ジェノア

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 ジェノア 36 9 9 20 38 64 -26 38

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.05.28
25:00
セリエA
第38節
ローマ 3 - 2 ジェノア
2017.05.21
22:00
セリエA
第37節
ジェノア 2 - 1 トリノ
2017.05.14
22:00
セリエA
第36節
パレルモ 1 - 0 ジェノア
2017.05.07
22:00
セリエA
第35節
ジェノア 1 - 0 インテル
2017.04.30
22:00
セリエA
第34節
ジェノア 1 - 2 キエーボ

基本データ

正式名称:ジェノアCFC

原語表記:Genoa Cricket and Football Club s.p.a

愛称:ロッソブル(赤と青)、グリフィン

創立:1893年

ホームタウン:ジェノバ

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

チリ代表FWピニージャがジェノアとの契約を解消! 母国復帰へ

▽ジェノアは20日、チリ代表FWマウリシオ・ピニージャ(33)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 ▽これまでパレルモやカリアリ、アタランタを渡り歩いてきたピニージャは、今年1月にイタリア代表FWレオナルド・パヴォレッティがナポリに旅立った古巣ジェノアに買い取り義務付きのレンタル移籍で復帰。昨シーズンは同クラブでリーグ戦12試合に出場したものの、ノーゴールに終わっていた。 ▽なおイタリア『gianlucadimarzio.com』の伝えるところによれば、ジェノアとの契約を解消してフリーとなったピニージャは、プロキャリアをスタートした母国の古巣ウニベルシダ・チレに復帰するようだ。 2017.07.21 06:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェノアがミランのイタリア代表FWラパドゥーラをレンタルで獲得…買い取り義務OP付き

▽ジェノアは18日、ミランのイタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラ(27)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間。2018年7月から完全移籍で加入する。 ▽ラパドゥーラは、2016年7月にペスカーラからミランへと完全移籍で加入。2016-17シーズンはセリエAで27試合に出場し8ゴール4アシストを記録していた。 ▽ミランはラパドゥーラを譲渡することで、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティの獲得を目論んでいたものの、トリノが拒否。アタランタからイタリア代表DFアンドレア・コンティを獲得する際には、移籍金引き下げのために譲渡される可能性があったが、こちらも実現せず。最終的にジェノアへのレンタル移籍となった。 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ラパドゥーラの買い取り額は1100万ユーロ(約14億2600万円)と報道されている。 2017.07.18 19:39 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、イタリア代表MFベルトラッチを古巣ジェノアへレンタル

▽ジェノアは15日、ミランからイタリア代表MFアンドレア・ベルトラッチ(26)をレンタル移籍で獲得した。 ▽ローマのプリマヴェーラ出身のベルトラッチは、2012年に加入したジェノアでレギュラーの座を掴むと、2014-15シーズンはリーグ戦34試合に出場して6ゴールをマーク。中盤の全ポジションでプレー可能なユーティリティプレイヤーとしてチームの主力を担うと、2015年6月にミランへ完全移籍。 ▽2シーズンを過ごしたミランでは、加入初年度こそレギュラーを掴んだが、2016-17シーズンは度重なる負傷で、リーグ戦15試合の出場に留まった。 ▽また、2014年11月のアルバニア代表 戦でデビューを飾ったイタリア代表では、これまで5試合に出場している。 2017.07.15 23:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマのDFズカノビッチがジェノアへレンタル移籍

▽ローマは11日、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFエルビン・ズカノビッチ(30)がジェノアへレンタル移籍することを発表した。期間は1年間となっている。 ▽サンプドリアから2016年冬にローマに加入したズカノビッチは、センターバックとサイドバックをこなすレフティーのDF。2015-16シーズンは後半戦のみでセリエA9試合に出場した。しかし、ルチアーノ・スパレッティ前監督の構想に入らず、2016-17シーズンはレンタルでアタランタに移籍していた。そのアタランタではセリエA19試合に出場していた。 2017.07.12 03:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ジェノア会長、クラブ売却を宣言も買い手を明かさず「始まりがあれば終わりもある」

ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長が10日、クラブ売却を予告した。ジェノヴァ地元テレビ『テレ・ノルド』が伝えている。<br><br>プレツィオージ会長は2003年夏、ジェノアを買収して会長に就任した。2005-06シーズンは一時セリエC1(イタリア3部)まで降格したものの、翌年にはセリエBに無事復帰。2007-08シーズン以降はセリエAに戦いの舞台を移している。ただ最近はサポーターからの抗議が目立ち、クラブ売却の可能性が示唆されていた。そして今夏、プレツィオージ会長は14年間所有したジェノアを手放す決意を固めている。<br><br>「私はクラブを売却した。今週もしくは来週の頭にかけて契約のサインが行われる予定だ。今度、インタビューを受ける時、私はジェノアの会長ではなくなっているだろう。物事には始まりがあれば終わりがある。今その時がやって来た。私に抗議したい者もいるだろうがあきらめてくれ。彼らが辞めて欲しいと思っているから辞めるのではないが、こうするのが良い」<br><br>ただ買い手となる人物の名前は明らかにされていない。プレツィオージ会長は破談の可能性を考慮し、現段階での発表を控えている。<br><br>「もし契約サインの場に新経営陣が現れれば、その時発表しよう。&ldquo;もし&rdquo;と言う理由は、サッカー選手を獲得する時と同じであるクラブに移籍するかと思えば、ターゲットが変わったりするもので、過去にも起きている。だから私はサインをするまで確信できないんだ。万が一、破談になったとしても、私は間違いなく会長、パトロンを辞めるつもりだ。だが交渉は最終段階まで進んでおり、私は楽観的に見ている。来シーズンの開幕戦はただの1人のファンとして観たい。責務はいらない」<br>提供:goal.com 2017.07.11 19:54 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング