リバプールがモナコからブラジル代表MFファビーニョを獲得、移籍金は推定57億円2018.05.29 06:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールは28日、モナコのブラジル代表MFファビーニョ(24)を獲得したことを発表した。契約期間は長期と発表され、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば3930万ポンド(約57億2000万円)+ボーナスで430万ポンド(約6億2000万円)とのことだ。

▽ファビーニョはモナコへの移籍についてリバプールの公式サイトにて次のように語っている。

「この移籍は常に僕が望んでいたことだ。リバプールはビッグクラブで、設備はとんでもないよ。この規模のクラブからのオファーについて、考える余地はなかった。僕はここで自分のサッカー人生を作っていきたい。そして、タイトルを取れたら良いね。成長してクラブの歴史の一部になれれば良いと思っている」

▽フルミネンセのユース出身であるファビーニョは、2013年7月にレアル・マドリーからモナコへ移籍。モナコでは公式戦232試合に出場して31ゴール21アシストを記録。2017-18シーズンはリーグ・アンで33試合に出場して7ゴール4アシストをマークしていた。

▽機動力と手足の長さを生かしたボール奪取力に加え、推進力や堅実なパス捌きに定評があるファビーニョは、レオナルド・ジャルディム監督の下で右サイドバックからセントラルMFにコンバート。アトレティコ・マドリーやマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンといったメガクラブが獲得に乗り出していたが、リバプールが争奪戦を制すこととなった。

コメント

関連ニュース

thumb

クロアチア代表の守護神スバシッチが代表引退! 「今がお気に入りのユニフォームを脱ぐのに適切な時期」

▽モナコに所属するGKダニエル・スバシッチ(33)が、クロアチア代表からの引退を発表した。自身のインスタグラム(danijel.subasic)とクロアチアサッカー協会(HNS)を通じて発表した。 ▽代表通算44キャップでクロアチア代表でのキャリアを終えることになったスバシッチはサポーターに向けて別れのメッセージを送っている。 「代表チームで10年を過ごしてきたけど、今が自分のお気に入りのユニフォームを脱ぐのに適切な時期が来たと思っているよ。ザダル(クロアチアの所属クラブ)の若手GKだった2008年に代表初招集という夢を実現させることができた」 「その後、数年間の辛抱の時期を含めて努力を重ねた結果、最終的に自分の大好きな23番を背負い、代表の正GKとして長い旅を終えることができた」 「すべての監督やサッカー連盟の人たち、チームメートに感謝したい。同時に家族や友人には多くの苦難の瞬間を共に過ごしてくれてありがとうと伝えたいよ」 「今回の決定はワールドカップ前にすでに決めていたことだった。世界最高の舞台の後で代表を辞めたいと思っていた。それは自分の夢のひとつでもあったんだ」 「僕の代表での歩みはここで終わる。すべての試合に名誉と誇りを持って臨み、自分の持てるすべてを捧げてきたよ。決して試合の数は多くなかったけど、それは重要なことではないんだ。重要なことはこの国のためにプレーし、世界で最も美しいユニフォームを身に着けていたことなんだ」 「無条件のサポートに感謝しているよ。僕たちの愛は決して離れない。永遠にみんなの中の1人であり、みんなのスバ。ヴァトレニ、2018!」 ▽国内の小クラブ、ザダルで正GKを務めていたスバシッチは2008年に代表初招集。そして、2009年11月に行われたリヒテンシュタイン代表とのフレンドリーマッチでフル代表デビューを飾った。その後、ユーロ2012、ブラジル・ワールドカップ(W杯)はGKスティペ・プレティコサの控えに甘んじるも、同選手がブラジルW杯後に引退してからはヴァトレニの正GKとして活躍。 ▽ユーロ2016でベスト16進出に貢献すると、ロシアW杯ではラウンド16のデンマーク代表戦でのPK戦で3本のPKをストップしベスト8進出の立役者となると、準々決勝のロシア代表戦でもPK戦でPKを1本止めベスト4進出に貢献。同国の史上最高位となる準優勝を果たした。 2018.08.15 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、モナコからセネガル代表FWケイタ・バルデをレンタルで獲得

▽インテルは13日、モナコのセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオ(23)をレンタルで獲得したことを発表した。期間は1年間となっている。 ▽フランス『レキップ』によれば、契約内容は買い取り義務でシーズン終了後にインテルが3000万ユーロ(約37億8000万円)を支払う契約とのことだ。 ▽バルセロナのカンテラ出身であるアタッカーのケイタは、2011年に加入したラツィオでブレイク。昨夏には各国のビッグクラブの間で争奪戦となったものの、最終的に3000万ユーロの移籍金でモナコに旅立った。 モナコでは昨シーズン、リーグ戦23試合に出場して8ゴール5アシストを記録していた。 2018.08.14 02:17 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、セネガル代表FWケイタ・バルデ獲得でモナコと合意か

▽インテルが、セネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオ(23)の獲得へモナコと金銭面で合意に達したようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、インテルはケイタの獲得に向けて、500万ユーロ(約6億3000万円)で1年間レンタルし、翌年に3400万ユーロ(約43億円)の買い取りオプションを行使する約束で合意に至った模様。 ▽なお、同メディアが伝えるところによると、ケイタは13日にミラノに到着し、インテルのメディカルチェックを受ける予定となっている。 ▽また、モナコのヴァディム・バシリエフ会長も『beINスポーツフランス』のインタビューを受けた際、「確かに我々はインテルと交渉を行っている。まだまだ細かい調整があり、契約成立とは言えないが、正しい方向に進んでいるよ」と語り、インテルとの交渉が順調に進んでいることを明かした。 ▽バルセロナのカンテラ出身のケイタは2011年に加入したラツィオとブレイク。昨夏には各国のビッグクラブの間で争奪戦となったものの、最終的に3000万ユーロ(約38億6000万円)といわれる移籍金でモナコに旅立った。 モナコでは昨シーズン、リーグ戦23試合に出場して8ゴール5アシストを記録していた。 2018.08.13 03:50 Mon
twitterfacebook
thumb

モナコ、インテル行きの迫るケイタの後釜にローマのアルゼンチン代表FWに注視か

▽モナコはインテル行きが迫るセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオ(23)の後釜としてローマのアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティ(30)を狙っているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽モナコでは昨夏に加入し主力としてリーグ戦23試合に出場したケイタがインテル行きに迫って模様。インテルは500万ユーロ(約6億3000万円)で1年間レンタルし、その後、3400万ユーロ(約43億円)の買い取りオプションを行使して5年契約のオファーを提示しているようだ。 ▽『トゥットスポルト』によると、モナコはケイタの後釜としてペロッティをリストアップしており、今後正式にオファーを提示するようだ。今年3月にローマと2021年まで契約延長したペロッティは、昨シーズンの公式戦で35試合に出場し8ゴール5アシストをマークしていた。 2018.08.12 02:30 Sun
twitterfacebook
thumb

セネガル代表FWケイタ・バルデのインテル入りが近づく

▽モナコのセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオ(23)のインテル移籍が近づいているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽バルセロナのカンテラ出身のケイタは2011年に加入したラツィオとブレイク。昨夏には各国のビッグクラブの間で争奪戦となったものの、最終的に3000万ユーロ(約38億6000万円)といわれる移籍金でモナコに旅立った。 モナコでは昨シーズン、リーグ戦23試合に出場して8ゴール5アシストを記録。ロシア・ワールドカップではコロンビア代表戦に出場したセネガル代表アタッカーは昨夏にも興味を示していたインテルが獲得に近づいているようだ。 ▽伝えられるところによると、インテルは500万ユーロ(約6億3000万円)で1年間レンタルし、その後、3400万ユーロ(約43億円)の買い取りオプションを行使して5年契約を結ぶ運びだという。 ▽先日伝えられた情報では、インテルは移籍金とイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(31)譲渡という形で獲得に動いたようだが、カンドレーバがモナコ移籍に応じなかったため、こちらは上手くまとまらなかったようだ。 2018.08.11 15:18 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース