メッシがサラー獲得をクラブに進言! 今夏最大のビッグディールなるか2018.06.17 16:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナがリバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(25)獲得に動き出したようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。

▽今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)の獲得に動いていたバルセロナだが、グリーズマンは先日にアトレティコ残留を明言し、最終的に獲得交渉は空振りに終わった。

▽この状況を受けてクラブは同選手に代わる補強選手として同じレフティのサラーをリストアップ。『ミラー』はスペイン方面からの情報として、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが今夏の移籍市場でサラーを獲得するよう、クラブに進言していると伝えた。

▽また、先日にはバルセロナがすでにサラーの代理人とコンタクトを取っているとの報道も出ており、今後移籍に向けた交渉が本格的にスタートする模様だ。

▽なお、イギリスの大手ブックメイカー『Ladbrokes』の関係者は先日、「今夏、サラーがリバプールを離れる場合、レアル・マドリーとバルセロナの一騎打ちになるはずだ。そして、勝者はバルセロナになる可能性が高い」と、今後の見通しに関して語っていた。

▽昨夏、ローマからリバプールに加入し1年目でプレミアリーグの個人タイトルを総なめにしたサラーの移籍金に関しては最低1億ポンド(約147億円)が必要となる模様だ。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナDFドウグラス・ペレイラ、今季はトルコのスィヴァススポルへレンタル移籍か

▽バルセロナのブラジル人DFドウグラス・ペレイラ(27)は、トルコのスィヴァススポルへレンタル移籍で加入するようだ。スペイン『Diario Sport』が報じている。 ▽今回の報道によると、来夏にバルセロナとの契約満了を迎えるドウグラス・ペレイラだが、今季もレンタルで他クラブに移籍することを同意したようだ。また、ドウグラス・ペレイラの給与は全てスィヴァススポルが負担することも併せて伝えられている。 ▽2014年8月にサンパウロからバルセロナに5年契約で加入したドウグラス・ペレイラだが、在籍した2シーズンで公式戦8試合の出場にとどまるなどポジションを奪えず。2016-17シーズンはスポルティング・ヒホンにレンタル移籍。 ▽昨シーズンは、ポルトガルの強豪ベンフィカにレンタル移籍で加入したが、公式戦わずか7試合の出場にとどまっていた。 2018.07.22 06:19 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ツアー不帯同のバルサMFアンドレ・ゴメスに注目?

▽アーセナルが、バルセロナに所属するポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(24)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽2016年夏にバレンシアから加入したアンドレ・ゴメスは2016-17シーズンは途中出場が多くもリーグ戦30試合に出場した。しかし、17-18シーズンはエルネスト・バルベルデ監督の信頼を得ることが出来ず、リーグ戦出場は16試合にとどまった。 ▽伝えられるところによると、アーセナルのウナイ・エメリ新監督は、アンドレ・ゴメスに興味。すでに数週間にわたって調査しており、正式なオファーを提示することを画策しているようだ。 ▽『フットボール・エスパーニャ』によるとアンドレ・ゴメスは7月24日から予定されているアメリカツアーのメンバーに含まれていないようで、今夏での退団が確実視されている。 ▽ウナイ・エメリ新体制を迎えるアーセナルはこれまで、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー、ドイツ代表GKベルント・レノ、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイ、U-20フランス代表MFマッテオ・グエンドウジと次々と新戦力を獲得している。『フットボール・エスパーニャ』によるとバルセロナはアンドレ・ゴメスの放出へ2000万ユーロ(約26億円)要求しているというが、果たして移籍は実現するだろうか。 2018.07.21 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン指揮官、べインズ後継者にバルサDFディーニュ指名か

▽エバートンがバルセロナに所属するフランス代表DFリュカ・ディーニュ(24)の獲得を目指しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽今回伝えられるところによると、エバートンの新指揮官であるマルコ・シウバ監督が、長きにわたってクラブを支えてきた元イングランド代表DFレイトン・ベインズの後継者としてディーニュを指名。同クラブも2200万ポンド(約32億円)程度のオファーを提示するようだ。 ▽ディーニュは2016年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)から5年契約でバルセロナに加入。しかし、同じポジションのスペイン代表DFジョルディ・アルバを脅かすには至らず、2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで12試合の出場にとどまっている。フランス代表としては、ロシア・ワールドカップ(W杯)の予備登録メンバーには選ばれたものの、出場はなかった。 2018.07.21 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ガチ中のガチ!バルサ、ウィリアンに80億超え3度目のオファー

▽バルセロナが、チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(29)に3度目のオファーを申し込んだようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ウィリアンに熱視線を送るバルセロナが最初のオファーを出したのは3カ月前のこと。5000万ポンド(約74億3000万円)のオファーを提示したがチェルシーは門前払い。さらに今月半ばには、今度は5300万ポンド(約78億8000万円)の移籍金を用意したが、これも拒否されていた模様だ。 ▽だがバルセロナは諦めていない。『スカイ・スポーツ』によれば、三度目の正直となる今回は、5500万ポンド(約80億円)の小切手を片手にブラジル代表アタッカーの獲得を三度試みるようだ。 ▽ウィリアンは2013年にロシアのアンジ・マハチカラからチェルシーに移籍。同クラブではこれまで公式戦236試合に出場し44ゴール39アシストを記録。2度のリーグ制覇や昨シーズンのFAカップ優勝に貢献した。 ▽なお、ウィリアンにはかつての師であるマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督も獲得を望んでいるようだ。 2018.07.21 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表MFコウチーニョ、ポルトガル国籍を取得

▽バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがポルトガル国籍を取得したことがわかった。ポルトガル『A Bola』が報じた。 ▽ブラジルが誇るスタープレーヤーの1人であるコウチーニョは、2年前にポルトガル人女性と入籍。その当時からポルトガル国籍取得の申請に動いていたという。 ▽結果、バルセロナはコウチーニョのEU選手登録が可能に。リーガエスパニョーラで定められた3つの外国人枠に空きが出た格好となる。 2018.07.20 09:15 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース