ジェノア

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 ジェノア 29 7 8 14 30 43 -13 29

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-04-02
セリエA
第30節
ジェノア vs アタランタ
2017-04-09
セリエA
第31節
ウディネーゼ vs ジェノア
2017-04-15
セリエA
第32節
ジェノア vs ラツィオ
2017-04-23
セリエA
第33節
ユベントス vs ジェノア
2017-04-30
セリエA
第34節
ジェノア vs キエーボ

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.03.18
28:45
セリエA
第29節
ミラン 1 - 0 ジェノア
2017.03.11
28:45
セリエA
第28節
ジェノア 0 - 1 サンプドリア
2017.03.05
23:00
セリエA
第27節
エンポリ 0 - 2 ジェノア
2017.02.26
23:00
セリエA
第26節
ジェノア 1 - 1 ボローニャ
2017.02.19
23:00
セリエA
第25節
ペスカーラ 5 - 0 ジェノア

基本データ

正式名称:ジェノアCFC

原語表記:Genoa Cricket and Football Club s.p.a

愛称:ロッソブル(赤と青)、グリフィン

創立:1893年

ホームタウン:ジェノバ

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

M・フェルナンデスの移籍後初ゴールで主力欠くミラン辛勝《セリエA》

▽ミランは18日、セリエA第29節でジェノアをホームに迎え、1-0で辛勝した。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ユベントス戦を終了間際のPK被弾で1-2と惜敗した7位ミラン(勝ち点50)は、バッカ、ロマニョーリ、ホセ・ソサの3選手が出場停止となった中、ラパドゥーラやM・フェルナンデス、サパタらを先発で送り出した。 ▽前節ジェノヴァ・ダービーに敗れた16位ジェノア(勝ち点29)に対し、3トップに右からオカンポス、ラパドゥーラ、デウロフェウと並べ、中盤アンカーにベルトラッチを据える[4-3-3]を採用したミランはキックオフ直後、ベルトラッチが相手選手との接触で右足を痛め、ロカテッリとの交代を強いられてしまう。 ▽いきなりアクシデントに見舞われたミランは、慎重な入りを見せていた中、11分にピンチ。ボックス右から折り返されたクロスをターラブトにシュートされたが、GKドンナルンマがセーブした。 ▽後方でボールを保持して様子を窺うミランは、17分に決定機。デ・シリオのスルーパスをボックス右で引き出したオカンポスのシュートは、ゴールライン前のイッツォにクリアされた。 ▽その後もデウロフェウやM・フェルナンデス、オカンポスがゴールに迫ったミランは33分に先制する。ラパドゥーラのダイレクトパスに反応したM・フェルナンデスがボックス右へ侵入。飛び出したGKを外すチップキックシュートを流し込んだ。 ▽M・フェルナンデスの移籍後初ゴールで先制したミランは、ハーフタイムにかけても主導権を渡さず、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半もボールを保持したミランは57分にロカテッリがミドルシュートで追加点に迫ると、無抵抗のジェノア相手に試合をコントロール。70分にはオカンポスの右クロスからM・フェルナンデスが2点目に近づいたが、DFにカットされて枠の上に外れた。 ▽後半半ばを過ぎてようやく前に出てきたジェノアに対し、カウンターを狙うミランがシュートに持ち込んでいくも、精度を欠いて枠を捉えられない。結局、1点のリードを保ったミランが勝利を取り戻している。 2017.03.19 06:38 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン本田圭佑、ジェノア戦で出場のチャンスか…攻撃陣の駒不足が深刻化

18日に行われるセリエA第29節ジェノア戦に向けて、ミランはまもなく日本代表のMF本田圭佑のケガの状態を確認することになると、イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じている。<br><br>ジェノア戦では、DFアレッシオ・ロマニョーリとMFホセ・ソサが出場停止となるほか、ケガでFWスソを欠く。また前節のユベントス戦(2-1でユベントスが勝利)で主審へ過剰な抗議を行ったFWカルロス・バッカについてはスポーツ裁判所が出場停止の処分を下す可能性が高く、ミランでは駒不足が懸念されている。<br><br>そのためミランは、2月26日のサッスオーロ戦で左目を負傷したDFイグナツィオ・アバーテや練習中に足を打撲し、ユベントス戦でベンチ外となっていた本田の復帰へ向けて状態の確認を近日中に行うことになる。<br><br>サイドバックについては、DFダビデ・カラブリアとDFルカ・アントネッリが復帰したほか、両サイドでプレーが可能なDFマッティア・デ・シリオもおり、緊急を要していない。しかし攻撃陣については人員が明らかに不足しており、本田の早い復帰が待たれる。<br><br>なおスソの欠場により、次戦先発の有力候補となっているFWルーカス・オカンポスだが1月の移籍市場でジェノアから加入して以来、現段階では指揮官の信頼を勝ち取れていない。このためイタリアのミラン情報サイト『Milanlive.it』は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が本田を抜擢する可能性もあると報じている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.14 16:09 Tue
twitterfacebook
thumb

好調サンプドリアがムリエル弾でジェノヴァ・ダービーをシーズンダブル《セリエA》

▽セリエA第28節ジェノアvsサンプドリアのジェノヴァ・ダービーが11日に行われ、0-1でサンプドリアが勝利した。 ▽前節エンポリ戦で11試合ぶりの勝利を飾った15位ジェノア(勝ち点29)と、ここ6試合負け(4勝2分け)のない10位サンプドリア(勝ち点38)によるジェノヴァ・ダービー。 ▽立ち上がりの主導権争いを経て、まずはサンプドリアが9分に中央の位置からムリエルがミドルシュートを浴びせてゴールへ近づく。 ▽その後もオープンな攻防が続くと、18分にジェノアに立て続けに決定機。シメオネがスルーパスに抜け出してGKと一対一となるも、シュートは威力を欠いてGKにセーブされる。続く19分にはシメオネの左クロスを受けたピニージャがゴール至近距離からシュートに持ち込んだが、GKヴィヴィアーノの好守に阻まれた。 ▽引き続きテンションの高い攻防が続いたが、ハーフタイムにかけては互いに決定機を生み出すには至らずゴールレスで前半を終える。 ▽迎えた後半、サンプドリアがポゼッションを高めていくと、51分にチャンス。ムリエルの強烈なミドルシュートがわずかに枠の上へ外れた。続く56分にはクアリアレッラの反転シュートでゴールに迫ると、71分にサンプドリアがスコアを動かした。エンチャムの横パスをムリエルがムニョスの前でカット。ボックス中央へ侵入し、そのままGKとの一対一を制した。 ▽劣勢のジェノアは終盤、パッラディーノやターラブトといったアタッカーを投入するも、チャンスを生み出すには至らない。結局、ムリエルのゴールが決勝点となったサンプドリアがジェノアとのダービーでシーズンダブルを果たしている。 2017.03.12 06:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ゼーマン新監督就任のペスカーラ、ジェノア戦で22倍の高額配当…40万円の当選者も

19日に行われたセリエA第25節ペスカーラvsジェノアにおいて、トトカルチョで3375ユーロ(約40万円)の高配当が出たと、イタリアメディア『メディアセット』が伝えている。<br><br>最下位のペスカーラは2015年から指揮していたマッシモ・オッド監督が成績不振の責任を問われ解任されていた。ジェノア戦からは、2011-12シーズンにMFマルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン)、FWロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)ら若手メンバーを率いてセリエB優勝へ導いたズデネク・ゼーマン監督が指揮を執った。<br><br>5年振りにペスカーラ監督へ復帰した名将の下で、チームは勢いづき、格上のジェノアに対し、5-0と大勝を収めた。誰もが予想しなかった最下位チームの健闘に、トトカルチョでも22倍と高額の配当が発生した。<br><br>イタリアのトトカルチョの多くは、「4-0」や「4-4」までの選択肢しか設定されておらず、今回のように「5-0」の場合はそれ以外の結果を指す「その他」に該当する。この試合では「その他」に150ユーロ(約1万8000円)を賭けた利用者がおり、3375ユーロ(約40万円)の配当金になった。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 16:55 Tue
twitterfacebook
thumb

9戦未勝利で16位低迷のジェノアで監督交代! ユリッチ解任でマンドルリーニ招へい

▽ジェノアは19日、イバン・ユリッチ監督(41)の解任および、アンドレア・マンドルリーニ氏(56)の新監督就任を発表した。 ▽現役時代にジェノアで活躍した元クロアチア代表MFのユリッチ監督は、昨シーズンにクロトーネをセリエA昇格に導いた手腕が評価され、昨夏アタランタに去った恩師ジャンピエロ・ガスペリーニ前監督の後釜として、今シーズンから古巣の新監督に就任。 ▽開幕2連勝と良いスタートを切ったチームは、その後ミランやユベントスといった強豪を撃破するなど、12位でシーズン前半戦を終えた。だが、今冬の移籍市場でベネズエラ代表MFトーマス・リンコン(ユベントス)、イタリア代表FWレオナルド・パヴォレッティ(ナポリ)、アルゼンチン代表FWルーカス・オカンポス(ミラン)ら主力を引き抜かれたチームは、昨年12月18日に行われたセリエA第3節延期分のフィオレンティーナ戦での勝利を最後に、9戦未勝利(7敗2分け)と大不振に陥っていた。 ▽現在、降格圏手前の16位に低迷するジェノアだが、18位パレルモとの勝ち点差は11ポイントと降格の窮地に立たされているとまではいえないが、直近の最下位ペスカーラ戦での屈辱的な0-5の惨敗が引き金となり、ユリッチ監督更迭に至ったようだ。 ▽なお、ユリッチ監督の後任として、新監督就任が発表されたマンドルリーニ氏は、2018年6月30日までの18カ月契約にサインしている。これまでアタランタやサッスオーロなどの指揮官を歴任した同氏は、2010年から2015年までヴェローナで指揮を執っていた。 2017.02.20 22:27 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング