エジルは朦朧、グエンドウジは意識なし…アーセナル選手陣の“ヒッピークラック”映像が流出2018.12.07 17:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルのスター選手たちが、イギリスで問題視されている“ヒッピークラック”を楽しんでいる様子の映像が流出した。イギリス『サン』の情報を基に、イギリス『デイリー・メール』が報じている。▽“ヒッピークラック”は風船ドラッグとも呼ばれており、バルーンに入れた亜酸化窒素(笑気ガス)を吸引する行為のことを指す。亜酸化窒素には麻酔効果や陶酔効果があることが知られており、本来は手術時に恐怖心を緩和する目的で使用される。

▽しかし、安価で手に入り、依存性もなく手軽に一時的な多幸感が得られることから、イギリスの若者の間で流行。所持自体は違法ではなく、英国法では吸引の恐れがある18歳未満への販売を禁止するに留まっているが、2006年から2012年の間だけでも17人の死者が出ている社会問題だ。

▽『デイリー・メール』によると、シーズン開幕前の今年8月上旬にある一室でメスト・エジル、ピエール・エメリク・オーバメヤン、アレクサンドル・ラカゼット、マッテオ・グエンドウジが、バルーンに口を付けて亜酸化窒素を吸引。中でもグエンドウジは完全に意識を失っているように見受けられ、エジルが朦朧としている様子が、映像に捉えられている。

▽また、エジルからバルーンを手渡されたヘンリク・ムヒタリアンは受け取りを拒否しており、シュコドラン・ムスタフィ、セアド・コラシナツが吸引している様子も確認されていない。
コメント
関連ニュース
thumb

ロシツキが古巣スパルタ・プラハのスポーツ・ディレクターに就任

▽スパルタ・プラハは17日、昨年12月20日に現役を引退していた元チェコ代表MFトーマス・ロシツキ氏(38)をスポーツ・ディレクターに任命したことを発表した。 ▽優雅なプレーでファンを魅了した攻撃的MFのロシツキ氏は、母国のスパルタ・プラハでトップチームデビュー。ドルトムントやアーセナルといったビッグクラブで活躍し、ブンデスリーガ優勝やFAカップ優勝に貢献していた。また、チェコ代表としては105試合に出場して23得点を記録し、一時代を担った。 ▽度重なる負傷に苦しめられた中、2016-17シーズンにスパルタ・プラハに復帰し、昨年引退していた。そのスパルタ・プラハで第2のキャリアを歩み始めることが決まった。 2018.12.18 01:56 Tue
twitterfacebook
thumb

守備ラインに負傷者続出のアーセナル…ホールディングは手術成功

▽負傷者が続出しているアーセナルだが、DFロブ・ホールディングの手術が成功したようだ。 ▽ウナイ・エメリ監督を迎えたアーセナルは、DFシュコドラン・ムスタフィとDFソクラティス・パパスタソプーロスがセンターバックでコンビを組んでシーズンをスタートさせた。しかし、パパスタソプーロスが負傷。その際にポジションをつかんだのがホールディングだった。 ▽しかし、ホールディングは12月5日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦で左ヒザを負傷。前十字じん帯断裂と診断され、全治6〜9カ月と発表。今シーズン中の復帰が難しい状況となった。 ▽ホールディングは16日、ヒザの手術を行い無事に成功したと自身のインスタグラムで報告した。 「手術が上手くいって幸せだ。今から復帰に向けてスタートする」 ▽しかし、アーセナルの負傷者は止まらない。昨シーズン途中から離脱していたDFローラン・コシエルニーが復帰したものの、ムスタフィ、パパスタソプーロスは負傷中。さらに、左ウイングバックのセアド・コラシナツも負傷中で最終ラインが不足。16日のサウサンプトン戦は、コシエルニーの他、DFステファン・リヒトシュタイナー、MFグラニト・ジャカが最終ラインに入って3バックを形成した。 ▽最終ラインが野戦病院化しつつあるなか、試合は3-2で敗れ、無敗記録は22試合で止まってしまったが、右サイドのDFエクトル・ベジェリンも負傷交代。ウナイ・エメリ監督は厳しい状況に立たされているものの、ケガ人が戻ってくるとポジティブに捉えた。 「ソクラティスが帰ってきて、ムスタフィとコラシナツがどのような状態かを見守る。良いニュースはコシエルニーが戻ってきて、次の試合もプレーできるという事だ」 「我々は月、火と待って、水曜日にプレーする。そして、土曜日もプレーする。我々は全ての選手が必要だ。ベジェリンは軽傷だと思う。彼は数週間の離脱になると考えているよ」 2018.12.17 22:13 Mon
twitterfacebook
thumb

ベジェリンがふくらはぎのケガで数週間の離脱へ

▽アーセナルに所属するDFエクトル・ベジェリンが数週間の離脱を強いられる見込みだ。アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督が16日のサウサンプトン戦後に明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽公式戦22戦無敗を継続する5位のアーセナルは、16日にセント・メリーズ・スタジアムで行われたプレミアリーグ第17節で降格圏の19位に低迷するサウサンプトンと対戦。アーセナルは2度のビハインドを何とか追いつくも、試合終了間際の85分にFWチャーリー・オースティンに決勝点を許し2-3で敗戦。公式戦23試合ぶりの敗戦を喫することになった。 ▽さらに、同試合の前半終了間際にはベジェリンがふくらはぎを負傷。ハーフタイムで負傷交代を強いられていた。 ▽同試合後、ベジェリンの状態に関して質問を受けたエメリ監督は数週間の離脱の可能性を認めた。 「ベジェリンは軽いケガを負った。個人的には彼が数週間の離脱になると思っている」 2018.12.17 05:23 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のセインツがハッセンヒュッテル新体制で初となるリーグ13戦ぶり勝利! アーセナルは公式戦23戦ぶりの敗戦に…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第17節、サウサンプトンvsアーセナルが16日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、ホームのサウサンプトンが3-2で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。 ▽公式戦22戦無敗を継続する5位のアーセナルと降格圏の19位に低迷するサウサンプトンによる一戦。前節、ハダースフィールドに辛勝したアーセナルだが、同試合で警告を受けたパパスタソプーロス、ムスタフィのセンターバックの主力2選手が共に累積警告で今節を欠場。これを受けてエメリ監督は3バックに今季プレミア初出場のコシエルニーに加え、本職ではないジャカとリヒトシュタイナーをスクランブル起用した。 ▽対するサウサンプトンはハッセンヒュッテル新監督の初陣となったカーディフ戦を0-1で落としてリーグ戦12試合未勝利と苦境が続く。そのカーディフ戦では先発2人を変更し、吉田が新体制で初先発を飾り、[3-4-2-1]の布陣に変更した。 ▽互いに[3-4-2-1]の布陣で臨んだ一戦はアウェイのアーセナルがボールを保持する展開が続く。開始6分にはグエンドウジのスルーパスに抜け出したオーバメヤンに最初の決定機もここはGKマッカーシーに阻まれる。 ▽一方、球際を強調しつつカウンターを主体に反撃を試みるサウサンプトンはアームストロング、レドモンドの前向きな仕掛けから幾つかチャンスを作ると、20分に先制点を奪う。左サイドの高い位置に張っていたターゲットがセンターバック2枚に対して駆け引きしたイングスにピンポイントクロスを供給すると、DFコシエルニーの背後を取ったイングスがヘディングシュートをニアに叩き込んだ。 ▽課題の前半にまたしても失点したアーセナルだが、自慢の攻撃陣がすぐさまスコアをタイに戻す。28分、左サイドで仕掛けたイウォビから短いパスを受けたモンレアルがマイナスにクロスを入れると、オーバメヤンがDFを引っ張って空けた後方のスペースに飛び込んだムヒタリアンが頭で合わせた。 ▽ここから一気にオープンな展開となった中、互いに2点目に迫る場面を増やしていく。すると、44分にはボックス手前右でボールを持ったレドモンドが浮き球のクロスを入れると、先制点と同様にうまくDFの間に入ったイングスが再びヘディングシュートを流し込み、ホームのサウサンプトンが1点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、アーセナルは前半終了間際に足を痛めたベジェリンをハーフタイムで下げて切り札のラカゼットをピッチに送り出す。この交代でシステムを[4-4-2]に変更し、2センターバックはコシエルニーとジャカが組む形になった。 ▽そして、立ち上がりからオーバメヤンが決定機に絡むなど前がかりな姿勢を見せたアーセナルは53分、相手陣内の高い位置でロメウからボールを奪ったラカゼットがペナルティアーク付近のムヒタリアンに繋ぐと、アルメニア代表のミドルシュートがゴール前のDFヴェステルゴーアに当たって大きくコースが変わり、ゴールネットに吸い込まれた。 ▽イングス、ムヒタリアンが2ゴールずつを奪い合った白熱のゲームはその後も拮抗した展開が続く。その流れの中で両チームはレドモンド、リヒトシュタイナーが負傷交代を強いられる。さらにアーセナルはイウォビに代えて負傷明けのエジルを投入して攻勢を強めた。 ▽75分にはサウサンプトンに絶好機。右CKの場面でフリーの吉田が打点の高いヘディングシュートを放つが、これはGKレノのビッグセーブに遭う。このこぼれ球をロングが押し込むもオフサイドの判定となった。 ▽試合終盤にかけてはラカゼット、オーバメヤンを起点にアーセナルが押し込む時間が続くがホームチームも吉田やGKマッカーシーを中心に何とか耐える。すると85分、サウサウンプトンは中盤でのインターセプトから右サイドでフリーのロングにスルーパスが通ると、ボックス付近まで持ち込んだロングがボックス左へ走り込むオースティンへ浮き球のクロス。これをGKレノが被ってしまいオースティンに渡ると、落ち着いて無人のゴールへ頭で流し込んだ。 ▽その後、アーセナルの猛攻を耐え抜いたサウサンプトンがハッセンヒュッテル体制2戦目で待望のリーグ戦13試合ぶりの白星を手にした。一方、敗れたアーセナルは公式戦23試合ぶりの敗戦となった。 2018.12.17 00:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、指揮官ジダンの現場復帰に進言「プレミアリーグで指揮をすべき」

元アーセナル指揮官アーセン・ヴェンゲルが、ジネディーヌ・ジダンについて語っている。<br><br>レアル・マドリーで数々のタイトルを獲得し、昨夏指揮官の座を退任したジダン。その後は無所属の状態が続いているが、ジョゼ・モウリーニョがもし更迭された場合、マンチェスター・ユナイテッドの新指揮官になるのではないかと報じられていた。<br><br>ヴェンゲルは『beIN Sports』のインタビューで、ジダンはプレミアリーグで指揮をすべきとの見解を示した。<br><br>「指導者としてトップレベルの仕事をしたいのなら、プレミアリーグでチームを率いるべきだろう。イングランドは6つのクラブがタイトル争いを展開している、厳しいリーグだ。他のリーグだと、12月にはもう優勝チームが予測できるような状況になるが、プレミアリーグについてそうはいかない」<br><br>「ただ、ジネディーヌは世界一のクラブを率いていたからね。そこから異なるチームを率いるのは複雑かもしれないが、彼はその転機にいると思う。ぜひ長期的なプロジェクトに取り組んで、チーム作りに挑戦してほしいね。きっとジネディーヌならチャンピオンズリーグで優勝できる規模のチームを率いることができるはずだ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.12.15 20:15 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース