カシージャスがマドリー行き噂のミリトンに言及「彼には大きな未来が待っている」2019.02.14 20:29 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャスが、ブラジル代表DFエデル・ミリトン(20)の移籍について言及している。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。

サンパウロ下部組織出身のミリトンは昨夏に400万ユーロでポルト入り。今シーズンはセンターバックを主戦場にここまで公式戦31試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。また、昨年9月に行われたエル・サルバドル代表とのフレンドリーマッチではセレソンデビューも飾った。

そんなミリトンに関してはマドリーが熱視線を送っていることが各紙によって報じられている。また、一部メディアでは、契約解除金を払い、6年間の長期契約で来シーズンの加入が合意したことが報じられていた。

そんな中、長年レアル・マドリーの守護神として活躍し、2015年からポルトに移籍したカシージャスがスペイン『Onda Cero』のインタビューに応じでミリトンについて語った。

「彼はクオリティーが高く、学ぶことにとても熱心だね」

「夏に加入したばかりだけど、すぐに上手く溶け込んだね。彼の多様性はカギとなる。ポルトにとってなくてはならないプレーヤーだよ」

「彼はグッドガイだよ。短時間で大きく成長してきた。彼には大きな未来が待っている」
コメント
関連ニュース
thumb

マドリー、若きセレソンDFミリトンの加入決定的!

ポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトン(21)のレアル・マドリー移籍が決定的になったようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 サンパウロ下部組織出身のミリトンは昨夏にポルト入り。今シーズンはセンターバックを主戦場にここまで公式戦31試合に出場し、3ゴール2アシストを記録している。また、昨年9月に行われたエル・サルバドル代表とのフレンドリーマッチではセレソンデビューも飾った。 ミリトンに関しては、マンチェスター・ユナイテッドなどの複数クラブが関心を示していた。最近では、ユベントスが12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのローマ戦に視察に訪れたことも伝えられたが、迅速に動いたマドリーが争奪戦を制した格好だという。 『マルカ』は「レアル・マドリーへの移籍に向けて後はサインするだけ」と断定的に報道。今後5000万ユーロ付近の移籍金を支払い、正式な契約に向かうようだ。 2019.02.19 18:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがミリトン獲得を考慮 すでに視察か

ユベントス、ポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトン(20)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『RAI Sport』の情報を引用して同『カルチョメルカート』が伝えている。 ユベントスでは、センターバックを務めるDFジョルジョ・キエッリーニが34歳、DFレオナルド・ボヌッチが31歳と高齢化が進んでいる。そのため、アヤックスのオランダ代表マタイス・デ・リフト(19)の獲得を今夏の優先事項にしていることが、報じられていた。 しかし、デ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と友好関係を駆使してユベントスが獲得を目指していた同選手には、バルセロナも熱視線。代替案として、ミリトンに切り替えることを考慮しているようだ。 具体的な動きも伝えられており、ユベントスのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるファビオ・パラティチ氏は、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのローマ戦を視察。また、ミリトンの代理人は、1月下旬にイタリアに赴いており、ユベントスとの会談も否定されていないという。 サンパウロ下部組織出身のミリトンは昨夏にポルト入り。今シーズンはセンターバックを主戦場にここまで公式戦31試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。また、昨年9月に行われたエル・サルバドル代表とのフレンドリーマッチではセレソンデビューも飾った。 なお、ミリトンの契約解除金は5000万ユーロ(約62億4000万円)となっている。ミリトンにはレアル・マドリーも関心を寄せており、いずれにしてもユベントスの若手DF獲得の道程には"スペイン2強"との衝突が待ち構えているが果たして。 2019.02.16 21:09 Sat
twitterfacebook
thumb

CL制覇を知るカシージャス&ペペが第2戦での逆転を見据える「ホームで巻き返せる」

ポルトのイケル・カシージャスとペペは、1-2でローマに敗れたものの勝ち上がるチャンスが十分にあると強調した。<br><br>12日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでポルトは敵地でローマと対戦。前半は拮抗した状態で進んだものの、後半に入るとポルトは攻勢を強めるローマに70分、76分と立て続けて得点を奪われる。79分にアドリアン・ロペスが1点を返すも、反撃はここまで。ポルトは敵地での一戦を1-2で落とした。<br><br>試合後、カシージャスは「負けたくはなかったし、とても均衡した試合だったと思う。後半に予期していなかった速い動きから最初のゴールを許してしまった。2点目はアンラッキーだった」と失点場面について振り返った。<br><br>しかし、レアル・マドリーでCL制覇を3度経験した同守護神はホームでのセカンドレグで挽回できると強調した。「2-1は公平な結果だ。ローマが優位に立っているけれど、まだまだどっちに転ぶかわからない。僕たちのスタジアムではもっと多くのチャンスを作れると信じている」<br><br>一方、今冬の移籍市場で古巣ポルトに復帰し、この試合でフル出場を果たしたペペも結果を残念がったものの、セカンドレグで巻き返すチャンスが十分にあると話した。<br><br>「僕たちは悪くなかったけれど、残念ながら望んでいた結果ではなかった。積極的にプレーしたけれど、2つのミスからローマに点を許してしまった。でも、次の試合はホームであるし、突破を決められるように頑張りたい。逆転することは十分に可能で、彼らの勝ち上がりを阻止するために及ばなかった点を改善したい」<br><br>ポルト対ローマのセカンドレグは、ポルトのホームで3月6日に開催される。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.13 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「言葉がない。予想していなかった」ローマの新星ザニオーロ、欧州最高峰の舞台での2ゴールに歓喜

12日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでローマはホームでポルトと対戦。この試合に3トップの一角として先発出場した19歳のザニオーロは、70分に均衡を破る先制点をマークすると、その6分後にも追加点を挙げて、2-1の勝利の立役者となった。<br><br>これでイタリア人として史上最年少で欧州最高峰の舞台で1試合に2ゴールを挙げた選手となったザニオーロは、試合後に『スカイスポーツ・イタリア』で「素晴らしい夜になった。言葉がないし、このようなことを予想していなかった」と興奮した様子で語り、以下に続けた。<br><br>「この試合でポルトに何もさせなかったから、勝ち上がるためにセカンドレグでも同じように戦いたい。クルヴァ・スッドで勝利を祝えることは最高の気分で、言葉には表せないよ。これからもここでもっとゴールを奪いたい」<br><br>そして、3月6日の敵地でのセカンドレグへ向けて「でも、まだセカンドレグが残っている。僕たちはチームとして戦っていかなくてはならない」とCL準々決勝進出を見据えている。 2019.02.13 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:ローマ 2-1 ポルト《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ローマvsポルトが12日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 83 ミランテ 5.5 失点はノーチャンス。難しい枠内シュートがほぼなかった中、的確なポジショニングとコーチングで最終ラインをサポート DF 24 フロレンツィ 6.5 機を見た攻撃参加に加え、大胆かつ繊細な守備でサイドに穴をあけず 44 マノラス 6.0 ソアレス相手に格の違いを見せ付ける堅守を披露も失点場面ではやや気を抜いたか 20 ファシオ 6.0 制空権を完全に握り、マイボール時は果敢な持ち上がりからジェコの決定機を創出 11 コラロフ 6.0 ペッレグリーニらとの良好な関係で再三の攻撃参加を見せた MF 4 クリスタンテ 6.5 中盤の肉弾戦で優位に。シンプルな捌きで味方に前向きなプレーを促す 16 デ・ロッシ 6.5 抜群のポジショニングと判断で中央の危険なエリアを攻略させず。冷静に縦パスを前線の味方に供給 7 ペッレグリーニ 6.5 攻守両面でダイナミズムを発揮。2点目の起点となるなどプレーの連続性が素晴らしくチームのリズムを作った (→エンゾンジ -) FW 22 ザニオーロ 7.0 CL初ゴールを含むドッピエッタの活躍でチームを勝利に導く。抜群のキープ力と献身的な守備でも貢献 (→サントン -) 9 ジェコ 7.0 2度ポストに嫌われるも、ザニオーロの2点を演出。強靭なフィジカルを生かしたキープ力でチームの攻め上がりを促した 92 エル・シャーラウィ 6.0 カウンターの起点として幾度も攻め上がりを見せ、先制点の起点となった (→クライファート -) 監督 ディ・フランチェスコ 6.5 不運な形での失点でアウェイゴールを許すも、それ以外はほぼ完ぺきな内容だった ▽ポルト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 カシージャス 6.0 2失点を喫したが、安定したゴールキーピングで2ndレグの逆転に望みを繋ぐ DF 3 ミリトン 5.5 身体能力の高さを生かした守備で存在感。ただ、攻撃の局面での貢献は限定的に 28 フェリペ 5.5 焦れずに危険なスペースを埋めつつ気の利いたカバーリングを見せた 33 ペペ 5.5 ジェコのフィジカルに苦戦もうまく味方を動かしながら要所を締めた 13 A・テレス 5.5 守備は堅実にこなしたが、持ち味の攻撃参加はほとんど見せられず MF 25 オタビオ 5.5 献身的な守備に加え、中間ポジションでボールを引き出す仕事をこなした (→エルナニ -) 22 ダニーロ 5.5 球出しの局面で苦戦。対人守備ではよく身体を張った 16 H・エレーラ 5.5 攻守両面でチームにスイッチを入れようとしたが、あまり奏功せず 8 ブラヒミ 5.5 献身的なプレスバックやボールキープなど最低限の仕事はこなしたが無念の負傷交代 (→アドリアン・ロペス 6.5) 途中投入で貴重なアウェイゴールを決めた FW 29 ソアレス 5.5 幸運な形で1アシスト。前線で孤立する場面が多く相手の屈強なセンターバックコンビに抑え込まれた 37 フェルナンド 5.0 元神戸FWがCLデビュー。豊富な運動量と機動力で前線をかき回そうとしたが、あまり効果的ではなかった (→アンドレ・ペレイラ -) 監督 セルジオ・コンセイソン 5.5 ラツィオのレジェンドがオリンピコ帰還。試合内容では完敗もアウェイゴールを持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジェコ(ローマ) 試合を決める役割はザニオーロに譲ったが、その2つのゴールをほぼ完ぺきにお膳立てするなど試合を通した貢献度は見事だった。相手の屈強な守備陣相手にクサビのボールを収め続けた。 ローマ 2-1 ポルト 【ローマ】 ザニオーロ(後25) ザニオーロ(後31) 【ポルト】 アドリアン・ロペス(後34) 2019.02.13 07:15 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース