超WS選定! 2018年のJ1ベストイレブン2018.12.07 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグは川崎フロンターレの連覇が決まった一方で、ACL争いや残留争いは史上稀にみる大混戦に。今シーズンも様々なドラマが生まれ、幕を閉じた。▽今シーズンも毎節ベストイレブンを選出してきた超ワールドサッカー編集部は、20試合以上の出場数を選考基準に、年間を通じて最も印象的な活躍を披露した11名をセレクト。短評と共に紹介する。

◆超WS選定年間ベストイレブン(J1)
GKクォン・スンテ(34歳/鹿島アントラーズ)
成績:27試合
▽クリーンシート数は12回。昨年こそケガで苦しんだが、今年はタイトな日程の中で幾度となくチームの救世主となり、過去2度にわたるアジア制覇の経験を生かして、鹿島を初のACL優勝に導いた。頼れる守護神の力はかなり大きかった。

DFエウシーニョ(29歳/川崎フロンターレ)
成績:32試合/2得点
▽持ち前の攻撃センスと技術で後ろから幅広い攻撃を構築。今シーズンは守備の比重を高めることとなったが、支えるプレーによりチームは安定が保たれた。それでも機を見た神出鬼没なポジショニングでも脅威に。すでに退団が決定。連覇を成し遂げた魅力ある攻撃を彩る存在だった。

DF高橋祐治(25歳/サガン鳥栖)
成績:30試合/1得点
▽個人として大きく飛躍を遂げた1年だった。J1初挑戦だったが、第6節のセレッソ大阪戦をきっかけに先発の座を掴み取った。今シーズンはチームとして守勢に回る試合が多かったが、総失点数は「34」。GK権田修一の貢献度と共に、この男の台頭も大きかった。

DF谷口彰悟(27歳/川崎フロンターレ)
成績:34試合/3得点
▽2年連続フルタイム出場。ディフェンスリーダーとして守備面ではクリーンに相手を封じ、攻撃面でも高いビルドアップ能力で屈指の攻撃陣を後方からサポートし続けた。影のMVP。最少失点に抑え、連覇を成し遂げたのは昨シーズンよりも好守のクオリティを高めた彼の存在があってのこと。

DF山中亮輔(25歳/横浜F・マリノス)
成績:32試合/4得点
▽ポステコグルー監督による新戦術の下で覚醒。高精度なクロスと強烈なミドルシュートでキャリアハイの4ゴール8アシストという数字を叩き出し、売りの攻撃力を周囲に見せつけた。記憶に新しい代表デビュー弾もオーバーラップからの左足。来年への期待は高まるばかり。

MF家長昭博(32歳/川崎フロンターレ)
成績:32試合/6得点
▽連覇の立役者。昨シーズンはケガで出遅れたが、今シーズンは開幕から異彩を放ち続けた。巧さ、強さ、速さを存分に発揮して相手を翻弄すると、ゲームを冷静に見ては言葉でチームメイトを気遣った。誰も手を付けられず。献身性をも兼ね備えた天才はまさに無敵だった。

MF中村憲剛(38歳/川崎フロンターレ)
成績:33試合/6得点
▽フロンターレのバンディエラとして今年もフル稼働した。38歳の年齢に関わらず、リーグ戦欠場はわずか1試合。36歳でMVP、37歳で初優勝、38歳で連覇…。歳を重ねるごとに衰えるどころか、逆に司令塔としての凄みがより増している。

MFチャナティップ(25歳/北海道コンサドーレ札幌)
成績:30試合/8得点
▽来日2年目の今年は小柄を生かしたドリブルや足下の高い技術、シュート精度で、札幌史上最高位となる4位フィニッシュに導くと共に、個人としてもチーム内3位の8得点をマーク。1年を通じて、“タイのメッシ”と呼ばれる所以を示し続けた。

FWファン・ウィジョ(26歳/ガンバ大阪)
成績:27試合/16得点
▽クラブ記録の6戦連発をマークするなど、最終的に得点ランキング3位の16ゴール。今夏のアジア競技大会から復帰後、ストライカーとしてよりスケールアップを遂げ、MF今野泰幸や宮本恒靖監督と共にG大阪の残留劇を語る上で欠かせない選手に。

FWジョー(31歳/名古屋グランパス)
成績:33試合/24得点
▽ブラジル全国選手権のMVPや得点王、ベストイレブンに輝いた実績は伊達ではなかった。初挑戦のJリーグでも3度のハットトリックや7度の複数得点をマークするなど、元セレソンの能力を生かして大暴れ。シーズンを通じた存在感は規格外だった。

FW鈴木優磨(22歳/鹿島アントラーズ)
成績:32試合/11得点
▽11得点10アシストという数字が今シーズンの活躍ぶりを物語る。2015年のJリーグデビュー以来、ゴール前に飛び込む強気な姿勢が魅力だったが、お膳立て役にもなれる柔軟性も新たな武器に。その活躍により、11月に代表初選出。ACL初制覇も成し遂げ、実り多き1年に。

監督
ミハイロ・ペトロヴィッチ(61歳/北海道コンサドーレ札幌)
▽川崎フロンターレの鬼木達監督やガンバ大阪の宮本恒靖監督も光ったが、今年は北の大地を沸かせたミハイロ・ペトロヴィッチ監督を選出。晩年中位がやっとの札幌に攻撃的スタイルを浸透させ、クラブ最高位の4位に導いた手腕は見事。さらなる成熟に期待がかかる。
コメント
関連ニュース
thumb

『超ワールドサッカー』 x 『DAZN』 #コトシハJガハンパナイ Twitterキャンペーン

『超ワールドサッカー』と、スポーツ・チャンネル『DAZN』がJリーグ開幕を前にTwitterキャンペーンをスタートした。 今回のキャンペーンは、『DAZN』がJリーグ開幕に合わせてSNSで展開している「#コトシハJガハンパナイ」を使用し、超ワールドサッカーでは「今年のJリーグでハンパナイ ベテラン」のお題で、皆さんからご意見を募集! 超ワールドサッカーのTwitterアカウント(<a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">@ultrasoccer</a>)にて投稿されるキャンペーンの該当ツイートを引用リツイートし、「ハンパナイベテラン」について、ご意見を募集します。 ツイートしていただいた方の中から抽選で1名様に、お好きなJリーグクラブの1stユニフォームをプレゼント!あなたたが思う、「ハンパナイベテラン」を投稿して下さい。 <div style="text-align:center;"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">\超ワールドサッカー× <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B3%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%8FJ%E3%82%AC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#コトシハJガハンパナイ</a> Twitterキャンペーン/<br><br>「今年の <a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> でハンパナイ ベテラン」を答えた1名様に希望クラブの1stユニが当たる<br><br>応募方法<br>1⃣<a href="https://twitter.com/ultrasoccer?ref_src=twsrc%5Etfw">@ultrasoccer</a> をフォロー<br>2⃣当ツイートを引用RTし「ハンパナイベテラン」を回答<br><br>詳細→<a href="https://t.co/lFoKMKmWyv">https://t.co/lFoKMKmWyv</a> <a href="https://t.co/bHY1RdEzYK">pic.twitter.com/bHY1RdEzYK</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1097441733674029057?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年2月18日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> ■キャンペーン参加条件 ①超ワールドサッカー Twitterアカウント(<a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">@ultrasoccer</a>)をフォロー ②超ワールドサッカーアカウントが投稿した該当ツイートを引用RTして、「ハンパナイベテラン」について投稿 ■キャンペーン期間 2/18(月)18:00 〜 2/22(金)23:59 2019.02.21 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

J1第6節の鹿島vs名古屋は4月5日(金)19時キックオフに決定

Jリーグは20日、県立カシマサッカースタジアムで行われる明治安田生命J1リーグ第6節の鹿島アントラーズvs名古屋グランパスの試合開催日及びキックオフ時間が決定したことを発表した。 J1第6節の鹿島vs名古屋は、4月5日(金)の19時にキックオフを迎える。 鹿島アントラーズは19日、AFCチャンピオンズリーグ2019(ACL)プレーオフでニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)に4-1で勝利し、本大会出場が決定。これにより、未定となっていた試合開催日及びキックオフ時間が決まった。 ◆明治安田生命J1リーグ第6節 ▽4月5日(金) 《19:00》 鹿島アントラーズ vs 名古屋グランパス [県立カシマサッカースタジアム] 2019.02.20 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

柏&長崎、参戦決定! ACL出場の広島&鹿島はプライムステージから《YBCルヴァンカップ》

2019 JリーグYBCルヴァンカップのグループ組み合わせ、日程が確定した。 19日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフが行われ、サンフレッチェ広島と鹿島アントラーズがそれぞれ勝利し、ACL本大会出場が決定。これにより、両クラブはルヴァンカップにプライムステージから参戦することとなり、2018シーズンの明治安田生命J1リーグで17位だった柏レイソルと18位だったV・ファーレン長崎がグループステージから今大会に参加することとなった。 今シーズンの組み合わせと日程は以下の通り。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆グループステージ組み合わせ</span> ●Aグループ(4チーム) 北海道コンサドーレ札幌/横浜F・マリノス/湘南ベルマーレ/V・ファーレン長崎 ●Bグループ(4チーム) FC東京/ベガルタ仙台/サガン鳥栖/柏レイソル ●Cグループ(4チーム) セレッソ大阪/ヴィッセル神戸/名古屋グランパス/大分トリニータ ●Dグループ(4チーム) 清水エスパルス/ガンバ大阪/ジュビロ磐田/松本山雅FC <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆第1節</span> ▽3月6日(水) 【グループA】 《19:00》 V・ファーレン長崎 vs 湘南ベルマーレ [トランスコスモススタジアム長崎] 《19:30》 横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌 [ニッパツ三ツ沢球技場] 【グループB】 《19:00》 柏レイソル vs FC東京 [三協フロンテア柏スタジアム] 《19:30》 サガン鳥栖 vs ベガルタ仙台 [鳥栖スタジアム] 【グループC】 《19:00》 名古屋グランパス vs ヴィッセル神戸 [パロマ瑞穂スタジアム] 大分トリニータ vs セレッソ大阪 [大分銀行ドーム] 【グループD】 《19:00》 松本山雅FC vs 清水エスパルス [サンプロアルウィン] ジュビロ磐田 vs ガンバ大阪 [ヤマハスタジアム] <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆第2節</span> ▽3月13日(水) 【グループA】 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs V・ファーレン長崎 [札幌ドーム] 湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス [Shonan BMW スタジアム平塚] 【グループB】 《19:00》 ベガルタ仙台 vs FC東京 [ユアテックスタジアム仙台] 柏レイソル vs サガン鳥栖 [三協フロンテア柏スタジアム] 【グループC】 《19:00》 名古屋グランパス vs 大分トリニータ [パロマ瑞穂スタジアム] ヴィッセル神戸 vs セレッソ大阪 [神戸総合運動公園ユニバー記念競技場] 【グループD】 《19:00》 清水エスパルス vs ジュビロ磐田 [IAIスタジアム日本平] ガンバ大阪 vs 松本山雅FC [パナソニックスタジアム吹田] <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆第3節</span> ▽4月10日(水) 【グループA】 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs 湘南ベルマーレ [札幌ドーム] 横浜F・マリノス vs V・ファーレン長崎 [ニッパツ三ツ沢球技場] 【グループB】 《19:00》 ベガルタ仙台 vs 柏レイソル [ユアテックスタジアム仙台] FC東京 vs サガン鳥栖 [秩父宮ラグビー場] 【グループC】 《19:00》 ヴィッセル神戸 vs 大分トリニータ [神戸総合運動公園ユニバー記念競技場] 《19:30》 セレッソ大阪 vs 名古屋グランパス [ヤンマースタジアム長居] 【グループD】 《19:00》 松本山雅FC vs ジュビロ磐田 [サンプロアルウィン] 清水エスパルス vs ガンバ大阪 [IAIスタジアム日本平] <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆第4節</span> ▽4月24日(水) 【グループA】 《19:00》 V・ファーレン長崎 vs 北海道コンサドーレ札幌 [トランスコスモススタジアム長崎] 《19:30》 横浜F・マリノス vs 湘南ベルマーレ [ニッパツ三ツ沢球技場] 【グループB】 《19:00》 ベガルタ仙台 vs サガン鳥栖 [ユアテックスタジアム仙台] FC東京 vs 柏レイソル [NACK5スタジアム大宮] 【グループC】 《19:00》 大分トリニータ vs 名古屋グランパス [大分銀行ドーム] 《19:30》 セレッソ大阪 vs ヴィッセル神戸 [ヤンマースタジアム長居] 【グループD】 《19:00》 清水エスパルス vs 松本山雅FC [IAIスタジアム日本平] ガンバ大阪 vs ジュビロ磐田 [パナソニックスタジアム吹田] <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆第5節</span> ▽5月8日(水) 【グループA】 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜F・マリノス [札幌ドーム] 湘南ベルマーレ vs V・ファーレン長崎 [Shonan BMW スタジアム平塚] 【グループB】 《19:00》 FC東京 vs ベガルタ仙台 [秩父宮ラグビー場] サガン鳥栖 vs 柏レイソル [鳥栖スタジアム] 【グループC】 《19:00》 大分トリニータ vs ヴィッセル神戸 [大分銀行ドーム] 《19:30》 名古屋グランパス vs セレッソ大阪 [パロマ瑞穂スタジアム] 【グループD】 《19:00》 ジュビロ磐田 vs 松本山雅FC [ヤマハスタジアム] ガンバ大阪 vs 清水エスパルス [パナソニックスタジアム吹田] <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆第6節</span> ▽5月22日(水) 【グループA】 《19:00》 湘南ベルマーレ vs 北海道コンサドーレ札幌 [Shonan BMW スタジアム平塚] V・ファーレン長崎 vs 横浜F・マリノス [トランスコスモススタジアム長崎] 【グループB】 《19:00》 サガン鳥栖 vs FC東京 [鳥栖スタジアム] 柏レイソル vs ベガルタ仙台 [三協フロンテア柏スタジアム] 【グループC】 《19:00》 セレッソ大阪 vs 大分トリニータ [ヤンマースタジアム長居] ヴィッセル神戸 vs 名古屋グランパス [ノエビアスタジアム神戸] 【グループD】 《19:00》 松本山雅FC vs ガンバ大阪 [サンプロアルウィン] ジュビロ磐田 vs 清水エスパルス [ヤマハスタジアム] ■プレーオフステージ ◎第1戦:6/19(水)、第2戦:6/26(水) ■プライムステージ ◎準々決勝 第1戦:9/4(水)、第2戦:9/8(日) ◎準決勝 第1戦:10/9(水)、 第2戦:10/13(日) ◎決勝 10/26(土) [埼玉スタジアム2002] ◆概要 <グループステージ> ・ACLに出場する4チーム(鹿島アントラーズ・浦和・川崎F・サンフレッチェ広島)を除くJ1の14チームとJ2の2チーム(前年度J1の17位、18位)の16チームを4グループに分け、各グループで2回戦総当たり(ホーム&アウェイ方式)のリーグ戦 ・各グループ上位2チームの8チームがプレーオフステージに進出 <プレーオフステージ> ・グループステージを勝ち上がった8チームにより、ホーム&アウェイ方式の2試合を行う ・プレーオフ勝者4チームがプライムステージに進出する <プライムステージ> ・プレーオフステージを勝ち上がった4チーム、およびACLに出場する4チーム(鹿島アントラーズ、浦和、川崎F、サンフレッチェ広島)を加えた計8チームにより、ホーム&アウェイ方式のトーナメント戦を行う。(決勝は1試合のみ) 2019.02.20 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季トップチームデビューのG大阪GK谷晃生が左肩関節前方脱臼…J3では21試合出場

ガンバ大阪は20日、GK谷晃生(18)が左肩関節前方脱臼と診断されたことを発表した。 クラブの発表によると、谷は13日の練習中に負傷。 G大阪下部組織出身の谷は、2018年にトップチーム昇格。昨シーズンはYBCルヴァンカップ第5節に出場し、トップチームデビューを飾った。また、U-23チームの一員として明治安田生命J3リーグに21試合出場した。 2019.02.20 11:08 Wed
twitterfacebook
thumb

広島がJ開幕前に死闘…PK戦でチェンライ破り3季ぶり本戦へ《ACL2019》

サンフレッチェ広島は19日、広島広域公園陸上競技場でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019プレーオフに臨み、PK戦の末にチェンライ・ユナイテッド(タイ)を退け、5度目の本戦出場を決めた。 3シーズンぶりの本戦出場を狙う広島は先発メンバーに東京五輪世代のGK大迫を最後尾に起き、3バックに荒木、吉野、佐々木を起用。中盤4枚にエミル・サロモンソン、川辺、松本泰志、柏を並べ、1トップを務める皆川の背後に柴崎と野津田を配した。 若手主体で一発勝負の試合に挑むホームの広島が攻勢の展開となる。9分、皆川が右足アウトサイドで合わせたシュートが相手のハンドを誘い、PKのチャンスを獲得。このキッカーを皆川が務めたが、ゴール左を突くシュートは相手GKに読まれてしまう。 絶好の先制機を逸した広島は圧倒的に押しこむ中、15分に左ウィングバックの柏がドリブルでチャンスメーク。バイタルエリア中央でフリーの松本がマイナスのパスに右足ダイレクトで合わせてゴールを狙うが、枠に飛ばせず、これもゴールに繋がらない。 攻め続ける広島は30分以降も柴崎や荒木が積極的にシュート。36分にも左サイドの柏が蹴ったクロスにボックス中央の駆け引きで優位に立った皆川が頭で合わせてPK失敗の汚名返上を狙ったが、コースが甘く、相手GKの正面を突いてしまう。 前半を通じて圧倒的に攻め込みながらノーゴールに終わった広島は、迎えた後半も攻勢。ボールの主導権を一方的に握り続ける。59分、左CKから野津田のクロスにニアサイドの皆川がヘディング。だが、これも正確性を欠き、空砲に終わる。 嫌なムードが漂う広島は64分、まず1枚目の交代枠で野津田から東にスイッチ。70分、柴崎の右足ミドルシュートで獲得した右CKから東のクロスに荒木が右足ワンタッチで合わせる。だが、決定的な場面だったが、無情にもクロスバーを嫌われる。 77分にエミル・サロモンソンを下げて松本大弥を投入した広島は、82分に最後の交代枠で皆川を諦めて主砲パトリックをピッチへ。そのパトリックの決定力に勝負をかけた城福監督だったが、90分で決着をつけられず、延長戦にもつれ込む。 100分に延長戦で認められる4枚目の交代枠で荒木を下げて野上を起用した広島は118分、ボックス左に侵攻した東のクロスに柴崎が反応。相手DFに当たったボールをパトリックが押し込むが、オフサイドとの判定が下り、幻のゴールとなる。 結局、試合の行方はPK戦に委ねられ、4-3で制した広島が苦しみながら本戦へ。その本戦でグループFに入り、元日本代表FW本田圭佑を擁するメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)や、広州恒大(中国)、大邸FC(韓国)と対戦する。 2019.02.19 21:50 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース