昇格組カーディフが“マーフィー・ツインズ”の片割れジョシュを獲得2018.06.13 04:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽来シーズンからプレミアリーグに昇格するカーディフ・シティは12日、ノリッジ・シティからイングランド人FWジョシュ・マーフィー(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。

▽ニューカッスルで活躍するFWジェイコブ・マーフィーとの“マーフィー・ツインズ”として知られるジョシュ・マーフィーは、2013年のトップチームデビュー以降、ノリッジ一筋のキャリアを続けてきた。

▽アジリティとテクニックに優れるレフティのウインガーは、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で41試合に出場し7ゴール3アシストを記録。また、EFLカップ4回戦ではアーセナル相手に先制ゴールを挙げる活躍を見せていた。

▽なお、来シーズンに個人としてプレミア復帰を果たすジョシュは、ニューカッスル戦でジェイコブとの双子対決が期待されるところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

怪物ケイン、対カーディフ初ゴールで自身対戦の全プレミア所属チームからゴール記録!

トッテナムは1月1日に行われたプレミアリーグ第21節、カーディフ戦を3-0で快勝した。そして、同試合で先制点を記録したFWハリー・ケインが偉大な記録を打ち立てた。『@OptaJoe』が伝えている。 前節、ウォルバーハンプトン相手に痛恨の逆転負けを喫したトッテナムは連勝が「5」でストップすると共にマンチェスター・シティに抜かれて3位に転落。その年内最終戦から中2日での開催となった2019年初戦は16位のカーディフのホームに乗り込んだ。 試合は開始早々の3分にケインのリーグ戦4試合連続ゴールで先制に成功すると、12分にはMFクリスティアン・エリクセン、26分にはFWソン・フンミンがゴールを重ね前半のうちに3点のリードを奪う。迎えた後半は省エネモードの試合運びをみせ、最終的に3-0で快勝した。 同試合で先制点を記録したケインだが、今回のゴールは対カーディフ戦での初ゴール。これまでカーディフとはプレミアリーグで通算3試合対戦経験があったものの1ゴールも奪えていなかった。 そして、対カーディフ初ゴールによってケインはこれまで自身がプレミアリーグで対戦してきた、28クラブすべてからゴールを記録するという偉業を成し遂げた。 なお、対戦28クラブの中で最もゴールを奪っている相手は過去に在籍経験もあるレスター・シティの11ゴール(7試合)。2位はいずれも9度対戦しているエバートン、ストーク・シティ相手の9ゴール。3位は宿敵アーセナル相手の8ゴール(8試合)だ。 2019.01.02 05:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ケイン4戦連発のスパーズがカーディフに快勝で新年白星スタート!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第21節、カーディフvsトッテナムが1月1日にカーディフ・シティ・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが3-0で勝利した。 前節、ウォルバーハンプトン相手に痛恨の逆転負けを喫したトッテナムは連勝が「5」でストップすると共にマンチェスター・シティに抜かれて3位に転落した。その年内最終戦から中2日での開催となった2019年初戦は16位のカーディフのホームに乗り込んだ。疲労困憊で敗れたウォルバーハンプトン戦から大幅なメンバー変更も予想されたが、ポチェッティーノ監督は左サイドバックのベン・デイビスに代えてローズを起用した以外、同じメンバーで臨んだ。 試合は開始早々に動く。3分、相手陣内中央でクサビのパスを受けたケインが右サイドのトリッピアーに展開。トリッピアーの低いクロスに対してデレ・アリ、ケインが被り気味になった中で相手DFにディフレクトしたボールがケインに当たると、これがゴール左隅の絶妙なコースに決まり、エースの幸運な4試合連続ゴールで先制に成功した。 幸先良くリードを奪ったトッテナムだが、疲労の影響かデレ・アリの続けざまのボールロストから相手にカウンターを許すなど、ややバタつく場面が散見。しかし、12分には先制点と同じような形でケインが右サイドのムサ・シソコに展開しソン・フンミンを経由したボールがボックス左のエリクセンに渡る。ここでエリクセンは落ち着いたボールコントロールからDFマンガの股間を抜く技ありのシュートをニアサイドに突き刺した。 この追加点でようやく落ち着きを取り戻したトッテナムは、中盤の低い位置まで下がるエリクセンを起点に相手のプレッシングをいなしながらギャップでボールを引き出すケインとソン・フンミンが効果的にカウンターアタックを牽引。 26分には右サイドを突破したムサ・シソコからバイタルエリアで斜めのパスを受けたケインがワンタッチでボックス右のスペースに走り込むソン・フンミンに繋ぐと、絶好調の韓国代表が冷静に右足のシュートをファーポストに流し込む。その後は前からボールを奪いに来ないホームチームに対して、後方でボールを回す省エネスタイルで時計を進めて3点リードで試合を折り返した。 迎えた後半、ホイレットをハーフタイム明けに投入しやや前から圧力をかけにくるカーディフに対してやや押し込まれる場面が増えるトッテナム。しかし、最後の局面では冷静な対応で決定機を作らせない。 逆に幾つかカウンターチャンスを得ると、ケインが続けて惜しいフィニッシュを見せると、66分にはショートカウンターからケインのラストパスを受けたソン・フンミンにボックス右で決定機もここは相手DFとGKのシュートブロックに遭い、4点目とはならず。 その後、ソン・フンミン、デレ・アリを下げてスキップ、ジョレンテと控え選手をピッチに送り込んでいく中、ケインやムサ・シソコに4点目のチャンスが訪れるが、相手の気迫の守備もあり後半にゴールを挙げることはできず。それでも、クリーンシートで勝ち切ったトッテナムが前節の敗戦を払拭する快勝で新年を白星スタートで飾った。 2019.01.02 04:23 Wed
twitterfacebook
thumb

攻撃陣爆発のユナイテッドが今季最多5ゴールでスールシャール新体制の初陣飾る!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第18節、カーディフvsマンチェスター・ユナイテッドが22日にカーディフ・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが5-1で圧勝した。 ▽今季、プレミアリーグ第17節終了時点で7勝5分け5敗の6位に低迷するユナイテッドは前節のリバプール戦での大敗を受け、18日にモウリーニョ監督の退任を発表。そして、暫定指揮官にクラブOBで母国ノルウェーのモルデを率いるスールシャール氏を指名した。 ▽古巣カーディフとの初陣に向けてスールシャール新監督はリバプール戦から先発4人を変更。家族の不幸で招集外となったルカクに代わってマルシャルを起用したほか、前指揮官との確執が伝えられたポグバに加え、フィル・ジョーンズ、ショーが新たに先発に名を連ねた。 ▽16位のカーディフを相手に押し込む入りを見せたユナイテッドは開始早々にいきなりゴールを奪う。3分、ボックス手前中央の好位置で得たFKの場面でラッシュフォードがキッカーを務めると、鋭い右足のシュートで4枚の壁の外側を抜きゴール右隅へ決め切った。 ▽幸先良く先制に成功したユナイテッドは前に出てきたカーディフを相手にボールを動かしながらシンプルに前線を使った攻めで試合をコントロールしていく。パターソンへのロングボールを盛んに狙う相手に押し下げられる場面もあったが、29分には左サイドでボールを持ったポグバからの横パスに反応したエレーラがボックス手前から右足を振り抜くと、DFカニンガムにディフレクトしたボールがゴール右上隅の絶妙なコースに決まり追加点奪取に成功した。 ▽その後、38分にはラッシュフォードがやや厳しい自陣ボックス内でのハンドを取られてカマラサにPKを決められるが、直後の41分にはボックス手前右でマルシャル、ポグバ、リンガードと見事なダイレクトパスが繋がり、最後はゴール前でリンガードのリターンパスを受けたマルシャルが右足で流し込み、点差を再び2点に広げて前半を終えた。 ▽後半も集中した入りを見せたユナイテッドは57分、ボックス内で仕掛けたリンガードが相手DFに後方から倒されてPKを獲得。これをキッカーのリンガードが冷静に決め切って2試合連続ゴールを達成した。 ▽この4点目でややペースを落としたユナイテッドはホームで意地を見せたいカーディフの反撃に晒される。65分にはジョシュ・マーフィーにボックス手前からゴール右隅を捉えたシュートを許すが、これはGKデ・ヘアがビッグセーブ。77分にも途中出場のソホレにゴール左からシュートを許すが、これもスペイン代表GKが冷静にコースを消して対応した。 ▽その後、スールシャール監督は80分を過ぎてラッシュフォード、マルシャル、マティッチを下げてフレッジ、フェライニ、アンドレアス・ペレイラをピッチに送り出し試合を締めにかかる。90分には相手陣内でのボール奪取からポグバのスルーパスに抜け出したリンガードがトドメの5点目を奪い、試合は5-1で終了。今季最多の5ゴールを奪って圧勝のユナイテッドがスールシャール監督の初陣を白星で飾った。 2018.12.23 04:24 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグで8年ぶりの珍事! 第15節で全チームが得点記録

▽12月4日と5日に行われたプレミアリーグ第15節で8年ぶりに全チームが得点を記録する珍事が起きた。『@OptaJoe』が伝えている。 ▽ヨーロッパ主要リーグの中でも打ち合い必至のオープンな展開が多いプレミアリーグだが、ここ数年はトップ6と下位チームの実力差や守備戦術の進歩によって、1節で全チームが得点を記録したのは2010年の11月27日、28日に行われた2010-11シーズンの第15節が最後だった。 ▽しかし、今節では未だ一桁失点を誇るマンチェスター・シティ、リバプールがワトフォード、バーンリーと格下相手に失点。また、1試合平均1得点以下のニューカッスルやクリスタル・パレス、ハダースフィールド、フルアムら下位チームがゴールを記録したことも、今回の珍事を起こす要因に。 ▽とりわけ、いずれも0-3のビハインドを負っていたカーディフ、サウサンプトンが後半アディショナルタイムに敵地で意地のゴールを記録したことが、大きな要因となった。 ◆プレミアリーグ第15節 ▽12/4(火) ボーンマス 2-1 ハダースフィールド ウェストハム 3-1 カーディフ ブライトン 3-1 クリスタル・パレス ワトフォード 1-2 マンチェスター・シティ ▽12/5(水) ウォルバーハンプトン 2-1 チェルシー エバートン 1-1 ニューカッスル フルアム 1-1 レスター・シティ バーンリー 1-3 リバプール マンチェスター・ユナイテッド 2-2 アーセナル トッテナム 3-1 サウサンプトン 2018.12.06 14:37 Thu
twitterfacebook
thumb

審判失格? ユニフォームを脱いでもお咎め無しの理由…

▽通常では起こりえない事件がピッチ内で起きた。10日に行われたプレミアリーグ第12節のカーディフvsブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンの一戦。試合は2-1でカーディフが勝利したが、目を疑う光景があった。 ▽試合は開始6分にブライトンのレウィス・ダンクが先制ゴールを記録。しかし、カーディフも28分にカラム・パターソンがネットを揺らし、1-1で試合は推移する。しかし、互いに決定力を欠き、引き分けで終わるかと思われた90分、ソル・バンバが値千金のゴールを記録。2-1でカーディフが勝利した。 ▽事件が怒ったのは、S・バンバのゴール後だった。土壇場での決勝ゴールを喜んだS・バンバは自身のユニフォームを脱ぎ、喜びを爆発。当然のことながら、ユニフォームを脱いだことでイエローカードが提示されるものと思われた。 ▽しかし、主審のマーティン・アトキンソンはイエローカードを提示せず。さらに、S・バンバにユニフォームを脱いだのかを尋ねた所、「ノー」と答え、それを信じてお咎め無しに終わった。 ▽S・バンバがユニフォームを脱いでいたことは明らかであり、試合映像や写真にまで記録されている。しかし、イングランドサッカー協会(FA)のルールでは、イエローカードを遡って提示することはできず、S・バンバは処分を免れることとなった。 ▽なお、先日行われたカーディフvsレスター・シティでは、レスターのFWデマライ・グレイが決勝ゴールを記録。ヘリコプター墜落事故で急逝したヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長を追悼する「スリヴァッタナプラバのために」というメッセージが書かれたアンダーシャツを見せたことで、イエローカードを提示されていた。 ▽この行為には賛否両論が巻き起こったが、ルール上審判の判断は間違っていない。しかし、今回の見逃しには、各方面から喝が入れられることとなりそうだ。 2018.11.12 21:20 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース