インテルがジェノアからビッグクラブ注目の16歳FWサルセドを獲得2018.07.17 02:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは16日、ジェノアのイタリア人FWエディー・サルセド(16)を獲得したことを発表した。詳しい契約内容は発表されていない。

▽コロンビアの両親の下にジェノアで生まれた188cmの大型FWであるサルセドは、昨年の夏にもインテルへの移籍が濃厚となっていた若手有望株。そのサルセドは2017年8月にジェノアでセリエAデビューを飾った中、2017-18シーズンはプリマヴェーラで24試合に出場して6ゴールを記録していた。

▽ユベントスやミランもサルセドに獲得を興味を示していたが、1年越しでインテルが若手有望株を獲得している。

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA・シーズンプレビュー】ロナウド加入で沸く7連覇中ユーベの牙城を崩せるか

▽2018-19シーズンのセリエAが18日に開幕する。昨季はナポリがシーズン終盤までスクデット争いを盛り上げたものの、終わってみれば絶対王者ユベントスが盤石の強さで7連覇を達成した。新シーズンもFWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したユベントスを中心にスクデット争いが繰り広げられることが確実だが、効果的な補強を施したインテルやローマ、監督交代があったものの戦力を維持したナポリらが優勝争いを盛り上げてくれることを期待したい。 ◆ロナウド獲得にボヌッチ復帰で盤石の陣容~ユベントス~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_50_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽セリエA7連覇中の絶対的王者であるユベントスを中心に今季もスクデット争いが行われるのは間違いない。20年以上遠ざかっている悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇も見据え、この夏は大きく動いた。レアル・マドリーから1億ユーロでロナウドを引き抜き、昨季アッレグリ監督との確執によりミランへ移籍したDFボヌッチがDFカルダーラとのトレードで復帰を果たした。また、移籍が噂されていたDFベナティアやDFアレックス・サンドロも残留し、DFカンセロを加えたディフェンスラインは昨季を上回る戦力となっている。精神的支柱だった守護神のGKブッフォンがクラブを離れたが、2チームを優に組める圧倒的な戦力を擁す中、就任5季目のアッレグリ監督がロナウドを中心にどのようなチーム作りを見せるのかに注目だ。 ◆充実の補強でユーベの対抗に~インテル~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は名将スパレッティ監督の招へいで辛くも4位に滑り込み、CL出場権獲得に成功したインテルをユベントスの対抗に推したい。昨季セリエA得点王のFWイカルディを筆頭に主力の流出がない上、ローマからMFナインゴラン、ラツィオからDFデ・フライ、ユベントスからDFアサモア、アトレティコ・マドリーからDFヴルサリコ、モナコからFWケイタ・バルデ、ラシンからFWラウタロ・マルティネスとクラブの新シーズンに懸ける本気度が窺える補強を敢行。スパレッティ監督の攻守に隙のない戦術がより浸透してくることが予想される中、イカルディと共に得点源となることが期待されるラウタロをどのように機能させられるかが見どころだ。 ◆ナインゴランとアリソン流出をモンチ・コネクションでカバー~ローマ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽インテルの次に推したいのがこの夏も敏腕SDモンチ氏の下で大きく動いたローマだ。昨季もFWサラーを引き抜かれた中、ディ・フランチェスコ新監督の下で危なげなくCL出場権を獲得した上、CLではバルセロナを破ってベスト4まで勝ち上がる大健闘を見せた。そのローマはチームの心臓であったナインゴランと守護神となったGKアリソンの流出が痛かったが、前者はセビージャの主軸MFエンゾンジとアタランタで自身の能力を再証明した元ミランMFクリスタンテで、後者はロシアW杯でスウェーデンのベスト8進出に貢献したGKオルセンで埋めにかかる。その他、FWクライファートやMFパストーレといったアクセントを付けられる攻撃陣を加え、昨季の得点力不足を補いにかかる。 ◆サッリの遺産を引き継いだアンチェロッティの手腕~ナポリ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽スペクタクルなサッカーを展開しつつ、結果も出していたサッリ監督がデ・ラウレンティス会長との確執から退団し、アンチェロッティ監督を招へいしたナポリは、スクデットを争うにはやや苦しいか。主力の流出こそMFジョルジーニョとGKレイナに留まっているが、優れた戦術眼を持っていたサッリに比べ、人心掌握にこそ一日の長があるものの、明確な戦術を持たないアンチェロッティでは、昨季ほどの結果を残すのは厳しい気もするが果たして。 ◆オーナー変更などゴタゴタ続きも幾つかの希望~ミラン~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_54_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は中国資本となって約240億円の補強費を費やしたミランだったが、ノルマのCL出場権獲得はならず、ファイナンシャル・フェア・プレーの問題を乗り越えて何とかヨーロッパリーグ(EL)に回ることとなった。そのミランは今季こそCL出場を狙いたいところだが、この夏に中国人オーナーからアメリカ資本に変わるなどゴタゴタが続いている。そんな中、フロントにはかつての黄金時代を築いたレオナルド氏やマルディーニ氏が入閣しており、その点においては希望が見いだせる格好だ。2季目となるガットゥーゾ監督の下、絶対的得点源のイグアインを手に入れたミランの真価が問われるシーズンとなる。 ◆戦力維持に成功~ラツィオ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_55_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は惜しくも最終節でインテルに敗れてCL出場を果たせなかったラツィオ。今季も目指すはCL出場権獲得となる。主力ではDFデ・フライとMFフェリペ・アンデルソンが移籍したが、売り出し中のMFミリンコビッチ=サビッチが残留した上、MFバデリやMFホアキン・コレアといった実力者を獲得しており、大きな戦力ダウンには陥っていない。堅実な手腕を発揮するS・インザーギ監督の下、昨季得点王のFWインモービレら攻撃陣が今季も期待通りの結果を残せば上位進出は確実だ。 ◆パルマら復帰組~昇格組~ ▽1990年代から2000年代初頭にビッグ7の一角と称されたパルマがセリエDからわずか4年で這い上がってきた。破産を受けて4部まで降格したかつての名門は、昨季のセリエBで2位となり、自動昇格を決めた。その他、セリエB優勝のエンポリが1年で、昇格プレーオフを勝ち抜いたフロジノーネが3年ぶりにそれぞれセリエAに復帰している。 2018.08.18 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリーが“モドリッチ案件”でインテルをFIFAに報告

▽レアル・マドリーが、国際サッカー連盟(FIFA)に対してインテルを報告していたようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽インテルは、マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(32)を今夏の移籍市場で獲得しようと画策。ロシア・ワールドカップでクロアチア代表の準優勝に貢献し、MVPに当たるゴールデンボールを受賞したモドリッチの去就は、多くの注目を集めていた。 ▽マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、モドリッチを獲得するためには、7億5000万ユーロ(約965億円)のリリース条項が満たされた場合のみであると主張。エースであったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは1億ユーロ(約130億円)の移籍金でユベントスへと移籍していた。 ▽一方で、報告されたインテルは「状況証拠に基づいて」マドリーからの苦情が報告されたと反論。モドリッチに対して直接接触したことはないと主張し、FIFAも調査をしている段階とのことだ。 ▽なお、イタリアの移籍市場は17日に閉鎖。モドリッチがインテルへ移籍することはなかったが、クラブに無断で選手と接触していた場合には、何らかの処分が下されることとなるだろう。 2018.08.18 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ザッケローニ、C・ロナウドの苦戦を予想「リーガのようにはいかない」

元日本代表監督で現在、UAE(アラブ首長国連邦)の指揮官を務めるアルベルト・ザッケローニが、イタリア紙『イル・マッティーノ』のインタビューに応じた。ユベントスに加入したFWクリスティアーノ・ロナウドについて自身の見解を示している。<br><br>■1年目のC・ロナウドを不安視ブラジル・ワールドカップで日本代表を率いたイタリア人指揮官は、C・ロナウドでもセリエAへの適応に手を焼くだろうと予想した。<br><br>「セリエAのピッチではより多くの問題に直面するだろう。(ミシェル)プラティニだって1年目は苦しんでいた。C・ロナウドがゴールを量産するとは限らない。むしろ私はリーガ(エスパニョーラ)と同じようにゴールを決めることは、イタリアではできないと考えている」<br><br>■ナポリやインテルがユーベの対抗馬?続いてザックは、ナポリについても言及。ナポリは今夏、イタリア人の名将カルロ・アンチェロッティを招へいし、話題となった。アンチェロッティ率いるナポリが8連覇を狙うユベントスの対抗馬になると指摘している。<br><br>「ナポリにもナポリの&ldquo;ロナウド&rdquo;がいる。アンチェロッティは絶対プレミアリーグに行き、イギリスの強豪を率いると思っていた。ところが彼が選んだのは(アウレリオ)デ・ラウレンティスのプロジェクトだった。何か魅力的なものがあったのだろう。昨シーズンは91ポイントを稼いだチームだ。それにチームのメンバーもほぼ変わっていない。当然、スクデット争いの有力なライバルと言える。それでも指揮官や戦術が変わった後は不透明な部分もある。最強監督の1人であるとはいえ、新監督には時間を与えなければならない」<br><br>また元日本代表指揮官は、ルチアーノ・スパレッティのインテルが3番手に来ると予想している。<br><br>「ナポリの次にはインテルが来るだろう。私は中国にいたことがあるので、蘇寧を知っているが、巨大な企業だ。イタリアに来て、ただ姿を見せるだけではないと思っていた。確かにメルカートは10点満点だった。だがルチアーノ・スパレッティは、ネラッズーリの慢性的な病、つまり好不調の波と闘わねばならない。このメンタル面の問題をクリアできれば、最後まで首位争いに残るだろう」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.17 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、マドリー残留が濃厚に…インテルの最終オファーもペレス会長が拒否

インテルは、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの代理人を通じ、レアル・マドリーに最終オファーを提示した。だがレアルは再びオファーを拒否したと、イタリアメディア『スカイスポーツ』が16日、報じている。<br><br>モドリッチは今夏、同胞のMFイバン・ペリシッチやMFマルセロ・ブロゾビッチが所属するインテルへの移籍を希望していると伝えられた。インテルは、レアル・マドリーに対し何度もオファーを続けてきたが、今夏世界最高峰のFWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスへと手放した事情もあり、フロレンティーノ・ペレス会長はモドリッチのインテル移籍を認めなかったようだ。選手の代理人を通して、最後のオファーを提示したが、ペレス会長を納得させることはできなかったという。<br><br>セリエAの移籍市場は、現地時間の17日20時をもって終了する。このため、期限間際の急展開も見込めない状況となっている。クロアチアの主将は新シーズンもレアル・マドリーでプレーすることが濃厚となった。<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.17 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、インテル移籍は「時間の問題」!? 代理人が主張

▽レアル・マドリー所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(32)のインテル移籍の可能性は、まだ残っているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 ▽インテルは最近マドリーで不動の地位を築き、新シーズンも同クラブの中核を担うとされるクロアチア代表MFルカ・モドリッチの獲得に突如名乗りを挙げた。これに対して、モドリッチ自身も移籍へ前向きに考慮していると伝えられたことから加熱。しかし、先日スペイン『マルカ』は、マドリーがモドリッチに対して、クラブ最高給取りのウェールズ代表MFガレス・ベイルに次ぐ好報酬スペイン代表DFセルヒオ・ラモスと同額のサラリーを提示し、新契約を締結したと報じられたことで、マドリー残留が決定的と見られている。 ▽そんな中、ルカ・モドリッチの代理人は、同選手のインテル移籍が「時間の問題」であるとコメントしている。 「いかなる理由であっても、モドリッチはインテルでセリエAのスターになりたいと思っている。遅かれ早かれ、彼はイタリアでプレーすると思うよ」 「彼の世代のクロアチア人の多くは、イタリアサッカーを観て育ったんだからね」 2018.08.15 09:00 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース