遂にプレミアにもウィンターブレイクが! 2019-20シーズンから導入 2018.06.09 08:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー協会(FA)が遂にウィンターブレイク導入を決断した。イギリス『BBC』が報じている。▽ウィンターブレイクは、2019-20シーズンのプレミアリーグから採用。2月に2週間の中断期間が設けられ、10クラブずつが1週間毎に休みに入ることになるという。それに伴い、FAカップ5回戦がミッドウィークに開催され、再試合の撤廃が決まっている。

▽欧州の各国リーグが積極的に冬季休みを導入する中、1シーズンを通じて休みなく試合を行い続けてきたプレミアリーグ。これまで過密日程の緩和に声を上げてきたプレミアリーグを活躍の場とする選手や監督にとって、待ちに待った冬季休暇がやってくることになる。
コメント
関連ニュース
thumb

ファーディナンド氏のCL優勝は古巣最大のライバル?「オープンな展開になるだろうが…」

元マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏は、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の優勝予想を行った。<br><br>12日から再開したCLは、20日に決勝トーナメント1回戦ファーストレグの全日程を終了。順当に勝利したチームもあれば、初戦で苦杯をなめたチームもある中、2007-08シーズンでマンチェスター・Uのビッグイヤー獲得に貢献したファーディナンド氏は『BTスポーツ』で今シーズンのCL優勝予想を行い、古巣マンチェスター・Uの最大のライバルであるマンチェスター・シティが本命であると認めた。<br><br>「私はシーズンの初めにシティをこの大会の本命に挙げた。今でも、彼らの層の厚さはこの大会で競争相手がいないほどだと考えている。レアル・マドリーやバルサら他のビッグチームを見ても、彼らのレベルは以前程ではない。依然として高いレベルにあるが、前のようにすべてを制圧するようなチームではない」<br><br>「今シーズンはオープンな展開になるだろうが、全ポジションのレベルや層の厚さから言ってもシティがベストだと思う」<br><br>また、ファーディナンド氏とともにCL制覇に貢献したオーウェン・ハーグリーブス氏は「新たなチャンピオンが誕生する予感がする。新しい時代に入ることになるだろう」と言及し、以下に続けた。<br><br>「シティが新チャンピオンの筆頭だろうが、パリ・サンジェルマンもオールド・トラッフォードで非常に良いプレーを見せた。ただ、その中でもシティはすべてを備えたチームだ。しかし、彼らがバルセロナやレアル・マドリーを倒すことは想像し難い」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 23:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、スアレス獲得に動く可能性が浮上

マンチェスター・ユナイテッドが、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレス(32)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン方面の情報をもとにマンチェスター地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 スアレスは2014年にリバプールからバルセロナに加入以降、スペイン王者の絶対的ストライカーとして君臨。今シーズンもここまで公式戦33試合で16ゴールを記録している。 しかし、直近8試合では1度しかゴールネットを揺らせず。このパフォーマンス低下や32歳と年齢による衰えを考慮し始めなければならない時期に差し掛かっていることで、バルセロナは代替案を検討している事が各紙によって報じられている。 今回伝えられるところによれば、バルセロナは昨夏の時点で、スアレスの売却を検討していたという。ところが、FWリオネル・メッシがこれに抗議したことでスアレスは残留していたようだ。 だが、バルセロナは、このままスアレスのパフォーマンスが向上しなければ、売却することも避けられないと考えている模様。ユナイテッドはすでに接触しており、今夏にバルセロナが放出に踏み切った場合、獲得に動く可能性があるという。 しかしながら、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は、スアレスにとってユナイテッドは、かつてプレーしたリバプールのライバルクラブであり、当時、元フランス代表DFパトリス・エヴラに対する人種差別発言や握手拒否などで問題を起こした事から実現性は低いと指摘している。 2019.02.21 16:19 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のニコラ・ペペの新天地はCL出場可能な“赤い”チーム?

今夏のビッグクラブ移籍が決定的なリールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)の新天地はチャンピオンズリーグ(CL)出場可能な“赤い”チームになるのかもしれない。フランス『SO FOOT』が伝えている。 昨季、残留を争ったリールの1部残留に貢献したペペは今季センターフォワードから本職の右ウイングに固定されると、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。ここまでリーグ戦25試合に出場し16ゴール10アシストの圧巻の数字を記録。 より推進力に長けたストライカーながらレンヌ時代のMFウスマーヌ・デンベレを想起させるレフティに関しては、マンチェスター勢やバルセロナ、バイエルン、チェルシー、リバプール、アーセナル、パリ・サンジェルマンなど多くのビッグクラブが関心を示す。 そのペペの新天地に関してリールを率いるクリストフ・ガルティエ監督が移籍先のヒントを明かした。 「ニコラ・ペペは素晴らしいシーズンを送っており、彼はさらに成長していくはずだ」 「彼はチャンピオンズリーグでプレーするようなクラブに行く必要があると思っている。個人的には中堅クラブで段階を踏む必要はなくできるだけ高いレベルのステージに行くべきだと思っている。赤(ユニフォーム)でプレーしているようなクラブにね」 今回の発言に関しては確定事項ではなくあくまでガルティエ監督の助言という形だが、恩師の助言を受けてペペ本人がCL出場可能な“赤い”チームへの移籍を意識している可能性はありそうだ。 なお、ここまで噂が出ているクラブで条件を満たすのは、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプール、アーセナルの4チームだ。ただ、ユナイテッドとアーセナルに関しては来シーズンのCL出場権を獲得できるか微妙なところだ。 2019.02.21 02:37 Thu
twitterfacebook
thumb

次のビッグマッチへ向かうロバートソン「ホームのユナイテッドは全く違うチーム」

リバプールに所属するスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが、次の試合に頭を切り替えている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 リバプールは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバイエルンをホームに迎え、0-0で引き分けた。決してネガティブな結果ではないものの、アンフィールドでの試合を苦手とする相手をねじ伏せることは出来ていない。 そして、そのビッグマッチを終えたリバプールには、休む間もなく次の激戦が控えている。24日に行われるプレミアリーグ第27節のマンチェスター・ユナイテッド戦だ。 プレミア第26節終了時点でのリバプールの順位は、勝ち点65の2位。同勝ち点で首位に立つマンチェスター・シティの方が1試合多く消化しているとはいえ、1試合も落とせない状況であることに変わりはない。 ユナイテッドの成績は、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督が指揮権を委譲されて以来、公式戦13試合11勝1分け1敗。直近ではFA杯5回戦のチェルシー戦も2-0で制しており、ビッグマッチをものにする力も取り戻している。 苦しい日程の中で好調ユナイテッドの本拠地オールドトラッフォードに乗り込まなくてはならない状況に、ロバートソンは気を引き締め直した。 「前回の試合とは少し違ったものになると思う。あの新しい監督の下で彼ら(マンチェスター・ユナイテッド)は上がってきてるし、特にホームでは全く違うチームだ」 「とてもタフなタスクになるだろうね。僕らのゲームに持ち込む必要がある。もしそれが出来れば、上手くいけば十分に勝てると思う」 2019.02.20 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

過去にポグバ酷評のキャラガーが自身の非認める 「過去の発言は誤り」

リバプールで活躍した元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏が、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバに対する過去の痛烈な批判が誤りであったことを認めた。イギリス『マンチェスタ・イブニング・ニュース』が伝えた。 ジョゼ・モウリーニョ監督の下でシーズン前半戦で深刻な不振に陥っていたユナイテッドにおいてポルトガル人指揮官との確執が噂されたポグバは思うようなパフォーマンスを見せられず。これを受けて、キャラガー氏は昨年9月のダービー・カウンティ戦後にフランス代表MFに対して以下のような辛辣なコメントをしていた。 「彼は自分が思っているほど優れたプレーヤーじゃない。彼は才能を持っているが、問題は試合を理解していないということだ。彼がユナイテッドに来て以来、問題となっておりそれは今も変わらない」 「人々はモウリーニョが問題を引き起こしていると言っている。彼はポグバからキャプテン権限を剥奪した。だが、彼は本当のキャプテンでなかった。プレー面ではどうだろうか」 しかし、モウリーニョ監督の解任後、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督の下ですぐさま輝きを取り戻したポグバは、絶好調のチームを牽引する圧巻のパフォーマンスを披露。18日に行われたFAカップ5回戦のチェルシー戦では2-0の勝利に導く1ゴール1アシストを記録していた。 そして、ユナイテッドに精通するイギリス人記者のスコット・パターソン氏が前述のチェルシー戦後に、ポグバに対するキャラガー氏の過去のコメントを引き合いに出してイジリを行うと、キャラガー氏はダイレクトメッセージで自身の非を認めた。 「彼はスールシャールの到着以降、ユナイテッドに啓示をもたらしている。それはスールシャールが基本的に守備のタスクを彼に与えていないからだ。それは私にとって予期していなかったものであり、その意味で過去の発言が誤りだったと認めることに問題はないよ」 「しかし、ポグバが過去2年間のモウリーニョ体制のユナイテッドでシステムや役割が何であれ、より多くの成果をもたらすべきだったという自分の考えを変えるつもりはないよ」 2019.02.19 23:41 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース