オーバメヤンが全ゴールに絡むエースの仕事! ホームで鮮やか逆転のアーセナルがベスト8進出《EL》2019.03.15 07:03 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16・2ndレグ、アーセナルvsスタッド・レンヌが14日に行われ、ホームのアーセナルが3-0で勝利した。この結果、2戦合計4-3としたアーセナルの準々決勝進出が決まった。先週にレンヌホームで行われた1stレグではアーセナルが先制も前半にパパスタソプーロスが退場したことが響き、最終的にレンヌが3-1で先勝した。

アウェイゴールこそ奪ったものの敵地で厳しい敗戦を喫したアーセナルだが、先週末に行われたマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチでは攻守に相手を圧倒。2-0の完勝でユナイテッドにスールシャール体制で初のリーグ戦黒星を与えて4位に再浮上した。

その勢いを生かして逆転突破を目指す今回の一戦に向けては出場停止のパパスタソプーロスに代えてムスタフィ、GKをレノからチェフに代えた以外、ユナイテッドと同じメンバーを起用。なお、前ラウンドのBATEボリソフとの初戦での退場で合計3試合の出場停止が科されていたラカゼットだったが、処分軽減によってスタメンでの起用となった。

キックオフ直後からエンジン全開のアーセナルがいきなりゴールをこじ開ける。5分、左サイドから横パスを繋いで右サイド深くに進攻したナイルズがボックス右のラムジーに繋ぐと、DFに囲まれながらもラムジーがグラウンダーで折り返したボールをオーバメヤンがワンタッチで流し込んだ。

開始早々のゴールに沸くスタジアムの後押しを受けてさらに勢いづくホームチームは15分、相手を押し込み左サイドでオフサイドポジションにいたコラシナツと入れ替わる形で抜け目なくボールを回収したオーバメヤンがゴールライン上で柔らかな折り返しを入れると、セルフジャッジで動きを止めた相手守備陣を出し抜いたファーのナイルズが頭で流し込んだ。

前半早い時間帯の2ゴールによって2戦合計3-3としアウェイゴール差で逆転に成功したアーセナルは、やや重心を後方に下げてバランス重視の戦い方にシフト。これに対してゴールが必要となったレンヌは徐々に攻撃に出ていくが、前回対戦で機能したサールとブリゴーの両サイドハーフが徹底マークに遭い、なかなか攻撃の形を作れぬまま前半を終えることになった。

それでも、ハーフタイムの修正によってよい形で後半に入ったレンヌは立ち上がりの47分に相手陣内高い位置でムスタフィからボールを奪ったグルニエがボックス手前のニアンに丁寧なパス。これをニアンが右足でフィニッシュに持ち込むが、GKチェフが指先で触ったシュートは左ポストを叩いた。

後半は一進一退の緊迫感のある攻防が続く中、徐々に守る時間が長くなってきたアーセナルは70分、エジルとラカゼットを下げてムヒタリアン、イウォビを投入する二枚替えを敢行。すると、この交代直後に貴重な追加点が生まれる。

72分、相手陣内中央でボールを持ったムヒタリアンが丁寧なスルーパスを左サイドのスペースに送ると、これに反応したコラシナツがグラウンダーで折り返す。最後はオフサイドラインぎりぎりで飛び込んだオーバメヤンがワンタッチで流し込んだ。そして、オーバメヤンはゴール裏にあらかじめ用意していた袋から『ブラックパンサー』のマスクを取り出して被るゴールセレブレーションを見せた。

痛恨の3点目を献上したものの1ゴールを奪えば延長戦に持ち込めるレンヌは選手交代を行いながらゴールを目指していくが、ベン・アルファらの仕掛けで決定機に持ち込みかけるが、再三オフサイドにかかるなどチャンスをモノにできない。

それでも、オーバメヤンの2度の決定機逸で何とか望みを繋ぐレンヌは決死の攻めを見せると、後半アディショナルタイムにはボックス内でニアンにシュートチャンスも枠を捉えたシュートは相手DFのブロックに遭い、ゴールとはならず。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、得意のホームでの鮮やかな逆転劇で2戦合計スコアを4-3としたアーセナルのベスト8進出が決定した。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル関心のカラスコ「ヨーロッパに戻りたい」

中国スーパーリーグの大連一方に所属するベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(25)がヨーロッパ復帰を望んでいる。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。 2015年に加入したアトレティコ・マドリーで2年目から背番号10を託されるなど期待が寄せられていた中、2018年2月に大連一方への移籍を決断したカラスコ。当初は批判に晒されながら、現在でも移籍市場では高い評価を受けている。 今冬の移籍市場ではアーセナルが獲得に動くも最終的には実現せず。それでも同クラブが再度、今夏での獲得を目指していることが伝えられている。 そんな中、カラスコがヨーロッパへの復帰を希望していることを明言。現時点で、中国でのプレーに大きな危機感は感じていないものの、ベルギー代表での座が危うくなっていることは察しているようだ。 「僕はヨーロッパに戻りたい。多くのクラブが僕に興味を示してくれていた。そして僕らは1月に解決策を見出そうとしていた」 「ただ、クラブの考えは理解できる。彼らは僕を残すことを望んだ。中国でまだ大丈夫だと感じているが、ベルギー代表では先発の座を失ってしまった」 「こういうことは質の高いチームでは起こりえることだ。競争の中であまりプレー出来ない時は常に訪れる可能性がある」 2019.03.26 14:20 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGのメガサラリーに対抗?! アーセナルがA・エレーラ獲得に挙手

アーセナルが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン人MFアンデル・エレーラ(29)獲得を目指しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 先日、パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心が浮上したA・エレーラ。ユナイテッドからの現行契約が今シーズン限りとなっているものの、1年間の契約延長にサインする可能性も伝えられていたが、週給15万ポンド(約2200万円)という莫大なサラリーでのオファーが報じられ、紙面を賑わせた。 とはいえ、『メトロ』によれば、A・エレーラは未だ将来に関する決定を下してはおらず。MFアーロン・ラムジーの今夏退団が決まっているアーセナルが、同選手の後釜として獲得の可能性を探っているようだ。 報道によると、アーセナルはPSGに匹敵する待遇を準備しているとのこと。しかし、A・エレーラ当人がプレミア残留に前向きでいるとされる一方、同じ国のライバルでもあるユナイテッドの選手と契約解除前に連絡を取ることは出来ず。先に接触することが可能なPSGが優位を得ているかもしれない。 2019.03.26 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがイタリアの逸材バレッラに関心? 23日のユーロ予選にスカウト派遣か

アーセナルがカリアリに所属するイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の獲得に動き出す可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』がイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』を引用して伝えている。 カリアリの下部組織で育ち、2014年にトップチーム昇格を果たしたバレッラは、豊富な運動量とボール奪取能力、テクニックを兼ね備えた期待の逸材だ。今シーズンもここまで公式戦29試合1ゴール2アシストを記録している。今冬の移籍市場ではインテルやナポリ、チェルシーなどからの関心が伝えられていた。 今回伝えられるところによると、そんなバレッラに対して新たにアーセナルが関心。同クラブを率いるウナイ・エメリ監督も今夏の強化に向けた一手として考えており、クラブもバレッラが先制点を奪った23日のユーロ2020予選・グループJ第1節、イタリア代表vsフィンランド代表にもスカウトを送り込んでいたようだ。 同メディアは現在、バレッラの移籍金が3900万ポンド(約56億円)から4300万ポンド(約62億円)と予測しているが、ここ最近の好パフォーマンスから高騰する可能性は十分にあると見解を示している。 2019.03.25 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、テュラム息子の獲得に関心か? フランスで躍動する新進気鋭のアタッカー

アーセナルがギャンガンに所属するフランス人FWマルクス・テュラム(21)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『Le 10 Sport』が伝えている。 今夏の移籍市場で個での打開力に長けたドリブラーの獲得を目指すアーセナルでは、リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)やローマのトルコ代表MFジェンギズ・ウンデル(21)ら逸材レフティの獲得を目指している。 しかし、競合クラブの存在や高騰する移籍金の影響もあってオペレーション実現には相当な努力や運が必要となる。 そのため、前述の2選手に代わる選手の発掘に余念がないアーセナルは、パリ・サンジェルマン監督時代の経験からリーグ・アンに精通しているウナイ・エメリ監督のツテを使って、より獲得が容易な21歳のアタッカー獲得に関心を強めているようだ。 現役時代にパルマやユベントス、バルセロナで活躍した元フランス代表DFのリリアン・テュラム氏を父親に持つマルクスは、190cm近い恵まれた体躯とスピード、テクニックに優れた右利きのアタッカー。 2015年にリーグ・ドゥ(フランス2部)のソショーでプロデビューを飾ると、2017年にはギャンガンに加入。今季は本職の左ウイングとセンターフォワードを主戦場に公式戦29試合に出場し11ゴールを挙げる活躍を見せている。また、フランスの年代別代表チームでは常に主力を担ってきた逸材だ。 なお、アーセナルはマルクス獲得に向けて順調に準備を進めている一方、同選手に対してはドルトムントなどブンデスリーガ勢も熱視線を送っているようだ。 2019.03.25 16:49 Mon
twitterfacebook
thumb

ジャカにとってアーセナルは通過点? 「アーセナルが終着点である必要はない」

アーセナルに所属するスイス代表MFグラニト・ジャカ(26)が同クラブからのステップアップの可能性を示唆した。スイス『Tagblatt』が同選手のコメントを伝えた。 2016年にボルシアMGからアーセナルに加入したジャカは、軽率なファウルやポカが目立つものの、正確且つパワフルな左足のキックを武器にセントラルMFの主力として活躍。 今季もMFルーカス・トレイラやMFマテオ・グエンドウジと逸材MFとのポジション争いを制して公式戦32試合に出場し、4ゴール3アシストの数字を残している。 しかし、チャンピオンズリーグ(CL)でのプレーやより多くのタイトル獲得を目指すジャカは、アーセナルからのステップアップを考慮しているようだ。 現在、スイス代表としてユーロ2020予選に参加しているジャカは地元メディアのインタビューで移籍の可能性を示唆している。 「僕はとても野心的な人間だ。そして、次のステップに進みたい」 「アーセナルが自分にとって終着点である必要はないと思っているよ」 移籍市場における人気は別として、アーセナルが今季もCL出場権獲得を逃す場合、ジャカがクラブを離れる決断をする可能性もあるかもしれない。 2019.03.24 16:45 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース