ウェールズ代表メンバー発表! ラムジー半年ぶり復帰も、ベイル、ウッドバーンはCL決勝で招集外《国際親善試合》2018.05.17 15:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェールズサッカー協会(FAW)は16日、国際親善試合に向けた代表メンバー32名を発表した。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)予選では、セルビア代表やアイルランド代表と同組になったグループDで3位になり、惜しくもW杯出場を逃してしまったウェールズ代表。1月に行われたチャイナカップでは、決勝でウルグアイ代表に敗れ準優勝という結果に。

▽今回の親善試合に向けて、ライアン・ギグス監督は32名を招集。MFアーロン・ラムジー(アーセナル)や、ハル・ロブソン・カヌ(WBA)が復帰し、ベン・デイビス(トッテナム)、FWサム・ボークス(バーンリー)らが順当に選出された。一方で、MFガレス・ベイル(レアル・マドリー)と、ベン・ウッドバーン(リバプール)はチャンピオンズリーグ決勝との兼ね合いで今回は選外。また、DFジェームズ・チェスター(アストン・ビラ)とDFニール・テイラー(アストン・ビラ)もチャンピオンシップ・プレーオフ決勝のため招集外となった。

▽そんな中、MFジョージ・トーマス(レスター・シティ)や、MFマシュー・スミス(マンチェスター・シティ)、DFキャメロン・コックス(カーディフ・シティ)らが初招集となっている。

▽ウェールズ代表は、5月29日に行われる国際親善試合でメキシコ代表と対戦する。今回発表されたウェールズ代表は以下のとおり。

◆ウェールズ代表メンバー32名
GK
ウェイン・ヘネシー(クリスタル・パレス/イングランド)
アダム・デイビス(バーンズリー/イングランド)
クリス・マクスウェル(プレストン・ノース・エンド/イングランド)
ルーク・ピリング(トランメア・ローバーズ/イングランド)※

DF
トム・ロッキャー(ブリストル・ローバーズ/イングランド)
アシュリー・ウィリアムズ(エバートン/イングランド)
キャメロン・コックス(カーディフ・シティ)※
アシュリー・リチャーズ(カーディフ・シティ)
ベン・デイビス(トッテナム/イングランド)
クリス・ガンター(レディング/イングランド)
リーガン・プール(ノーサンプトン・タウン/イングランド)※
コナー・ロバーツ(スウォンジー)
デクラン・ジョン(レンジャーズ/スコットランド)
クリス・メファム(ブレントフォード/イングランド)
ジョー・ロドン(チェルトナム/イングランド)
アダム・マシューズ(サンダーランド/イングランド)

MF
ダニエル・ジェームズ(スウォンジー)
アンディ・キング(レスター・シティ/イングランド)
ライアン・ヘッジス(バーンズリー/イングランド)
マーリー・ワトキンス(ノリッジ/イングランド)
ジョー・レドリー(ダービー/イングランド)
ジョージ・ウィリアムズ(セント・ジョンストン/スコットランド)
マシュー・スミス(マンチェスター・シティ/イングランド)※
ジョージ・トーマス(レスター・シティ/イングランド)※
リー・エバンス(シェフィールド/イングランド)
デビッド・ブルックス(シェフィールド/イングランド)
トム・ローレンス(ダービー・カウンティ/イングランド)
ハリー・ウィルソン(ハル・シティ/イングランド)
アーロン・ラムジー(アーセナル/イングランド)

FW
トム・ブラッドショー(バーンズリー/イングランド)
ハル・ロブソン=カヌ(WBA/イングランド)
サム・ボークス(バーンリー/イングランド)

※は初招集

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月18日は、プレミアで最も荒かった元ウェールズ代表MFのバースデー

◆ロビー・サベージ 【Profile】 国籍:ウェールズ 誕生日:1974年10月18日 現役時所属クラブ:レスター・シティ、ブラックバーンなど ポジション:MF 身長:185㎝ 体重:74kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月18日は、元ウェールズ代表MFロビー・サベージ氏だ。 ▽デイビッド・ベッカム氏と同世代でマンチェスター・ユナイテッドユース黄金世代の1人であるサベージ氏。交通事故が原因でトップチームデビューは果たせなかったものの、レスター・シティやバーミンガム、ブラックバーン、ダービー、ブライトンなど複数クラブを渡り歩きプレミアリーグ通算346試合に出場した。 ▽端正なマスクとは真逆の激しいスタイルが有名であり、激しいタックルの横行していたプレミアリーグの中でも群を抜いて荒々しくプレー。プレミアで最も汚い選手とも呼ばれ、一時はプレミア史上最多の警告数を記録した。 ※誕生日が同じ主な著名人 ライアン・ネルセン(元サッカー選手) ユ・サンチョル(元サッカー選手) 小林裕紀(サッカー選手/名古屋グランパス) チャック・ベリー(ギタリスト) 郷ひろみ(歌手) ジャン=クロード・ヴァン・ダム(俳優) 仲里依紗(女優) 森泉(モデル) 能條愛未(アイドル/乃木坂46) 2018.10.18 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ベイル&ラムジー欠くウェールズ、敵地でアイルランドに勝利し暫定首位に《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ・リーグB・グループ4、アイルランド代表vsウェールズ代表が16日に行われ、0-1でウェールズが勝利した。 ▽3日前に行われたUNL2戦目のデンマーク代表戦を0-0で引き分けて1分け1敗となったアイルランドは、デンマーク戦のスタメンから2選手を変更。ヘンドリックやマクレーン、アーターといった主力が引き続きスタメンとなった一方、ロングはベンチスタートとなった。 ▽一方、先月行われたUNLの2戦を1勝1敗としたウェールズは、5日前に行われた国際親善試合のスペイン代表戦を1-4と大敗した。その試合のスタメンから5選手を変更。ラムジーが負傷欠場となり、ベイルも引き続き欠場となった。 ▽ウェールズにポゼッションを譲る展開としたアイルランドは9分、ハイプレスをかけて敵陣でボールを奪い、クリスティーがシュートに持ち込んだが、GKヘネシーの好守に阻まれる。 ▽その後もカウンターを狙うアイルランドは37分、右CKからダフィーのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの守備範囲に飛び、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半もウェールズがボールを持つ中、アイルランドは56分にオブライエンに代えてロングを投入する。 ▽しかし58分、ウェールズが均衡を破った。ボックス手前右で得たFKをリバプールが保有権を持つウィルソンが直接ゴール左に強烈なシュートを叩き込んだ。 ▽失点を受けて前がかるアイルランドは66分、ヘンドリックが枠内シュートを浴びせるもGKにセーブされる。終盤にかけてもアイルランドが攻勢に出たが、ウェールズが逃げ切り。デンマークを交わして暫定首位に立っている。 2018.10.17 06:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェールズ代表、ベイルに続きラムジーも離脱…家族の事情で

▽ウェールズ代表のライアン・ギグス監督が、MFアーロン・ラムジーが16日に行われるUEFAネーションズリーグのアイルランド代表戦を欠場することを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、ラムジー欠場は家族と個人的な理由から。現在、妻のコリーンさんが双子を妊娠しており、そちらのサポートにつくのだろう。 ▽ウェールズ代表は先日、筋肉系の問題からMFガレス・ベイルが代表を離脱。元々、ケガの影響でDFイーサン・アンパドゥやDFクリス・メファムらの招集を見送っており、数人の主力を欠いて次戦に臨むことになる。 ▽デンマーク代表、アイルランド代表と同居しているウェールズは、ここまで1勝1敗でデンマークに次ぐ2位に位置。折り返しとなる第3戦、ギグス監督の手腕に注目が集まる。 2018.10.15 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

筋肉系の問題抱えるベイル、ウェールズ代表で1試合もプレーすることなくレアル・マドリー復帰へ

現在ウェールズ代表に合流しているMFガレス・ベイルだが、試合に参加することなくレアル・マドリーが復帰することが明らかとなった。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ベイルは6日のリーガ・エスパニョーラ第8節アラベス戦で内転筋に違和感を抱えて交代。レアル・マドリーは「筋肉疲労」による交代で負傷はしていないことを強調し、選手はウェールズ代表に合流したものの、11日のスペイン戦ではベンチ外となるなどその状態が心配されていた。<br><br>ウェールズ代表は16日にアイルランド戦に臨む予定だが、ベイルはその試合にも出場することなく、レアル・マドリーに復帰するようだ。『マルカ』曰く、同選手はまもなくウェールズ代表から離脱し、15日よりレアル・マドリーの練習に復帰する見込みとなっている。<br><br>ベイルはレアル・マドリーの練習でコンディションを整え、20日のリーガ第9節レバンテ戦に万全の状態で出場することを目指すようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.14 23:40 Sun
twitterfacebook
thumb

絶好調アルカセルの2発でスペインがベイル不在のウェールズに4発快勝《国際親善試合》

▽国際親善試合、ウェールズ代表vsスペイン代表が11日に行われ、1-4でスペインが快勝した。 ▽5日後にUEFAネーションズリーグ3戦目のアイルランド代表戦を控えるウェールズは、コンディション不良のベイルが欠場となった中、ラムジーやジョー・アレン、B・デイビスらが先発となった。 ▽一方、4日後にUNL3戦目のイングランド代表戦を控えるスペインは、[4-3-3]を採用。3トップに右からスソ、モラタ、アルカセル、中盤アンカーにロドリゴ・エルナンデス、インサイドにセバージョスとサウールを配置した。 ▽立ち上がりからロドリゴ・エルナンデスを軸にポゼッションしたスペインは8分にあっさり先制する。サイド攻撃の流れからボックス左でルーズボールを拾ったアルカセルがゴール左上にシュートを流し込んだ。 ▽ドルトムントで絶好調のアルカセルが先制ゴールを決めたスペインは、19分に加点する。左サイド絞った位置からのサウールのFKをセルヒオ・ラモスがヘッドで流し込んだ。 ▽さらに29分、ルーズボールをボックス中央に走り込んだアルカセルがボレーで蹴り込み、3-0で前半を終えた。 ▽3点をリードして迎えた後半、スペインはセルヒオ・ラモス、サウール、GKデ・ヘアに代えてバルトラ、コケ、GKケパを投入。 ▽そのスペインが引き続きポゼッションする展開とすると、55分にアルカセルのヘディングシュートで4点目に迫った。さらに58分、枠の左上を狙ったスソのカットインシュートがバーを直撃したスペインは、74分に4-0とする。左CKからニアサイドのバルトラがヘディングシュートを流し込んだ。 ▽結局、追加タイムにボークスのゴールを許したスペインだったが、絶好調アルカセルの2発などで4-1と圧勝している。 2018.10.12 06:45 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース