超ワールドサッカー

ルーニー、イブラに続きエッシェンもモウ擁護! 「彼の一番のファンだ! 」2018.10.17 20:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽無所属になっている元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンが、恩師を後押ししている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽今年3月にインドネシア・スーパーリーグのペルシブ・バンドンとの契約を解消したエッシェン。年齢も35歳とキャリア終盤に突入しているが、主にチェルシー時代のジョゼ・モウリーニョ監督(現・マンチェスター・ユナイテッド)の下でのパワフルなプレーは、当時多くの称賛を集めていた。

▽『スカイ・スポーツ』によると、エッシェンを重用したモウリーニョ監督は同選手のことを“私の息子”と呼び溺愛。その愛情を受けるエッシェンは、ユナイテッド指揮官解任も囁かれる恩師の現状に関して、以下のような見解を述べた。

「選手として、彼は僕にとても大きな影響を称えた。チェルシーに連れて行ってくれた人物だし、彼の下でプレーするために(レアル・)マドリーにも導いてくれた」

「僕たちの間には素晴らしい関係がある。彼は偉大な監督で、マンチェスターで少し苦労しているのは分かるけど(状況を)ひっくり返すと思う」

「僕は支持するよ。今でも彼の一番のファンだからね! 」

「物事を一変させるために彼を後押ししなければならない。難しい状況だが、彼ならできると確信している」

▽エッシェンだけでなく、数々の偉大な選手から後押しを受けるモウリーニョ監督。ロサンゼルス・ギャラクシーFWズラタン・イブラヒモビッチは「タイトルを手にできるだけの能力を有している」と主張し、DCユナイテッドFWウェイン・ルーニーも「選手たちが立ち上がるべき」と語った。その求心力を取り戻し、ユナイテッドにタイトルをもたらすことはできるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

今夏ユナイテッド関心のアルナウトビッチが移籍希望「ベストプレーヤーたちと戦いたい」

▽ウェストハムに所属するFWマルコ・アルナウトビッチ(29)が退団を示唆している。イギリス『スカイ・スポーツ』がオーストリア『Kurier』を引用して伝えた。 ▽2017年にストーク・シティからウェストハムに加入したアルナウトビッチ。昨シーズンはプレミアリーグで31試合11ゴール6アシストを記録し、今夏にはマンチェスター・ユナイテッドからの関心が伝えられた。しかし、ウェストハムは同選手の放出に5000万ポンド(約64億円)を要求。これに対してユナイテッドは獲得を断念し、移籍は実現しなった。 ▽今シーズンもウェストハムでプレーするアルナウトビッチだが、自身は今が年齢的にベストだと主張し、より高いレベルでのプレーを希望している。 「僕は29歳で一番ベストな年齢だ。ベストプレーヤーたちと戦いたいという気持ちはハッキリしている。ただ、こういうことに関しては兄を信頼しているよ」 ▽また、同選手の代理人を務める兄・ダニエルも、マルコがこのレベルで終わるような選手ではないと強調。 「彼はベストプレイヤーたちが集うプレミアリーグですでにプレーしている。ただ、マルコような選手がそこで終わるはずがないんだ」 「彼はウェストハムで大きな役割を担っている。しかし、私は彼がより多くのことを得ることができる思っている。そのためにはトップクラブでプレーしなくてはならない」 「マルコは次のステップに進む準備ができている。彼のような選手は、残留争いをしていてはいけない。もっと国際的な舞台でプレーしなくてはいけないんだ」 「マルコは、ウェストハムのためにプレーすることを本当に楽しんでいる。クラブとファンも愛しているよ。しかし、さっきも言ったようにここで終わるべきではないんだ。それを理解しなくてはならない。彼なら可能だ。今夏はそれを実現する寸前にいたんだ」 2018.11.15 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スリーライオンズとの別れへ…ルーニー「10年か15年後にはケインのような人物がここに…」

▽イングランド代表での最終試合に臨むDCユナイテッドFWウェイン・ルーニー(33)が、試合に向けた会見に出席した。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽イングランド代表は、15日にウェンブリー・スタジアムでアメリカ代表との国際親善試合を開催。その試合に向けては、2016年11月のスコットランド代表戦を最後に代表を退いていたDCユナイテッドFWウェイン・ルーニーが、“1試合限定”の復帰を果たした。 ▽代表通算歴代2位の119試合に出場し、歴代トップの53得点をマークしたルーニーは、自身の代表引退試合を前にして以下のように語っている。 「10年後か15年後には、ハリー・ケインのような人物がここに座っていて、ゴールレコードを達成できていることを願う。そして、それは再び起こるであろうことだ」 「もしこの試合でピーター・シルトンの(歴代最多出場)記録を奪うことになるのなら、絶対に出場しなかっただろうね。僕は決してそんなことはしたくない」 「でも、この試合がピーター・シルトンやその他の選手に影響を与えることはないだろうから、ファンへの感謝を再び伝えるための良い機会になると感じるよ。それだけでなく、恵まれない子供たちのためにお金を稼ぐチャンスだと思ったし、それは正しい決断だ」 「ガレス(・サウスゲート監督)にも伝えた通り、彼が望むことを僕はこの試合で試みるよ。チームにどのような圧力もかけていない。10番を着用するべきか? 腕章を巻くべきか? 何も要求してはいないよ」 「僕からガレスへのメッセージは、『あなたは、あなたが試合に望むもののみを選手から受け取る。僕を呼ぶことが正しいと感じたなら、それは僕にとって良いことだ』ということだけだよ」 2018.11.14 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが世界最高…マラドーナ「ティキ・タカはグアルディオラのものではない」

▽元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督の方が、ジョゼップ・グアルディオラ監督よりも優れていると感じているようだ。『YAHOO! SPORT』が伝えている。 ▽現在のプレミアリーグでは、グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティが首位であるのに対し、モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッドは8位に甘んじている。 ▽これまで数々のタイトルを獲得してきた名将である両者だが、マラドーナ氏はモウリーニョ監督の方が優れているという持論を展開した。 「私にとってモウがベストだ」 「私でもペップにヨハン・クライフが与えたようなアドバンテージを与えることが出来る。ティキ・タカはグアルディオラのモノではない。クライフが生み出したものだ」 「現在ペップは世界中からどんな選手でも集めることが出来る。そうなればティキ・タカは簡単になる」 「もし再び監督になるとしたら、私は多くのことを学ぶ必要がある。マンチェスターに行ってモウリーニョに色々訪ねるだろう。彼が最高の監督であることは間違いないからね」 2018.11.14 21:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ヤヌザイが苦境ユナイテッドにエール! 「返り咲くことは明白」

▽ソシエダに所属するベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが、古巣マンチェスター・ユナイテッドにエールを送っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽ユナイテッド下部組織出身のヤヌザイは、2013年にデイビッド・モイーズ監督の下でプロデビュー。元ウェールズ代表MFのライアン・ギグス氏から背番号11番を継承するなど将来を嘱望された。だが、2014年のファン・ハール監督就任後、2015年夏にドルトムントにローン移籍。復帰後も出場機会に恵まれない日々を過ごし、2016-17シーズンにもサンダーランドにレンタルされた後、2017年夏に完全移籍でソシエダに活躍の場を求めた。 ▽ヤヌザイは、スペインで得ている幸せを強調しつつも、プレミアリーグ第12節終了時点で8位に低迷するユナイテッドにエールを送っている。 「(ユナイテッドは)苦戦しているけど、素晴らしいチームだし素晴らしいファンが居る。今は苦しんでいるけどね」 「彼らがトップに返り咲くことは明白だろう。僕が思うに、試合に勝つための正しい決定をする必要がある。(苦しんでいるのには)様々な理由があって、だから正しい決断が必要なんだ」 「(ユナイテッドを出たことは)問題ない。僕は移籍するべきだった。今スペインで幸せだし、違いを作ることが出来る。マンチェスター・ユナイテッドのためにプレーするクオリティーがあるといつも思っていた。自分は出来ると分かっているんだ」 「彼らは僕にチャンスを与えなかったけど、それも問題じゃない。僕はスペインで満足していて、自分のフットボールを楽しんでいる」 ▽ヤヌザイは、ソシエダでの初年度となった昨シーズンに公式戦35試合4ゴール6アシストを記録。今シーズンは負傷で出遅れたものの、復帰後もレギュラーを守り、公式戦4試合に出場している。 2018.11.14 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ダービーの歓喜の裏で…YouTuberがシティファンによる人種差別被害に

▽マンチェスター・シティのファンによる、ダービー後の差別的発言が問題になっている。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽シティは11日、プレミアリーグ第12節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え、3-1で完勝。マンチェスターの街に暮らすサッカーファンの明暗は、次のダービーが来るまでくっきりと分かれることとなった。 ▽しかし、そんな中でも喜び方を間違えてしまったシティのファンが居たようだ。オンラインプラットフォーム『チーキー・スポーツ』で活躍するYouTuberのジョエル・ボヤ氏が、試合後にスタジアム周辺でビデオ撮影を行っていたところ、あるシティのファンが登場。黒人男性である同氏に向けて、「お前のアフリカの家族に金を送ってやるよ」と、差別的発言を投げかけた。 ▽この一連の様子を捉えた動画を、ボヤ氏自身がSNS上に投稿。「完璧な人間は居ないが、美しいフットボールの試合や世間の中でこういったことは看過できない」と非難し、「この問題はクラブの適切な部門に報告させてもらう。完全な調査が行われるだろう」と、男性に対する処分を求めている。 2018.11.14 17:50 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース