インテルがジェノアからビッグクラブ注目の16歳FWサルセドを獲得2018.07.17 02:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは16日、ジェノアのイタリア人FWエディー・サルセド(16)を獲得したことを発表した。詳しい契約内容は発表されていない。

▽コロンビアの両親の下にジェノアで生まれた188cmの大型FWであるサルセドは、昨年の夏にもインテルへの移籍が濃厚となっていた若手有望株。そのサルセドは2017年8月にジェノアでセリエAデビューを飾った中、2017-18シーズンはプリマヴェーラで24試合に出場して6ゴールを記録していた。

▽ユベントスやミランもサルセドに獲得を興味を示していたが、1年越しでインテルが若手有望株を獲得している。

コメント

関連ニュース

thumb

現役引退の悪童カッサーノ、名言集に長友佑都とのエピソードも「彼はどうせ怒らない」

先日、元イタリア代表のアントニオ・カッサーノが現役引退を発表したが、サッカー情報サイト『Onefootball』で紹介されているカッサーノの名言を基に、『90MIN』イタリア版が15日、ランク付けを行った。日本代表DF長友佑都とのエピソードが9位にランクインしている。<br><br>20年にわたった現役生活の中で、&ldquo;問題児&rdquo;カッサーノは行き先々において歯に衣着せぬ発言でメディアを賑わせてきた。記事では、「アントニオ・カッサーノの最も有名な言葉」と題し、ファンタントニオの&ldquo;迷言&rdquo;の数々を振り返り、9位に「カッサーノとナガトモ」が紹介されている。<br><br>カッサーノは2012年夏、ジャンパオロ・パッツィーニとのトレードでミランからインテルに加入。2011年冬からインテルでプレーしていた長友とは、1シーズンを共に過ごした。カッサーノはかつて日本代表DFについてこのように話している。<br><br>「俺は彼の言っていることが分からない。彼も俺の言っていることは分からない。彼が話をしても誰も理解できない。それで君は笑う。彼にはどんなことでも言ってくれていいぞ。どうせ分からなくて怒ることはないからね」<br><br>なお1位には、「カッサーノと運命の重要さ」が選出されている。カッサーノはサッカーでキャリアを築くことができなければ、犯罪者になっていたはずだと告白している。<br><br>「もしあのバーリ対インテル戦がなければ、俺は強盗やスリなど犯罪者になっていただろう。俺の知り合いの多くは、マフィアに入ってしまった。あの試合があったおかげで、才能もあった俺はクソみたいな人生に別れを告げることができた。俺は貧乏だったが、何もできないので働いたことすら一度もなかったんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.17 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

日本戦急きょ出場回避のヴェシーノ、今週末ミラノ・ダービー出場可能か

▽インテルに所属するウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノにミラノ・ダービー出場の可能性が浮上した。 ▽今シーズンもここまで公式戦9試合(1得点2アシスト)に出場するなど、インテルで主力として活躍を続けるヴェシーノ。今月の代表ウィークにアジア遠征に臨むウルグアイ代表にも選ばれ、12日に行われた国際親善試合の韓国代表戦(1-2でウルグアイ代表が敗戦)にスタメン出場した。 ▽そのヴェシーノは、16日に埼玉スタジアム2002で行われたキリンチャレンジカップ2018の日本代表戦(3-4でウルグアイ代表が敗戦)に向けた先発メンバー入りを果たしたものの、直前のウォームアップ中に右ハムストリングを負傷。急きょ先発メンバーから外れている。 ▽だが、『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、ヴェシーノの負傷程度は深刻なものではなく、先発から外れたのも大事をとってのことだった様子。ミラノに戻り次第、検査を受ける予定だが、21日に行われるセリエA第9節のミラン戦に出場できる見込みだという。 2018.10.17 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

カペッロが古巣レアル・マドリーにイカルディ獲得のススメ

▽ファビオ・カペッロ氏が古巣レアル・マドリーに対して、インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)の獲得を勧めた。スペイン『アス』が報じた。 ▽今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出したレアル・マドリー。その穴を埋めるような補強もなく、今シーズンの開幕を迎えると、1985年以来の公式戦4試合連続無得点記録を打ち立てるなど、得点力不足に喘いでいる。 ▽そのため、打開策としてトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインやチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールといった有力選手が獲得候補に挙がるレアル・マドリーだが、過去2度の指導歴を誇るカペッロ氏はセリエA屈指のゴールハンターを推薦した。 「私はイカルディのファン。私が今のレアル・マドリーにいたら、直ちに彼との契約に動く。彼は現在のC・ロナウドと同じくボックス内のスペシャリストだ。彼はゴールを見て、感じることができ、そのエリアでの動き方を熟知している選手。彼なら、3回のボールタッチで3本のシュートを放つことができる」 ▽バルセロナの下部組織に在籍歴を持つイカルディは2013年夏、サンプドリアからインテルに加入。そのインテルに加入して以降、公式通算190試合112得点25アシストの成績を誇り、2度のセリエA得点王に輝くなど、指折りのストライカーとして世界に名を轟かせている。 2018.10.16 10:50 Tue
twitterfacebook
thumb

本田ら指導の元ミラン監督、アジアでの指揮に意欲「イタリアは飽きた。新たな経験を」

過去にミランなどを率いたセルビア人指揮官のシニシャ・ミハイロヴィッチが14日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、アジアなどで指揮を執ることを望んでいると明かした。<br><br>ミハイロヴィッチは現役時代、ローマやラツィオ、インテルなどで活躍。2006年に引退を迎えると、インテルでアシスタントコーチに就任し、その後は指揮官としてサンプドリアやトリノなど主にセリエAを舞台にキャリアを積んできた。カターニアでは元日本代表のFW森本貴幸、ミランではMF本田圭佑を指導した経験も持つ。<br><br>そして今夏、セルビア人指揮官はスポルティング・リスボンと契約に至ったが、クラブ首脳陣の交代により、ポルトガル到着後、わずか9日で解任の憂き目に遭った。それでもミハイロヴィッチは今後も引き続き、イタリア以外のヨーロッパ諸国、もしくはアジアに新天地を求めるようだ。<br><br>「私は別の国で指揮を執りたいと考えているので、イタリアからのオファーは2、3回断った。ヨーロッパか、できたらアジアで新たな経験を積みたいと思っている。イタリアにいることに少し飽きてしまった。だがあと5、6年経ったら戻って来るかもしれない」<br><br>また元ミラン指揮官は、21日に行われるインテルとのミラノダービーにも言及。「いつも変わらず特別な試合だ。そして有利と見られている方がたいてい負けてしまう。だが今回、両チームとも互角のレベルだと思う。満員のスタジアムで素晴らしい試合になることを願っている。2チームとも好きだったので両方を応援するつもりだよ」と語った。<br><br>提供:goal.com 2018.10.16 07:55 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ロシアW杯ファイナリストの両獲りをリクエストか

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がロシア・ワールドカップ(W杯)ファイナリストの2選手の獲得をクラブ側にリクエストしているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でセンターバックと共に最優先補強ポジションとして両ウイングを挙げていたモウリーニョ監督。だが、クラブ側はいずれの候補にも振られてしまい、補強選手ゼロに終わった。 ▽現在、自身の進退問題が盛んに叫ばれるなど厳しい立場に立たされたポルトガル人指揮官は後半戦での巻き返しに向けて両ウイングの獲得を改めてクラブ側にリクエストしたようだ。 ▽そして、モウリーニョ監督が獲得候補に挙げているのが、今夏に獲得を逃したインテルFWイバン・ペリシッチ(29)と、フランクフルトFWアンテ・レビッチ(25)のクロアチア代表の両ウイングだという。 ▽ただ、両選手の獲得費用は合わせて8800万ポンド(約130億円)前後が見込まれており、シーズン途中という難しさと相まってタフなオペレーションになりそうだ。 2018.10.14 12:45 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース