ジェノア

今季の成績

順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 ジェノア 9 2 3 8 11 19 -8 13

日程

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017-11-26
23:00
セリエA
第14節
ジェノア vs ローマ
2017-12-04
29:00
セリエA
第15節
ヴェローナ vs ジェノア
2017-12-11
27:00
セリエA
第16節
ジェノア vs アタランタ
2017-12-17
23:00
セリエA
第17節
フィオレンティーナ vs ジェノア
2017-12-23
23:00
セリエA
第18節
ジェノア vs ベネヴェント

結果

開催日時 ホーム スコア アウェイ
2017.11.19
20:30
セリエA
第13節
クロトーネ 0 - 1 ジェノア
2017.11.04
28:45
セリエA
第12節
ジェノア 0 - 2 サンプドリア
2017.10.29
23:00
セリエA
第11節
SPAL 1 - 0 ジェノア
2017.10.25
27:45
セリエA
第10節
ジェノア 2 - 3 ナポリ
2017.10.22
22:00
セリエA
第9節
ミラン 0 - 0 ジェノア

基本データ

正式名称:ジェノアCFC

原語表記:Genoa Cricket and Football Club s.p.a

愛称:ロッソブル(赤と青)、グリフィン

創立:1893年

ホームタウン:ジェノバ

チームカラー:赤、青

関連ニュース

thumb

ダビデ・バッラルディーニ氏が3度目のジェノア指揮官に就任

▽ジェノアは6日、ダビデ・バッラルディーニ氏(53)が新監督に就任すること発表した。 ▽ここまで1勝8敗3分けの18位に沈むジェノアは、加えて12試合中7試合で無得点試合を記録するなど、序盤から苦しい戦いを強いられてきた。これを受けて、クラブ幹部は4日に行われたサンプドリアとのジェノヴァ・ダービーでの0-2の敗戦の翌日にユリッチ監督の解任を決断し、後任監督を探していた。 ▽ジェノアの新監督に就任したバッラルディーニ氏は、これまでカリアリやパレルモなどを率い、過去2度(2010-11,2013-14)に渡ってジェノアを率いた経験がある。2016年4月からは自身3度目の就任となったパレルモ率いていたが、9月に辞任を発表。以降はフリーの状態が続いていた。 ▽なお、バッラルディーニ氏は7日の11:30(日本時間:18:30)から就任会見を行い、その後15:00から初めてのトレーニングに臨む。 2017.11.07 04:14 Tue
twitterfacebook
thumb

ジェノア、ユリッチ監督を解任! 昨季に続いて2年連続の解任に…

▽ジェノアは5日、イバン・ユリッチ監督(42)の解任を発表した。 ▽ここまで1勝8敗3分けの18位に沈むジェノアは、加えて12試合中7試合で無得点試合を記録するなど、序盤から苦しい戦いを強いられてきた。これを受けて、クラブ幹部は4日に行われたサンプドリアとのジェノヴァ・ダービーでの0-2の敗戦の翌日にユリッチ監督の解任を決断した。 ▽なお、昨年6月にジェノアの新指揮官に就任したクラブOBのユリッチ監督は、今年2月に成績不振を理由に解任されていたが、後任指揮官のアンドレア・マンドルリーニ監督が更迭されたことを受けて、解任からわずか2カ月で復帰。最終的にチームを残留に導いていた。 ▽だが、今季も開幕から苦戦を強いられたことで、2年連続での解任となった。 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数現地メディアは、ユリッチ監督の後任として、これまでカリアリやパレルモなどを率い、過去2度に渡ってジェノアを率いた経験もあるダビデ・バッラルディーニ氏(53)の就任を確実視している。 2017.11.06 13:11 Mon
twitterfacebook
thumb

メルテンスが3Gに絡む活躍でナポリが首位キープ《セリエA》

▽ナポリは25日、セリエA第10節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。 ▽前節インテル戦を攻め込みながらも0-0で終えて開幕からの連勝が8で止まった首位ナポリ(勝ち点25)は、インテル戦のスタメンから3選手を変更。アルビオルやジョルジーニョ、アランに代えてキリケシュやジエリンスキ、A・ディアワラを起用した。 ▽今季1勝の14位ジェノア(勝ち点6)に対し、ナポリは開始4分に失点する。スルーパスでボックス右への侵入を許したターラブトにゴール左へシュートを流し込まれた。 ▽それでも慌てず攻め立てたナポリは14分に追いつく。ボックス手前右で得たFKをメルテンスがゴール右上へ沈めた。さらに30分、A・ディアワラのロングフィードに抜け出したメルテンスがボックス左へ侵入。絶妙なトラップから左足でシュートを流し込んだ。 ▽2-1と逆転して迎えた後半、60分にナポリが突き放す。インシーニェのスルーパスをボックス左で受けたメルンテスが左足で放ったシュートがズカノビッチに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽その後、76分にイッツォのゴールを許したナポリだったが、3-2で逃げ切り。今季9勝目を挙げ、首位をキープしている。 2017.10.26 07:28 Thu
twitterfacebook
thumb

モンテッラ、一発退場のボヌッチを擁護「意図的でない。ビデオ判定には我慢ならない」

ミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラが22日、イタリアメディア『プレミアムスポーツ』のインタビューに応じ、厳しい判定に怒りを示した。<br><br>ミランは22日、セリエA第9節でジェノアと対戦。勝利を要求されていた試合ながらも得点を挙げることができず、スコアレスドローに終わった。勝利からは4戦連続で遠のいており、順位は11位まで落とした。目標とするチャンピオンズリーグ出場圏内ははるか遠く、指揮官の去就を危ぶむ声も上がっている。だがモンテッラはパフォーマンス自体には手ごたえを感じており、特殊な状況であると主張した。<br><br>「特殊な状況ともいえる。ここ3試合、悪くない出来だったにも関わらず、負けや引き分けに終わってしまった。今日は数的不利になりながらもチャンスを作り、勝利に値する試合だった。今はこういう状況だが、チームは団結している」<br><br>主将のDFレオナルド・ボヌッチは25分、ジェノアのDFアレアンドロ・ロージに肘打ちを見舞って一発退場となった。今夏、ミランが4000万ユーロ(約53億円)を投じて獲得した目玉だっただけに、SNSはサポーターの批判で溢れかえった。それでも指揮官は自身の現役時代の経験を踏まえ、元ユベントスのDFを擁護した。<br><br>「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)には堪忍袋の緒が切れそうだ。選手は驚いていた。エリア内での攻撃の場面だった。マークを外そうとしていたので相手を見ていなかった。当たったのは事実だが、ポジションを取ろうとしていたわけで、意図的ではなかったと思う。私だって、あのような状況からどれだけゴールを挙げてきたことか! ピッチでの状況はテレビ画面に置き換えることはできない。VARについては調整するべきだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.23 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ愚行退場のミラン、連敗を3で止めるも不調のジェノアにゴールレスドロー《セリエA》

▽ミランは22日、セリエA第9節でジェノアをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽前節インテルとのミラノ・ダービーを2-3と惜敗して3連敗となった9位ミラン(勝ち点12)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のAEKアテネ戦を低調なゴールレスドローで終えた。そのAEKアテネ戦のスタメンから5選手を変更。アンドレ・シウバやクトローネ、ムサッキオらがベンチスタートとなり、カリニッチやケシエ、ビリアにボリーニら主力がスタメンに戻った。 ▽前節カリアリ戦で初勝利を挙げた17位ジェノア(勝ち点5)に対し、[3-4-2-1]で臨んだミランは1トップにカリニッチ、2シャドーにスソとチャルハノール、左センターバックにR・ロドリゲスを配した。 ▽1トップのガラビノフを除いて自陣に引くジェノアに対し、開始2分にカリニッチが際どいヘディングシュートを浴びせたミランが攻め込むと、6分にはボリーニがミドルシュートでゴールに迫るも、GKペリンの好守に阻止された。 ▽その後もハーフコートで試合を進めたミランだったが、シュートに持ち込めずにいると25分、主将の愚行によって数的不利となる。攻撃時のセットプレーでボヌッチがロージに対してヒジ打ちを見舞うと、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末に一発退場となった。 ▽この退場によってチャルハノールに代えてロマニョーリを投入したミランは、ボリーニを右サイドバックに配す[4-4-1]で対応。ジェノアの圧力を受けながらも引き続きボールを保持していたが、追加タイム1分にピンチ。ガラビノフの右クロスにターラブトが頭で合わせたシュートが枠に飛んだが、GKドンナルンマがファインセーブで凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、一進一退の攻防が続いた中、52分にジェノアが2枚替えを敢行。ガラビノフとロージに代えて、ラゾビッチと昨季ミランに所属していたラパドゥーラを投入した。すると56分、ジェノアに決定機。ボックス中央に侵入していたベルトラッチの下にボールがこぼれ、右足でシュート。しかし、わずかに枠の右上に外れた。 ▽続く60分にヴェローゾが可能性のあるミドルシュートを浴びせたジェノアに対し、65分にロングカウンターからケシエがシュートに持ち込んだミランだったが、終盤にかけては思うように攻撃を仕掛けられず苦しい展開に。 ▽結局、83分にスソの放ったミドルシュートはGKの正面を突いてゴールレスで終了。連敗を3で止めたものの、不調のチームを相手に勝ち点1を得るにとどまった。 2017.10.23 00:01 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

順位表

得点ランキング