高橋陽一氏、『キャプテン翼』の日本代表マイベストイレブンを選出!2018.06.13 10:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽人気サッカー漫画『キャプテン翼』の作者・高橋陽一氏が、自身が考える同漫画の日本代表マイベストイレブンを明かした。

▽14日に開幕するロシア・ワールドカップ。これに合わせてツイッターでは、ユーザーが参加できる「#マイベストイレブン キャンペーン」を実施している。

▽高橋氏は13日にツイッター(@0728takahashi)を更新。「大空翼が日本の選手で選ぶなら」と綴り、中盤をダイヤモンド型にした4-4-2のシステムでメンバーを選出した。

◆高橋陽一氏のマイベストイレブン
GK
若林源三
DF
石崎了
三杉淳
次藤洋
早田誠
MF
松山光
岬太郎
葵新伍
大空翼
FW
日向小次郎
若島津健

コメント

関連ニュース

thumb

【アンケート結果】決勝弾の“半端ない男”に最高点! 一方、試合内容には厳しい声も

▽超WS有料版で実施していた19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節、コロンビア代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。 ▽W杯初戦となったコロンビア戦。1勝もできなかった前回大会の雪辱、そしてコロンビアへのリベンジを晴らすべく臨んだ試合は開始3分にボックス内で相手のハンドを誘いPKを獲得。さらにカルロス・サンチェスが一発退場となり、数的有利に。このPKをMF香川真司が決めて幸先良いスタートを切った日本でしたが、39分に壁の下を抜く意表を突いたFKでコロンビアに追いつかれてしまいます。それでも73分にMF本田圭佑の左CKを中央のFW大迫勇也が頭で合わせて勝ち越し。このゴールを死守した日本が2-1で勝利。2010年の南アフリカW杯以来の勝利を手にしました。 ▽この勝利に、ユーザーの皆様からは一定の評価が。最高点は決勝ゴールを挙げた“半端ない男”FW大迫の【7.0】。次点でMF柴崎岳の【6.2】と高評価を得ました。ファンの皆様からも勝ち点3を獲得できたことに対して選手たちを称えるコメントが。しかし、数的有利にも関わらず、押し込むことができなかった試合内容に対して「冷静に見ると反省点も多い」「ミスを減らさないと11人相手には難しい」との声も上がっています。次戦のセネガル戦に勝てばグループステージ突破に大きく近づくだけに、より熱いプレーを見せてくれることを期待しましょう。 ◆コロンビア戦のユーザー採点結果 GK 川島永嗣 4.4 DF 酒井宏樹 5.7 吉田麻也 5.7 昌子源 6.0 長友佑都 5.9 MF 柴崎岳 6.2 →山口蛍 - 長谷部誠 5.6 原口元気 6.0 香川真司 6.0 →本田圭佑 5.1 乾貴士 5.6 FW 大迫勇也 7.0 →岡崎慎司 - 監督 西野朗 6.0 ◆皆様の声(一部) ・メンバー全員の勝利 ・不撓不屈の精神とはこのこと ・乾の守備と柴崎の回し良かった! ・情熱的に戦う気持ちと冷静な状況判断も出来ていたと思う ・幸先の良いスタートでこのままグループステージ突破して欲しい ・日本人としては嬉しさ爆発の勝利。しかし、冷静に見ると反省点も多かった ・熱い気持ちを持ち、セネガル戦も戦ってほしい。 ・相手に救われた勝利。浮かれると2連敗はありうる ・退場に助けられた。ミスも減らさないと11人相手には難しい。 ・次のセネガルはそうやすやすと勝ちを譲ってくれるチームじゃないので、気をひきしめて頑張ってほしい ・まずは勝てた事を喜びたい。しかし内容は決して良かったとは言えない ・連係面を再度確認して不用意なパスミス等を極力減らさないと今後もっと厳しくなる 2018.06.21 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

サポートを終えて帰国…浅野拓磨「あの時があったから今がある、今に繋がっていると思えるように」

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場している日本代表にバックアップメンバーとして参加していたハノーファーのFW浅野拓磨が帰国後、自身のインスタグラム(@asatakugram)で心境を明かしている。 ▽ロシアW杯最終登録メンバーから落選した浅野はこれまでバックアップメンバーとしてチームに帯同。19日に行われたグループH第1戦のコロンビア代表戦の開催地・サランスクにも同行し、日本代表を支えてきた。 ▽バックアップメンバーとしての役目を果たした浅野は、現在の胸中を吐露。日本のコロンビア戦勝利への喜び、自身が出場できなかった悔しさなどを語り、今回の経験を今後に生かしていくことを誓った。 「これまでバックアップメンバーとしてロシアワールドカップの日本代表に帯同してきましたが今日でチームを離れる事になりました。僕にとってのロシアワールドカップに向けた挑戦はここで終わりますがこれまで日本代表の皆さんと一緒にワールドカップに向けた準備をしてこれたことは絶対に自分にとっていい経験となり力になると思います」 「コロンビア戦での勝利はチーム、日本が1つになって掴めたものだと思います。凄く嬉しかった。ただ正直、それと同時に込み上げてくる悔しさもあります。この悔しさ、この経験を無駄にせず未来の自分がいつか、あの時があったから今がある、今に繋がっていると思えるようにまたここから全力で頑張りたいと思います」 「日本代表の皆さんには責任やプレッシャーも感じると思いますが何よりも自信をもって残りの試合を頑張って欲しいです! 僕は全力で応援します! 日本を1つに共に戦いましょう! 『感謝。』」 #日本代表 #ロシアワールドカップ #勝利の笑みを君と #感謝。 2018.06.21 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

バックアップメンバーのFW浅野拓磨が帰国

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場している日本代表にバックアップメンバーとして参加していたハノーファーのFW浅野拓磨が帰国することが決定したことを発表した。 ▽浅野は20日に帰国予定。グループHに所属する日本は、19日にコロンビア代表と対戦して2-1で勝利した。24日にセネガル代表、28日にポーランド代表と対戦する。 2018.06.20 09:15 Wed
twitterfacebook
thumb

決勝弾のFW大迫勇也、W杯でのゴール奪取に歓喜「子供の頃からの夢でした」

▽日本代表のFW大迫勇也が決勝点への喜びを語った。 ▽日本代表は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節でコロンビア代表と対戦。4年前の雪辱を目指した一戦に先発出場した大迫は1-1で迎えた73分、左CKから頭で合わせて勝ち越しゴールを奪い、決勝ゴールを奪取。2-1の勝利に貢献した。 ▽試合後、大迫は決勝ゴールについてコメント。小さい頃から思い描いていた夢の実現に喜びを示した。 ──決勝ゴールを決めた感触は 「ワールドカップで得点を奪うということは、子供の頃からの夢でした。この舞台で得点が奪えて素直に嬉しかったです」 ──西野監督から指示された立ち上がりの狙いは 「西野監督からは絶対に受け身にならないこと、前から行こうということを話していました。ワールドカップのような舞台では何が起きるかわかりません。本当に良い入りができたと思います」 2018.06.20 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

JFA、ロシアサッカー連合とパートナーシップ協定を締結

▽日本サッカー協会は15日、ロシアサッカー連合(Football Union of Russia)とパートナーシップ協定を締結したことを発表した。 ▽今回の締結により、両者の関係をさらに強固にし、両国のサッカー発展のため、積極的に相互協力を図っていくことを伝えている。パートナーシップ協定の概要は以下の通り。 ◆調印日時 2018年6月15日(金)12:00 (現地時間) ◆調印式出席者 ロシアサッカー連合 Aleksandr ALAEV 会長代行兼専務理事 日本サッカー協会 田嶋 幸三 会長 ◆調印場所 FUR本部(モスクワ/ロシア) ◆協定内容 1. 多岐分野における情報共有 2. 技術的かつ専門分野における各種交流(ガバナンス、マーケティング、施設、指導者養成、アカデミー、審判、グラス ルーツ、タレント発掘、女子サッカー、ユース育成、フットサル、ビーチサッカー、障がい者サッカー、スポーツ医学、規約 文書) 3. 代表チーム間の親善試合(男女各カテゴリー、フットサル、ビーチ、障がい者) ◆協定期間 2018 年6月 15 日(調印日)から3年間 現在パートナーシップを締結している協会・連盟・クラブは以下の通りです。 <アジア> 東地域: チャイニーズ・タイペイ、香港、モンゴル 東南地域: インドネシア、ラオス、シンガポール、タイ、ベトナム 南地域: インド 中央地域: イラン、ウズベキスタン 西地域: アラブ首長国連邦、オマーン、カタール、ヨルダン <ヨーロッパ> イングランド、スペイン、デンマーク、ドイツ、フランス、 FC バイエルン・ミュンヘン <南米> 南米サッカー連盟 2018.06.16 12:22 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース