超ワールドサッカー

アンヘルの2発でセビージャを撃破したヘタフェが今季2勝目!《リーガエスパニョーラ》2018.09.17 05:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第4節のセビージャvsヘタフェが16日に行われ、0-2でヘタフェが勝利した。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、61分からプレーした。▽開幕節以来勝利のないセビージャが、ヘタフェを本拠地サンチェス・ピスファンに迎えた一戦。前節ベティスに惜敗したセビージャは、その試合から先発を3人変更。フランコ・バスケス、アラーナ、メルカドに代えてノリート、アレクシ・ビダル、ニャニョンが先発で起用された。

▽一方、ここまで1勝1分け1敗のヘタフェは、前節のバジャドリー戦からマタやアレホ、アランバッリに代えてモリーナやアマト、カブレラが先発に。柴崎は3試合連続のベンチスタートとなった。

▽試合は開始早々にヘタフェがスコアを動かす。3分、バイタルエリア中央でボールを受けたモリーナが反転からスルーパスを供給。このパスでゴール前に抜け出したアンヘルは、冷静に相手GKとの一対一を制してゴールネットを揺らした。

▽先制を許したセビージャは、21分に反撃。バネガのパスをボックス左で受けたノリートが縦に切り込みシュート。しかし、これはGKソリアの好守に阻まれた。

▽その後、セビージャにやや押し込まれる時間が続いたヘタフェだが、38分に追加点を奪う。ボックス右手前でボールを受けたポルティージョがゴール前にラストパスを供給すると、これがセルジ・ゴメスに当たりアンヘルの下へ。アンヘルがこれを左足でダイレクトで流し込み、リードを広げた。

▽追加点を奪われたセビージャもすぐに反撃。40分、サラビアとのパス交換で右サイドを抜け出したヘスス・ナバスのクロスをボックス中央でアンドレ・シウバが落とすと、最後はノリートがシュート。しかし、このシュートはゴール左に逸れた。

▽迎えた後半、2点を追うセビージャはノリートとロケ・メサを下げてイェデルとフランコ・バスケスを投入した。

▽すると50分、相手のゴールキックを中盤のフランコ・バスケスが弾き返すと、アンドレ・シウバもヘディングで相手DFの裏へパス。このボールに抜け出したイェデルがゴールエリア左手前からシュートを流し込んだが、その前にオフサイドがありVARの末にノーゴールとなった。

▽後半も押し込まれる展開が続くヘタフェは61分、アンヘルを下げて柴崎を、69分にアマトを下げてフルキエを投入した。対するセビージャは、69分にA・ビダルを下げてプロメスをピッチに送り出した。

▽その後もセビージャの猛攻を受け続けたヘタフェだが、最後までゴールを許さず試合終了。アンヘルの2ゴールで勝ち切ったヘタフェが、2試合ぶりとなる今季2勝目を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

ヘタフェ柴崎岳、バレンシア戦で5試合ぶりベンチ外…今季出場3試合のみ

10日のリーガ・エスパニョーラ第12節で、ヘタフェは本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスにバレンシアを迎える。同チームMF柴崎岳は、ベンチ外となった。<br><br>スペイン屈指の強豪を迎えるヘタフェだが、招集メンバーに柴崎の名前はなかった。日本代表MFがベンチ外となったのは5試合ぶり。<br><br>柴崎は今季、リーガで2試合(先発1試合途中出場1試合)、コパ・デル・レイ(途中出場)で1試合の出場にとどまるなど、厳しい日々を過ごしている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.10 23:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ柴崎岳、国王杯で約1カ月ぶりの公式戦出場…ゴールには絡めず《コパ・デル・レイ》

ヘタフェの日本代表MF柴崎岳が、コパ・デル・レイのコルドバ戦に途中出場し、約1カ月ぶりの公式戦出場を飾った。<br><br>ヘタフェは10月31日、コパ・デル・レイでコルドバと対戦。柴崎は1-1で迎えた69分に途中出場。9月16日に行われたセビージャ戦以来の出場となった。<br><br>柴崎は味方のパスに抜け出してキーパーと1対1の状況を作るが、DFに寄せられシュートまでには至らず。今度はパスでチャンスメイクするも、ハイメ・マタへの浮き球パスは惜しくもオフサイドとなった。<br><br>それでもヘタフェは後半アディショナルタイムにアンヘル・ロドリゲスのクロスをハイメ・マタが合わせ、勝ち越し。2-1と先勝している。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.01 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘタフェで苦境の柴崎岳にチャンス?国王杯で開幕戦以来10試合ぶりに先発か

ヘタフェMF柴崎岳は、久しぶりに先発のチャンスが巡ってくるのかもしれない。スペイン『EFE通信』が伝えている。<br><br>レアル・マドリーとのリーガ開幕戦(0-2)でフル出場して以降、9試合でわずか28分しか出場していない柴崎。直近6試合では一度も出番がなく、ホセ・ボルダラス監督の構想外と見られている。<br><br>厳しい状況に立たされている柴崎だが、久しぶりに出場機会が巡ってくるのかもしれない。ヘタフェは11月1日にコパ・デル・レイで2部のコルドバと激突するが、『EFE通信』は柴崎が先発出場すると予想している。<br><br>同メディアは「9月16日のセビージャ戦以降プレーしていないガク・シバサキは、チャンスを得るだろう」とし、中盤底でのスタートを予想している。<br><br>もしコルドバ戦でスタメン入りすれば10試合ぶり、およそ2カ月半ぶりに先発出場となる柴崎。先日、レアル・ベティスの乾貴士と「お互い苦しいけど頑張ろうと」と称え合ったという26歳MFは、久しぶりのチャンスをものにできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.31 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘタフェがベティス下し今季初の連勝! …乾vs柴崎の日本人対決は実現せず《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第10節のヘタフェvsベティスが28日に行われ、2-0でヘタフェが勝利。ヘタフェMF柴崎岳とベティスMF乾貴士は共に出場しなかった。 ▽前節ラージョを2-1で下しリーガ5試合ぶりの白星を飾ったヘタフェが、リーガ連敗中のベティスをホームに迎えた一戦。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は2試合連続のベンチスタートとなり、乾も2試合ぶりにベンチでキックオフの瞬間を迎えた。 ▽最初に大きなチャンスを迎えるのはヘタフェ。8分、右サイドでボールを持ったバラガンのバックパスがやや雑になると、最前線のアンヘルがボールを奪う。そのまま放ったシュートはゴール左に外れたが、ベティスにとっては先制点を献上しかねない危険なミスとなった。 ▽さらに17分にもヘタフェに決定機。ボックス手前中央でボールを持ったN・マクシモビッチが放った強烈なシュートはGKロブレスに弾かれたが、ボックス内は混戦状態に。しかし、反応したモリーナが放ったシュートはベティスDFにブロックされて決め切ることができない。 ▽ボールを繋いで崩しを図るベティスに対し、ヘタフェはスペースを消しつつ激しいプレスをかけてディフェンス。ベティスが危険なゾーンにボールを送ることができないまま、時間が経過していく。フィジカルコンタクトの多い試合は、ヘタフェが優位に進行しつつもゴールレスで折り返しを迎えることに。 ▽後半に入ると、ヘタフェが美しい形から先制点を奪い切る。60分、ピッチ中央でディフェンスラインのアントゥネスからボールを引き出したモリーナが、素早く右サイドのアンヘルに展開。アンヘルが鋭くカーブする低い弾道のアーリークロスを入れると、うまくベティスDFの間に入り込んだモリーナがボレーで合わせネットを揺らした。 ▽更に62分、ヘタフェの攻撃が続く。相手陣内中央付近でボールを持ったフルキエが自らドリブルで侵攻。ベティスの選手数名をあっという間に抜き去ってボックス右に入り込むと、左足でタイミングを外してシュートを放つ。ゴール右下隅を射抜きスコアを2-0とした。 ▽巻き返しが必要なベティスは、71分にDFシドネイに代えてFWテージョを投入。アタッカーの枚数を増やしてゴールを目指していく。 ▽しかし、ベティスはその後も圧倒的にボールを保持していながらもシュートまで繋げることができず。対人戦でことごとく勝利しているDFジェネを中心にヘタフェが守り抜き、試合が終了した。 ▽この結果、ヘタフェは今シーズン初めての連勝を飾ることに成功。一方のベティスはリーガ3連敗を喫した。 2018.10.28 21:55 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎岳はやはり構想外か…ヘタフェ番記者が分析「ほとんど戦力に数えられていない」

ヘタフェで苦しむ日本代表MF柴崎岳について、スペイン最大手紙『マルカ』が現状を分析している。<br><br>ヘタフェ在籍2シーズン目を迎えた柴崎。しかし、レアル・マドリーとの開幕戦にフル出場した後、7試合でわずか28分しか出場機会を得られず。さらに直近3試合はベンチ外となるなど、苦しみ続けている。<br><br>先日のラージョ・バジェカーノ戦では先発も予想されていたが、結局90分間ベンチを温めることに。厳しい状況の続く日本代表MFについて、『マルカ』のヘタフェ番フアンカル・ナバセラーダ記者が分析している。<br><br>「ヘタフェは今季リーガでも良いリズムで歩を進めている。ほとんど刷新されたチームで、もう1シーズン1部に残ることを求めている」<br><br>「しかしチーム内には、アリカンテ出身指揮官にほとんど戦力に数えられていない、昨季から在籍している男がいる。それはガク・シバサキだ。ホセ・ボルダラスは彼のポテンシャルを理解している。彼が何をもたらせるのかを。ボルダラスは各練習で、ロシア・ワールドカップで強い印象を残した選手の片鱗を見出そうとしているが、しかしヘタフェというチームにはまらないままだ」<br><br>そして、昨季バルセロナ戦でスーパーゴールを挙げたときが「ヘタフェでの絶頂期」と論じた。<br><br>「日本人選手は今季119分しかプレーしていない。90分は第1節、サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー戦。あとは第4節、セビージャでの29分間のみ。その日以降、彼を目にしてしない」<br><br>「それ以降の5節で、ガクは2試合をベンチ、3試合をスタンドで過ごした。バジェカス(ラージョ・バジェカーノ戦)では再び招集リストに含まれ、試合に出場するためにウォームアップをしたが、負傷者が出たことでボルダラスはプラン変更を余儀なくされた」<br><br>「彼は日々の練習で努力をして、ボルダラスを納得させなければならない。ガクは昨季に力強くシーズンをスタートさせ、あの世界を驚かせるバルサ戦のゴールも生みだした。しかし、それがヘタフェでの絶頂期だった。そのバルサ戦で左足第五中足骨を骨折して、結局昨季の出場記録はスタメン11試合、ベンチ11試合の22試合にとどまっている」<br><br>ヘタフェはリーガ9節を終えて3勝3分3敗、首位バルセロナと6ポイント差の勝ち点12で10位につけている。上々のスタートを切ったチームの中で出遅れている柴崎は、さらなる出場機会を掴むことができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.23 09:30 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース