最下位フルアムがミラクル・レスターを生んだラニエリ監督を招へい!2018.11.14 19:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フルアムは14日、スラビシャ・ヨカノビッチ監督を解任し、クラウディオ・ラニエリ氏(67)を新監督に招へいしたことを発表した。

▽今季5シーズンぶりにプレミアリーグに昇格したフルアムは、2015年に就任したヨカノビッチ監督の下、第12節を終えた時点で1勝2分け9敗と低調なパフォーマンスを続け最下位に沈んでいた。

▽就任当初、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)で残留争いをしていたチームを昨季は3位に導き、プレーオフを制してプレミア昇格。その実績から、今夏にはチェルシーの新監督候補にも挙がっていたヨカノビッチ監督だが、シーズン開幕から調子が上がらず、クラブは解任に踏み切った。

▽そして、新たに白羽の矢がったのが2015-16シーズンにレスター・シティを奇跡の優勝に導いたラニエリ監督だ。レスターの他にも、2000年から2004年にかけてチェルシーでも指揮を執っており、プレミアでの経験は十分。直近では2017-18シーズンにナントの監督を務めていた。

▽ラニエリ新監督は2016-17シーズン以来となるプレミア復帰に喜びと意気込みのコメントを残している。

「シャヒド・カーン会長からの誘いを光栄に思う。フルアムのような素晴らしい伝統と歴史を持つクラブを率いるのは名誉なことだ」

「単に残留することが目標じゃない。我々は常に難しい相手と争わなければならない。そして成功を期待するべきだ」

「このチームには並外れた才能が揃っている。このような順位にいるべきじゃない」

▽ラニエリ新監督の初陣は24日に行われるプレミアリーグ第13節のホームでのサウサンプトン戦だ。

▽なお、現在のところ契約年数は明らかになっていないものの、イギリス『BBC』によれば複数年契約であるとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

フルアム所属のシンガポール天才少年、懲役3年の可能性

フルアムのU-18チームに所属する期待の若手、シンガポール代表MFベンジャミン・デイヴィス(18)に、懲役刑が迫っている。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2017年の夏にフルアムとの2年契約を結んだデイヴィス。シンガポールの中で歴代最高の天才とも称される同選手は、昨年3月末には出場こそ無かったもののA代表へも招集された。今シーズンもフルアムのU-18チームで経験を積む中、『デイリー・メール』によるとキャリアの危機が迫っている。 シンガポールでは“ナショナル・サービス(NS)”と呼ばれる兵役制度が設けられており、18歳以上の男性は2年間の徴兵を終えていなければいけない。しかし、デイヴィスはこれを終了しておらず、免除を受けていない場合には3年間の懲役が科される可能性があるという。 シンガポールの国防省は「ベンジャミン・デイヴィス氏はナショナル・サービスの不履行者だ」、「彼はナショナル・サービスに関する報告を逸した。有効な許可証無しに海外に滞在している」と宣言。NSの免除は通常オリンピック選手にのみ渡されるため、断罪を逃れる可能性は低くなっている。 また、デイヴィスをA代表に招へいしたシンガポールサッカー協会も、「NSの不履行に非常に失望している。そのような行為は容認しない」と、断固とした意志を表明。18歳からの数年間に渡り成長の機会を失うとなれば、逸材の確保に尽力したフルアムにとっては悪夢のような事態と言えそうだ。 2019.02.20 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

フルアムのイングランド代表GKベッティネッリ、ヒザの手術を受け今季終了

フルアムのイングランド代表GKマーカス・ベッティネッリがヒザの手術を受け、今季終了となったようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。 昨年9月にイングランド代表入りしたベッティネッリは、今季のプレミアリーグで7試合に出場。第10節以降は今季セビージャから加入したスペイン代表歴のあるGKセルヒオ・リコの前に第2GKの立ち位置に甘んじていた。 そのベッティネッリは1月6日に行われたFAカップのオールダム戦でフル出場したのを最後に出場機会はなく、同29日のプレミアリーグ第24節ブライトン戦までベンチ入りしていたが、2月2日のクリスタル・パレス戦からベンチを外れていた。 2019.02.15 23:16 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、フルアムの逸材セセニョン獲得へ約71億円を用意?

マンチェスター・ユナイテッドが、フルアムに所属するU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(18)に注目しているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 サンダーランドやWBAでプレーしたベナン代表MFステファン・セセニョンの従兄弟としても知られるセセニョンは、2008年に双子のスティーブンと共にフルアムのアカデミーに加入した。2016年に16歳でトップチームデビューを飾った逸材は昨季、公式戦52試合16得点でチームのプレミアリーグ昇格に貢献。今シーズンもここまで公式戦26試合2ゴール5アシストを記録している。 セセニョンとフルアムの現行契約は2020年6月まで。伝えられるところによると、ユナイテッドはセセニョン獲得に向けて5000万ポンド(71億円)を支払う準備をしているようだ。また、セセニョンも仮にフルアムがチャンピオンシップに降格することになった場合、フルアムを退団し、プレミアリーグに留まることを希望する可能性があるという。 2019.02.10 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

絶好調ポグバの2ゴールなどでフルアムに快勝! 赤い悪魔の無敗続く《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは9日、プレミアリーグ第26節でフルアムと対戦し、3-0で勝利した。 12月末に就任したスールシャール暫定監督の下、公式戦10試合無敗を続けるユナイテッド(勝ち点48)。猛烈な勢いで勝ち点を重ね、前節ついにアーセナルを抜いて5位に浮上した。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位にも勝ち点差「2」で迫る中、連勝を目指す今節は前節のレスター戦からスタメンを6選手変更。ジオゴ・ダロト、スモーリング、ィル・ジョーンズ、マタ、ルカク、マルシャルらが先発に名を連ねた。 先にチャンスを迎えたのはホームのフルアム。2分、ユナイテッドのCKを撥ね返しカウンターに転じて右に展開。シュールレのアーリークロスをファーサイドでビエットが右足ハーフボレーで狙っていったが、上手くミート出来ず、至近距離で枠を外してしまった。 序盤からユナイテッドと互角以上の戦いを見せるフルアムは、4分には今度は左サイドを攻略し、ブライアンのクロスにミトロビッチが頭で飛び込んだ。 フルアム優勢で進むなか迎えた14分、ここまでシュート0のユナイテッドは、アタッキングサードでエラーラがボールを奪い、左サイドのルカクを経由してポグバへ。ポグバはボックス左の角度のないところから左足でGKセルヒオ・リコの守るゴールニアを貫き先制点を奪った。 ポグバの8試合7ゴール目で先制したユナイテッドはさらに畳みかける。23分、フィル・ジョーンズからボールを受けたマルシャルがカウンターで左サイドを爆走。オドイの追走をもろともせず、ボックス内で冷静に一人DFを躱してゴール右隅に流し込んだ。 シュート2本で2点を奪い、ユナイテッドが完全に試合の主導権を握る。フィル・ジョーンズやジオゴ・ダロトのシュートなどでシュート数を5本まで伸ばし、前半を終えた。 後半もユナイテッドが主導で試合を進める。フルアムは早い時間帯に選手交代でテコ入れを図るが、65分にポグバの右サイドの突破から中のマタへパスが送られると、マタはトラップの際にル・マルシャンと衝突。これがPK判定となり、ポグバが沈めて決定的な3点目を奪った。 その後、マルシャルを代えてサンチェスを投入。すると直後に、ルカクのポストプレーからサンチェスにシュートシーンが生まれ早々にチャンスを迎えると、74分には相手の最終ライン間のパスを奪ってGKと一対一に。ビッグチャンスだったが、シュートはGKリコに防がれた。 試合を締めにかかるユナイテッドは、ポグバを下げてマクトミネイ、エレーラを下げてバイリーを投入する。終盤には、デ・ヘアとミトロビッチによるイザコザがあったものの、ユナイテッドは失点を許すことなく3-0で完勝。リーグ戦2連勝、公式戦11試合無敗を維持した。 2019.02.09 23:20 Sat
twitterfacebook
thumb

マルコビッチがフルアムで再起! 不遇リバプールから脱出

フルアムは1月31日、リバプールに所属する元セルビア代表FWラザール・マルコビッチ(24)のフリー加入を発表した。加入期間は半年間となる。 マルコビッチはパルチザンでプロデビュー後、ベンフィカを経て、2014年夏にリバプール入り。だが、リバプールで定位置を掴み取れず、近年はレンタル生活が続き、フェネルバフチェやスポルティング・リスボン、ハル・シティ、アンデルレヒトを転々した。そして、今シーズンからリバプールに復帰。ただ、トップチームで出番がなく、アンダーカテゴリーで過ごす日々が続いた。 今シーズンのフルアムはプレミアリーグ復帰元年だが、ここまで4勝5分け15敗の19位。2日に行われる次節、クリスタル・パレスとアウェイで対戦する。 2019.02.01 13:40 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース