久保裕也も祝福! ヤング・ボーイズが32年ぶりのリーグ制覇! 絶対王者バーゼルの9連覇を阻止!《スイス・スーパーリーグ》2018.04.29 14:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スイス・スーパーリーグ第32節が行われ、ホームでルツェルンに2-1で勝利した首位ヤング・ボーイズが32年ぶり12回目のリーグ優勝を果たした。

▽今季8連覇中の絶対的王者バーゼルが序盤戦から苦しんだ中、着実に勝ち点を積み重ねたヤング・ボーイズは23勝3敗6分けの圧倒的な戦績で1985-86シーズン以来、32年ぶりとなる12回目の優勝を果たした。

▽今季は32試合で34失点と安定した守備に加え、主砲FWギヨーム・オアロを筆頭に絶好調の攻撃陣が得点ランキングのトップ3を独占するなど、4選手が2ケタ得点を記録していた。

▽なお、2013年から2016年まで同クラブに在籍していた日本代表FW久保裕也は古巣の快挙を受けて、28日に自身の公式ツイッター(@kuboyuya31)で「YBはスイスマスター(スイス王者)です!」で祝福のツイートを行っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ヤング・ボーイズにCL初勝利献上のユベントス、公式戦アウェイ連続無敗記録が途絶える…

▽12日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節のヤング・ボーイズvsユベントスが行われた。 ▽試合はユベントスが勝利すればグループステージ首位通過が決定する中、ヤング・ボーイズがPKで先制に成功する。さらにヤング・ボーイズは68分にロングカウンターから追加点。ユベントスはディバラのシュートで終盤に1点を返したが、反撃はここまで。2-1で勝利したヤング・ボーイズがクラブ創設以来初のCL勝利を飾った。 ▽一方、データを扱う『Opta(@OptaPaolo)』によると、敗れながらも首位通過を決めたユベントスは、2017年11月から続いていたアウェイ連続無敗記録が26試合(23勝3分け)でストップした。 2018.12.13 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ヤング・ボーイズにCL初勝利献上のユベントス、ユナイテッドも敗戦で首位通過《CL》

▽ユベントスは13日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節でヤング・ボーイズとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 ▽前節バレンシア戦を辛勝して決勝トーナメント進出を決めたユベントス(勝ち点12)は勝利すれば首位でのグループステージ突破となる中、C・ロナウドやマンジュキッチ、ボヌッチらを起用。ディバラやキエッリーニ、アレックス・サンドロらはベンチスタートとなった。 ▽フラットな[4-4-2]を採用したユベントスは2トップにC・ロナウドとマンジュキッチ、右にドグラス・コスタ、左にベルナルデスキ、センターにピャニッチとベンタンクールを配し、右サイドバックにクアドラードを据えた。 ▽ハイプレスをかけてきたヤング・ボーイズに対し、なかなかボールを前に運べないユベントスは13、15分とC・ロナウドが際どいシュートを浴びせ、けん制していく。 ▽そんな中23分、左ヒザを痛めたクアドラードがプレー続行不可能となってアレックス・サンドロが投入される。なかなかリズムを作れないユベントスは27分にチャンス。右サイドに流れたマンジュキッチのマイナスクロスをドグラス・コスタがダイレクトで合わせるも枠の左に外れた。 ▽すると28分、ドグラス・コスタからの自陣ゴール前を横断する不用意な横パスを受けたアレックス・サンドロがボックス内でボールをロストし、思わずムミを倒してしまった。このプレーで与えたPKをオアロに決められ、ユベントスは先制される。 ▽ハーフタイムにかけても攻めあぐねるユベントスは、36分にピャニッチがミドルシュートを、42分にFKの流れからC・ロナウドが際どいミドルシュートを浴びせるも、同点ゴールを奪うには至らず前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半からギアを上げて入ったユベントスは開始1分、ピャニッチのFKが相手選手に当たってバーに直撃するチャンスを演出。その後も左サイドに回って縦への仕掛けを出せるようになったドグラス・コスタを起点に打開を図ったユベントスだったが、徐々に前半同様、攻めあぐねていく。 ▽63分にはフォルスナハトのヘディングシュートでGKシュチェスニーが脅かされると、68分に追加点を奪われる。ロングカウンターを受けて最後はオアロに決められてしまった。 ▽2点を追うユベントスはデ・シリオに代えてディバラを投入。すると80分、C・ロナウドの落としをペナルティアーク中央のディバラが枠の右へミドルシュートを叩き込んで1点を返した。 ▽87分にはベルナルデスキの左クロスをファーサイドのC・ロナウドがヘディングシュート。しかし、GKにセーブされた。そして90分の右CKからボヌッチの放ったヘディングシュートもGKにセーブされてしまう。 ▽結局、試合終了間際にCKの流れからディバラが強烈なシュートを叩き込んだものの、ボールに反応してしまったC・ロナウドがオフサイドポジションでノーゴール。ヤング・ボーイズにCL初勝利を献上してしまったが、ユナイテッドもバレンシアに敗れたため、首位での決勝トーナメント進出が決まっている。 2018.12.13 07:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド疑惑のCLグループ突破にバレンシア指揮官が怒り

▽バレンシアのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が、マンチェスター・ユナイテッドの得点に疑問を投げかけている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽27日のチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節でユベントスに0-1で敗れたバレンシアは、敗退が確定。同日行われたユナイテッドvsヤング・ボーイズの試合が引き分け以下であれば最終節に望みを繋ぐことができていたが、後半アディショナルタイムにMFマルアン・フェライニが得点を決め、その試合は1-0でユナイテッドが制した。 ▽しかし、ユベントス戦後、マルセリーノ監督はフェライニの得点シーンでハンドが見逃されたことに憤っている。 「マンチェスター・ユナイテッドのゴールがハンドだったのなら、怒りが沸くよ」 「細部が重要なんだ」 「このような大きな大会でVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)がないのはおかしい」 「慰めにはならない。しかし、これがフットボールだ」 「自分たちの状況に集中するよ」 2018.11.28 13:40 Wed
twitterfacebook
thumb

低調ユナイテッド、後半ATのフェライニ弾でヤング・ボーイズに辛勝し決勝T進出《CL》

▽マンチェスター・ユナイテッドは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節でヤング・ボーイズをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節ユベントス戦を終盤の2ゴールで劇的逆転勝利を飾った2位ユナイテッド(勝ち点7)は、勝利すればバレンシアの結果次第で決勝トーナメント進出が決まる中、ポグバとルカクをベンチスタートとした。 ▽最下位ヤング・ボーイズ(勝ち点1)に対し、[4-3-3]で臨んだユナイテッドは3トップに右からリンガード、ラッシュフォード、マルシャル、中盤アンカーにマティッチ、インサイドにフェライニとフレッジを据えた。 ▽そのユナイテッドは開始5分に決定機。ショーのスルーパスに抜け出したラッシュフォードがGKと一対一となりループシュートを放つ。しかし、わずかに枠の上に外れてしまった。 ▽その後、フレッジのミドルシュートでゴールに迫ったユナイテッドは、14分にはラッシュフォードが枠内シュートをマーク。 ▽ヤング・ボーイズを押し込むユナイテッドは26分にラッシュフォードがミドルシュートで牽制したが、前半半ば以降は拙攻が目立ち、チャンスを生み出せない。41分のフレッジのコントロールシュートも枠を捉えきれず前半をゴールレスで終えた。 ▽後半も敵陣でのプレーを続けたユナイテッドは56分、ルーズボールをボックス内のフェライニがボレーで合わせるも枠の上に外してしまう。 ▽引き続き拙攻が続くユナイテッドは66分に2枚代えを敢行。リンガードとフレッジに代えてルカクとポグバを投入した。 ▽すると直後、ラッシュフォードのミドルシュートでヤング・ボーイズを牽制。しかし70分に大ピンチ。CKの流れからファスナハトのシュートがディフレクトして枠の左を捉えたが、GKデ・ヘアがゴールライン上で掻き出すビッグセーブを見せて凌いだ。 ▽その後、バレンシアに代えてマタを投入したユナイテッドは、74分にルカクのヘディングシュートでゴールに迫ると、82分にはスモーリングもヘディングシュートを放ったが枠を捉えきれなかった。 ▽このままゴールレスドローが濃厚かと思われた追加タイム1分、ユナイテッドに待望のゴールが生まれる。ショーのロングボールをルカクが頭で落とし、ボックス右のフェライニがゴール左へ蹴り込んだ。 ▽これが決勝点となってユナイテッドが辛勝。低調ながら劇的勝利を飾ったユナイテッドが最終節のバレンシア戦を残して決勝トーナメント進出を決めた。 2018.11.28 07:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ディバラのハットでユベントスがヤング・ボーイズに快勝して2連勝スタート《CL》

▽ユベントスは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節でヤング・ボーイズとホームで対戦し、3-0で快勝した。 ▽バレンシアとの初戦をC・ロナウドが退場した中、ピャニッチのPK2本で白星スタートとしたユベントスは、その後のリーグ戦でも連勝し、直近のナポリとの大一番では3-1と快勝してセリエA開幕7連勝とした。そのナポリ戦のスタメンから3選手を変更。ジャン、カンセロ、出場停止のC・ロナウドに代えてベルナルデスキ、クアドラード、バルザーリを起用した。 ▽マンチェスター・ユナイテッドに0-3の完敗スタートとなったヤング・ボーイズに対し、3バックを採用して2トップにマンジュキッチとディバラ、トップ下にベルナルデスキを配したユベントスは、5分にあっさり先制する。ボヌッチのロングフィードに抜け出したディバラがボックス左からボレーで叩き込んだ。 ▽失点を受けて前がかるヤング・ボーイズに対し、15分にベルナルデスキがミドルシュートでGKを強襲したユベントスは、続く20分にはベルナルデスキの左クロスをディバラがダイレクトで合わせるもGKの正面を突いてしまった。 ▽前半半ば以降も自陣に引いてカウンターを狙う慎重な試合運びを見せたユベントスだったが、33分に加点した。マテュイディのミドルシュートがGKを強襲してルーズとなったボールをディバラが詰めた。 ▽ディバラの2発でリードを広げたユベントスは、ハーフタイムにかけても試合をコントロールして時間を消化し、ハーフタイムに入った。 ▽後半から余裕のユベントスはマテュイディに代えてジャンを投入。そのユベントスは開始3分にベルナルデスキのラストパスを受けたボックス右のディバラが右足で左ポスト直撃のシュートを放ち、ハットトリックに迫った。 ▽その後はヤング・ボーイズをいなして時間を進めたユベントスが69分に3点目を奪う。決めたのはディバラ。マンジュキッチの浮き球パスでボックス右に抜け出したクアトラードの折り返しをディバラがスライディングで押し込んだ。 ▽ディバラのハットトリックで快勝ムードとしたユベントスは、78分にカマラがディバラを叩いて2枚目のイエローカードを受けて退場となり、数的優位にもなった。 ▽終盤にかけては時間を進めることを優先としたユベントスが3-0のまま試合を終わらせて快勝。2連勝としている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.03 03:46 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース