元ユナイテッドFWマケダがパナシナイコスへ移籍2018.09.04 05:27 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パナシナイコスは3日、無所属のイタリア人FWフェデリコ・マケダ(27)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となっている。

▽17歳当時、ユナイテッドでのデビュー戦で2ゴールを挙げる鮮烈デビューを飾ったマケダだったが、その後は結果を残せずサンプドリアやQPR、シュツットガルトなどのレンタル移籍を経て、2014年夏にカーディフへ完全移籍。ノッティンガム・フォレストへのレンタル移籍を経て、2016年12月からはセリエBのノヴァーラでプレーしていた。

▽昨季はそのノヴァーラでリーグ戦28試合に出場して3ゴールを挙げていた。
コメント
関連ニュース
thumb

電車内でUNOで大騒ぎの若者を注意→ポグバとマティッチだった

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバとセルビア代表MFネマニャ・マティッチが、電車内で騒ぎ過ぎを注意されたようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が報じている。 今回の一件のあらましはこうだ。オーストラリアのシドニー在住のロスリン・パトリックさんとレウィスさん夫妻が旅行中に電車に乗っていたところ、“UNO”で遊ぶ騒々しい若者の集団を発見。レウィスさんが注意したところ、なんとその若者たちはお詫びとして一緒に写真撮影を申し出てきたという。 夫妻は戸惑いながらも見知らぬ若者たちと写真を撮り、息子のネイトさんに「これが誰か分かるか? 1人はフランス語訛りなんだが…」と連絡した。すると、ネイトさんは驚愕。自分の父親の肩を抱くようにして写っていた人物は、ポグバとマティッチだったのだ。 後に、ロスリンさんは「私たちは電車の中でずっと彼らに注目していました。“UNO”で遊んでいて、ある時にとても興奮して飛び上がった…。そして『騒がせてすいません、エキサイトしちゃって』と言っていました」とその様子を振り返っている。 なお、ポグバの“UNO”好きは有名であり、2017年末にはエバートンに所属するフランス代表DFクルト・ズマが以下のようなエピソードを紹介していた。 「この前に彼の家を訪れたときに彼とカードゲームをやったんだけど、コテンパンにやつけてしまったんだ。そのときの彼はとにかく、異常なほど怒っていたよ」 「彼はそのときから僕が自宅に来ることを拒んでいるんだ。彼は『もう僕の家に来るな』と言ってきたんだ。それに対して、僕は『マイフレンド、お願いだよ。たかが“UNO”の勝負じゃないか』って言ったんだけど、聞き入れてくれなかったよ」 上記のように、ポグバがもはや“UNO狂い”であることを明かしていた。その時のように怒り狂うことは減ったと信じたいが、まだまだ飽きは来ていないようだ。 2019.01.23 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ダルミアンのユーベ移籍が破談か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(29)の母国復帰は実現しないようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2015年にトリノからユナイテッドに移籍したダルミアンは、加入初年度はコンスタントに出場機会を得られていたものの、年々その数を減らし、今季はここまでリーグ戦5試合とFAカップ1試合の出場にとどまっている。 不遇の時を過ごすイタリア代表を巡って、母国のビッグクラブが関心を寄せていた。先日に『カルチョメルカート』を始めとするイタリア各紙が、ユベントスが買い取りオプション付きでダルミアン獲得に合意したと報じ、その具体的な移籍金も伝えられていた。 ところが、今回の報道により、イタリアの有力ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の情報をもとに、この移籍が破談となったことがわかった。既報ではユベントスが300万から400万ユーロのレンタル料と、およそ800万ユーロの買取りオプションが付いた契約でユナイテッドと合意に達していたものの、ここにきてユナイテッド側がレンタル料に600万ユーロ(約7億5000万円)を要求したことから、ビアンコネッロは手を引いたようだ。 また、同じようにダルミアンに関心を寄せていたとされるインテルもこの額を用意する意思はないという。 2019.01.23 13:47 Wed
twitterfacebook
thumb

元米国代表の守護神GKティム・ハワードが2019シーズン限りでの引退を表明…かつてユナイテッドやエバートンでプレー

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロラド・ラピッズに所属する元アメリカ代表GKティム・ハワード(39)が、2019シーズン限りでの現役を退く意向を明かした。 母国のインペリアルズでキャリアをスタートし、国内複数クラブを経て、2003年にマンチェスター・ユナイテッドに加入したハワード。序盤こそ出場機会を得ていたものの、2005年に元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サール氏が加入したことで控えに。2006年7月にエバートンへレンタル移籍を果たすと、翌年に完全移籍。10シーズンに渡って同クラブの堅守を支え、クラブ最多のプレミアリーグ352試合出場も記録した。2016年からはコロラド・ラピッズでプレーしている。 また、2002年にA代表デビューを果たしたアメリカ代表では、ワールドカップに3回出場しており、111試合のキャップ数を誇っている。 そのハワードは22日、自身のツイッター(@TimHowardGK)で、2019シーズンが現役最後の年になると明言した。 「MLSの2019シーズンが開幕することをとても楽しみにしている。そして、これは私にとって最後のシーズンになる」 「感傷に浸る時間はこの後たくさんある。今は、毎分毎分フットボールを楽しむつもりだ」 「私がいつもやってきたように、勝利を目指して激しく競争し、ラピッズを引っ張り、チームを助けていく」 2019.01.23 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ルカク、移籍報道を否定? 「彼らは嘘を話し始める」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(25)が、移籍の噂を斬り捨てた。イギリス『メトロ』が伝えている。 2017年の夏に移籍金7500万ポンド(現在のレートで約106億円)でエバートンからユナイテッドに加わったルカク。すると、昨シーズンは公式戦51試合27ゴールと高額な獲得費用に恥じない活躍を披露した。 しかし、今シーズンは序盤から得点力不足に苦しみ、ここまでの成績は公式戦27試合9ゴール2アシスト。特に、昨年末にオレ・グンナー・スールシャール監督が就任してからは明確に序列を落とされている。同監督はFWラッシュフォードを得点源と見なしていると語っており、ルカクの状況はこれまで以上に危ういものだ。 こういった経緯から、ジョゼ・モウリーニョ前監督の退任後はルカクの去就に関する報道が過熱。中でもユベントスからの関心が取り沙汰されていた。 しかし、自身インスタグラムのストーリーの中でルカクは「ヘイト(操作)が上手く働かないと彼らは嘘を話し始める」と投稿。“嘘”への嫌悪感を露わにし、移籍の噂や立場が脅かされていることが事実ではないとを示唆している。 2019.01.22 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

マルシャル、近く延長合意か ユナイテッドも“確信”

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(23)の新契約締結が近づいているようだ。『ESPN』が報じた。 マルシャルとユナイテッドの契約は1年の延長オプションを除けば今シーズンまで。長らく取り沙汰された交渉は移籍を希望するマルシャルの延長オファー拒否により、今後の動向が不透明な状況だった。だが、両者の交渉はこの2週間で大きく前進。依然として最終合意に至っていないものの、ユナイテッドはマルシャルが5年延長の新契約にサインすることを確信しているという。 マルシャルは昨年1月にアーセナルからチリ代表FWアレクシス・サンチェスが加入したことにより、ジョゼ・モウリーニョ前監督の中で序列が低下。だが、今シーズン途中のオーレ・グンナー・スールシャール暫定体制発足後、チームが復調する中で自身も輝きを取り戻しており、ここまで公式戦24試合に出場して9得点1アシストを記録している。 2019.01.22 16:05 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース