超ワールドサッカー

遂にプレミアにもウィンターブレイクが! 2019-20シーズンから導入 2018.06.09 08:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー協会(FA)が遂にウィンターブレイク導入を決断した。イギリス『BBC』が報じている。▽ウィンターブレイクは、2019-20シーズンのプレミアリーグから採用。2月に2週間の中断期間が設けられ、10クラブずつが1週間毎に休みに入ることになるという。それに伴い、FAカップ5回戦がミッドウィークに開催され、再試合の撤廃が決まっている。

▽欧州の各国リーグが積極的に冬季休みを導入する中、1シーズンを通じて休みなく試合を行い続けてきたプレミアリーグ。これまで過密日程の緩和に声を上げてきたプレミアリーグを活躍の場とする選手や監督にとって、待ちに待った冬季休暇がやってくることになる。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、ローマMFペッレグリーニ獲得に向けて代理人と会談! ローマは契約解除金増額で徹底抗戦の構えか

▽マンチェスター・ユナイテッドが以前から獲得に関心を示すローマのイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニ(22)の獲得に向けて具体的な動きを見せているようだ。 ▽イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、ペッレグリーニの代理人を務めるジャコモ・ポチェッタ氏とユナイテッドのクラブ幹部は17日にロンドンで会談を持ったという。 ▽この場でユナイテッドはペッレグリーニの現行給与の年俸100万ユーロ(約1億3000万円)の倍額以上のサラリーを支払う提案を行った模様。さらに、昨夏ローマ復帰時に設定された3000万ユーロ(約38億7000万円)の契約解除金の支払いの準備も進めているようだ。 ▽一方、ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン、オランダ代表MFケビン・ストロートマンの放出によって主力の座を掴んだペッレグリーニに関して、ローマは条件面を大幅に改善した新契約締結に向けて話し合いを行っているという。元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシの数年後の引退が見込まれる中、クラブはイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィと共にローマ生え抜きの同選手を将来のカピターノと考えており、前述の契約解除条項の削除、あるいは大幅な増額によってユナイテッドを始めとするイングランド勢からのオファーに対して徹底抗戦の構えだ。 ▽なお、サッスオーロ時代の恩師エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督と共に昨夏古巣復帰を果たしたペッレグリーニは、今季ここまでの公式戦13試合に出場し2ゴール5アシストを記録。高い身体能力と運動量、テクニックを武器にトップ下のレギュラーとした印象的な活躍を見せている。 2018.11.18 19:22 Sun
twitterfacebook
thumb

バイリー獲得レース、新たにPSGが参戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するコートジボワール代表DFエリック・バイリー(24)の争奪戦がより激化の様相だ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽バイリーは昨夏にビジャレアルから加入。スピードと高い身体能力を生かした無理の効く守備で加入初年度から存在感を際立たせたが、今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の信頼低下により、出場機会が減少している。 ▽そのバイリーは現状に不満を募らせており、現時点でアーセナルとトッテナムが関心を抱いている様子。だが、その獲得レースにパリ・サンジェルマン(PSG)も名乗りを上げたという。 ▽なお、モウリーニョ監督は来年1月に新たなセンターバックの補強を目指しており、それに応じた守備陣の整理も考慮。だが、バイリーに関してはいまだ成長を期待しているとみられる。 2018.11.18 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

リンデロフを突然の体調不良が襲う

▽マンチェスター・ユナイテッドのスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフが突然の体調不良に襲われた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽リンデロフは17日に行われたUEFAネーションズリーグのトルコ代表戦(1-0でスウェーデン代表が勝利)に先発。だが、ハーフタイムでピッチを退いた。 ▽スウェーデン代表を率いるヤンネ・アンデション監督は試合後、リンデロフの途中交代理由を次のように説明した。 「ビクトルは気分が悪くなり、ハーフタイムで交代させた」 ▽また、同僚のDFアンドレアス・グランクヴィストは「彼は眠気に苛まれ、エネルギーがなく、プレーを続けられなかった」と話した。 ▽リンデロフは今シーズンのプレミアリーグ11試合に出場。最近は6試合連続で起用され、先日にスウェーデン年間最優秀選手賞に輝いた。 2018.11.18 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ベロン氏、古巣マンチェスター・Uについて…「ファーガソン以降、適切な監督見つけられていない」

元アルゼンチン代表MFで、現在はエストゥディアンテスの会長を務めるファン・セバスティアン・ベロン氏が、古巣のマンチェスター・ユナイテッドについて言及している。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>2001年から2003年までユナイテッドでプレーしたベロン氏は、同チームがアレックス・ファーガソン氏が退任して以降、適切な監督を見つけられていないとの見解を示している。<br><br>「ファーガソンが去ってから、ユナイテッドは行くべき方向を見つけられていない。マンチェスター・シティはフットボールのアイデアを見つけたが、ユナイテッドは進む道をとっかえひっかえしているね」<br><br>「もちろんモウリーニョは素晴らしい監督だ。しかしユナイテッドが、ファーガソン以降に適切な監督を見つけられていないのは明らかだよ」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.17 23:42 Sat
twitterfacebook
thumb

守護神デ・ヘアへの批判を代表チームメイトが擁護! 「彼を疑うのは醜いことだ」

▽アスレティック・ビルバオに所属するスペイン代表DFイニゴ・マルティネスが、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアを擁護している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽15日に、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4でクロアチア代表と対戦したスペイン代表は、FWアンドレイ・クラマリッチとDFティン・イェドバイの2得点で2-3と敗戦。戦犯として守護神のデ・ヘアにも非難が向けられている。 ▽しかし、この試合にセンターバックとしてスタメン出場したイニゴ・マルティネスは、守護神を叩く一部のファンに反論した。 「彼は、自身がどのようなゴールキーパーであるか、代表のために何をすることができるのかを、長年に渡り証明してきた」 「彼を疑うのは醜いことだ」 「チームメイトと多くのファンは彼を支持している。そして、彼に対するリスペクトが必要だ」 2018.11.17 21:56 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース