ルーニー、イブラに続きエッシェンもモウ擁護! 「彼の一番のファンだ! 」2018.10.17 20:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽無所属になっている元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンが、恩師を後押ししている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽今年3月にインドネシア・スーパーリーグのペルシブ・バンドンとの契約を解消したエッシェン。年齢も35歳とキャリア終盤に突入しているが、主にチェルシー時代のジョゼ・モウリーニョ監督(現・マンチェスター・ユナイテッド)の下でのパワフルなプレーは、当時多くの称賛を集めていた。

▽『スカイ・スポーツ』によると、エッシェンを重用したモウリーニョ監督は同選手のことを“私の息子”と呼び溺愛。その愛情を受けるエッシェンは、ユナイテッド指揮官解任も囁かれる恩師の現状に関して、以下のような見解を述べた。

「選手として、彼は僕にとても大きな影響を称えた。チェルシーに連れて行ってくれた人物だし、彼の下でプレーするために(レアル・)マドリーにも導いてくれた」

「僕たちの間には素晴らしい関係がある。彼は偉大な監督で、マンチェスターで少し苦労しているのは分かるけど(状況を)ひっくり返すと思う」

「僕は支持するよ。今でも彼の一番のファンだからね! 」

「物事を一変させるために彼を後押ししなければならない。難しい状況だが、彼ならできると確信している」

▽エッシェンだけでなく、数々の偉大な選手から後押しを受けるモウリーニョ監督。ロサンゼルス・ギャラクシーFWズラタン・イブラヒモビッチは「タイトルを手にできるだけの能力を有している」と主張し、DCユナイテッドFWウェイン・ルーニーも「選手たちが立ち上がるべき」と語った。その求心力を取り戻し、ユナイテッドにタイトルをもたらすことはできるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、ラビオ争奪戦に参戦へ

アトレティコ・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の争奪戦に参戦するようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今シーズンのアトレティコは、既にチャンピオンズリーグ(CL)とコパ・デル・レイで敗退。リーガエスパニョーラでは第28節終了時点で2位に付けているが、首位バルセロナとの勝ち点差は「10」となっており、数字的には可能性を残しているが、逆転優勝は現実的なものではない。 そのため、アトレティコのスポーツディレクター(SD)を務めるアンドレア・ベルタ氏は既に視点を切り替え、来シーズンに向けて動き出している模様。中でも中盤のアップグレードを掲げており、ラビオに関心を寄せているようだ。 そのラビオは、契約延長オファーを固辞したことにより今シーズン限りでのPSG退団が極めて濃厚。フランス代表MFの動向は欧州中に見守られ、今夏の争奪戦勃発は必至とみられており、アトレティコの他にマンチェスター・ユナイテッドやリバプールなどプレミア勢からの関心も伝えられている。 また、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、アトレティコからは主力として活躍するスペイン代表MFサウール・ニゲス(24)とガーナ代表MFトーマス・パルティ(25)が流出する可能性があるという。ラビオの他にもインテルのクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(30)の獲得に動いていることも伝えられており、アトレティコは今夏にチームの立て直しを図ることとなるかもしれない。 2019.03.22 17:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ルーニー「悪夢だ」…シティorリバプール、どっちに優勝して欲しい?

MLS(メジャーリーグサッカー)のDCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、マンチェスター・シティの優勝を願っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 エバートンで育ち、マンチェスター・ユナイテッドで世界的なスターの仲間入りを果たしたルーニー。プレミアリーグでの優勝は5回を誇り、栄光のシーズンを何度も過ごした。 しかし、今シーズンのプレミアリーグでは、ユナイテッドでもエバートンでもなく、それぞれの宿敵であるシティとリバプールが優勝争いを繰り広げている。ルーニーにとっては、理想とは程遠い状況だ。 インタビューに応じたルーニーは、「優勝して欲しいのはシティかリバプールか」という究極の問いに対して、以下のように答えている。 「マン・シティがリバプールより良い順位にいることを望むよ。彼ら(リバプール)が勝ち取るのを見るのは耐えられない。それはどんなエバトニアンにとっても悪夢だ」 「2005年に彼らがチャンピオンズリーグで優勝したことを今でも覚えている。彼らは今でもそれを話しているし、(立ち直るのに)あと10年か15年はかかるだろうね」 2019.03.22 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG、高額サラリーでアンデル・エレーラ強襲へ

パリ・サンジェルマン(PSG)が、マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン人MFアンデル・エレーラ(29)を強襲しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 2014年夏に2900万ポンド(現在のレートで約42億円)の移籍金でアスレティック・ビルバオからユナイテッドに加入し、現行契約が今シーズン限りとなっているA・エレーラ。激しいポジション争いに後れを取ることも多かったものの、今シーズンはプレミアリーグ19試合で2ゴール3アシストをマークしており、1年間の契約延長にサインする可能性が伝えられている。 しかし、今回の報道によれば、PSGが週給15万ポンド(約2200万円)という高給を携えてA・エレーラを強襲。フリートランスファーでの3年契約が近付いているようだ。 反対に、A・エレーラを重要な選手の1人に数えていたユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督は、PSGからの穴埋めを画策。A・エレーラと同じくフリートランスファーとなる、MFアドリアン・ラビオ(23)の獲得を目指していると考えられている。 2019.03.22 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、移籍金95億円でマグワイア獲得接近か!

マンチェスター・ユナイテッドが、レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)の獲得に接近しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 センターバックの補強を目指していることが、昨年からしきりに伝えられているユナイテッド。候補に挙げられているのはナポリDFカリドゥ・クリバリなどワールドクラスの選手ばかりであり、マグワイアもその一人だ。 2017年6月にハル・シティからレスターに完全移籍したマグワイアは、1年目の昨シーズンに公式戦44試合2ゴール3アシストを記録。また、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも7試合に出場し、イングランド代表の7大会ぶりのベスト4入りに貢献していた。 とはいえ、マグワイアは昨年9月にレスターと2023年6月30日までの新契約を締結。契約解除金が設定されていないことも伝えられており、近いうちの移籍の芽は潰えたかに思われた。 しかし、『デイリー・スター』によると、ユナイテッドが今夏の移籍金6500万ポンド(約95億円)でのマグワイア獲得に自信を持っているとのこと。オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督がクラブに薦めており、同指揮官が来シーズン以降の任期を得られる可能性が高いことが、その動きを後押ししているようだ。 また、オファーが伝えられていた昨年の夏の段階ではマグワイア自身がレスター退団を望んでいなかったが、今回のタイミングでは交渉にオープンな姿勢でいるという。同選手はタイトルへの挑戦や欧州の舞台(チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ)でのプレーを渇望。さらに、ユナイテッドに移ることでサラリーが現行の約2倍の14万ポンド(約2000万円)に上昇することも見越しているとのことだ。 また、レスターも昨年の契約延長時点でユナイテッドが再びオファーに動くと推測しており、その際に優位な立場が得られるように契約を整理したとも伝えられている。 2019.03.22 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

超大特価! バルサ、コウチーニョ移籍金の大幅値下げを考慮

バルセロナが、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)の移籍金を大幅に値下げする意向があるようだ。『GOAL』が報じている。 昨年1月にリバプールからクラブ史上最高額の移籍金で迎えられたコウチーニョ。昨季はリーグ戦18試合で8ゴール5アシストと、すぐに順応したかに思われたが、今季はこれまでの実力を発揮することが出来ず、カンプ・ノウではファンからブーイングが起こることも珍しくない。今季ここまでの成績はリーグ戦26試合で4ゴール2アシスト。そのうち先発出場は16試合で、今年に入ってからフル出場した試合はない。 エルネスト・バルベルデ監督の信頼を勝ち取れていない今、バルセロナはコウチーニョの放出はやぶさかでない様子だ。伝えられるところによると、クラブは同選手の移籍金を8000万ユーロ(約100億円)に設定。獲得した際の基本的な移籍金が1億2000万ユーロ(約150億円)だったことを考えると、大幅な値下げだ。なお、この移籍金は出来高次第で1億6000万ユーロ(約200億円)まで上昇する可能性もあり、そうなった場合、バルセロナは半額の値段でコウチーニョの退団を認めることになる。 そんなコウチーニョに関心を寄せるクラブは多く、今のところ最も可能性が高いとされているのがマンチェスター・ユナイテッドだが、『GOAL』はこの移籍は実現しないと踏んでいる。一方で、同メディアが最も自然な移籍と主張するのがパリ・サンジェルマン(PSG)だ。イギリスの生活への適応に苦労したと言われるコウチーニョがイングランドに戻ることは考えにくいようで、フランス王者にFWネイマールをはじめ、DFチアゴ・シウバやDFマルキーニョスなど、多くのブラジル人選手が在籍していることは、コウチーニョにとって心強いことだと説明している。 また、ユベントスやバイエルンなどは移籍金を用意することが難しいと推測しているが、PSGからのアプローチは今のところないようだ。 2019.03.21 22:06 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース