超ワールドサッカー

スイス戦完敗の長友佑都「僕の経験はあてにならない」《国際親善試合》2018.06.09 19:48 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は8日、国際親善試合のスイス代表戦に臨み、0-2で敗れた。

▽試合後、DF長友佑都がメディア陣のインタビューに応対。2010年の南アフリカ大会で下馬評を覆す16強進出に貢献した長友だが、「僕の経験はあてにならない。自分自身、コンディションを含めて自信はある。でも、その自信も一瞬にして失望に変わるのがワールドカップ」と、刻々と迫るロシア・ワールドカップ開幕を前にチームの現状に焦りの色を滲ませた。

◆DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
──試合を振り返って
「冷静さを含めて、チーム全体で(ボールを)持てなくなると厳しくなる」

──戦いが定まっていない印象だが
「チームとして固まる以前に勝てていない。それだけに、監督もどういった戦術で行くかどうか迷いが少なからずあると思う。だからこそ、監督が色々な選手を試したい状況になっている」

「この前のガーナ戦も今日の試合も良い試合ができず、選手がアピールできていないということ。選手がそういう状況にさせている。それを僕ら選手が受け止めないといけない」

──自身の経験が今のチームにバランスをもたらせるのでは
「僕の経験はあてにならない。自分自身、コンディションを含めて自信はある。でも、その自信が一瞬にして失望に変わるのがワールドカップ。そればっかりは…僕の経験をどれだけ生かせるのかという難しさを感じている」

「心の底にあるものはぶれないけど、6カ月も勝てていないとなると、正直答えが出てこない。でも、続けるしかない。やれることをやるしかないという思いがある」

コメント

関連ニュース

thumb

見え隠れした収穫と課題、差を埋められるか/日本代表コラム

▽選手たちがスタジアムに来ない…前代未聞のエクスキューズから始まったベネズエラ代表戦は、1-1のドロー。森保ジャパンにとって、初めて勝利を逃した試合となった。 ▽ウォーミングアップの時間が取れなかったことについては「ボールを使ったり、長い距離を走ったりというような試合の状況を想定した動きができませんでした」と振り返った森保一監督。スタメン組は室内でのアップで戦いに臨んだ。 ◆新たな守備ラインは収穫と課題が<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181118japan_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽10月のウルグアイ代表戦のメンバーが中心となったスターティングメンバー。GKには日本代表初キャップとなるシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)を起用。さらに、センターバックの一角にはDF冨安健洋(シント=トロイデン)を起用し、代表の守備の要であったDF吉田麻也(サウサンプトン)と初コンビとなった。 ▽立ち上がり11分、日本は大ピンチを迎える。浮き球のパスを入れられると、これをDF佐々木翔(サンフレッチェ広島)が頭でバックパス。しかし、勢いが足りなかったボールは、FWサロモン・ロンドン(ニューカッスル)がシュート。シュミット・ダニエルの脇を抜けたものの、戻った冨安がギリギリのところでクリアを見せ、失点を逃れた。 ▽代表2キャップ目となった冨安だが、この試合のパフォーマンスは圧巻だった。前述のクリアに加え、常に相手のボールを前で奪うチャレンジを敢行。ボールを奪ったまま、相手陣内まで持ち上がるプレー見られた。その他にも、一対一で負けるシーンは少なく、吉田との連係も悪くなかった。無謀ではない守備でのチャレンジは、吉田とのコンビがあったからとも言える。良さをしっかりと発揮できた冨安のプレーは大きな収穫と言えるだろう。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181118japan_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、初キャップとなり、ろくにウォーミングアップもできないままピッチに立ったシュミット・ダニエル。PKでの失点は防ぎようもないものだったが、それ以外のプレーは及第点といえるだろう。さらに、魅力である高さはクロスボールに対して威力を発揮。加えて、ビルドアップの部分でも高い能力を見せた。 ▽森保監督は、これまでGK東口順昭(ガンバ大阪)、GK権田修一(サガン鳥栖)、そしてシュミット・ダニエルと3人のGKを招集し続けてきた。そして、今回のシュミット・ダニエルの起用で、全員を起用したこととなる。来年1月のアジアカップも同じメンバーで臨む可能性が高いが、4年後を見据え熾烈なポジション争いがスタートすることだろう。 ▽一方で、不安材料も見えた。それはサイドバックの人選だ。今回は、肺気胸の影響でDF長友佑都(ガラタサライ)が招集外に。また、状態によってはアジアカップも欠場となる。右サイドバックには、代表初ゴールを決めたDF酒井宏樹(マルセイユ)とDF室屋成(FC東京)がおり、左サイドバックには佐々木とDF山中亮輔(横浜F・マリノス)が招集された。しかし、先発した佐々木は守備面でも不安定さを見せた上、攻撃参加の回数も少なく、インパクトを残せたとは言えない。ロシア・ワールドカップのメンバーであったDF酒井高徳(ハンブルガーSV)は代表引退を表明。この先、誰がポジションを掴むのか。サイドバックの出来は課題が残った。 ◆前線の形は確立も…<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181118japan_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽MF中島翔哉(ポルティモネンセ)、MF堂安律(フローニンヘン)、MF南野拓実(ザルツブルク)が先発した2列目、そして1トップに入ったFW大迫勇也(ブレーメン)は盤石だった。開始3分で、右サイドを突破した堂安からのパスを受けた中島がシュート。26分には、南野のパスを受けた堂安が華麗なタッチで相手DFをかわし、右足でシュートも枠外。34分には、大迫が狭い中央を通すパスを出すと、中島がGKと一対一になるも、シュートはセーブされてしまった。 ▽決定機を作り続けていた場面、4選手の連係面は申し分なかった。足りなかったのは、ゴール。アジアカップでは、このような決定機をいかに決めきれるかが結果を左右する。形は見えてきており、対応力もある前線のコンビは、より精度を高めていければ良いだろう。 ▽一方で、控え組のパフォーマンスの差が気になるところだ。68分に大迫、中島が下がり、FW北川航也(清水エスパルス)、MF原口元気(ハノーファー)が投入。77分には、南野、堂安が下がり、MF伊東純也(柏レイソル)、FW杉本健勇(セレッソ大阪)が投入された。しかし、それまでの4人が見せていた連係は見られず、中盤のMF柴崎岳(ヘタフェ)、MF遠藤航(シント=トロイデン)との関係性も変わった。選手が代わったことでやり方が変わることは問題ないが、互いが描くイメージが異なっている印象に。スタメン組のプレーをベースとするのであれば、力の差を感じざるを得ない出来となった。 ◆戦力の底上げが必須<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181118japan_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽20日には、初のアジア勢であるキルギス代表との試合を控えている。アジアカップに初出場となるキルギスとの対戦は、本番で対戦するウズベキスタン代表、トルクメニスタン代表への対策でもあるだろう。前述の2カ国に加え、タジキスタン、カザフスタンと共に中央アジアと呼ばれている。実力的には劣ることになるが、本番への良いテストの場となるはずだ。 ▽しかし、森保監督には新たな戦力を試してもらいたいと思う。前述の通り、選手の中に徐々に序列ができあがってきている。それ自体は悪くないが、完成度の差、パフォーマンスの差が否めない。キルギス戦では、今回起用されなかった選手、または組み合わせを試してもらいたいところ。選手を手元で見る機会はもうなくなり、Jリーグもシーズンが終わるとなると、選手を見極められる機会がなくなる。しっかりと戦力を見極めるための戦いを期待したい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.11.18 23:01 Sun
twitterfacebook
thumb

日本代表の一員になり、仲間と共に世界と戦え!

▽ロシア・ワールドカップでベスト16の成績を残した日本代表。その後に就任した森保一監督の下では、国際親善試合で3連勝と結果を残している。 ▽新生日本代表には新たな風が吹き込み、選手たちの立ち位置にも変化が。監督をはじめ、ワールドカップを戦った選手たちの半数以上が入れ替わっており、来年1月のアジアカップ、そして4年後のカタール・ワールドカップに向けて、新たなチームを作り上げている。 ▽ワールドカップ終了後、日本代表は9月~11月まで3度新チームで活動。森保監督は、その全てで初招集となる選手を呼んでおり、9月、10月はその初招集選手たちがデビューを果たしている。 ▽また、2020年の東京オリンピックに出場するU-23日本代表も兼任で指揮を執る森保監督は、若手選手もA代表で起用。顔ぶれだけでなく、取り組みとしても新たな風を吹かせている。 ▽過去を超える目標達成を目指し、新たなチーム作りをスタートさせた日本代表。そんな日本代表の一員になれるゲームが『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://my.gamecity.ne.jp/mygc/cp/20181113/&c=mygc_20181113_1" target="_blank">新規登録でガチャが引ける!!<br />『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』を<br />今すぐプレイ!</a><hr></div>▽『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』は、日本代表選手が実名実写で登場。ユーザーが1人の選手となり、ギルド形式で試合を楽めるゲーム。他ユーザーと1つのチームを組み、ギルド形式で試合に臨み、勝利を目指すゲームだ。 ▽試合に臨むフォーメーションや各ユーザーが担当するポジションは、「チームチャット」を利用して相談が可能。各ユーザーが担当する選手の能力を最大限に生かし、チーム力を高めて勝利に近づくことができるぞ。 ▽また、ゲーム内ではリーグ戦やカップ戦が開催。頂点を目指し、白熱のバトルが繰り広げられる。また、日本代表選手は定期的に最新の代表招集選手が追加されるので、新たな選手が呼ばれた場合でも、しっかりとゲーム内に登場するのでご安心を。 ▽さらに、『myGAMECITY』の『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』で今新規登録をすると、様々な特典が!「新規登録&1,500GCコイン還元キャンペーン」として、10回分のガチャが引ける【激スターメダル】をプレゼント。さらに、初回無料のガチャが引ける、お得なキャンペーンを実施している。 ▽また、選手を一気に成長させられるアイテム【シンドウコーチ24時間契約チケット】もプレゼントされるため、今から始めてもすでにプレーしているユーザーに追いつくことができるぞ。選手の体力を回復させる【体力ドリンク】も200個プレゼントされるので、練習や試合に最初から励むことができる。 ▽その他にも、1,500GCコイン以上を使用すると、キャンペーン期間終了後に1,500GCコインを還元。10連ガチャを引くことで、その分がしっかり還元されるので、今のうちにガチャを利用してはいかがだろうか。また、毎月15日にはGCコインがお得にチャージ可能となるため、この機会を逃さないことをオススメする。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://my.gamecity.ne.jp/mygc/cp/20181113/&c=mygc_20181113_2" target="_blank">日本代表選手が実名・実写で登場!<br />『サッカー日本代表 2020ヒーローズ』を<br />今すぐプレイ!</a><hr></div> 2018.11.18 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今日、誕生日の選手は誰だ! 11月18日は、C大阪に初タイトルもたらした日本代表FWのバースデー

◆杉本健勇 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1992/11/18 クラブチーム:セレッソ大阪 ポジション:FW 身長:187cm 体重:79kg ▽『今日、誕生日の選手は誰だ! 』11月18日は、日本代表FW杉本健勇だ。 ▽セレッソ大阪の下部組織出身で10代半ばから注目の大型ストライカーとして注目を集めた万能型FWは、各年代別の日本代表に選出されたエリートだ。 ▽2011年7月に行われた清水エスパルス戦でトップチームデビューを飾ると、翌月の横浜F・マリノス戦でプロ初ゴールを記録。だが、トップチームではなかなか出場機会に恵まれず、2012年3月にはロンドンオリンピックに出場するU-23日本代表入りを目指し、J2の東京ヴェルディ1969に期限付き移籍で加入した。 ▽短期間の在籍ながら東京Vで飛躍のキッカケを掴んだ杉本は、同年7月にC大阪に復帰を果たすと、2013年、2014年には主力に定着。その後、クラブのJ2降格に伴い、2015年に川崎フロンターレに完全移籍。だが、その翌年には古巣への愛情からJ2に在籍するC大阪に復帰を果たし、2016シーズンはJ2リーグ41試合の出場で14ゴールを挙げるキャリアハイの活躍をみせ、J1復帰に貢献した。 ▽昨季はC大阪の若きエースとして序盤からチームをけん引すると、2017年8月には日本代表に初選出され、ハイチ代表戦では待望の代表初ゴールを記録。また、同年のルヴァンカップ決勝川崎F戦では決勝点を挙げる活躍をみせ、クラブ史上初のタイトル獲得に貢献した。 ※誕生日が同じ主な著名人 ピーター・シュマイケル(元サッカー選手) ダルコ・コバチェビッチ(元サッカー選手) マーク・オルブライトン(サッカー選手/レスター・シティ) ウェリング・ピアス(サッカー選手/セレッソ大阪) 森進一(歌手) 東尾理子(ゴルファー) 渡辺満里奈(タレント) 斉木しげる(俳優) 岡田准一(アイドル/V6) にしおかすみこ(お笑い芸人) 2018.11.18 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

上田のハット&小川の2戦連発弾などでクウェートを粉砕した日本が大会初勝利!《ドバイカップU-23》

▽U-21日本代表は17日、ドバイカップU-23の第2節でU-23クウェート代表と対戦し、5-0で大勝した。 ▽14日に行われた初戦のU-23ウズベキスタン代表戦を2-2のドローに終わった日本は、その試合からキャプテンを務めるMF中山雄太(柏)以外の先発10人変更。[3-6-1]の布陣を採用した日本は、GKに山口瑠伊、3バックは右から橋岡大樹、中山雄太、小林友希。2ボランチに神谷優太と伊藤洋輝を並べ、ウィングバックは右に長沼洋一、左に菅大輝を起用。最前線に上田綺世、2シャドーに旗手怜央と久保建英を配置した。 ▽試合が動いたのは27分、久保とのパス交換でボックス右深くから侵入した長沼がマイナスの折り返しを供給。これを旗手がダイレクトでゴールに流し込み、日本が先制した。 ▽先制した日本は41分、右サイドをドリブルで突破した長沼が相手GKとDFの間にクロスを入れると、ゴール前に抜け出した上田がワンタッチで流し込み、待望の追加点を奪った。 ▽2点のリードで後半を迎えた日本は、前半終了間際のセットプレーで相手選手と接触したGK山口に代えてGK谷晃生をピッチに送り出す。すると56分、右サイドでの細かなパス交換から長沼がクロスを上げると、ボックス中央でフリーの上田がヘディングシュートをゴール左隅に叩き込んだ。 ▽攻撃の手を緩めない日本は、直後の58分にも神谷の左CKから上田がヘディングシュートを狙ったが、これは右ポストに弾かれた。それでも73分、最前線でパスを受けた上田がボックス中央から侵入すると、相手DFに寄せられながらもゴール右隅にシュートを流し込み、試合を決定づける4点目。 ▽さらに81分には、伊藤達哉の左CKから小川航基がヘディングシュートでゴールネットを揺らし5点目。結局、試合はそのままタイムアップ。上田のハットトリックなどで日本が大勝で今大会初勝利を飾った。 ▽なお、日本は20日に開催国のU-23UAE代表と対戦する。 U-23クウェート代表 0-5 U-21日本代表 【日本】 旗手怜央(前27) 上田綺世(前41) 上田綺世(後11) 上田綺世(後28) 小川航基(後36) 【メンバー】 GK:山口瑠伊(→46分 谷晃生) DF:橋岡大樹、中山雄太(→63分 立田悠悟)、小林友希 MF:長沼洋一、伊藤洋輝(→78分 板倉滉)、神谷優太(→70分 松本泰志)、菅大輝 MF:久保建英(→78分 伊藤達哉)、旗手怜央(→70分 岩崎悠人) FW:上田綺世(→78分 小川航基) 2018.11.18 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】日本代表、ベネズエラにドロー…決死のクリア披露の19歳冨安健洋に最高点!

▽超WS有料版で実施していた16日のキリンチャレンジカップ、ベネズエラ代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。 ▽森保一監督体制全勝の3連勝で迎えたベネズエラ戦。日本代表監督就任初戦からの最多連勝記録更新に期待がかかった一戦で森保監督は、代表デビューとなるGKシュミット・ダニエルと、成長著しい19歳冨安健洋らを抜擢した。試合は39分に中島のFKを酒井が合わせて先制点。しかし、80分に自陣ボックス内でゴールを決めた酒井が相手を倒してPKを献上してしまい、同点に追いつかれてしまう。その後、日本は勝ち越しを狙ったが、結局1-1で終了。日本代表史上初の新体制発足4連勝とはならなかったが、無敗を継続した。 ▽ユーザーの皆様の評価では、11分にゴールラインギリギリで決死のクリアを見せたDF冨安健洋が「6.4」で最高点。次点にはその冨安と共に安定感あるディフェンスを見せたDF吉田麻也が「6.2」。一方で、軽率なバックパスでピンチを作ってしまったDF佐々木翔には厳しい評価が下されています。なお、途中出場も出場時間の短かったFW杉本健勇とMF伊東純也は採点対象外とさせて頂いております。 ▽また、皆様の意見には、FW大迫勇也の重要性を語るコメントやレギュラーとサブの実力差を懸念する声が挙がっています。 ◆ベネズエラ戦のユーザー採点結果 GK シュミット・ダニエル 5.7 DF 酒井宏樹 6.0 冨安健洋 6.4 吉田麻也 6.2 佐々木翔 4.9 MF 遠藤航 5.5 柴崎岳 5.4 堂安律 5.8 →杉本健勇 - 南野拓実 5.5 →伊東純也 - 中島翔哉 6.1 →原口元気 5.3 FW 大迫勇也 6.0 →北川航也 5.3 監督 森保一 5.4 ◆皆様の声(一部) ・史上初の4連勝ならずは悔しいが無敗は継続!キルギス戦で大量得点and無失点で完勝だ! ・大迫選手の重要性が明らかになった試合、大迫選手のバックアッパーを探してもらいたい! ・吉田麻也は、ほぼノーミスだった。 ・期待値が高かっただけに引き分けでも残念。サブとレギュラーの実力に差を感じた。 ・強度の高い試合をされると、ベネズエラにも勝ち切れないレベルなのだと再認識。大迫の代わりが居ないのも不安。 ・今回は中島と大迫、原口は経験豊富なため力を発揮していたが、その他の攻撃陣は相手が、対応してきたらどう対応したら良いか分からず、力を発揮出来ていなかった。 ・守備陣は過去12年で一番安定している。 ・課題は控えメンバーかな。 ・大迫がいなくなると、ボールが持てなくなる ・中島堂安南野がいなくなれば攻撃の形が見えない。ある意味課題が分かり有意義だったかな。 2018.11.17 18:15 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース