ニューカッスル、WBAからベネズエラ代表FWロンドンをレンタルで獲得! 武藤の強力ライバルに2018.08.07 04:49 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニューカッスルは6日、降格したWBAからベネズエラ代表FWサロモン・ロンドン(28)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。一方でイングランド人FWドワイト・ゲイル(28)がWBAにレンタルで移籍している。

▽2015年夏からWBAでプレーする大型ストライカーのロンドンは、これまでWBAで公式戦120試合に出場して28ゴール10アシストを記録。2017-18シーズンはプレミアリーグ36試合に出場して7ゴールをマークしていたが、チームを降格から救うことはできなかった。

▽今夏、マインツからニューカッスルに移籍した日本代表FW武藤嘉紀にとっては強力なライバル誕生となった。

▽一方、2016年夏からニューカッスルでプレーするストライカー兼ウインガーのゲイルは、これまでニューカッスルで公式戦71試合に出場して29ゴール8アシストを記録。昨季はプレミアリーグ35試合に出場して6ゴール3アシストを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

シティが今夏の中国ツアー実施を発表! 来日前にプレミアアジアトロフィーに参加

マンチェスター・シティは26日、今年7月に中国へのプレシーズンツアーを行うことを発表した。 先月に『Asia Tour 2019 presented by Visit Abu Dhabi』と冠されたアジアツアーの実施を発表していたシティ。すでに7月27日には日産スタジアムで同じ『シティ・グループ』傘下の横浜F・マリノスとのフレンドリーマッチを行うことが決定していた。 今回の中国ツアーではFW武藤嘉紀を擁するニューカッスル、ウェストハム、ウォルバーハンプトンと共に『プレミアリーグ・アジア・トロフィー』に参戦する。 現時点で対戦相手は決定していないものの、7月17日に南京にある南京オリンピックスポーツセンターで準決勝を戦い、7月20日には上海にある上海虹口足球場で3位決定戦、あるいは決勝戦を戦うことになる。 今回の中国ツアー実施発表に伴い、シティのオマル・ベラダCOO(最高執行責任者)は、以下のようなコメントを残している。 「プレミアリーグ・アジア・トロフィーへの参加を通じて中国を再訪できることを嬉しく思っている。中国はシティにとって特別な場所だ。ペップ・グアルディオラがシティでの初めての仕事を開始した場所だからね。同時にこの国には多くの熱狂的なフォロワーがいる。我々は中国でのエキサイティングなイベントの開催、地元ファンの試合観戦を心から楽しみにしている」 2019.03.26 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤にも影響? ニューカッスルが主砲ロンドン流出の可能性…

ニューカッスルがエースストライカーのベネズエラ代表FWサロモン・ロンドン(29)を今夏に失う可能性があるようだ。イギリス『Star on Sunday』が伝えている。 ニューカッスルは昨夏、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したWBAから1年間のレンタル移籍でロンドンを獲得。そして、屈強な大型ストライカーは攻め手に乏しいニューカッスルの中でここまでチームトップの9ゴールを挙げるなど、エースストライカーとして活躍している。 そのため、ニューカッスルは今季終了後にWBAから同選手を完全移籍で買い取りたい意向のようだが、現時点で優先交渉権は存在せず、WBAが来シーズンにプレミアリーグに昇格できない場合、1650万ポンド(約24億円)以上の金額を出せば、どのクラブにも獲得のチャンスがあるという。 ただ、財布の紐が堅いことで知られるマイク・アシュリーオーナーは、今年9月に30歳を迎えるロンドンに前述の金額を支払う意思はないようだ。 その一方で、ベルギー代表FWロメル・ルカクのマンチェスター・ユナイテッド移籍以降、メインストライカー不在のエバートンがロンドンの獲得に興味を示しており、同クラブは前述の移籍金を支払う意思を持っているようだ。 したがって、アシュリーオーナーが考えを変えない限り、ロンドンの今夏流出は濃厚な情勢だ。 仮に、ロンドンが退団した場合、日本代表FW武藤嘉紀の起用法などに関しても影響を及ぼしそうだ。 2019.03.24 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

リッチーの土壇場ボレー弾でニューカッスルが敵地でドロー…武藤は13試合ぶりにプレー《プレミアリーグ》

日本代表FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは、16日にプレミアリーグ第31節でボーンマスと対戦し、2-2の引き分けに終わった。武藤は82分からプレーした。 13位ニューカッスル(勝ち点34)が、12位のボーンマス(勝ち点37)のホームに乗り込んだ一戦。前節エバートンとの打ち合いを制したニューカッスルは、その試合から先発を3人変更。武藤は2試合ぶりのベンチ入りとなった。 試合は序盤から一進一退の攻防を繰り広げる。すると10分、ボーンマスはJ・キングのパスをボックス左手前で受けたフレイザーがそのままボックス内まで侵入しシュート。しかし、このシュートは右ポストに弾かれた。 膠着状態が続く一戦が動いたのは前半アディショナルタイム。ニューカッスルはボックス左手前でアルミロンがアイブに倒されFKを獲得。このFKをロンドンが直接ゴール左に突き刺した。 1点リードで前半を終えたニューカッスルだったが、後半開始早々に失点する。47分、右CKをボックス内で競り合ったF・フェルナンデスがアケを引き倒しPKを献上。これをJ・キングが確実に決めた。 開始早々の同点弾で主導権を握ったボーンマスは81分、途中出場のソランケが相手ボックス手前でボールを奪うと、ボックス内で相手DF4人を引きつけラストパスを供給。これをボックス中央に走り込んだJ・キングがゴールに流し込み、ホームチームが逆転に成功した。 逆転を許したニューカッスルは、82分にアルミロンを下げて武藤を、83分にディアメを下げてシェルヴェイをピッチに送り出す。すると、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。 後半アディショナルタイム4分、ルジューヌのパスを右サイド高い位置で受けたイェドリンがダイレクトで折り返すと、ファーサイドのリッチーが強烈なボレーシュートをゴールネットに突き刺し、ニューカッスルが土壇場で食らいつく。 結局、試合は2-2のままタイムアップ。リッチーの土壇場弾でドローに持ち込んだニューカッスルが、敵地で勝ち点1を獲得した。 2019.03.17 02:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、ベニテスとの延長交渉決裂の場合リヨン指揮官を強襲か

日本代表FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは、ラファエル・ベニテス監督(58)との契約延長交渉が決裂した場合、リヨンのブルーノ・ジェネジオ監督(52)を招へいする考えのようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がフランス『レキップ』の記事を引用して伝えている。 数多くの欧州トップクラブを指揮してきたベニテス監督は、2016年3月にニューカッスルとの3年契約にサインし、新監督に就任。チャンピオンシップ(イングランド2部相当)降格を経験しながらも、続投しチームを1年でプレミア復帰に導くと、昨季はプレミアリーグ10位で残留に貢献。今季も第30節終了時点で13位と残留を射程に収めてる。 ベニテス監督の手腕を評価するニューカッスルのフロントは、今シーズン限りで契約満了を迎える同監督に1年の延長オファーを提示。しかし、ベニテス監督はオーナーがクラブの売却を試みているこのタイミングは契約に適していないとし、態度を保留していた。 『レキップ』によれば、ニューカッスルはベニテス監督との契約延長交渉が決裂した場合、リヨンのジェネジオ監督を後任候補のポールポジションに置いているようだ。 2015年12月24日にリヨンの監督に就任したジェネジオ監督は、約3年間で公式戦174試合を指揮し94勝36分け44敗と好成績を収めており、今季もここまでリーグ・アン28試合終了時点で勝ち点50(14勝8分け6敗)を獲得しチャンピオンズリーグ圏内の3位に位置している。 2019.03.16 00:55 Sat
twitterfacebook
thumb

武藤同僚MFアルミロン、アーセナルのオファーを断っていた! その理由とは

ニューカッスルに所属するパラグアイ代表MFミゲル・アルミロン(25)の代理人が、今冬の取引を明かしている。パラグアイのラジオ『ABC Cardinal』で語られた内容を、イギリス『メトロ』が伝えた。 今冬の移籍市場でアトランタ・ユナイテッド(MLS)からニューカッスルに完全移籍し、日本代表FW武藤嘉紀の同僚にもなったアルミロン。契約期間は2024年6月30日までの5年半で、移籍金がクラブ史上最高額の2000万ポンド(約28億4000万円)であることが話題となった。 母国のセッロ・ポルテーノでキャリアをスタートさせたアルミロンは、アルゼンチンのアトレティコ・ラヌスを経て2017年初めにアトランタに入団。すると、2度に渡りリーグのオールスターに選出され、10番を背負った昨シーズンには公式戦38試合13ゴール13アシストの活躍でMLSカップ優勝に貢献した。 将来的なスター候補として今冬にはプレミアの複数クラブからの関心が聞こえていたが、その中にはアーセナルからのオファーもあったようだ。代理人を務めるダニエル・カンポス氏が語っている。 「ミゲル・アルミロンにはマンチェスター・ユナイテッドからの関心もあったが、彼らがオファーを出すことは無かった」 「アーセナルとサウサンプトンはローンを打診してきた。だが、私たちはローンを敬遠したよ」 最終的には獲得に漕ぎ着けることが出来たものの、今冬にはMFデニス・スアレスの獲得をローンでバルセロナに打診したことにより、交渉難航が伝えられていたアーセナル。水面下に沈んでいたオペレーションにおいても、苦しいやり取りがあったようだ。 2019.02.27 12:10 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース