ラフィーニャ&ベルナトの両SB、今季バイエルンを退団か2018.04.17 11:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンに所属するブラジル代表DFラフィーニャ(32)とスペイン代表DFフアン・ベルナト(25)の両サイドバックに今シーズン限りで退団する可能性があるようだ。

▽ドイツ『キッカー』によれば、ラフィーニャは代理人を務めるロジャー・ヴィットマン氏を介して、バイエルンから届いた契約延長オファーを拒否。バイエルンは改めて単年の延長を打診したようだが、ラフィーニャの移籍を容認する姿勢も示しているという。

▽また、来シーズン限りで契約が満了を迎えるベルナトにおいても、バイエルンとの契約延長に難色。すでに移籍を志願したとみられ、バイエルンも代役としてケルンでプレーするドイツ代表DFヨナス・ヘクターの獲得に向かっている模様だ。

▽2011年からバイエルンでプレーするラフィーニャは、今シーズンのここまで公式戦33試合に出場して3アシストを記録。2014年にバレンシアから加入したベルナトは、ここまで10試合の出場にとどまっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ハメス・ロドリゲスが2戦連発ヘッド弾&PK獲得のバイエルン、連敗のシャルケ下して開幕4連勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、シャルケvsバイエルンが22日に行われ、0-2でバイエルンが勝利した。 ▽前節ボルシアMG戦を1-2と落としてまさかの開幕3連敗スタートとなったシャルケは、チャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦では2つのPK献上があった中1-1で引き分けた。そのポルト戦のスタメンから2選手を変更。ベンタレブとセルダルに代えてディ・サントと古巣対決となるルディが先発となった。 ▽対するバイエルンはレバークーゼンに快勝して開幕3連勝とし、CLではベンフィカ相手に2-0と順当勝利を飾った。良い流れを持続している中、ベンフィカ戦のスタメンから4選手を変更。ロッベン、J・ボアテング、ハビ・マルティネス、レナト・サンチェスに代えてミュラー、チアゴ、ジューレ、古巣対決となるゴレツカが先発となった。 ▽3トップに右からハメス・ロドリゲス、レヴァンドフスキ、リベリと並べ、中盤アンカーにチアゴ、インサイドにミュラーとゴレツカを配したバイエルンが立ち上がりから攻勢をかけると9分、キミッヒの右CKからニアサイドのハメス・ロドリゲスがヘディングで叩き込み、あっさり先制する。 ▽ハメス・ロドリゲスのベンフィカ戦に続くヘッド弾で先制したバイエルンは、21分にアラバのミドルシュートで追加点に迫ると、25分にはレヴァンドフスキのスルーパスを受けたハメス・ロドリゲスがGKと一対一となるも、浮かせたシュートはフェールマンにセーブされる。 ▽一方的な展開のバイエルンは続く29分、アラバの直接FKがバーを直撃するなど、ハーフタイムにかけてもシャルケの反撃を許さずに1-0で前半を終えた。 ▽後半もバイエルンが攻勢に出ると、50分に追加点のチャンス。ミュラーのスルーパスをボックス左で受けたリベリの折り返しをハメス・ロドリゲスがプッシュ。しかし、枠の左に外してしまった。 ▽劣勢のシャルケは55分にFKからエンボロがヘディングシュートでゴールに迫ると、58分にはウートがコントロールシュートでオンターゲットを記録した。 ▽それでも63分、バイエルンがPKを獲得する。右サイドで仕掛けたハメス・ロドリゲスがボックス内に侵入したところでシェプフに倒された。これをレヴァンドフスキが決めてリードを2点に広げた。 ▽2点を追う展開となったシャルケはディ・サントに代えてアリを、ウートに代えてブルクシュタラーを投入した。 ▽しかし78分にアラバの直接FKで3点目に迫ったバイエルンは終盤にかけてもシャルケの反撃を許さず2-0で快勝。開幕4連勝とした。一方、敗れたシャルケは開幕4連敗となっている。 2018.09.23 03:24 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第4節プレビュー】久保vs浅野&原口、シャルケvsバイエルン開催

▽前節はバイエルンがレバークーゼンを撃破して開幕3連勝とし、大迫と久保の日本人対決はドロー決着に終わった。迎える第4節は久保ニュルンベルクvs浅野&原口ハノーファーの日本人対決やシャルケvsバイエルン、ホッフェンハイムvsドルトムントのCL出場チーム対決が行われる。 ▽まずは日本人対決から。大迫ブレーメンとの日本人対決を後半追加タイム弾で追いついてドローに持ち込んだ久保のニュルンベルクだが、今季未勝利が続く。開幕3試合連続フル出場中の久保だが、ブレーメン戦ではチームが押し込まれたこともあり、見せ場は作れなかった。そろそろ目に見える結果が欲しいところだが、浅野&原口の代表の先輩の前で移籍後初弾となるか。 ▽一方、ヴェルナーの2発でライプツィヒに打ち負けたハノーファーも未勝利となっている。開幕3試合連続スタメン中の浅野はライプツィヒ戦では幾つかゴールに迫るシーンがあったが決め切れず。前節途中出場の原口は見せ場を作れなかった。こちらもそろそろ移籍後初ゴールが欲しいところだが、久保の前でゴールとなるか。 ▽続いてシャルケvsバイエルン。前節ボルシアMG戦を1-2と落としてまさかの開幕3連敗スタートとなったシャルケは、CLポルト戦では2つのPK献上がありながら1-1で引き分けた。なかなか浮上のキッカケを見出せない中、バイエルンから勝ち点をもぎ取ることはできるか。古巣対決となるルディにも注目だ。 ▽対するバイエルンはレバークーゼンに快勝して開幕3連勝とし、CLではベンフィカ相手に2-0と順当勝利を飾った。良い流れを持続している中、不調の相手を叩いて開幕からの連勝を4に伸ばしたい。こちらは古巣対決となるゴレツカに注目だ。 ▽そして、ホッフェンハイムvsドルトムント。前節はデュッセルドルフに敗れて1勝2敗スタートとなったホッフェンハイムは、初のCLに臨んだシャフタール戦では逃げ切れず2-2で引き分けた。ドルトムントに勝利して戦績を五分に戻せるか。 ▽一方、アルカセルの移籍後初ゴールなどでフランクフルトに快勝したドルトムントは、CLクラブ・ブルージュ戦では終盤の幸運弾で辛勝した。クラブ・ブルージュ戦で今季初出場を果たした香川は試合の流れを好転させる働きを見せ、ファブレ監督へのアピールに成功している。戦力外に近い形から這い上がりつつある香川だが、ホッフェンハイム戦でも出場のチャンスを得られるか。 ▽その他、2戦連発はならなかったブレーメンの大迫はアウグスブルクとのアウェイ戦を、リーグ戦ではスタメン落ちが続いているものの、ELではDFLスーパーカップ以来となるフル出場を果たしたフランクフルトの長谷部はライプツィヒとのホーム戦を、前節今季初のベンチ入りを果たしたデュッセルドルフの宇佐美はシュツットガルトとのアウェイ戦に臨む。 ◆ブンデスリーガ第4節 ▽9/21(金) 《27:30》 シュツットガルト vs デュッセルドルフ ▽9/22(土) 《22:30》 ヴォルフスブルク vs フライブルク アウグスブルク vs ブレーメン ヘルタ・ベルリン vs ボルシアMG ホッフェンハイム vs ドルトムント ニュルンベルク vs ハノーファー 《25:30》 シャルケ vs バイエルン ▽9/23(日) 《22:30》 レバークーゼン vs マインツ 《25:00》 フランクフルト vs ライプツィヒ 2018.09.21 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

R・サンチェスが恩返し弾…キミッヒはベンフィカサポーターの反応に感銘「見たことがない」

バイエルン・ミュンヘンのポルトガル代表MFレナト・サンチェスは古巣ベンフィカとの試合でゴールを決め、2-0の勝利に大きく貢献。相手サポーターがそのゴールにスタンディングオベーションを送る光景にDFヨシュア・キミッヒが感銘を受けたようだ。<br><br>19日のチャンピオンズリーグ(CL)グループE開幕節ベンフィカ戦で今シーズン初出場を迎えたR・サンチェスはロベルト・レヴァンドフスキの先制弾(10分)の起点に。そして54分には自陣の深い位置からドリブルで相手ペナルティエリア前まで持ち運び自ら起点となると、最後はハメス・ロドリゲスのパスを押し込み、ついにバイエルンでの初ゴールをマークした。<br><br>そんなサンチェスのゴールによりホームチームが2点ビハインドとされたにも関わらず、ベンフィカサポーターたちはスタンディングオベーションを送った。ドイツ『シュポルト1』によると、その光景を目にしたキミッヒは試合後、以下のように語っている。<br><br>「相手のファンが立ち上がって拍手するのは今まで見たことがない。彼とともにものすごく喜んでいる。彼は19歳のときに1人でやってきて言葉も通じなかった。苦しむこともあったけど、今日は最高なプレーを見せてくれた。最初の瞬間から自信を持って臨んだ。脱帽するよ」<br><br>2016ユーロの最優秀若手選手に選ばれたサンチェスは大会後にベンフィカからバイエルンへ加わったものの、期待に応えられず。昨シーズンはレンタル先のスウォンジー・シティでも不遇のときを過ごした。しかし、ニコ・コバチ監督にはそのダイナミックさを「まるでローター・マテウスのよう」と例えられた同選手はここに来て復活の兆しを見せた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 23:04 Thu
twitterfacebook
thumb

R・サンチェス、古巣ベンフィカに恩返し弾で復活の兆し…バイエルン指揮官も称賛

バイエルンのニコ・コバチ監督が、古巣のベンフィカからゴールを挙げたMFレナト・サンチェスを称賛している。<br><br>バイエルンは19日、チャンピオンズリーググループステージ第1節でベンフィカと対戦。R・サンチェスは古巣との一戦で今シーズン初の先発を飾った。1点リードの後半には自らドリブルで持ち運んで起点となると、最後はハメス・ロドリゲスのパスを押し込み、2-0の勝利に大きく貢献している。<br><br>コバチ監督は「チアゴ(アルカンタラ)がケガしたため、今日はレナトにチャンスが回ってきた。彼には『気楽にやれ。君のプレーを見せるだけでいい。ここは君のホームだろ』と伝えていたよ。これだけできることはわかっていた。2ゴール奪うチャンスはあったけど、満足している」と称賛しつつ、「若い選手だし、落ち着かなければならないということは常に念頭に置く必要がある」と釘を刺している。<br><br>また、サンチェスのゴール時にはベンフィカサポーターからも拍手が送られ、ゴールセレブレーションも見せず、スタジアムには美しい光景が広がった。サンチェス自身も素晴らしい夜となったことを語っている。<br><br>「リスボンでの夜を楽しむことができてとても嬉しい。ベンフィカサポートにも感謝したい。僕にとって特別な瞬間だったし、楽しめたよ」<br><br>2016年夏にベンフィカからバイエルンへ加わったものの、真価を発揮できず、昨シーズンもスウォンジー・シティで不遇のときを過ごしたサンチェス。しかし、持ち前のダイナミックさを発揮し、復活の兆しを見せたと言えそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 17:16 Thu
twitterfacebook
thumb

今季初出場レナト・サンチェスの恩返し弾などでベンフィカ撃破のバイエルンが白星スタート!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のベンフィカvsバイエルンが19日に行われ、0-2でバイエルンが勝利した。 ▽予選3回戦から勝ち上がり、4大会連続で本選出場を決めたベンフィカは、3トップにサルビオ、セフェロビッチ、セルヴィを並べた[4-3-3]の布陣を採用。その他にもピッツィやジェドソン・フェルナンデスら主力が順当に先発で起用された。 ▽一方、6度目のCL制覇を目指すドイツ王者のバイエルンは、15日に行われたレバークーゼン戦から先発を6人変更。負傷交代したトリソやミュラー、チアゴらに代わり古巣対決となるレナト・サンチェスやハメス、フンメルスらが先発に名を連ねた。 ▽[4-2-3-1]を採用したバイエルンは、2列目に右からロッベン、ハメス、リベリを並べ、最前線にレヴァンドフスキを配置。そのバイエルンは、積極的なプレスでボール奪取を狙うベンフィカにやや苦戦するも10分、ボックス左から侵入したリベリの縦パスをオーバーラップしたアラバがダイレクトクロス。これを中央のレヴァンドフスキがボディフェイントで相手DFをずらして右足を振り抜くと、これがゴール左隅に決まった。 ▽先制を許したベンフィカは、28分に反撃。セルヴィの左クロスはアラバにクリアされるもこぼれ球をボックス右で拾ったピッツィの折り返しをサルビオが狙ったが、これはGKノイアーの好守に阻まれた。 ▽バイエルンは、40分に決定機。ノイアーのロングフィードをレヴァンドフスキが頭でつなぐとこぼれ球を相手DFがクリアミス。このボールを拾ったリベリがダイアゴナルに切り込みラストパスを救急したが、ボックス内に走り込んだロッベンのダイレクトシュートは、GKヴラチョディモスが右手で弾き出した。 ▽迎えた後半、再び試合を動かしたのはリードするバイエルン。54分、自陣でボールを受けたR・サンチェスがドリブルで持ち上がりカウンター。バイタルエリア右でパスを受けたのレヴァンドフスキが左サイドにボールを振ると、これを受けたリベリがボックス内まで切り込みボックス左のスペースへパスを供給。これに反応したハメスのクロスをゴール前に走り込んだR・サンチェスが滑り込みながらで流し込んだ。 ▽リードを広げられたベンフィカの反撃は60分、右サイド高めの位置で獲得したFKからピッツィがクロスを供給すると、これをルベン・ジアスがヘディングで合わせたが、シュートはGKノイアーが好反応を見せて右手で弾き出した。 ▽守護神の好セーブでピンチを凌いだバイエルンは、69分にもアラバのアーリークロスに飛び込んだニャブリがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。今季公式戦初出場となったR・サンチェスの恩返し弾などでベンフィカを撃破したバイエルンが白星スタートを飾った。 ▽また、同日に行われたグループE第1節のアヤックスvsAEKアテネは、3-0でアヤックスが勝利した。試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半早々の46分、右CKのこぼれ球をF・デ・ヨングが頭で繋ぐと、ボックス右手前で受けたネレスがクロスを供給。これをゴール前に抜け出したタグリアフィコが左足で流し込み、アヤックスが先制した。 ▽先制したアヤックスは、77分にもボックス右から仕掛けたタディッチのクロスを途中出場のファン・デ・ベークがボレーシュートで流し込み、追加点を奪った。 ▽アヤックスは試合終了間際の90分にも、エイティングのロングパスで左サイドを駆け上がったタグリアフィコがボックス左から直接シュートをゴールに突き刺し、試合を決定づける3点目。結局、試合はそのまま3-0で終了した。 ▽ホームで完勝したアヤックスは10月2日のグループE第2節でバイエルンとのアウェイ戦に臨み、AEKアテネはベンフィカをホームに迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a> 2018.09.20 06:00 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース