レスター、イングランド代表DFマグワイアに契約解除金を設定せず! 2018.09.19 00:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティは、イングランド代表DFハリー・マグワイア(25)に契約解除金を設定していないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽2017年6月にハル・シティからレスターに完全移籍したマグワイアは、1年目の昨シーズンに公式戦44試合2ゴール3アシストを記録。また、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも7試合に出場し、イングランド代表の7大会ぶりのベスト4入りに貢献していた。

▽今夏には、出色の活躍を見せたマグワイア獲得にマンチェスター・ユナイテッドがオファーを出していたことが伝えられていたが、レスターは放出を拒否。今月9日に、2023年6月30日までの契約延長が発表されていた。

▽『スカイ・スポーツ』によると、レスターはマグワイアとの新契約に契約解除金を設定せず。クロード・ピュエル監督が「クラブのベストプレーヤー」と評価するなど欠かせない存在となっている同選手の流失阻止へ、より結びつきを強めたようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ハマーズ逸材MFライスがイングランド代表入りを表明! アイルランドに悲報…

ウェストハムに所属するアイルランド代表MFデクラン・ライス(20)は13日、自身の公式ツイッターを通じてイングランド代表入りを決断したことを明かした。 センターバックと守備的MFを主戦場とするロンドン生まれのライスは、7歳から2014年までチェルシーのアカデミーに在籍。その後、ウェストハムのユースに移籍し、昨シーズンはリーグ戦26試合に出場した。そして今季はマヌエル・ペジェグリーニ新監督の信頼を勝ち取ると、[4-1-4-1]のアンカーポジションで攻守に質の高いパフォーマンスを続けている。 現在、チェルシーやトッテナム、リバプールなど国内のビッグクラブの関心を集める逸材に関しては、祖父母の生まれ故郷であるアイルランド代表と、自身の生まれ故郷であるイングランド代表の間でも綱引きが行われていた。 これまでライスはU-16代表からアイルランドの世代別代表でプレーし、昨年3月に行われたトルコ代表との国際親善試合ではフル代表デビューも飾り、ここまでいずれもフレンドリーマッチながら通算3キャップを記録。 しかし、より高いレベルでのプレーを希望するライスは13日、アイルランド代表を率いるミック・マッカーシー監督と、イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督の双方に直接連絡し、今後イングランド代表としてプレーする意向を固めたことを伝えた。 「今日の午後、僕はミック・マッカーシーとガレス・サウスゲートの2人に対して、FIFAにアイルランドからイングランドに国籍変更を求める書面の提出を行う旨を電話で伝えた」 なお、アイルランド代表として公式戦に出場しておらず、イングランドの国籍も持っているライスの国籍変更はすぐに許可される見込みだ。 そのため、3月末に行われるチェコ代表とモンテネグロ代表とのユーロ2020予選でイングランド代表初招集されるようだ。 2019.02.14 03:18 Thu
twitterfacebook
thumb

イングランドの名守護神・バンクス氏が81歳で死去…イングランドにW杯優勝をもたらす

かつてはイングランド代表の守護神として活躍し、1966年のイングランド・ワールドカップ優勝メンバーでもあるゴードン・バンクス氏が11日に亡くなった。81歳だった。 バンクス氏は、1955年に18歳でチェスターフィールドに加入。1959年にレスター・シティへと移籍すると、1964年にリーグカップ優勝。1966年にストーク・シティへと移籍すると、1972年にもリーグカップを制覇した。 その後は、南アフリカのヘレニックFCやアメリカのフォートローダーデール・ストライカーズ、アイルランドのセント・パトリックスなどでプレー。1978年に現役を引退した。 イングランド代表としても活躍し、73キャップを記録。前述の通り1966年のイングランド・ワールドカップで優勝に貢献。1970年のメキシコ・ワールドカップではベスト8に終わったが、ブラジル代表戦では圧巻のパフォーマンスでペレのゴールをセーブ。後に、ペレから「今までで見た最高のセーブ」と称されていた。なお、個人として1966年から6年連続でFIFA年間最優秀GKに選ばれていた。 引退後はテルフォード・ユナイテッドで監督を務めた後、2000年2月からは古巣のストーク・シティでクラブの会長を務めていた。 ストーク・シティのピーター・コーツ会長はバンクス氏の氏に対し哀悼の意を表した。 「ゴードンは、イングランドサッカーだけでなく、世界中で象徴的な人物であり、彼を失いとても悲しい思いです」 「彼がゴールキーパーとしてどれほど優れているのかを知っているのは、私の世代の人々だけではありません。あらゆる年齢の人々が、ゴードンについて敬意を表して語っていました。彼は傑出しており、ストーク・シティでプレーするのを見ることは名誉でした」 「彼はまた、我々の街の熱心なサポーターでもあり、彼の第二の故郷でした。そして、彼らはフットボールファンではない地元の全ての分野の人々に惜しまれています」 2019.02.12 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

犠牲になるのは選手…FA会長が代理人への規制強化訴え

イングランドサッカー協会(FA)のグレッグ・クラーク会長が、フットボールにおける代理人活動の規制強化を訴えた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ナントからカーディフへの移籍が決まった後、搭乗した新天地へ向かう小型飛行機の墜落により亡くなったアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)。絶対に繰り返されてはならないこの悲劇の要因として、同選手の代理人であるウィリー・マッケイ氏が不適切な行動を促したのではないか、と疑いの目を向けられている。 関連して、サラの友人は「代理人には責任がある。エミはあの夜、飛行機に乗ることを強制された」とマッケイ氏を糾弾。『スカイ・スポーツ』は、選手の移籍を通じて莫大な手数料を得ることのできる代理人が、時にプロフットボーラーを危険に晒していると指摘している。 元を辿れば、最大の権力である国際サッカー連盟(FIFA)が2015年3月末に選手エージェント制度を廃止したことの問題は大きい。同連盟はそれまで試験に合格した者のみに与えていた公認代理人のライセンスを廃止し、各国サッカー協会への登録のみで仲介業務をこなせるようにした。 仲介人制度と呼ばれる新システムは、選手とクラブにより責任がのしかかるものだ。エージェントへの規制は緩和され、遺恨が残ればすぐに業界から手を引くこともできる。“人身売買”とも揶揄される莫大な移籍金額の取引や、選手の意思を軽んじたオペレーションが増加していることと無関係ではないだろう。 FAやプレミアリーグは、一貫してFIFAの仲介人制度には反対の立場を取ってきており、そのことはFIFA側も十分に認識。エージェントの権限や手数料の制限が求められており、昨年には欧州サッカー連盟(UEFA)、主なリーグ協会、クラブ、選手団によるエージェントに関するルール策定を目的としたワーキングパーティが結成された。 徐々に光明が見えつつある代理人問題について、規制強化派のクラーク会長は以下のように主張している。 「エージェントがしっかりと規制されること、市場がクリーンで透明に保たれるために最良実施に準拠することを、私は大きく支持する。そして、ほとんどのエージェントもそれを求めていると確信している」 「FIFAには(エージェントに関する)ワーキングパーティがあり、私たちはそれを支持している。UEFAは変化を支持し、イングランドFAも変化を支持している」 「私たちはそれを把握し、一連の規制を打ち出す必要がある。全てが透明でベストプラクティスに準拠しているかを確認し、確実に実施されるようにルールを整備する必要があるんだ」 「選手やその他の人々と草案を作成し、全員を守る賢明なルールを作るべきだと私たちは考えている。それから規則に透明性が確保され、(草案に)準拠するか確認され、その後世界中に採用されることになる」 2019.02.10 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

イングランド代表での時間を楽しむサウスゲート「名誉に思うし、特権的ポジション」

イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は、代表での時間を楽しんでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。<br><br>昨夏のロシア・ワールドカップで母国をベスト4に導いたサウスゲート。ジョゼ・モウリーニョを解任したマンチェスター・ユナイテッドの次期監督候補にも挙がっているが、サウスゲートは「私はイングランド代表の監督で、これは特権的ポジションだ」と話し、このように続ける。<br><br>「我々は28年間で最高の年を過ごし、ネーションズリーグでは準決勝に進み、2020年はユーロがある。ウェンブリーでも行われるし、突破することが求められる。だからこのチームでの時間を楽しんでいる。まだ突破できなかったときのことを考えていない。我々にはまだ成長の余地があると思う。人生で重要なのはやっていることを楽しむことだ。まだ私は若い。200試合も指揮していないし、この役割を名誉に思うし、楽しんでいる」<br><br>一方、オーレ・グンナー・スールシャールが指揮を執るユナイテッドは、公式戦7連勝を記録している。<br><br>提供:goal.com 2019.01.21 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールがDFアーノルドとの新契約締結を発表! 期間は長期「有頂天になってる」

リバプールは19日、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(20)が長期の新契約にサインすることを発表した。 なお、クラブ公式からの具体的な年数の発表はないが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば新契約は2024年までの5年間だ。 6歳の時にリバプールの下部組織に加わったアーノルドは、2016年夏にトップチーム昇格を果たし、同年10月にデビュー。急激に成長を遂げて昨シーズンには公式戦33試合3ゴール3アシストの成績でチャンピオンズリーグ(CL)ファイナル進出に貢献し、今シーズンもここまでの公式戦22試合1ゴール3アシストを記録している。 また、イングランド代表としても昨年夏に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)に参加し、ベスト4メンバーに名を連ねた。さらに、昨年11月に行われた国際親善試合アメリカ代表戦では初のフル出場&得点を記録している。 アーノルドは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「有頂天になってるし本当に誇れるよ」 「クラブからの信頼とサポートを得られて、新契約をオファーしてくれて本当に嬉しいよ。この年数の延長をすることに迷いは無かった。上手くすれば、僕らはこの数年間で多くの成功を手にすることができる」 「彼らが今回の契約をオファーしてくれてからすぐだった。ためらうことは全く無かったよ。物事を最も簡単にしてくれたのは、可能な限りフットボールに集中できるようにしてくれる人々が周囲にいたからだし、なるべく早く取引が終わるようにしてくれたよ」 「兄弟であったり、特に僕をフットボールに集中させてくれて、気を散らさないでいてくれたマネージャーの存在が大きかった」 「ここ18ヵ月間は凄く特別なものだった。上手くいけば、次の18ヵ月間はそれ以上に特別なものにだってなるんだ」 2019.01.19 19:27 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース