【原ゆみこのマドリッド】いよいよ決勝まで辿り着いた…2018.05.05 10:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽「そりゃ負けるよりは勝った方がいいけど」そんな風に私が肩をすくめていたのは金曜日、お昼のニュースでレアル・マドリーが日曜のクラシコ(伝統の一戦)に向けて練習をしている映像を見た時のことでした。いやあ、ご存知の通り、先週末の前節にリーガ優勝を決めたバルサはすでに月曜にはコパ・デル・レイとの2冠を祝う市内パレードを終了。もうバケーションまで秒読み態勢というか、多くの選手の関心は来たる6月のW杯に切り替わっているはずなんですが、対するマドリーも翌火曜には26日のCL決勝行きが決まったため、それまでの3週間は調整がメインに。

▽宿敵の優勝を称え、慣例のpasollo(パシージョ/勝者の花道、優勝チームを相手チームが2列を作ってお出迎えする)をするつもりもやっぱりないようで、ここ数日は、今季限りでバルサ退団を発表したイニエスタに両チームで花道を作ったらいいんじゃないかなんて意見まで出ていますが、そんなことは単なる些事。CL優勝の可能性を残したおかげで、マドリーが引け目を感じず、カンプ・ノウのピッチに立てるのは良かったものの、この段になって、無理してケガなんかされるのも困りますからね。

▽それでもクラシコ勝利で不甲斐なかった今季のリーガの憂さが少しでも晴らせるかと、ジダン監督は負傷のリハビリ中のイスコ、カルバハルを除き、クリスチアーノ・ロナウドを筆頭にクロースやモドリッチら、ベストメンバーを並べる予定だそうですが、果たして日曜午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)からのこの一戦が盛り上がるのかどうか。ええ、マドリーの残りは1つ多い4試合でも、ロナウドとメッシのゴール数も8本差と開いているため、ピチチ(得点王)争いの楽しみすらないのはちょっと、私も残念なんですが…。

▽まあ、カフェインレスのクラシコはともかく、今週はマドリッド勢にとって、ハラハラさせられたものの、最高の結末となったCL、EL準決勝2ndレグがどうだったか、お伝えしておかないと。まずは先週の1stレグでバイエルンに1-2と勝利したマドリーがサンティアゴ・ベルナベウでの2ndレグを迎えたんですが、今回はremontada(レモンターダ/逆転劇)の必要がなかったにも関わらず、火曜の午後6時30分には大勢のファンがチームバスのスタジアム入りをお出迎え。いえ、人込みが苦手な私は丁度、出掛けに寄ったバル(スペインの喫茶店兼バー)のTVでその様子を眺めていただけだったんですけどね。

▽バルデベバス(バラハス空港の近く)の合宿所を出発したバスがハバナ通りを下り、ロス・サグラードス・コラソネス広場を回ってパドレ・ダミアン通りから駐車場に入るまで、物凄い数のマドリディスタたちに応援されていましたが、やっぱり駆けつけた全員が早々とソールドアウトになったチケットを手に入れられた訳じゃなかったんですね。ええ、私がメトロ(地下鉄)のサンティアゴ・ベルナベウ駅に着く頃にはお出迎えを終え、どこぞで試合を見ようと階段を下りてくるファンともかなり沢山、すれ違いましたっけ。

▽さて、fondo sur/フォンド・スール(ゴール裏南側)に「defendamos el trono, conquistemos la gloria/デフェンダモス・エル・トローノ、コンキステモス・ラ・グロリア(王座を守ろう、栄光を掴もう)」というメッセージの入った横断幕が掲げられ、意気揚々と始まった試合の方はというと、うーん、こうもいきなりショックを与えられていいもんですかね。先日、ユベントスとの準々決勝2ndレグでも開始2分のマンジュキッチ弾を皮切りに、3-3の総合スコアで同点にされてしまったマドリーでしたが、この日も3分にセルヒオ・ラモスのクリアミスから、1stレグでも早い先制点を挙げていたキミッヒにゴールを奪われてしまうって一体、どういうこと?

▽それこそ先が思いやられましたが、幸いにも11分にはマルセロのクロスをベンゼマがヘッドで決め、同点になってくれたから、ホッとしたの何のって。おまけに後でボールを持った息子さん連れでミックスゾーンに現れたマルセロも、「Si te digo que no ha tocado mi mano, soy mentiroso/シー・テ・ディゴ・ケ・ノー・ア・トカードー・ミ・マノ、ソイ・メンティローソ(もし手に触らなかったと言ったら、ボクは嘘つきだね)」と認めていたように、ハーフタイム入り間際、エリア内でキミッヒのシュートが当たりながら、ハンドでのペナルティを取られなかった彼らは後半開始直後、途方もない幸運に恵まれたんですよ。

▽だってえ、1分にはトリソがGKウルライヒにバックパスしたところ、それを取りに行った当人曰く、「ベンゼマが来ていたから、1対1に備えたんだけど、その一瞬、『このボールは手で掴んじゃいけない』と気づいたんだ。それで足でクリアしようとしたら…」という信じられない大ポカが生まれたから、ビックリしたの何のって。ええ、後ろに転がったボールを素早くベンゼマが蹴り込んで2点目をゲットしたとなれば、その日は右SBを本職のDFでないルーカス・バスケスがカバーしていたなんてこともありましたからね。バイエルンの破壊力を恐れていたファンたちもどんなに安心できたことか。

▽その後、敵はハメス・ロドリゲスの1度はバランに当たって跳ね返り、撃ち直して入れたゴールで2-2に持ち込んだんですが、この準決勝ではアルトウロ・ビダル、ロッベン、ボアテング、ハビ・マルティネスと選手の負傷に泣かされたハインケス監督も「マドリーはケイロルにお礼を言うべきだろう。素晴らしかった」と褒めていたように、GKナバスがバイエルンの逆転勝ち抜けに繋がる追加点を阻止。「ウチの方がいいチームだった訳じゃないが、より効率的だった」(クロース)おかげか、総合スコア4-3で勝ち抜けることができましたっけ。

▽え、試合後はジダン監督も「En la Champions no consigues cosas sin sufrir, y menos llegar a una final/エン・ラ・チャンピオンズ・ノー・コンシゲス・コーサス・シン・スフリル、イ・メノス・ジェガール・ア・ウナ・フィナル(CLでは苦しまずには何も得られない。ましてや決勝進出など)」と言っていたけど、この日の選手たちの喜びようは尋常じゃなかったんじゃないかって?そうですね、いきなり全員が「A por la 13(ア・ポル・ラ・トレセ(13回目へ))」とプリントしたTシャツを着用、フォンド・スールに手を繋いで駆け出して行った時には私も目を見張りましたけどね。その時、1人だけダイブしていたラモスなど、一旦、ローカールームに引っ込んだ後、また皆で出て来た時、グラダ・デ・アニマシオン(応援席)にまで上がり込む始末。

▽マイクを渡され、ファンと一緒に「como no te voy a querer/コモ・ノー・テ・ボイ・ア・ケレール(どうして君を好かずにいられようか/マドリーの定番応援ソング)」と歌ったりしていましたが、何より羨ましいのは彼らが、「Vamos a intentar defender en Kiev nuestro titulo/バモス・ア・インテンタール・デフェンデール・エン・キエフ・ヌエストロ・ティトゥロ(我々のタイトルを守るためにキエフに行くつもりだ)」(ジダン監督)と堂々、言えてしまうってこと。だってえ、これで3年連続のCL決勝進出ですよ。しかも勝てば3連勝、お隣さんが2度も貢献したおかげもあって、ここ5年間で4回目ともなれば、いかにマドリーがCL強者であるかわかるというものじゃないですか。

▽その分、決勝を応援に行くサポーターは大変ですけどね。しかも今回は会場がウクライナとあって、これまでのリスボン、ミラノ、カーディフに比べて費用が桁違い。ええ、私も野次馬根性でキエフへのフライトを調べてみたところ、直行などなく、乗り継ぎで10何時間かかるチケットに1000ユーロ(約13万円)以上の値がついていたり、すでに現地のホテルの部屋は1泊1500ユーロ(約20万円)もすると聞くと、正直、ソシオ(協賛会員)が抽選で当たると買える1万2750枚のチケットが完売するのか、疑問に思うんですが、さて。そうそう、翌日水曜のもう1つの準決勝では1stレグで5-2の勝利をしていたリバプールがローマのホームで4-2まで追い詰められたものの、こちらも総合スコア6-7で逃げ切って決勝進出を決めています。

▽そして1日置いた木曜、今度はアトレティコがアーセナルをワンダ・メトロポリターノに迎えたんですが、やっぱりELでも準決勝となると、ファンも奮い立つんですね。前夜の合宿入りの際にはヒルトン・エアポート・ホテルの前にサポーターたちが詰めかけ、カンティコ(メロディのついたシュプレヒコール)やベンガラ(発煙筒)でチームを鼓舞。スタジアムも満員となり、応援団の陣取るスタンドには赤白の旗や「Rumbo hacia Lyon/ルンボ・アシア・リヨン(行き先はリヨン)」という横断幕も現れたんですが、他の3面にはモザイクもなかったのはCLからELへ移ってUEFAからの報酬が減り、クラブの予算が削減されたせいだった?

▽でも大丈夫。熱いアトレティコファンたちは皆、bufanda(ブファンダ/マフラー)を掲げてhimno(イムノ/クラブ歌)を大合唱していましたが、私が比較的、気楽でいられたのは先週、1stレグで1-1と引き分けていた彼らはスコアレスドローでも勝ち抜けられるとわかっていたから。とはいえ、ロンドンでの試合はピッチ脇でアップして、アーセナル陣営を威嚇するに留まったジエゴ・コスタが先発となると、いえ、その日はベンチ入り禁止処分により、パルコ(貴賓席)で観戦。「Hoy sentí lo que siente el hincha/オイ・センティ・ロ・ケ・シエンテ・エル・インチャ(今日はファンが感じることを感じた)」と、要所要所では自分もマフラーを盛大に振り、観客席を煽っていたシメオネ監督も後で言っていたんですけどね。

▽「Costa vino para esto, para ser determinante, para tener un delantero con rabia/コスタ・ビノ・パラ・エストー、パラ・セル・デテルミナンテ、パラ・テネール・ウン・デランテーロ・コン・ラビア(コスタはそのために来た。試合を決める、怒りを持ったFWとして)」というだけに開始6分、彼がチーム最初のシュートを惜しくも外した時には勝利への欲も感じたものですけどね。並行して、10分には自分が目を離している間にコシエルニが倒れていたせいで、「まさかコスタが何かしたのでは?」と1stレグのベルサイコ並のスピード退場を恐れたりもしたものですが、幸いそれは私の勘違い。どうやら1人でアキレス腱を痛めてしまい、下手をするとW杯に行けないぐらいの重傷のようだとか。

▽すぐにチェンベリーと代わりましたが、おかげでアトレティコの立ち上がりの勢いも削がれてしまったか、しばらくはアーセナルがボールを独占することに。その間、22分にはグリーズマンがそのチェンベリーのcodazo(コダソ/肘打ち)を耳の後ろに受け、出血しながらプレーしていたなんてこともあったんですが、それでも前半ロスタイム、GKオブラクのゴールキックからのボールを急造右SB、トマスが彼に送ったところ、絶妙のスルーパスに合わせてコスタが敵エリアへ一直線。後日、イギリスのマスコミから、「彼はビーガン(ベジタリアンの一種)だから、パワーがないんだ」と批判を受けることになるベジェリンとの競り合いにあっさり勝つと、GKオスピナの頭の上を抜くシュートを突き刺してくれるんですから、もうさすがとしか言いようがありませんって。

▽他にもコケやグリーズマンのシュートが枠をかすめたアトレティコは、いえ、もちろんオブラクも途中出場したムヒタリアンの一撃を止めるなど、普段よりは少ないながら、見せ場を作ったんですけどね。残り10分にはコスタが交代を頼み、ヒヤリとさせられたものの、当人も「Solo calambres/ソロ・カランブレ(足がつっただけ)」と言っていたため、逆にフェルナンド・トーレスがピッチに入り、自身ワンダで最後となるヨーロッパの大会の試合でプレーするいいキッカケになった?残念ながら、その彼のシュートはオスピナにparadon(パラドン/スーパーセーブ)されてしまいましたが、アトレティコが1-0で勝つのは珍しくありませんからね。

▽最後は総合スコア2-1でアーセナルを倒し、2014年のスペイン・スーパーカップ以来、ご無沙汰していたタイトル獲得の前段階として、EL決勝進出が決まったとなれば、こちらも一旦、ロッカールームに戻った選手たちがファンのコールに応えて再登場。まるで優勝したかのように場内一周していたって全然、構わない?いやあ、後でサウールなどは「Pienso que aún no está esa magia que tenía el Calderón/ピエンソー・ケ・アウン・ノー・エスタ・エサ・マヒア・ケ・テニア・エル・カルデロン(まだビセンテ・カルデロンにあった魔法はないと思う)」と言っていましたけどね。そういう雰囲気はチームがビッグマッチでの勝利を重ねてこそ、醸成されていくもの。ELの決勝トーナメントではこの準決勝だけだったものの、来季、CLで長く勝ち残れば、ワンダだってだんだん、カルデロンみたいになっていきますって。

▽そして彼らは16日、同時開催の準決勝ではザルツブルクに延長戦で2-1とし、総合スコア3-2で勝ち上がったオリンピック・マルセイユと対戦するんですが、何せリヨンは相手の地元から200キロしか離れていないため、思いっきりホーム感覚でプレーできますからね。「決勝なんだから、フランスでやろうと中国でやろうと同じさ。Hay que jugar, salir a ganar y ya está/アイ・ケ・フガール、サリール・ア・ガナール・イ・ジャー・エスタ(プレーして勝つために出ていくだけだよ)」とコケのように気楽な選手もいましたが、ちょっと心配なのは有名なマルセイユのウルトラ(過激なファン)たち。16強対決でアスレティックが当たった時もビルバオ(スペイン北部の町)で騒ぎを起こしていましたし、PSGvsマドリー戦のように場内が発煙筒で白くなるのも観客にとってはたまったもんじゃないかと。

▽まあ、その辺の状況はおいおいに伝えていきますが、とりあえずクラシコ以外の今週末、マドリッド勢の予定も告げておくと、アトレティコは日曜午後4時15分(日本時間午後11時15分)から、ホームでエスパニョール戦。弟分の方は負傷、出場停止者続出で11人、トップチームの選手が欠けるヘタフェが日曜午後6時30分(日本時間翌午前1時30分)から、すでに降格の決まっているラス・パルマスとのアウェイ戦で来季EL出場権のもらえる7位の座を争うことに。特に目標のないレガネスはブタルケで月曜夜、立場的に同様なレバンテ戦で残留決定のお祝いをしますが、何だか、今季のリーガは店仕舞い感が漂うのがちょっと早いですよね。
【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。

コメント

関連ニュース

thumb

まだ小手調べだから…/原ゆみこのマドリッド

▽「本大会を除けば強いのは昔からよね」そんな風に私が納得していたのは土曜日、ウェールズとの親善試合に勝ったスペインがこれで27試合、無敗を続けているという記事を読んだ時のことでした。いえ、ロシア・ワールドカップ(W杯)では彼ら、開催国ロシアの前にベスト16で敗退しているんですが、PK戦による負けは国際サッカー連盟(FIFA)によると、敗戦にカウントされず。従って、最後の黒星が2016年ユーロのベスト16、イタリア戦になるため、こういう数字が出てきたようですけどね。大体がして、予選では無敗に近い成績で本大会に出場するのが、近年のスペインのデフォルトとなれば、ロペテギ監督(現レアル・マドリー)、イエロ監督を経て、W杯後から受け継いだルイス・エンリケ監督が3連勝で好発進と言っても本当に強いチームが戻ってきたと手放しで喜ぶには早すぎる? ▽え、それでもウェールズ戦はいい内容だったんだろうって? そうですね、元々、イスコやカルバハル(マドリー)ら、負傷で招集されなかった選手がいたのに加えて、来週月曜にUEFAネーションズリーグの公式戦を控え、かなりのメンバーをチェンジしたスペインでしたが、やはりリーグAとBの格の差というのもあったんでしょうね。ずっと苦手にしていた5人DF体制を敷かれたにも関わらず、序盤から積極的に攻めていったところ、前半8分には早くも先制点をゲットすることに。そう、ガヤ(バレンシア)のシュートは間が悪く、サウール(アトレティコ)に当たってしまったんですが、こぼれ球をパコ・アルカセル(ドルトムント)が見事なgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)にしているんですから、大したもんじゃないですか。 ▽おまけに19分にはスソ(ミラン)が蹴ったCKをノーマークでセルヒオ・ラモス(マドリー)がヘッドして追加点を取ると、29分にも今度は敵がエリア内でクリアミスしたボールを撃ち込んで、パコ・アルカセルが自身2本目のゴールを入れているって…はい、思い出しました。実は彼、バレンシアからバルサに移籍して、メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの控えとなる前にはユーロ2016予選など、いいところでゴールを決めていて、この日の2点で代表14試合で8得点。プレー時間を増やすため、今季、レンタルで移ったドルトムントでも7得点と当たっていたため、24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ3節ではアトレティコも今季は出場機会が減っている香川真司選手より、彼の方に気をつけないといけないと思ってはいたんですけどね。 ▽まさかここまでゴールづいていたとは恐ろしい。同様にマドリーでの出番の少なさから昨季、チェルシーに行ったモラタもこの日はCFとして先発していましたが、残念ながら、こちらにはあまりチャンスが回らず。ええ、後半28分にもスソのCKからヘッドでのゴールがあったんですけど、ラモスから代わったバルトラ(ベティス)が決めていますからね。実際、他にもFWは途中出場したイアゴ・アスパス(セルタ)やロドリゴ(バレンシア)がいるため、今回は招集リスト発表直前のCLクラブ・ブルージュ戦で負傷したジエゴ・コスタ(アトレティコ)も含め、毎試合、ルイス・エンリケ監督は誰を起用するかで大いに頭を悩ますことになりそうな。 ▽その後、ベイル(マドリー)はパルコ(貴賓席)で見学していたものの、終盤にはウェールズがヴォークス(バーンリー)のゴールで1点を返したため、スコアは1-4となりましたが、何より良かったのは、「Con 0-3 hemos seguido haciendo lo mismo/コン・セロ・トレス・エモス・セギードー・アシエンドー・ロ・ミスモ(0-3になってもウチは同じように続けた)」とルイス・エンリケ監督も言っていたように、前半で勝負を決めたスペインが後半になってもダレなかったこと。いえ、ところどころでは、基本が「En la seleccion la idea es la de descansar con la pelota y buscar los espacios/エン・ラ・セレクシオン・ラ・イデア・エス・ラ・デ・デスカンサール・コン・ラ・ペロータ・イ・ブスカル・ロス・エスパシオス(代表ではボールを持って休みながら、スペースを探すというのがアイデア)」(サウール)なせいか、W杯でのようにパスを外縁で回しているだけの退屈な時間もあったりはしたんですけどね。 ▽それでも明らかに縦パスを通そうという試みは以前より増えていましたし、攻撃陣もボールが敵方にある時はしっかりプレスをかけたりと、あのロシア戦にあった倦怠感がなくなっていたのは新監督の功績かと。え、その日はブスケッツ(バルサ)の代役を立派に務めたロドリ(アトレティコ)も「Para nosotros no era un amistoso, sino un examen importante/パラ・ノソトロス・ノー・エラ・ウン・アミストーソ、シノ・ウン・エクサメン・インポルタンテ(ボクらにとっては親善ではなくて、大事な試験だった)」と言っていたように、まだ今のサイクルに入ってメンバーが固定していないのもいい緊張感を保つ原因になったんじゃないかって? ▽そうですね、何よりルイス・エンリケ監督になって顕著なのは、9月の最初の招集リストからして、かつて黄金期のスペイン代表では主流だったバルサ勢がブスケッツとセルジ・ロベルトの2人だけに激減。加えてこの日は後者が負傷で呼ばれず、ブスケッツも温存されため、カーディフのプリンシパリティ・スタジアムのピッチにはバルサの選手が1人も登場しなかったのは特筆すべきかと。だってえ、ただの背番号とはいえ、この日はイニエスタ(ヴィッセル神戸)の着けていた6番をサウールが、チャビ(アル・サッド)の8番をコケが着けていたんですよ。よりによって、アトレティコのカンテラーノ(ユース組織出身選手)コンビがスペイン代表伝説のMFコンビの後釜になるなんて、私もちょっと時代の変化についていけない気がしたものの…。 ▽まあ、今はそれでもいいです。翌金曜にマドリッドに戻ったチームはラス・ロサス(マドリッド近郊)のサッカー協会施設で2回の非公開セッションを行った後、土曜の午後はフリータイムに。どうやら前回、ルイス・エンリケ監督に連れられて行ったエスケープルーム(謎解きをしてバーチャル空間を抜け出すゲーム施設)が癖になってしまったか、ブスケッツ、ガヤ、バルトラ、チアゴ(バイエルン)、アスピリクエタ(アーセナル)らがセントロ(市内中心部)のラ・カサ・デ・パペルで目撃されたなんて話もありましたが、チームは日曜にイングランド戦の行われるセビージャ(スペイン南部)に向かい、午後7時からはベニト・ビジャマリン(ベティス)でファンも見られる前日練習をする予定となっています。 ▽うーん、ルイス・エンリケ監督は「スタメンのヒントは今日、出なかった選手とも言えるが、当たるのは4人か5人だろうね」とウェールズ戦の後、記者たちを煙に巻いていましたが、その方向で行くと、ブスケッツ、アセンシオ、ナチョ(マドリー)、マルコス・アロンソ(チェルシー)などが確定。気になるのは好調、パコ・アルカセルがリピートするのかといった辺りですが、何せ、金曜にはクロアチアとイングランドがスコアレスドローだったため、ここでスペインが引き分け以上だと、ほぼ来年6月に開かれるファイナルフォー(ネーションズリーグ、グループA王者を決める準決勝と決勝)出場が確実になるみたいですからね。この3試合で計12得点したgoleada(ゴエアダ/ゴールラッシュ)体質のスペインが今度は何点取ってくれるのかも楽しみなんですが…どうにも今年から始まったこの大会の位置づけがまだ中途半端なため、ファンとしてもこの快進撃にどこまで喜んでいいのか、微妙なんですよね。 ▽そしてそこここで代表戦が開かれている今週、マドリッドの5チームはどうしていたかというと。いやあ、このparon(パロン/リーガの停止期間)に一番、巻き返しが必要とされているのはここ4試合、勝ち星がなく、次のレバンテ戦、CLビクトリア・プルゼニ(チェコ)戦の結果次第ではクラシコ(伝統の一戦、バルサ戦のこと)前にロペテギ監督解任もありうると言われているマドリーなんですが、ビッグクラブというのはかくも辛いもの。今回も各国代表に大量14人が出向しているため、バルデベバス(バラハス空港の近く)でのセッションには、RMカスティージャ(マドリーのBチーム)の選手たちがヘルプとして駆けつけることに。 ▽ただ朗報もあって、この成績不振が始まる前に急性盲腸炎の手術を受けたイスコ、0-3と大敗したセビージャ戦でケガをしたマルセロが着々と回復、来週土曜のレバンテ戦に間に合いそうなことですが、まだ様子がわからないのはベンゼマとベイル。うーん、前節アラベス戦のハーフで交代した前者には全治10日間という意見と2、3週間という意見があるため、早くてクラシコに間に合うかといったところでしょうが、アトレティコとのマドリーダービーで筋肉疲労を起こし、CLのモスクワ遠征を休んだベイルはアラベス戦で復帰したものの、再び途中でギブアップしていますからね。代表には行ったものの、ウェールズのライアン・ギグズ監督によると、火曜の公式戦、アイルランド戦出場も難しいようです。 ▽それでもただの筋肉疲労と言い張られてしまうと、もうクラシコまで温存しない限り、頼りになる戦力になってくれないんじゃないかと悲観してしまいますが、さて。とりあえず、マリアーノやルーカス・バスケスは残って練習に励んでいるため、ロペテギ監督も後はアセンシオやセバージョスがケガしないで戻って来ることを祈るばかりといったところでしょうか。ちなみにカルバハルは全治1カ月の重傷のため、当分、リハビリが続くことになります。 ▽一方、前節にはお隣さんに勝ち点差1をつけ、バルサと同じ勝ち点となって3位に上がったアトレティコとはいうと。いやあ、こちらも11人が代表に行っているため、マハダオンダ(マドリッド近郊)のセッションもこじんまりとしたものになっていたんですが、何せ今週はシメオネ監督まで、手術を受けた父親に付き添いに母国のアルゼンチンへ帰ってしまっていませんでしたからね。加えてジエゴ・コスタ、ヒメネスはリハビリ中、9月のモンテネグロ代表の試合でケガして帰って来て以来、グラウンドに姿を現していないサビッチ、リーガ開幕戦で痛めたヒザを鍛え直しているビトロと、何とも寂しい状況だったようですが、大丈夫。 ▽週が明ければ、選手たちもだんだん増えていくはずですし、コスタやヒメネス、ビトロは来週土曜のビジャレアル戦までにはプレーできるようになるはずとあって、やはりこちらも怖いのは代表戦でケガをする選手が出ないかどうか。とりわけグリーズマン、リュカ、レマルの3人が参加しているフランスなど、火曜にドイツとのネーションズリーグの試合があるため、用心が必要かと思いますが、同日、埼玉で日本代表との親善試合があるウルグアイ代表のゴディンも長旅の疲れが心配ですよね。 ▽え、そんな中、3、4名しか各国代表に呼ばれていない弟分チームたちはさぞかし、いい練習ができたんじゃないかって? そうなんですが、エン・ナシリ(モロッコ)、オメロウ(ナイジェリア)、ルニン(ウクライナ)が欠けたメンバーで木曜、エイバルと親善試合を行ったレガネスは3-2で負けてしまうという残念な結果に。ペジェグリーノ監督はこの金土日とチームに3連休を与え、月曜から再び、降格圏の18位を抜け出すため、土曜のバレンシア戦に向かってシュダッド・デポルティバ・レガネスでのセッションを始めることになります。 ▽そのレガネスに前節負け、19位になってしまったラージョはカクタ(コンゴ)、アドビンクラ(ペルー)、ラス(ギニア)、ディミトリビッチ(マケドニア)が留守なんですが、こちらは日曜にヘタフェとの連続ミニダービーに挑むのに加え、エスタディオ・バジェカスのスタンド閉鎖のため、延期された3節アスレティック戦の開催が24日(水)午後7時に決定。ミチェル監督はこちらも見据えて準備を進めないといけないことに。うーん、本来、ホーム2連戦というのは稼ぎどころなんですが、まだ今季、1部に戻って来てから、バジェカスのファンは勝利を祝えていませんからね。この2週間がいい気分転換となってほしいものですが…。 ▽そう、相手のヘタフェもマドリッド勢なだけに私もどっちを応援したらいいか、内心複雑なんですよ。一応、彼らだけは13位と危険地帯にいないとはいえ、ここ4試合、白星から見放されているのが辛いところ。今週は毎日、きっちり午前10時半から練習していたチームからは柴崎岳選手、ジェネ(トーゴ)、マキシモビッチ(セルビア)、アマト(セネガル)が各国代表に出向いています。週中には協議委員会の審理も出て、前節レバンテ戦で退場となったポルティージョが2試合、累積警告となったジェネが1試合の出場停止処分となってしまったのもが逆境ですが、ここはボルダラス監督に頭を捻ってもらうしかないですかね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.10.14 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ゴールが見足りない…/原ゆみこのマドリッド

▽「ようやく順当なとこまで上がったわね」そんな風に私が頷いていたのは月曜日、いえ、前日のワンダ・メトロポリターノからの帰り道にはいきなりアトレティコがリーガ首位になっていて、これではあまりに話が上手すぎると半信半疑だったんですけどね。家に着いてみれば、セルタに2-1で勝ったセビージャに追い越され、夜にはバレンシアと1-1で引き分けたバルサにも得失点差で及ばず、彼らは近年の定位置となっている3位で8節を終了。とはいえ、今季は開幕から4試合で勝ち点7も落としていたせいで、どうなることかとハラハラしていたのがウソのように、こんな短期間で挽回できたとなれば、ホッとしているアトレティコファンは自分だけじゃなかったはずかと。 ▽もちろん、それにはリーガの2強がここ数試合、取りこぼしまくっているおかげもあるんですけどね。おまけに途中、CLトッテナム戦で一息つけたバルサと異なり、ここ4試合無得点で白星なし。ミッドウィークのCSKAモスクワ戦から2連敗となってしまったマドリーなど、早くも監督交代の噂まで出ていたりするんですが、まあその辺はおいおい話していくことにして、まずは5チームもあるマドリッド勢のゴールが計2本しか見られなかった先週末のリーガがどうだったか、お伝えしていくことにすると。 ▽土曜午後4時15分の試合でトップバッターを飾ったのは弟分のヘタフェだったんですが、3試合ぶりにホームのコリセウム・アルフォンソ・ペレスに帰ってきながら、勝利でファンを喜ばすことはできず。ええ、前半にはホルヘ・モリーナやマキシモビッチのチャンスがあったものの、シュートが決まらず、そうこうするうちに後半14分、バルディに直接FKを見事に叩き込まれてしまったんですよ。そのまま0-1で負けてしまっては、まさに昨季、ムニス監督の後を継いで、ヘタフェ戦で1部リーガ白星デビューを飾ったパコ・ロペス監督が「El Coliseum siempre va a ser un estadio especial para mi/エル・コリセウム・シエンプレ・バ・ア・セル・ウン・エスタディオ・エスペシアル・パラ・ミー(私にとって、コリセウムはいつも特別なスタジアムになるだろう)」と喜んでいたのも当然だった? ▽うーん、ヘタフェには後半ロスタイムとして表示された3分では短すぎると抗議したポルティージョが一発レッドで退場させられる不運もありましたしね。更にこの試合でイエローカードをもらったジェネが累積警告で次戦出場停止となるため、インターナショナルマッチウィーク明けのミニダービー、ラージョ戦でレギュラーが2人欠けることになるのも踏んだり蹴ったりとはいえ…もしやここ3試合、ベンチに入れなかった柴崎岳選手にとっては、これがビッグチャンスになる? ▽うーん、ボルダラス監督も「Tenemos una plantilla con todos disponibles, son decisiones tecnicas./テネモス・ウナ・プランティージャ・コン・トードス・ディスポニブレス、ソン・デシシオネス・テクニカス(今は選手全員がプレー可能で、戦術的判断)」と柴崎選手不在の理由を話していたため、競争相手が23人から21人になれば、もちろん確率は上がりますけどね。ただ、今回の彼は日本代表に招集され、長旅を挟むことになりますし、その間、アレホ、グアルディオラ、ロベル・イバニェスといったMFのライバルたちは地元でみっちり練習。「ガクはもう長い間、チームにいて、当然ながら、もっと貢献してくれないと。あと一歩を踏み出さないとね」というボルダラス監督の要望を叶えるには代表戦で成果を出し、尚且つ、帰還後の短い時間でアピールするしかないんですが、果たしてどうなることやら。 ▽そしてその日はメトロスールが工事中で止まっているため、地上の同じルートを走る代替バスに乗り、最寄りのフリアン・ベステイロ駅から徒歩でブタルケに向かった私でしたが、途中で一休みしたバル(スペインの喫茶店兼バー)のTVでは丁度、アラベスvsレアル・マドリー戦が0-0のまま、後半が始まるところ。ベンゼマと交代でマリアーノがピッチに入ったので、そのうち1点くらい入るだろうと思いながら、オンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の中継を聞いていたんですが…まさか、ミニダービーのキックオフをスタンドで待っている間、実況アナウンサーの「Gol del Alaves/ゴル・デル・アラベス(アラベスのゴール)」というガックリした声と共に、記者席が「El Madrid ha palmado!/エル・マドリッド・ア・パルアードー(マドリーがコケた!)」とどよめく場に立ち会うことになろうとは! ▽いやあ、後半になっても点が取れないまま、先日のマドリーダービーのように脚に違和感を覚えたベイルが交代を頼み、35分にビニシウスが入ったなんてこともあったんですけどね。引き分けならまだしも、ロスタイム5分にアラベスがCKから、ソブリーノがヘッド。GKクルトワの弾いたボールが逆のゴール脇にいたマヌ・ガルシアの前に行き、それを頭で押し込まれてしまったから、さあ大変!それこそ反撃の時間もあったもんじゃなく、「20分とかに先制していたら、逆転されていたかもしれない。Es la victoria sonada/エス・ラ・ビクトリア・ソニャーダ(夢見たような勝利だ)」(アベラルド監督)という、1-0で勝ち点3をアラベスに贈ってしまったとなれば、もうこれはロペテギ監督の進退が問われるクライシス突入としか言いようがない? ▽え、それでもマドリーは日曜試合の結果のおかげもあり、首位と勝ち点差2の4位に留まっているのに比べたら、片や最下位、もう一方は18位という降格圏ダービーとなった弟分、レガネスとラージョの方が大変さは深刻だろうって?まあ、そうなんですが、近場ということで普段、ビジターチームのファンが座らされる正面スタンド左側角のスペースからはみ出る程の人数でブカネーロ(ラージョの過激なファンのグループ)がキックオフ前から声を張り上げ、何だかエスタディオ・バジェカス(ラージョのホーム)にいるような気分で始まったというのにどうやら、肝心の選手たちはエンジンがかかるのに時間がかかったよう。 ▽ミチェル監督も「La intensidad de uno y otro en la primera parte ha sido distinta/ラ・ンテンシダッド・デ・ウノ・イ・オトロ・エン・ラ・プリメーラ・パルテ・ア・シードー・ディスティントー(前半の両者のプレーの激しさは違っていた)」と後で怒っていたんですが、まだレガネスのファンたちが喉を温めている間、前半14分にはマイケル・サントスが右奥から送ったラストパスをカリージョがシュート。これが先制点となったから、一気にスタンドが盛り上がることに。その後はキャプテンのCBブスティンサが28分にケガで交代したこともあって、とりわけ後半にはラージョも攻勢をかけていたんですが、メドランの退場が響いたか、最後までスコアは動かず。 ▽おかげで先日のバルサ戦に続き、ホーム2連勝としたレガネスが最下位を脱出して18位に、ラージョは19位と1つ順位を落とすこことになったんですが、まだまだ先は長いですからねえ。paron(パロン/リーガの停止期間)後は20日(土)にアウェイでバレンシアに挑むレガネスも、21日(日)にヘタフェをホームに迎えるラージョもこの2週間、しっかり鍛えて、11月の代表戦週間は降格圏外で迎えられるといいのですが。 ▽そして翌日曜はアトレレティコのベティス戦を見にワンダに向かった私でしたが、うーん、やはりランチタイム(スペインでは午後2時から4時)直後の試合だったせいでしょうかね。開始4分にはいきなり敵陣からのスルーパスがダイレクトにロレンに渡り、エリア内からフリーでシュートを撃たれるという不注意なミスを犯した彼らでしたが、幸いこのボールは枠を外れてくれることに。何せ相手がポゼッション命のセティエン監督のチームですからね。それからもボールは持たせてもらえず、かといってピンチに陥ることもなく、淡々と前半を終えましたが、どうやらそれはシメオネ監督の作戦通りの展開だったよう。 ▽だってえ、後でロドリも「Hay partidos en los que interesa tener mas la posesion, otros menos.../アイ・パルティードス・エン・ロス・ケ・インテレサ・テネール・マス・ラ・ポセシオン、オトロス・メノス(ポゼッションを高くしたい試合とそうでもない試合がある)」と言っていたんですが、相変わらず、ボールはベティスの手にあったものの、後半になって敵陣でのプレスを強めたところ、いきなりチャンスが増えたんですよ。ええ、負傷中のジエゴ・コスタの代理で入ったカリニッチがゴールポストに当たるシュートを放ったり、GKパウ・ロペスにセーブされる惜しい一撃があった後、相手が疲れたところを見計らい、レマルをコレアに、カリニッチをトマスに代えてトップ下をやらせるという交代策が大当たり。とうとう29分にはコレアがジュニオールからボールを奪ってトマスと連携すると、ゴール右隅に狙い澄ましたシュートを送り込んでいるんですから、呆気に取られたの何のって。 ▽そのまま堅守で1点リードを守ったアトレティコは、いえ、後でセティエン監督など、「No es facil que el Atletico termine perdiendo tiempo y pidiendo la hora/ノー・エス・ファシル・ケ・エル・アトレティコ・テルミネ・ペルディエンドー・ティエンポ・イ・ピディエンドー・ラ・オラ(アトレティコが時間稼ぎをして、審判にタイムアップを訴えるような状況で終わらせるのは簡単ではない)」と嫌味を言っていましたけどね。元々、彼らはgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)体質のチームではないですし、大入りだったスタンドのファンも喜びに湧いていたため、1-0の勝利で何の問題もなかったかと。 ▽加えてセティエン監督は、「pero hay una superioridad manifiesta/ペロアイ・ウナ・スペリオリダッド・マニフィエスタ(それでも相手の方が明らかに優れていた)。中盤の3人はスペイン代表、FWは世界一の選手の1人、守備陣も経験豊富だ」と認めてもいたんですが、言われればそんな気もしなくもなし。一方、シメオネ監督は「Los recambios que tienen los equipos que pelean arriba son los que te hacen hacer la diferencia/ロス・レカンビオス・ケ・ティエネン・ロス・エキポス・ケ・ペレア・アリーバ・ソン・ロス・ケ・テ・アセン・アセール・ラ・ディフェレンシア(上位を争うチームで差をつけるのは交代選手)。スタメンの10人だけだと拮抗しているからね」とこの日、控えだったトマスとコレアが試合を決めてくれたことを褒めていましたが、何せ弟分たちと違って、今週のアトレティコは大量11人が各国代表に行ってしまいますからね。 ▽先月、モンテネグロ代表の試合で打撲を受けてきたサビッチがまだ回復していないなど、その辺はちょっと不安なんですが、逆にこの時間を利用して、コスタや今回、日本で親善試合をするウルグアイ代表には行かないヒメネスのケガが、リーガ再開となる20日のビジャレアル戦までには治ってくれればいいかと。いやあ、負傷者に関してはもっと大変なことになっているお隣さんなど、ただの筋肉疲労とは言うものの、2試合連続途中交代したベイルがウェールズ代表に行ってしまいましたけどね。バルデベバス(バラハス空港の近く)の練習場に残ってリハビリをするベンゼマ、イスコ、マルセロらはサンティアゴ・ベルナベウでのレバンテ戦に間に合うかもしれません。 ▽そうそう、代表繋がりではベティス戦の後、ワンダのミックスゾーンを通った乾貴士選手も今回の日本代表に呼ばれていないんですが、この日の試合で出番がなかったことには「結果を出している選手が使われるのが当然」と納得していたよう。更に「試合に出るだけが全てではないし、練習でもアピールできるからね。チームに残れることをプラスと考えてやっていきたい」と意欲を表明していましたが、今季、移籍した新天地でも徐々にプレーする機会が増えていくといいですね。 ▽そんな調子で週末が終わり、いよいよ月曜はラス・ロサス(マドリッド近郊)のサッカー協会施設にスペイン代表が集合。私も唯一、彼らの練習風景を見る機会と午後7時からのセッションを見に行ったんですが、いやあ、やられました。モンクロア(市内のバスターミナル駅)に定刻通りバスが来ず、15分遅れで着くと同時に日曜に試合に出た選手たちが引き揚げていくって、あまりのタイミングの悪さ。おかげでもちろん、コケ、サウール、ロドリのアトレティコ勢はおらず、アセンシオやセバージョスらマドリー勢はいたものの、セルヒオ・ラモスやナチョもすぐジムに行ってしまいましたしね。ピッチを半分使ったミニゲームも半分以上が同じ敷地で練習しているU21代表の選手、バジェホ(マドリー)、オジャルサバル、スベルディア(レアル・ソシエダ)、ウナイ・ニュネス、ウナイ・シモン(アスレティック)らを借りてきて実施というのはちょっと肩透かしを喰らった気がしないでもなし。 ▽ちなみにこちら、火曜は非公開練習で水曜にはウェールズとの親善試合に備えてカーディフ入り。木曜深夜にはまたマドリッドに戻り、月曜のネイションズリーグ3節イングランド戦の前日、ベニト・ビジャマリン(ベティスのホーム)でのセッションまで、ずっと非公開ばかりというのはあまりに秘密めかしていて、何だかチームとの距離が遠ざかってしまったようですが、こればっかりはルイス・エンリケ監督の決めることですからね。その分、試合で楽しませてくれればいいんですが、さて。9月のネイションズリーグ2試合でイングランドに1-2、クロアチアには6-0で連勝して、期待外れに終わったW杯ロシア大会の印象を少し、改善できたスペインですが、国際メジャータイトル3連覇を果たした時のような黄金期はまた巡ってくるのでしょうか。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.10.09 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ロシアはゲンが良くないみたい…/原ゆみこのマドリッド

▽「時代も変わったものね」そんな風に私が感慨を覚えていたのは木曜日、10月のインターナショナルマッチウィークを前に発表されたスペイン代表招集リストから、ケガでセルジ・ロベルトが落ちたため、とうとうバルサ勢がブスケツ1人になってしまったのを知った時のことでした。いやあ、確かにチャビ(アル・サッド)、イニエスタ(ヴィッセル神戸)、ピケら、黄金期を担ったメンバーが代表から引退。ジョルディ・アルバもルイス・エンリケ監督と訳ありで呼ばれていないとなると、ここまで少なくなってしまっても仕方ないんですけどね。代わって勢力を伸ばしたのがアトレティコで今回、コケの復帰でサウール、ロドリと中盤の3選手が招集って、これじゃ一世を風靡したスペイン代表のティキタカ(短いパスを繋ぐサッカースタイルのこと)はもうお目にかかれない? ▽実際、バルサを3年間、指揮していたルイス・エンリケ監督にとっては辛抱する場面も多くなりそうですが、何せ、今回は頼りのイスコ(レアル・マドリー)も急性盲腸炎の手術をして現在、療養中ですからね。来週木曜にカーディフであるウェールズとの親善試合はともかく、15日のネイションズリーグ3節イングランド戦ではスタメン選抜に苦労しそうですが、そうそう、もっと不思議だったのは先日のCL戦でカルバハル(マドリー)が太ももを痛めたにも関わらず、代理として初招集されたのがジョニー(ウォルバーハンプトン)だったこと。 ▽というのも彼はこの夏、アトレティコがフィリペ・ルイスの後釜にと獲得した左SBで、今季はプレミアリーグで修行中。いくらルイス・エンリケ監督がセルタ時代、右SBもやらせたことがあったと言われても、他にそのポジションで先発できそうなのはアスピリクエタ(チェルシー)ぐらいしかおらず、こちらも最近はCBとしてプレーする方が多かったから。もちろん、どんな状況になってもマルチDFのナチョ(マドリー)は当てにできますけどね。代表戦に関しての詳細はまた来週にでもお伝えしますが、近々、マドリッド訪問の予定があるファンは代表チームがラス・ロサス(マドリッド近郊)のサッカー協会施設に集合するのは月曜日、午後7時から唯一の公開練習があることを覚えておくといいかもしれません。 ▽え、それよりマドリッド勢のCL第2節がどうだったのかの方が気になるって?そうですね、火曜に一足早くプレーしたのはマドリーだったんですが、相手が強豪ではなく、CSKAモスクワだったのがいけなかったんですかね。ロペテギ監督も先日のマドリダービーで途中交代したものの、ケガはしていなかったベイルやプレー時間の多いセルヒオ・ラモスをお留守番で残し、「Me habia dicho el mister que queria darme descanso por jugar tres o cuatro partidos seguidos/メ・アビア・デッチョー・エル・ミステル・ケ・ケリア・ダールメ・デスカンソ・ポル・フガール・トレス・オ・クアトロ・パルティードス・セギードス(3、4試合出場が続いたから、休みを与えたいと監督に言われた)」とモドリッチもベンチスタートにした辺りから、さすが余裕があるなとは思っていたところ…。 ▽その計算が狂ったのは開始2分、ええ、クロースのバックパスをブラシッチに奪われて、先制ゴールを奪われてしまったから、呆気に取られたの何のって!ただそれでも反撃の時間はたっぷりありましたし、その後はずっと攻めていたマドリーだったんですが、こういう日もあるんですね。ええ、CSKAのゴロチェンコ監督も「ハーフタイムにはチームを落ち着かせないといけなかった。1-0で勝っているのを信じられない選手もいたからね」と言っていたように、前半が終了しても彼らはたったの1点が返せず。 ▽そこへカルバハルが負傷でオディオソラに交代という不運が重なり、後半にはカセミロ、ルーカス・バスケスをモドリッチ、マリアーノにして攻撃力アップに努めたんですが、これぞ、同じルジニキ・スタジアムでプレーしたW杯ベスト16のスペイン対ロシアもかくあらやというようにゴールが入らないんですよ。おかげで「Hemos dado tres palos, nos ha faltado fortuna/エモス・ダードートレス・パロス、ノス・ア・ファルタードー・フォルトゥーナ(ウチはシュートが3度、ゴール枠に当たった。ツキがなかった)」(ロペテギ監督)という結末に(最終結果1-0)。 ▽うーん、初戦のローマ戦には3-0と快勝した彼らですし、この先は同日、そのローマに5-0と大敗しているビクトリア・プルゼニ(チェコ)との2連戦ですから、今の段階でグループリーグ突破が危うくなるとか、そういった問題はまったくないんですけどね。気になるのはここ3試合、マドリーが無得点で終わっていることで、これは2007年以来のゴール日照りなのだとか。おかげで再浮上してきたのがクリスチアーノ・ロナウドの移籍に伴う得点力不足懸念で、ええ、GKを務めたケイロル・ナバスも「Cristiano dejo el liston muy alto, no se puede tapar el sol con un dedo/クリスティアーノ・デホ・エル・リストン・ムイ・アルトー、ノー・セ・プエデ・タパール・エル・ソル・コン・ウン・デド(クリスチアーノが残したハードルは高いよ。太陽を指で隠すことができないようにね)」と認めていましたけどね。 ▽とはいえ、「Fue el quien quiso irse/フエ・エル・キエン・キソ・イールセ(出て行きたがったのは彼だから)」とナチョも現実を直視していたように、いない人は当てにできないんですし、ここはベンゼマやベイル、アセンシオが1人平均10得点以上、上増しして、ロナウドの1シーズン40~50ゴールを補っていくしかないんですが…もしやマリアーノ(オリンピック・リヨンから移籍)しかFWを補強しなかったペレス会長の読みは甘かった?このままいくと、同じような悩みを抱えたモウリーニョ監督(元マンチェスター・ユナイテッド)が冬にアデバヨールを緊急補強した2010-11シーズンみたいな展開になるかもしれませんが、まあそれは最悪の場合。この土曜午後6時30分(日本時間翌午前1時30分)からのアラベス戦ではイスコ、マルセロ、カルバハルはまだですが、ベイルとラモスが戻って来るため、きっとゴールは見られますって。 ▽そして翌水曜はワンダ・メトロポリターノで今季初のCL戦が開かれたんですが、最初に驚かされたのは、いえ、3000人ものベルギー人ファンが詰めかけ、喉を枯らして歌っていたのもインパクトがあったんですけどね。まさか、クラブ・ブルージュの5人DF体制に対抗して、シメオネ監督もゴディン、ヒメンス、リュカの3CBを並べ、アリアスとサウールをSBというミラー戦略を取ってくるとは、やだあ、これって昨季、セティエン監督のベティスに同じ手を使い、スコアレルドローの不毛な結果に終わってなかった? ▽でも大丈夫。この日のアトレティコは昨季、やはりDFが5人いたカラバフから点が取れず、2試合共引き分けて、グループリーグ敗退した時とは違ったんですよ。個人特定すると、それはグリーズマンで、当人も「メンタル的にビッグゲームを100%で戦える状態になかった。Para mi eso fue la culpa de no pasar la Champions/パラ・ミー・エソ・フエ・ラ・クルパ・デ・ノー・パサール・ラ・チャンピオンズ(ボクにとってはそれがCLグループ通過できなかった理由だ)」と後で認めていたんですが、「アトレティコに残ることを決意して、その成果を受け取っている」(シメオネ監督)今季は真逆。 ▽ええ、前半19分にレマルのパスから決めたvaselina(バセリーナ/ループシュート)によるゴールはオフサイドでスコアに上がらなかったんですが、29分には再び、フランス代表同僚からのクロスをゴール右前でトラップ。狙い澄ました一撃でGKレティカを破ってくれたんですよ。でもねえ、リードして油断したんでしょうか。39分には試合前記者会見でもシメオネ監督が「Tiene gente por banda izquierda, el numero 47/ティエネ・ヘンテ・ポル・バンダ・イスキエルダ、エル・ヌメロ・クアレンテタシエテ(左サイドに背番号47のいい選手がいる)」と言及していたダンジュマにエリア外から、強烈な同点ゴールを浴びてしまうことに。 ▽その瞬間、またしてもカラバフの亡霊が蘇ったのは私だけではなかったかと思いますが、後半のアトレティコは意外なことにヒメネスが太ももを痛めて交代、左SBにフィリペ・ルイスが入って、慣れない5バックから、通常の4バックに戻ったのが幸いしたんです。シメオネ監督の「En el descanso hable de mejorar la ansiedad/エン・エル・デスカンソ・アブレ・デ・メホラル・ラ・アンシエダッド(ハーフタイムには焦らないようにと話した)」のも効いたか、元々、ブルージュ相手にはボールを支配していたんですが、22分にはグリーズマンがエリア内に走り込むジエゴ・コスタへスルーパス、その当人は敵に邪魔されて撃てなかったものの、折り返しをもらったグリーズマンがシュートして2点目が決まったとなれば、もう大船に乗った気でいていい? ▽いやあ、後々のことを考えると、このプレーでコスタが太ももを負傷。この先、数試合欠場することになったのは、「Aunque no meta goles, te libera muchos espacios, nos hace la vida mas fácil/アウンケ・ノー・メタ・ゴーレス、テ・リベラ・ムーチョス・エスパシオス、ノス・アセ・ラ・ビダ・マス・ファシウ(ゴールを入れなくてもスペースを沢山、作って、ボクらをやり易くしてくれる)」とグリーズマンも言っていたように、チームにとって、痛いんですけどね。この日は即座にロドリが入り、敵の攻撃を中盤で抑えてくれたため、見ていて安心できたんですが、まさかロスタイムにもグリーズマンが活躍してくれるとは! ▽だってえ、後半48分にもなって、敵CBに追いすがられながら、ゴールラインまで切り込む体力を披露しているんですよ。その折り返しからのパスをゴール前からコケが決めて、アトレティコは3点目をゲット。おかげでルイス・エンリケ監督も途中、あまりに鈍い動きでシュートチャンスを逸していた当人をセルジ・ロベルトの代わりに代表に呼ぶという決断を正当化でき、ホッとしてパルコ(貴賓席)を後にしたはずですしね。これで3-0とグループ2連勝としたため、次のドルトムントとの2連戦にはアトレティコも自信を持って挑めるはずですし、何よりワンダで迎えるCL決勝に向けて夢を繋いだのは大きかったかと。 ▽そして週末、日曜午後4時15分(日本時間午後11時15分)からはその因縁のベティスを迎える彼らなんですが、いやあ、ヒメネスの負傷欠場が確定、サビッチが復帰したという噂もなく、CBが2人しかいないため、多分、5バック対決のリピートはないと思うんですけどね。ただ相手も木曜のヨーロッパリーグ2節でデュドランジェ(ルクセンブルク)に3-0で勝利と調子に乗っていますし、リーガでも4位のアトレティコと勝ち点差1で5位につけているため、拮抗した戦いになるのは間違いないかと。 ▽そうそう、そのELではセビージャがクラスノダールに2-1で負け、ビジャレアルもスパルタク・モスクワと3-3と、どちらもロシアの地でいい結果が残せなかったなんてことがあったんですが、試合結果一覧で興味を引いたのはカラバフがアーセナルにあっさり、0-3で負けていたこと。ええ、昨季の準決勝ではそのアーセナルを倒して、アトレティコはEL決勝に進出していますからね。となると、昨季のCLグループリーグは本当に間が悪かっただけのようですが、サッカーではどんな相手にも気を抜いてはいけないという、大きな教訓になったのは確かでしょう。 ▽え、それでミッドウィークにじっくり練習できた弟分たちは今週末、どんな予定になっているのかって?実はどちらも土曜開催ゲームで現在、9位と落ち着いたところにいるヘタフェが午後4時15分から、コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのレバンテ戦で先陣を切ることに。ここ2試合続いたアウェイ戦では2分けで凌いできただけに、久々のホームゲームでは勝ち点3を期待したいところですが、グッドニュースにもバッドニュースにもなるのは今節のチームにはケガ人が1人もいないこと。ええ、まだ招集リストは出ていないものの、そうなるとここ2回、ベンチ外になってしまった柴崎岳選手がメンバーに入るのは難しいような気がしますが、こればっかりはねえ。 ▽一方、お隣さんのレガネスは最下位脱出を目指して午後8時45分から、ブタルケに18位のラージョを迎えて弟分ダービーとなるんですが、梯子観戦を考えている私にとって辛いのは、未だにメトロスールが工事で止まっているため、5キロそこそこしか離れていないにも関わらず、移動がやっかいなこと。まあ、代替バスを使えば何とかなるんでしょうけど、セルカニアス(国鉄近郊路線)を使ってもスタジアムまでは駅からかなり歩かないといけないのがネックです。 ▽ちなみにまだ本調子ではない彼らは先週、ペレグリーニ監督がバルサに今季初黒星を付けて名を挙げた後、ベティス戦では終盤に痛恨の失点をして1-0で負け。ミチェル監督の方はレアル・ソシエダ、エスパニョール戦と続けて2-2で引き分けているため、だんだんゴールは入るようになってきたようですが…来週は各国代表戦のparon(パロン/リーガの停止期間)で試合がないだけにどちらも勝って、降格圏外でお休みに入りたいですよね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.10.06 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

GKが凄いとこうなる…/原ゆみこのマドリッド

▽「何だか一番、得したのはセビージャみたい」そんな風に私が呟いていたのは月曜日、スポーツ紙などでは”Una semana magnifica/ウナ・セマーナ・マグニフィカ(偉大な1週間)”と、ここ3試合で首位との差を勝ち点7から2に縮めたアトレレティコが称えられていたものの、週明けの順位表では1つ下がって4位に。代わりに3連勝したセビージャがバルサ、レアル・マドリーと勝ち点差1となり、3位に喰い込んでいるのを見た時のことでした。いやあ、まだリーガは30節以上あるため、現時点でその程度の差に大した意味がないことはわかっているんですけどね。 ▽もちろんミッドウィークのレアル・マドリー戦での圧巻3-0勝利を含め、3試合で計12点。5位からや躍進したマチン監督のチームが勢いに乗っていることを否定する気もありませんが、とにかく羨ましいのは両エース、アンドレ・シウバとベン・イェデルがどちらも当たっていること。とりわけ先週末は戦前、あれだけ有利と言われながら、結局、スコアレスで終わったアトレレティコのマドリーダービーを見た後だけに、7試合での得点が16と、セビージャが彼らの倍、マドリーよりも4本多いゴールを入れているというのはもしや、この先の脅威となるかもしれない? ▽まあ、そんなことはともかく、7節のマドリッド勢のリーガがどうだったか、お伝えしていくことにすると。いやあ、木曜にヘタフェがアラベスと1-1で引き分け、6節最後の試合が終わった翌日、金曜にはもうラージョがエスパニョール戦で先陣を切っているんですから、まったく忙しいったらありません。そのエスタディオ・バジェカスの試合では前半6分、意表を突いて、ラウール・デ・トーマスがエリア外からシュートを決め、ようやく昇格後、初のホーム勝利を見られるかと、スタンドのファンも湧いたんですけどね。喜んでいられたのは15分程のことで、19分にはエルモーソのシュートをGKアルベルトが弾いたものの、ゴール前に詰めていたボルハ・イグレシアスに蹴り込まれ、1-1の同点に。更にハーフタイム直前にもアドビンクラに当たったボールがグラネロの前に落ち、勝ち越し点を奪われてしまうんですから、困ったもんじゃありませんか。 ▽それでも後半開始直後にはアドビンクラがディダクにエリア内で倒され、カクタがPKを決めて再びイーブンに戻したラージョだったんですが、それ以降、スコアは動かず。確かに後半の彼らは積極的に攻めていて、ミチェル監督も「Creo que los rayistas se pueden ir descontentos con el resultado, no con el rendimiento/クレオ・ケ・ロス・ラジスタス・セ・プエデン・イル・デスコンテントス・コン・エル・レスルタードー、ノー・コン・エル・レンディミエントー(ラージョファンは結果には不満足だったかもしれないが、パフォーマンスは違う)」と胸を張っていたんですけどね。スタンド閉鎖のせいで延期したアスレティック戦の分があるとはいえ、6試合で勝ち点5だけというのはちょっと寂しいですよねえ。 ▽そして土曜にはいよいよ、マドリーダービーがサンティアゴ・ベルナベウで開催されたんですが、いやあ、ピッチで先日、モドリッチ、クルトワ、セルヒオ・ラモス、ヴァラン、マルセロがロンドンで受賞したFIFA個人賞のトロフィーを披露して、まさかキックオフ前から、お隣さんがマウンティングしてくるとは!夏のW杯MVPから、UEFA最優秀選手賞、FIFAベストまでモドリッチに連取され、残るチャンスはバロンドールだけになっているグリーズマンなど、内心、あまり良い気持ちはしなかったんじゃないかと思いますが、大丈夫。前半のアトレティコは[4-3-3]のシステムで始めマドリーに対し、中盤での数的優位を生かすことに。 ▽でもねえ、早くも7分にはコケのスルーパスからグリーズマンが独走、エリア内でGKと1対1になったんですが、クルトワが顔でそのシュートを阻止。似たようなシーンは36分にも繰り返されて、今度はグリーズマンのスルーパスでジエゴ・コスタが突進したんですが、彼も手で弾かれてしまっては一体、どうしたらいいって言うのでしょう。この2つの神セーブには、シメオネ監督に「クルトワは今のアトレティコでは正GKになれない。ヤンの方が上」と信頼されているオブラクも動揺したか、ハーフタイム間際にはゴールキックをエリア内にいたアセンシオに贈るという珍しいミスを犯したりもしたんですが、幸い、相手のシュートはストライクコース。試合は0-0のままで折り返します。 ▽後半は太ももに違和感を覚えたベイルがセバージョスと交代。「creo que mi salida le ha dado otro aire al equipo/クレオ・ケ・ミ・サリーダ・レ・ア・ダードー・オトロ・アイレ・アウ・エキポ(自分が出場して、チームに別の空気を与えたと思う)」と当人も言っていた通り、俄然、マドリーの方が活発になったんですが、最大のピンチにオブラクが3シーズン連続サモラ(リーガで一番失点率が低いGK与えられる賞)はダテでないことを証明してくれたんです! そう、20分にアセンシオに1対1で迫られながら、paradon(パラドン/スーパーセーブ)で窮地を脱したんですが、何せ、彼は母国、スロベニアがW杯に出られなかったため、世界の注目する大舞台で実力を披露する機会がありませんでしたからね。 ▽おかげでUEFAやFIFAの賞とも無縁になっているんですが、この日はもう一人、マドリー攻撃陣の前に立ちはだかったディフェンダーが。それはヒメネスで、いえ、彼もダービー前には「En un partido de este estilo tiene que jugar mucho la cabeza/エン・ウン・パルティードー・デ・エステ・エスティーロ・ティエネ・ケ・フガール・ムーチョ・ラ・カベッサ(こういうスタイルの試合では頭を沢山、使ってプレーしないといけない)」と言っていたんですけどね。まさに有言実行、敵のクロスを9度も頭で弾き返す活躍で、ゴディンが自陣でアセンシオにパスを出してしまった際にも全力疾走。ボールをカットして、ウルグアイ代表先輩のミスをカバーしてくれたんですが、そのおかげもあって、最後までアトレティコは失点せずに済むことに。 ▽結果、スコアレスドローの痛み分けで終わった両者だったものの、これでサンティアゴ・ベルナベウでのリーガ戦で6年連続無敗とし、1940年代にバレンシアが作った記録に並んだアトレティコのファンには、いえ、私も含め、それ以前、ダービーでは開始1分に先制しようが、相手に退場者が出ようが、絶対に勝てなかった不遇の14年間を覚えている世代にしてみれば、負けなくて良かったという安堵感もあったんですけどね。やはりマドリーファンにはもどかしかったようで、ロペテギ監督がマリアーノを使わず、残り4分、最後の交代枠では「El partido pedia velocidad/エル・パルティードーペディア・ベロシダッド(試合にはスピードが必要だった)」(ロペテギ監督)という理由でベンゼマに代わり、18歳のヴィニシウスをデビューさせた時など、スタンドからはpito(ピト/ブイング)が飛ぶ始末。 ▽おまけにマドリー選手たちからも「Oblak ha tardado un minuto en sacar de puerta/オブラク・ア・タルダードー・ウン・ミヌート・エン・サカール・デ・プエルタ(オブラクはゴールキックに1分もかけていた)」(セバージョス)とか、「開始1分から時間稼ぎして、引き分け狙いのチーム相手に勝つのは難しい」(カルバハル)なんて文句も出ていたんですが、いやいや。だったら、前半、コケのクロスがエリア内でカゼミロの腕を直撃しながら、VAR(ビデオ審判)判定すらなかったことなんて、まさに「Que quieren que les diga.../ケ・キエレン・ケ・レス・ディガ(何を言ってほしいのやら…)」(シメオネ監督)という事態だったかと。 ▽だって、先週末のリーガだけでもエイバルvsセビージャ戦でヘスス・ナバスのクロスが腕に当たったコテがペナルティを取られていたり、ビジャレアルvsバジャドリー戦でもフネス・モリのヘッドがキコの腕に触れ、こちらはVARでPKという似た事例がありながら、カゼミロのハンドだけ、不可抗力として、お咎めを免れているんですよ。この点に関しては、クラブも審判委員会にVARの使用基準を問う書簡を出していましたが、今回のダービーではラモスがコレアの顔にcodazo(コダソ/肘打ち)を見舞ったのがイエローカードに留まったり、終盤は空中戦でカリニッチをド突いたのが2枚目にならなかったりと、どちらのケースもレッドカード案件だったにも関わらず、VAR判定がなかったのは何故? ▽まあ、シメオネ監督も「前半のチャンスを考えると残念だが、後半を見たところ…Creo que el empate es justo/クレオ・ケ・エル・エンパテ・エス・フストー(引き分けは妥当だと思う)」と言っていましたし、ハンドの抗議を主審に流されたコケも「Hoy ha sido el dia de los porteros/オイ・ア・シードー・エル・ディア・デ・ロス・ポルテーロス(今日はGKの日だった)」と認めていた通り、私もあの2度の絶好機を止められては勝てなくても仕方ないという気がしますけどね。実際、その日の前の時間帯ではバルサがカンプ・ノウでアスレティックと1-1で引き分け。ここ3試合連続して勝ち点を落としてくれたため、マドリーも同じ勝ち点で2位のまま、アトレティコも勝ち点差2で変わらずと、セビージャ以外に漁夫の利を与えることもなかったのは良かったかと。10月末のクラシコ(伝統の一戦)まで、リーガはこんな感じで競り合いが続くんじゃないでしょうかね。 ▽それより今週はCL第2節の方に注目で、早くも日曜午後には火曜のCSKAモスクワ戦に備え、マドリーがロシアに移動。セビージャ戦でふくらはぎを痛めたマルセロ、先週、急性盲腸炎で手術したイスコ、そしてケガではなかったものの、大事を取ったベイルが遠征に参加していないんですが、意外だったのはロペテギ監督がラモスをお留守番にしたこと。いえ、ダービーでサウールに頭をぶつけ、眉の上を縫ったのは関係ないんですけどね。ここまで出ずっぱりだったことを考えての休養のようですが、そうなると、センターバックをヴァランとナチョにして、カンテラーノ(RMカスティージャの選手)のレギュイロンを左サイドバックとして使うか、バジェホが中に入って、ナチョがマルセロの代理を務めるか、とにかくマルチDFのナチョは1人しかいないため、ロペテギ監督も考えどころ。 ▽折しも会場となるルジニキ・スタジアムがこの夏、スペインがベスト16でロシアに延長、PK戦の末、敗退した悲劇の舞台とあって、いえ、大会直前に代表監督を解任されたロペテギ監督はいいんですけどね。その時、ロシアのゴールを守っていたアキンフェエフと顔を合わせないといけないアセンシオやナチョ、カルバハル、ルーカス・バスケスらにとってはトラウマが残っているかもしれませんが、ここは同スタジアムでフランス代表の優勝を決めたヴァランを信頼。いくらリーガでここ2試合、ノーゴールが続いているマドリーとはいえ、実力的に後れを取るようなことはないはずですが、とりあえず火曜午後9時(日本時間翌午前4時)からのキックオフを楽しみに待つことにしましょうか。 ▽そしてCL第2節ではワンダ・メトロポリターノにクラブ・ブルージュを迎えるアトレティコはというと、アリアスがダービー前に全快通知をもらったため、ケガ人はサビッチだけになったはずだったんですけどね。どうやら、ヒザの負傷から戻ったビトロがまだ本調子ではなかったようで、今週は試合に出ず、スペシャルメニューでリハビリを続けるよう。他はもう、少数精鋭のチームですから、先発に少々、変更はあってもプレーする選手は同じです。何せ、昨季はグループ最弱と言われたアゼルバイジャンのカラバフと2分けして、3位で敗退してしまった彼らですからね。CL決勝がワンダで開催されることもありますし、いくら初戦でモナコに快勝して今季は好スタートを切ったとはいえ、決して油断をしないで挑んでもらいたいところです。 ▽え、兄貴分たちがリーガの上位争いを続ける一方で、だんだん心配になってきた弟分チームもあるんだろうって? そうですね、実は日曜にベティス戦だったレガネスが終了間際にロレンにゴールを許し、1-0で負け、ミッドウィークのバルサ戦勝利で離れていた最下位にまた戻ってしまったんですよ。おまけにこの土曜には18位のラージョと降格圏内ミニダービーで骨肉の争いを繰り広げないといけないのは何とも皮肉。 ▽いえ、月曜に前半にマキシ・ゴメスのゴールで先制されながら、後半に途中出場のマタが嬉しい1部初ゴールを決めて、アウェイでセルタと1-1で引き分けたヘタフェは順位も9位と安定していますけどね。土曜のレバンテ戦に向けてはここ2試合、連続して招集リスト入りできなかった柴崎岳選手が戻って来られるかどうかぐらいなんですが、さて。せっかくマドリッド勢1部5チームになってすぐ、3シーズン前のヘタフェとラージョのみたいにダブル降格なんて悲しい結末だけは避けたいですよね。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.10.02 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

トントン拍子に進んでいる…/原ゆみこのマドリッド

▽「だからって浮かれていちゃいけないわよね」そんな風に私が気を引き締めていたのは木曜日、あれだけスタートダッシュの失敗を言われていたアトレティコがいつの間にやら、週末のマドリーダービーで勝てば、お隣さんの上に立てることに気づいた時のことでした。いやあ、このミッドウィークのリーガであそこまで彼らに嬉しい目が出るとは神様だって、予想していなかったと思いますけどね。おまけにこの夏、UEFAスーパーカップでもレアル・マドリーを倒したシメオネ監督はここ5年間、サンティアゴ・ベルナベウでのリーガ戦で3勝2分けの無敗としているなんて聞くと、期待でワクワクしてしまうファンも少なくないはずですが、実際、ツキなんていつ離れていくかわかったもんじゃなし。 ▽その辺りを踏まえて、6節のマドリッド勢の試合を伝えていくことにすると、アトレティコより一足早く、火曜午後9時からアノエタでレアル・ソシエダと戦った弟分のラージョは、私がワンダ・メトロポリターノに着いた時間にはバウティスタにより序盤に先制された1点をGKルジのミスから、アドビンクラが返して同点に。更に前半36分にはPKをトレホが沈めて、1-2とリードしていたんですけどね。後半32分にウィリアン・ジョゼにヘッドを決められ、最後は2-2で引き分けることに。 ▽まあ、アウェイだったため、勝ち点1でも頑張ったと褒めてあげないといけないところですが、彼らにとって正念場となるのは金曜午後9時、次節のエスパニョール戦。ええ、スタンド閉鎖の影響でまだ今季2試合しかしていないエスタディオ・バジェカスではセビージャに1-4、アラベスに1-5と大量失点負けをしていますからね。ルビ監督率いるエスパニョールは先週末、サンティアゴ・ベルナベウでも1失点だけの拮抗したゲームをしていますし、火曜のエイバル戦でも1-0と勝っているため、手強い相手になりそうですが、早くファンに3年ぶりの1部での勝利を見せてあげられるといいのですが。 ▽一方、煌々と輝く中秋の名月の下で午後10時からという遅いキックオフを迎えたアトレティコはというと、これが信じがたいことに捕らぬ狸の皮算用が上手く行ったんですよ!そう、土曜のダービーを見越してここまで全試合に出場していたサウールはベンチ、30代のファンフランも招集外で温存し、20歳のカンテラーノ(アトレティコBの選手)、イサークが右SBを務めたんですが、相手のウエスカがあまり攻撃してくるチームでなかったため、その点は問題なし。それどころか、後で「次に大事な試合が控えている時、彼らは早めに勝負を決めにくることは話してあった」と、2004~09年にアトレティコの正GKを務めた、勝手知ったるレオ・フランコ監督にも手が打てない程の効率の良さを発揮したから、私も驚いたの何のって。 ▽まずは前半17分、コレアのスルーパスをもらって敵エリア内に入ったジエゴ・コスタが折り返すと、ゴール前に詰めていたグリーズマンが先制点をゲット。続いて29分には、その日は急造右SBをやらされず、本職のボランチで先発させてもらえて発奮したんでしょうかね。トマスがエリア外から狙って追加点を奪うと、早くも3分後、コケが山なりのクロスを送ったところ、GKウェルネルがコレアに目を眩まされて触れず、そのままボールはネットに収まることに。いやあ、このプレーにはコレアのオフサイド疑惑があったため、VAR(ビデオ審判)で確認されるまで、選手たちも喜ぶのを待たなければいけなかったなんてこともあったんですけどね。前半で3-0となれば、もう大手を振るって、選手温存していいってことじゃないですか。 ▽実際のところ、それからすぐ後、ヒメネスがふくらはぎの痛みを訴え、大事を取って、リュカと交代したため、お休みできたのは後半8分にカリニッチと代わったグリーズマン、19分にジェルソンと代わったコスタの2人だけに留まったんですが、「El rival fue superior/エルリバル・フエ・スペリオール(相手が上だった)」(レオ・フランコ監督)とあっさり、実力差を認めていたウエスカから、それ以上、ゴールが奪えなかったのはアトレティコがエネルギーの浪費を避けたせいだった?最近は目を覆うようなボールロストが少し、減ってきたコレアも「Me voy feliz porque el equipo volvió a ser el Atlético que todos queremos/メ・ボイ・フェリス・ポルケ・エル・エキポ・ボルビオ・ア・セル・エル・アトレティコ・ケ・トードス・ケレモス(皆が望むアトレティコが戻って来たから、ボクは幸せな気分で帰れるよ)」と言っていましたしね。 ▽おかげで平日なのに試合終了が午前零時近くとあって、早く帰宅したかったファンも心おきなく、途中で席を立つことができましたし、見た目、かなり楽な展開だったにも関わらず、何故か、記者会見では声がかすれていたシメオネ監督も「エイバル戦で改善の兆しがあって、CLモナコ戦は良かった。ヘタフェ戦ではもっと良くなって、hoy fue un partido contundente/オイ・フエ・ウン・パルティードー・コントゥンデンテ(今日はガツンといけた試合だった)」を満足していましたしね。ヒメネスもすぐ治りそうだったため、これならダービーに胸を張って臨めそうだと私もホッとしていたところ…。 ▽波乱が起きたのは翌水曜のことでした。まずは午後8時からのブタルケでのバルサ戦で、いやあ、何せ今季、まだ1勝もしていない最下位の弟分、レガネスですからね。スタンドを満員にしたファンがどんなに熱く応援しようと、バルベルデ監督がルイス・スアレス、ジョルディ・アルバを温存し、CFはムニル、左SBベルマーレンとメンバーを落としてこようと、5人DF体制で守りを固めたペレグリーニ監督のチームが序盤から、自陣エリア付近に押し込まれてしまったのは仕方なかったかと。その状態で前半11分にはコウチーニョのエリア前からのシュートが決まったとなれば、もう一体どうしたらいい? ▽いやあ、レガネスを見くびっていたのは私もバルサも同じですね。実は彼らが前半途中まで籠城状態になっていたのは、ペレグリーニ監督の説明によると、「ジョルディ・アルバを予想して、サイドに選手が必要だったから5-4-1にしたが、そのせいで中盤に人が足りなくなり、下がりすぎてしまった」からで決して、相手に臆していた訳じゃないんですよ。その証拠に組織的に守って1失点だけで前半を終えたレガネスは後半すぐ、合わせて68秒という速攻で逆転することに。ええ、7分にベスガが自陣からロングボールを出したところ、ジョナタン・シウバがエリア内にクロスを上げることに成功。ベルマーレンのチェックが遅れたため、身長差のかなりあるエル・ザールが頭で決めて同点になったかと思いきや、いや本当にまだ、私もメモを取っている最中だったんですよ。リスタート直後、またしても自陣から放たれたロングボールをエン・ネシリからピケが奪いながら、まさかオスカル・ロドリゲスにドンピシャの横パスを出してくれるとは! ▽そのシュートが逆転のゴールとなり、その後はルイス・スアレスやジョルディ・アルバ、マルコムを投入したバルサですが、メッシが精彩を欠いていたのも災い。そのまま2-1でレガネスが勝ったのがよっぽど心外だったんでしょうね。コウチーニョとラキティッチのダブルチャンスを連続paradon(パラドン/スーパーセーブ)で防ぎ、1点差を守るのに貢献したGKクエジェルなど、「Nadie ha venido a felicitarnos/ナディエ・ア・ベニードー・ア・フェリシタールノス(誰1人、お祝いを言いには来てくれなかった)」と、バルサの選手たちの対応が失礼だったことを怒っていましたが、まあ、彼らにしてみれば2-2で引き分けた前節ジローナ戦に続く、躓きですからね。 ▽試合後、唯一、バルサでインタビューを受けていたブスケツなども「退場者のいた前の試合とは違う。今日は11対11で戦ったのに、no hemos sido sólidos y hemos dado facilidades/ノー・エモス・シードー・ソリドス・イ・エモス・ダードー・ファシリダーデス(ウチは堅固でなく、敵を手助けしてしまった)」と反省していましたけど、何せ、昨季はかなりシーズンの遅い時期まで黒星のなかったバルサ。RMカステージャ(マドリーのBチーム)から修行に来ている、殊勲のオスカルも「Seguro que muchos compañeros del Real Madrid se han alegrado por mí/セグロ・ケ・ムーチョス・コンパニェロス・デル・レアル・マドリッド・セ・アン・アレグラードー・ポル・ミー(レアル・マドリーの多くの同僚がボクのおかげで喜んでいるだろう)」と言っていたんですが…実はその頃、肝心の兄貴分は大変な目に遭っていたんです! ▽いえ、直後に始まったセビージャ戦をオンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の中継でずっと聞いていたため、ブタルケを出て、セルカニアス(国鉄近郊路線)のサラケマダ駅に向かう頃にはマドリーが前半だけでもう、3点を取られていることは私も知っていたんですけどね。家に着いて映像を見たところ、マルセロのサイドを狙うというマチン監督の作戦がはまりまくり。ええ、17分には彼のパスミスを利用してヘスス・ナバスが突進すると、エリア内でアンドレ・シウバにアシストして先制点が入ったかと思えば、21分にもヘスス・ナバスのシュートをGKクルトワが弾きながら、マルセロのフォローが間に合わずにまたしてもアンドレ・シウバに決められてしまう羽目に。 ▽29分など、まあこれは”ムード”・バスケスの方が背が高いため、CKから回ってきたボールのクリアで空中戦に勝てなくても仕方なかったんですが、それがベン・イェデルの3点目に繋がったとなれば、世間からマルセロが戦犯扱いされても仕方なかったかと。「La primera parte la hemos regalado/ラ・プリメーラ・パルテ・ラ・エモス・レガラードー(前半をウチは相手に贈ってしまった)」(カセミロ)マドリーは後半、反撃に転じたものの、8分にモドリッチが決めた見事なvaselina(バセリーナ/ループシュート)もほんの僅かなオフサイドをVARに指摘され、スコアには上がらず。ベイルの1対1のシュートも前夜、幼いお子さんがテラスから転落し、一晩中、病院で付き添っていたというGKバシリクに弾かれ、挙句の果てにマルセロが負傷で最後は10人でプレーって、これじゃ3-0の完敗でも仕方ありませんって。 ▽え、ここ6シーズンで5敗しているサンチェス・ピスファンでのセビージャ戦とあって、ロペテギ監督はベストメンバーを並べたんじゃないのかって?そうなんですが、問題はその”ベスト”で実はこの日先発したモドリッチ、セルヒオ・ラモス、バラン、マルセロ、GKクルトワの5人は月曜にロンドンでのFIFA表彰式に出席。最優秀GK賞をもらったクルトワなど、「Yo a las 4.00 ya estaba durmiendo, descansé bien, entrené muy bien/ジョ・ア・ラス・クアトロ・ジャー・エスタバドゥルミエンド、デスカンセ・ビエン、エントレネ・ムイ・ビエン(ボクは午前4時には眠っていたし、よく休んだよ。とてもいい練習もした)」と言っていたものの、マドリッドに戻ったのは火曜の午前5時半だったというTVレポーターもいましたしね。 ▽それで練習が午前11時からというのはやっぱりハードスケジュールだったかと思いますが、実はマドリーが同じ轍を踏むのはもう3年目。ええ、初代FIFAベストにクリスチアーノ・ロナウドが選出された2016-17シーズンも直後のコパ・デル・レイでセビージャと3-3と引き分けた後、リーガでも同じ相手に2-1で負けていますし、翌シーズンもロナウドを始め、5人の選手が表彰式に出向いた後、まさにマチン監督率いるジローナに2-1で負けているとなれば、毎年、ベストイレブンなどで大量に選手が表彰されるのも考えものかと。 ▽まあ、そのおかげでこの土曜午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)からのマドリーダービーではアトレティコが上位2チームと勝ち点差2まで詰め、意外な程、早く首位到達への可能性が開かれたんですけどね。残念ながら、マチン監督を見習おうと、ファンフランをウエスカ戦で温存したシメオネ監督の作戦はマルセロが肉離れと見られるケガをしたことでムダになってしまいましたが、ヒメネスは木曜のセッションで普通に練習。対して相手は火曜に急性盲腸炎の手術をしたイスコが1カ月の離脱となっているのもあまりにタイミングが合いすぎて、逆に怖すぎるぐらいなんですが…いやいや、捕らぬ狸の皮算用が2度も続けて上手くいく保証など、どこにもないのがサッカー。バルサも土曜のアスレティック戦では黙っていないでしょうし、とりあえず、先は長いため、今はマドリーと引き分けても大丈夫そうなのを心の拠り所にして応援したいと思います。 ▽そして最後に木曜、アラベスと戦ったヘタフェは1-1の引き分けで終了。せっかくアマトのゴールで後半35分に先制できた彼らだったものの、ロスタイムにカレリに同点弾を浴びてしまったんですが、実はこの試合、柴崎岳選手が今季初めて招集リスト落ち。まあ、順位的には11位と安定したところにいるヘタフェのため、これはアウェイ連戦となる月曜のセルタ戦も考えてのローテーションかもしれませんが、いよいよベルガラもケガ治って復帰してきただけにチーム内の競争が高まっているのは確かかと。ベティスに行った乾貴士選手が日曜のレガネス戦にも出そうなのと違い、なかなかピッチで見られないのは残念ですが、柴崎選手も早く、ボルダラス監督の信頼が得られるようになってもらいたいところです。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.09.28 11:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース