武藤弾で浦和が4戦ぶり勝利! 痛恨敗戦の横浜FMはPO圏16位柏と勝ち点並ぶ…《J1》2018.09.16 18:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第26節の横浜F・マリノスvs浦和レッズが、16日に日産スタジアムで行われ、2-1で浦和が勝利した。▽14位・横浜FM(勝ち点29)は、3-1で勝利した直近のYBCルヴァンカップ準々決勝ガンバ大阪戦からスタメンを2名変更。松原、喜田に代えて、山中、そして日本代表帰りの天野を起用した。

▽リーグ3試合未勝利の10位・浦和(勝ち点32)にとって、1-2で敗北した前節のセレッソ大阪戦以来2週間ぶりとなる公式戦。この試合に向けては、最後尾にGK西川、3バックに岩波、マウリシオ、槙野、中盤に橋岡、長澤、青木、宇賀神、2シャドーに武藤、マルティノス、最前線に興梠を起用した。

▽サイドチェンジを繰り返して攻撃を組み立てる浦和が、9分にチャンスを迎える。右サイドの橋岡がクロスを供給すると、ボックス左の興梠が胸トラップで落としコンパクトにシュートを放つ。しかし、これはGK飯倉のファインセーブに阻まれた。

▽その後、浦和がやや優勢に試合を進め横浜FMは思うように攻撃が構築できない。それでも18分右サイドを突破した仲川が低く速いクロスを入れると、ニアに飛び込んだ伊藤がボールを捉える。枠を外れたものの惜しいシーンを迎えた横浜FMは、ここから盛り返していく。

▽続く20分、天野の相手陣内からのスルーパスに抜け出した仲川がボックス内で一対一を迎える。軍配はGK西川に挙がったものの、立て続けに浦和ゴールを脅かした。

▽しかし、横浜FMが良い時間帯に得点を奪えずにいると、前半終了間際に痛いしっぺ返しを食らう。43分、ボックス手前左からの浦和ボールのFKの場面で、ボールがボックス手前中央の宇賀神にこぼれる。宇賀神が思い切りよく右足を振り抜くと、地を這うシュートがゴール右隅を射抜いた。

▽前半は、横浜FMが1点のビハインドを背負ったところで終了。リードしている浦和は、ハーフタイム中にマルティノスに代えて荻原を投入し、守備面での改善を図って後半を迎えた。

▽しかし、前からのプレス強度が下がった浦和は再び横浜FMにチャンスを作られ始める。53分に左CKからの流れで仲川がボックス内からボレーシュートを放てば、58分にもボックス手前でボールを受けた仲川のシュートが浦和ゴールを襲う。どちらもGK西川に阻まれたが、横浜FMがボールを持つ時間が長くなり始める。

▽押し切りたい横浜FMは65分に大津に代えて、ウーゴ・ヴィエイラを投入。すると、この采配が的中する。69分、天野のスルーパスに抜け出した遠藤が、左サイドからボックス内中央に折り返す。1トラップしたウーゴ・ヴィエイラが細かいドリブルで対面のDFマウリシオの体勢を崩し、起用に応える得点を沈めた。この得点は、ウーゴ・ヴィエイラにとっての今シーズン10点目となっている。

▽しかし、79分に浦和が横浜FMのハイライン戦術を逆手に取るようにして流れを引き戻す。センターサークル付近でボールを持った青木が、ロングフィードを供給。うまく抜け出してボックス内でGK飯倉との一対一を迎えた武藤が、ゴール右に流し込んで勝ち越し弾とした。また、この日誕生日の青木がバースデーアシストを記録した。

▽もう一度スコアを振り出しに戻したい横浜FMは、試合終了間際にウーゴ・ビエイラがボックス手前中央から独力で抜け出してシュートを放つなど攻勢をかけたが、これ以上ネットを揺らすことはできず。2-1のスコアのまま試合が終了した。

▽この結果、横浜FMは勝ち点26で15位・サガン鳥栖、そして入れ替えプレーオフ圏の16位・柏レイソルと並ぶ事態に。対する浦和は、4試合ぶりの白星で9位に浮上した。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FM、ブラジル人アタッカーFWエジガル・ジュニオをレンタルで獲得!「胸が高鳴る思い」

横浜F・マリノスは16日、ECバイーアからブラジル人FWエジガル・ジュニオ(27)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間については明かされていないが、12日のバイーアの発表によると、2019年12月31日まで。 アトレチコ・パラナエンセでプロデビューしたエジガルは、2016年1月にバイーアへ加入。バイーアではセンターFWだけでなく、両ウィングも務め、昨シーズンは公式戦33試合8ゴールを記録した。 横浜FMへの期限付き移籍が決定したエジガル・ジュニオは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私のキャリアにおいてこのようなチャレンジができることをとても嬉しく、胸が高鳴る思いです。いつか海外でプレーすることを目標にしていたので、自分に期待しチャンスをいただいた横浜F・マリノスには大変感謝しているとともに、この挑戦に全力を尽くしたいと思っています。多くのブラジル人選手が素晴らしい歴史を作ってきた日本で、横浜F・マリノスのユニフォームを着られることを光栄に思っています」 2019.01.16 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸退団のタイ代表DFティーラトン、横浜FMへ期限付き移籍!

横浜F・マリノスは16日、ムアントン・ユナイテッドからタイ代表DFティーラトン(28)の期限付き移籍での獲得が内定したことを発表した。 ティーラトンは2018年にムアントン・ユナイテッドからヴィッセル神戸に期限付き移籍で加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに28試合、天皇杯に3試合、YBCルヴァンカップに4試合出場したが、昨年12月に期限付き移籍期間の満了が発表されていた。 新シーズンを横浜FMで戦うことが決まったティーラトンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 「横浜F・マリノスに加入することが出来、非常に嬉しい気持ちでいっぱいです。クラブの勝利のために、日々のトレーニングから自分自身のベストを尽くしていきたいと思います。ファン、サポーターの皆さん、熱い応援を宜しくお願いします」 2019.01.16 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMがブラジル人FWエジガルを獲得! バイーアが1年レンタルを正式発表

ECバイーアは12日、ブラジル人FWエジガル・ジュニオ(27)を横浜F・マリノスにレンタル移籍で放出したことを発表した。契約期間は2019年12月31日までとなる。 アトレチコ・パラナエンセでプロデビューしたエジガルは、2016年1月にバイーアへ加入。バイーアではセンターFWだけでなく、両ウィングも務め、公式戦142試合に出場し44ゴールをマークした。 なお、エジガルはクラブの公式ツイッター(@ECBahia)通じて、バイーアのファン・サポーターに向けた謝意を投稿している。 2019.01.14 02:32 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FMが新体制発表! 新「10」に天野純、中澤佑二の「22」は空き番に

横浜F・マリノスは13日、2019シーズンの選手背番号を発表した。 アンジェ・ポステコグルー体制を発足した昨年、攻撃的なスタイルを掲げ、明治安田生命Jリーグを12位でフィニッシュした横浜FM。今年はその攻撃スタイルで上位進出の躍進を目指すシーズンになる。 今オフシーズンは復帰組を含む8名が新加入。背番号は浦和レッズから加入のFW李忠成が「20」、北海道コンサドーレ札幌から加わったMF三好康児が「41」に決定した。 また、昨年限りで現役を引退した元日本代表DF中澤佑二の「22」は空き番に。MF天野純はMF齋藤学が移籍した昨年から空き番だった「10」を着用する。 横浜FMは10日から始動。18日から石垣島でキャンプを行う。 <span style="font-weight:700;">◆2019シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">パク・イルギュ</span>☆←(FC琉球)※完全移籍 21.飯倉大樹 31.杉本大地 32.原田岳 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.ドゥシャン 4.栗原勇蔵 13.チアゴ・マルチンス 16.<span style="font-weight:700;">高野遼</span>☆←(ヴァンフォーレ甲府)※復帰 18.<span style="font-weight:700;">広瀬陸斗</span>☆←(徳島ヴォルティス)※完全移籍 27.松原健 44.畠中槙之輔 <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.扇原貴宏 8.喜田拓也※背番号変更 10.天野純※背番号変更 11.遠藤渓太 14.山田康太※背番号変更 17.ユン・イルロク※背番号変更 26.イッペイ・シノヅカ 40.<span style="font-weight:700;">椿直起</span>☆←(横浜F・マリノスユース)※昇格 41.<span style="font-weight:700;">三好康児</span>☆←(北海道コンサドーレ札幌)※期限付き移籍 <span style="font-weight:700;">FW</span> 7.大津祐樹※背番号変更 9.<span style="font-weight:700;">マルコス・ジュニオール</span>☆←(フルミネンセ/ブラジル)※完全移籍 20.<span style="font-weight:700;">李忠成</span>☆←(浦和レッズ)※完全移籍 23.仲川輝人※背番号変更 38.<span style="font-weight:700;">山谷侑士</span>☆←(横浜F・マリノスユース)※昇格 2019.01.13 14:35 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF畠中槙之輔が入籍「覚悟と責任感を今まで以上にしっかり背負って過ごしたい」

横浜F・マリノスは12日、DF畠中槙之輔が入籍したことを発表した。お相手は一般女性のため、プロフィールは非公表となっている。 クラブの発表によると、畠中は1月11日に入籍を果たしたとのことだ。畠中はクラブを通じてコメントしている。 「予てよりお付き合いさせていただいた方と1月11日に結婚いたしました。サッカーでも家庭でも、覚悟と責任感を今まで以上にしっかり背負って過ごしたいと思います。応援よろしくお願いします!」 畠中は東京ヴェルディの下部組織出身で、2018シーズン途中に東京ヴェルディから加入。明治安田生命J1リーグで5試合に出場していた。 2019.01.12 18:11 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース