後退している。 2018.02.18 06:41 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング