先日、4年ぶり代表復帰のイタリア代表DFクリーシトがゼニトから古巣ジェノアに7年ぶりの復帰!2018.06.04 18:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは4日、今季限りでゼニトとの契約が満了するイタリア代表DFドメニコ・クリーシト(31)の帰還を発表した。クラブ公式サイトが同日、6月6日に同選手の復帰会見を行うことを発表した。なお、契約期間などに関する詳細は6日に明かされる見込みだ。

▽先日に今季限りでゼニトを退団し、セリエA復帰の意向を表明していたクリーシトには恩師ルチアーノ・スパレッティ監督が率いるインテルと共に古巣ジェノアが獲得に動いていたが、31歳のベテランDFは2011年以来の古巣帰還を決断した。

▽ジェノアの下部組織出身のクリーシトは、共同保有されていたユベントスでのプレー経験があったものの、イタリア国内ではほぼジェノア一筋のキャリアを歩んできた。その後、2011年にゼニトへ旅立ち、7シーズンに渡って主力を担ってきた。

▽また、本職は左サイドバックながらセンターバックや守備的MFでもプレー可能なクリーシトは、2009年から2014年までイタリア代表として22試合に出場。ただ、2014年3月のスペイン代表戦を最後に出場機会はなかったものの、先日に新監督に就任したロベルト・マンチーニ監督の下で久々の代表復帰すると、先月28日に行われたサウジアラビア代表戦で4年ぶりに出場を果たした。
コメント
関連ニュース
thumb

ピョンテクのミラン行き迫るジェノア、サナブリア&ピアツァ獲得へ

ポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)のミラン移籍が濃厚と報じられるジェノアは、その後釜として2人のアタッカー獲得に動いているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 現在、ジェノアでは今季からの加入でチームトップの13ゴールを挙げているピョンテクが、チェルシー行き迫るアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)の後釜としてミランに移籍金3500万ユーロ(約44億円)で加入することが決定的となっている。 そして、チームの重要な得点源を埋めるためすでにクラブは2人のアタッカーの獲得に動いているようだ。 『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、ジェノアはベティスのパラグアイ代表FWアントニオ・サナブリア(22)の獲得に迫っているという。 今季の公式戦22試合に出場し5ゴールを挙げているサナブリアに関しては25日にメディカルチェックを受診する予定だという。また、移籍形態に関しては2020年6月までの1年半のレンタル移籍となり、レンタル期間終了後に2000万ユーロ(約25億円)での買い取りオプションが付くようだ。 また、ジェノアはサナブリアのオペレーションと並行してユベントスからフィオレンティーナにレンタル移籍中のクロアチア代表FWマルコ・ピアツァ(23)の獲得交渉も行っているようだ。 今季、出場機会を求めてフィオレンティーナに加入したピアツァは背番号10を与えられているものの、ここまでリーグ戦16試合でわずかに1ゴールとフィレンツェの地で苦闘している。 2019.01.23 15:39 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か

ミランはジェノアに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクの獲得に向けて、トレード要員としてMFホセ・マウリを差し出すことを検討している。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が21日、伝えている。<br><br>ミランでは、FWゴンサロ・イグアインのチェルシー移籍が濃厚となっており、後釜として&ldquo;レヴァンドフスキ2世&rdquo;と呼ばれるジェノアの23歳ピョンテクの獲得を狙っている。すでに両クラブの間で交渉は進められており、合意まであとわずかとなっている。ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は、クラブの至宝の評価額を少なくとも4000万ユーロ(約50億円)と見積もっており、ミランのイヴァン・ガジディスCEOは移籍金3500万ユーロ(約44億円)に加え、トレード要員を提案する。<br><br>■3人目のトレード候補にJ・マウリが浮上これまでトレード要員には、MFアレン・ハリロヴィッチやMFアンドレア・ベルトラッチの名前が浮上したが、ジェノアはクロアチア人MFを拒否。元ジェノアMFのベルトラッチについては、シーズン終了後にミランとの契約が切れるため、選手がより好条件での契約を求めてフリーでの移籍を待つことを希望しているとみられる。<br><br>このためミランはJ・マウリをトレード要員として提示。イタリア系アルゼンチン人MFもシーズン終了後に契約満了を迎えるが、ジェノアが求めるプロフィールに一致しており、実現可能な取引であると指摘されている。プレツィオージ会長はさらに19歳GKアレッサンドロ・プリザーリにも関心を示しているが、ミランはクラブの宝と評価しており、放出は検討していないようだ。<br><br>21日にも両クラブは交渉の席に着き、移籍の合意へ向けて最終調整を進めることになる。ミランは26日に行われるナポリ戦までにピョンテクを確保し、FWアルカディウシュ・ミリクとのポーランド対決を実現させたい意向だ。J・マウリのトレードがピョンテク獲得交渉のカギとなるのか、今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.22 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランがスソの恩返し弾などでジェノアに辛勝、4位浮上!《セリエA》

ミランは21日、セリエA第20節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 2018年最終戦のSPAL戦をイグアインの8戦ぶり弾で競り勝って5試合ぶりの勝利とした5位ミラン(勝ち点31)は、先週行われたコッパ・イタリアではサンプドリア相手に延長戦の末、クトローネの2発で勝ち上がったが、5日前に行われたスーペル・コッパではユベントスに惜敗した。そのミランはチェルシーへの移籍が決定的となったイグアインが欠場となり、負傷明けのスソがスタメンに戻った。 ミランへの移籍が濃厚なピョンテクが出場停止の14位ジェノア(勝ち点20)に対し、[4-3-3]を採用したミランは、GKにドンナルンマ、4バックに右からアバーテ、サパタ、ムサッキオ、R・ロドリゲス、中盤アンカーにバカヨコ、インサイドにパケタとチャルハノール、3トップに右からスソ、クトローネ、ボリーニと並べた。 そのミランはジェノアのアグレッシブな入りの前に苦戦すると、14分にビラスキのコントロールシュートでゴールに迫られた。そして、右足を痛めたサパタがプレー続行不可能となってA・コンティを右サイドバックに投入せざるを得なくなったミランは、アバーテがセンターバックに回る。 流れの悪いミランは27分、パンデフとのパス交換でゴールエリア左まで侵入したヴェサに決定的なシュートを許すも、GKドンナルンマがセーブして難を逃れる。ハーフタイムにかけても主導権を握れないミランは45分、パケタの際どいボレーシュートでゴールに迫ったがわずかに枠を外れ、前半を0-0で終えた。 迎えた後半、ミランが押し込む流れで立ち上がっていくと、55分にボリーニがコントロールシュートでGKを強襲。その後、62分にパケタの浮き球パスを受けたボックス左のボリーニが際どいシュートを浴びせると、66分にはパケタがヘディングシュートでゴールに迫った。 そして72分、ミランが押し切った。ボックス右で仕掛けたA・コンティがマイナスに送ったクロスをボリーニがダイレクトで蹴り込んだ。さらに83分、かつてジェノアに所属していたスソの恩返し弾が生まれる。クトローネのスルーパスに抜け出したスソがボックス右に侵入して右足でゴール左にシュートを流し込み、リードを広げた。 このまま2-0で勝利したミランがラツィオをかわして4位に浮上している。ミランは次節、26日にナポリとの大一番を迎える。 2019.01.22 01:04 Tue
twitterfacebook
thumb

ジェノアDFスポッリ、セリエBのクロトーネにレンタル移籍

セリエBのクロトーネは17日、ジェノアのアルゼンチン人DFニコラス・スポッリ(35)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 カターニャで主力として活躍後、ローマやカルピ、キエーボでプレーしたセンターバックのスポッリは、2017年夏にジェノアに加入。昨季は21試合に出場して準主力としてプレーしていたものの、今季は7試合の出場に留まり、第8節以降出場機会がない状況だった。 移籍先のクロトーネは現在、18試合を終えたセリエBで18位に沈んでいる。 2019.01.18 01:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ピョンテク、ミランへ! 伊紙報道

ジェノアのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)がミランと合意に至ったようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。 ここ最近ミラン移籍が取り沙汰されていたピョンテク。今回の記事によると、ミランとピョンテクは個人間合意に至り、あとは5年契約にサインするだけとなったようだ。今季いっぱいは買い取りオプション付きレンタルという形でミランに合流し、来シーズンに同クラブがオプションを行使すれば、正式にロッソネロの一員となる。 ミランでは、レンタル期間中の今季は週給3万5000ユーロ(約434万円)、完全移籍した場合は4万ユーロ(約496万円)になるようだ。これは現在ジェノアから受け取っている給与の4倍にあたる額となっている。 また、ミランが買い取りオプションを行使する際に支払う移籍金は4000万ユーロ(約49億6000万円)となる見込みだが、ジェノア側は保証金として、そのうちの1000万ユーロを先に支払うことを要求しているようだ。 今季ブレイクを果たしたピョンテクは、リーグ戦では第19節を終えた時点で13得点。ユベントスのクリスティアーノ・ロナウドの14得点に次ぐゴール数で、多くのビッグクラブが関心を寄せていた。 2019.01.17 20:03 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース