札幌のカギを握るMFチャナティップ「今年は良いものを見せられる」2019.02.14 20:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。昨シーズン4位の北海道コンサドーレ札幌からはベストイレブンにも選ばれたタイ代表MFテャナティップが出席。今シーズンの目標も「ACL」と語り、チームについては「良いものを見せられるシーズン」と語った。

◆MFチャナティップ(北海道コンサドーレ札幌)

──昨シーズンはベストイレブンにも選ばれ飛躍のシーズンでしたが
「去年はかなり成功したシーズンだと思う。今年はさらに上に頑張っていきたいと思う」

──チームとしては4位になったがACLにはいけなかった
「やっぱり、そこは悔しい。今シーズンもACLを目指していきたい」

──プレシーズンはタイでも試合を行なったが
「楽しかったです。久しぶりに友達にも会えたし、タイリーグのチームとも試合ができたのは良かった」

──ペトロヴィッチ監督の下で2シーズン目だが、昨シーズンと比べて今シーズンのサッカーをどう感じているか
「システム的にはそこまで変わらないが、役割が今年は色々なポジションでしっかりしていると思う。今年は良いものを見せられるシーズンだと思う」

──新戦力も多く加入しているが、フィット感はどうか
「どんどん良くなっていくと思う」

──札幌の寒さには慣れましたか
「まだまだ寒いです。でも、どんどん慣れて来ました」
コメント
関連ニュース
thumb

5年ぶり復帰の武富が2発! 湘南が札幌を下し白星スタート!《J1》

2019シーズンの明治安田生命J1リーグが、22日に遂にスタート。翌23日にShonan BMW スタジアム平塚で行われた開幕節の湘南ベルマーレvs北海道コンサドーレ札幌は、2-0で湘南が勝利した。 昨シーズンのJ1リーグでは13位に終わるも、YBCルヴァンカップを初制覇した湘南と、J1リーグで4位への躍進を見せた札幌の一戦。湘南は[3-4-2-1]を採用。GK秋元、最終ラインが右から山根、坂、大野、ダブルボランチに松田と齊藤、右に岡本、左に杉岡を起用した。ツーシャドーには武富と中川を並べ、ワントップに山﨑を起用した。 一方の札幌は、最後尾にGKク・ソンユン、3バックに右から進藤、宮澤、福森、ダブルボランチに荒野、深井、右に早坂、左に菅を並べた。2列目にはアンデルソン・ロペスとチャナティップを起用し、最前線にはジェイを置いた。 昨シーズン、飛躍を遂げた両者が激突した開幕節。前半半ばが経過すると、互いにチャンスを作り始める。 まずはアウェイの札幌が24分、福森の左サイドからのクロスをファーサイドの進藤が頭で折り返す。これをジェイがゴール前に飛び込んでヘディングで合わせたが、GK秋元にセーブされる。 対する湘南は26分、自陣からカウンターを発動。齊藤が自陣から持ち上がり、左サイドに展開する。これを受けた杉岡がボックス左手前まで運び、左足を思い切りよく振り抜き、低弾道の強烈なシュートがゴール右に飛ぶも、わずかに枠を外れた。 徐々に両者が攻勢を強め、スペースができ始めると、湘南は35分に松田が強烈なミドルシュートを見舞う。しかし、湘南も36分、チャナティップのパスをボックス左で受けた菅が相手DF一人をかわしてゴール前左から左足アウトサイドでシュート。これが枠を捉えたが、ギリギリのところで坂にブロックされた。 後半に入ると、互いに攻勢を強めようとするが、なかなかチャンスは生まれず。そんな中、湘南は54分に中川に代えて大橋を投入する。すると60分、右サイドでのスルーパスに反応した大橋がボックス右に侵攻し、シュートフェイントでの切り返しから左足シュート。しかし、ここはGKク・ソンユンに右足で防がれる。 カウンターから敵陣への侵攻回数を増やす湘南。迎えた82分、右サイドでボールを持った山根が巧みなドリブルでボックス右深い位置まで持ち込み、グラウンダーのクロスを供給。これが宮澤の足に当たってゴール方向へ跳ねるが、ゴール前のルーカス・フェルナンデスに当たってボールはGKク・ソンユンの下へ。しかし、キャッチしかけたところを武富が素早く反応してプッシュし、ゴールネットを揺らして湘南が先制する。 先制点を許した札幌は85分、右サイドからルーカス・フェルナンデスがクロスを供給。これを中央の鈴木がダイビングヘッドで合わせたが、GK秋元の正面に。 すると湘南に追加点。90分、杉岡が左サイドからクロス。これが混戦となり、山崎が粘って中央に折り返すと、最後はフリーになっていた武富が落ち着いてゴール左に流し込んだ。 勝利を大きく手繰り寄せた湘南は、その後うまく交代カードを使いながら時間を消費して試合を終わらせた。今シーズン、5年ぶりに復帰した武富の2ゴールで湘南が2-0で勝利した。 2019.02.23 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌に痛手 駒井善成が右ヒザ手術

北海道コンサドーレ札幌は23日、MF駒井善成の負傷離脱を発表した。 駒井は1月27日に行われたアジアチャレンジinタイのバンコク・ユナイテッドFC戦で右ヒザ半月板を損傷。札幌市内の病院で手術を受けた。 昨年から札幌でプレーする駒井は浦和レッズから今シーズン完全移籍加入。今シーズンも右ウィングバックの1stチョイスとして活躍が期待された。 開幕直前に駒井を失った札幌は同日に行われる明治安田生命J1リーグ第1節で湘南ベルマーレとのアウェイ戦に臨む。 2019.02.23 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌、ユース3選手を2種登録

北海道コンサドーレ札幌は15日、ユースチームに所属するMF本間洋平(17)、GK山本透衣(17)、FW大和蓮(16)を2種登録したことを発表した。 各世代の日本代表に名を連ねる本間は174cm67kgのMF。U-12から札幌の下部組織に在籍。また、山本と大和は共にジュニアユース時代から札幌の下部組織に在籍している。 2019.02.15 19:26 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】ミシャ体制2年目、ロマンではなくリアルなACL出場権獲得へ《北海道コンサドーレ札幌》

2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第1弾は北海道コンサドーレ札幌を紹介。 <span style="font-weight:700;">◆昨季逃したACL出場を掴めるか</span>《ACL出場権争い》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから1つ選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190208_consadole_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>ミハイロ・ペトロヴィッチ監督を招へいして臨んだ2018シーズンは、クラブ史上最高の1年となった。序盤こそ白星がなくつまづいたが、第4節のV・ファーレン長崎戦でシーズン初勝利。そこから、11戦無敗と波に乗った。 悲願のJ1残留を果たした2017シーズンから一転、ミシャ監督の下で生まれ変わった札幌は、最後まで落ちることなく戦い抜き4位でフィニッシュ。浦和レッズが天皇杯を制したためにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場は果たせなかったが、チームとして大きな自信を得たシーズンとなった。 より高みを目指す2019シーズンに向けては、人員整理に動いた。DF河合竜二(→現役引退)、DF菊地直哉(→アビスパ福岡)、MF稲本潤一(→SC相模原)、FW内村圭宏(→FC今治/JFL)とベテラン勢が退団。また、エースのFW都倉賢がセレッソ大阪に、川崎フロンターレから期限付き移籍していたMF三好康児も退団となった。 一方で、MF中野嘉大(←ベガルタ仙台)、FW岩崎悠人(←京都サンガF.C.)、FW鈴木武蔵(←V・ファーレン長崎)を獲得。また、全国高校サッカー選手権大会を制した青森山田高校からMF檀崎竜孔も加入するなど、若手選手を補強。チームとして、新たなステージに向かう準備を整えた印象だ。 昨シーズンは48得点48失点とイーブンの成績を残したが、上位をキープするには得点を増やし、失点を減らしたいところ。攻撃サッカーを掲げるミシャ監督と戦力バランスを見れば、得点を増やす方が現実的。守備陣は退団選手に比べ加入が少なく、選手層に若干の不安を抱える。何にしても、新戦力の活躍がチームの浮沈のカギを握る。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《B》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190208_consadole_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>◆北海道コンサドーレ札幌 【IN】 GK菅野孝憲(34)←京都サンガF.C./期限付き延長 DF中村桐耶(18)←北海道コンサドーレ札幌ユース/昇格 MF檀崎竜孔(18)←青森山田高校/新加入 MFチャナティップ(25)←ムアントン・ユナイテッド(タイ)/期限付き→完全 MF駒井善成(26)←浦和レッズ/期限付き→完全 MF中野嘉大(25)←ベガルタ仙台/完全 MF中原彰吾(24)←V・ファーレン長崎/期限付き復帰 MFルーカス・フェルナンデス(24)←フルミネンセ(ブラジル)/期限付き FW岩崎悠人(20)←京都サンガF.C./完全 FW鈴木武蔵(24)←V・ファーレン長崎/完全 FWアンデルソン・ロペス(25)←FCソウル(韓国)/完全 【OUT】 DF河合竜二(40)→現役引退 DF横山知伸(33)→退団 DF永坂勇人(24)→退団 DF田中雄大(30)→ブラウブリッツ秋田/完全 DF菊地直哉(34)→アビスパ福岡/完全 MF三好康児(21)→川崎フロンターレ/期限付き満了 MF稲本潤一(39)→SC相模原/完全 MFジュリーニョ(32)→退団 MF前寛之(23)→水戸ホーリーホック/期限付き→完全 MF兵藤慎剛(33)→ベガルタ仙台/完全 FW都倉賢(32)→セレッソ大阪/完全 FW宮吉拓実(26)→京都サンガF.C./完全 FW内村圭宏(34)→FC今治(JFL)/完全 FW金園英学(30)→ヴァンフォーレ甲府/期限付き→完全 <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> MFチャナティップ・ソングラシン(25)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190208_consadole_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>2019シーズンの札幌で一押しの選手は、タイ代表MFチャナティップ・ソングラシンだ。2018シーズンは、30試合に先発出場しチーム3位の8得点を記録。Jリーグベストイレブンにも選出され、飛躍の一年となった。 今シーズンは完全移籍に切り替わり、チームの更なる中心選手としての活躍が期待されるチャナティップ。攻撃陣の顔ぶれが変わっただけに、ミシャサッカーを知るキーピースとして、ゴール、アシストと得点に絡む活躍に期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> FW菅大輝(20)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190208_consadole_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>2020年の東京オリンピックに推したい選手は、3年目のFW菅大輝だ。2019シーズンは背番号も「4」を着用。FW登録の選手としてクラブ史上初の番号を背負う。 今シーズンの目標には「5ゴール10アシスト」を掲げているが、持ち前の運動量に加えて数字がついてくることで、東京オリンピックへの道も開けるだろう。左ウイングバックのポジションは、東京オリンピック代表チームでは湘南ベルマーレのDF杉岡大暉がライバルとなる。競争は激しいが、3年目のシーズンで昨年以上の飛躍を遂げ、オリンピック出場、そしてA代表招集への期待が懸かる。 2019.02.08 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

DF河合竜二が22年間のプロ生活に幕…引退後は札幌にフロント入り

北海道コンサドーレ札幌は24日、DF河合竜二(40)が現役を引退したことを発表した。また、同クラブへのフロント入りも併せて伝えている。 西武台高校から浦和レッズに加入してプロキャリアをスタートさせた河合。しかし、思うような出場機会を得ることができず、2002年に契約が満了した。その後、2度のトライアウトを経て、横浜F・マリノスに入団。2003年にはJ1リーグ・2ndステージ優勝に貢献し、2008年からはキャプテンを務めるなど8年間、トリコロールのユニフォームを身にまといプレーした。 その後、2011年に北海道コンサドーレ札幌に完全移籍。加入初年度からキャプテンを任され、同年にJ1昇格に導いた。翌年に再びJ2に降格したが、2016年には再びJ1昇格の力に。しかし、昨シーズンは公式戦での出場はなく、昨年12月に契約満了となっていた。 キャリア通算では、J1で191試合9ゴール2アシスト、J2で147試合2ゴール2アシスト、リーグカップ戦で40試合出場、天皇杯で4試合出場。 引退後は、コンサドーレ・リレーションズチーム・キャプテン(C.R.C)としてクラブをサポート。パートナー企業、サポーター、ホームタウン、行政機関、メディアなど、クラブを支えてくださる皆さまとクラブをつなぐ存在として、多方面に渡って活動していくようだ。 22年間の現役生活に終止符を打った河合は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2018シーズンをもって現役を引退する事を決意致しました」 「プロ生活22年間。日本代表にも入ったことのない自分がここまで長くサッカーをやれたのも周りの方の支えがあったからこそだと思っています」 「両親を始め、家族、友人、自分を支えてくれた方。少年団から中学、高校、浦和レッズ、横浜F・マリノス、北海道コンサドーレ札幌在籍時の自分のサッカー人生に関わる全ての皆様に感謝します」 「そしてファン、サポーターの皆様。ホームはもちろん、遠くアウェーまでも多くのサポーターに駆けつけていただきありがとうございました。皆んなの声援が力をくれました。時にはぶつかった事もあったけど、辛い時期もいつもどんな時だって全力で応援してくれる姿は最高でした!!」 「今後はクラブのフロントスタッフとして、コンサドーレに関わらせていただく事になりました」 「自分の今までの経験を生かし、クラブと大好きな北海道がより一体感を持って戦えるように努めていきます。今後も自分が大切にしてきた言葉通り、『今、目の前のことを全力で。』変わらず突き進んで参ります!」 「応援よろしくお願いします」 2019.01.24 12:45 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース