ラフィーニャ&ベルナトの両SB、今季バイエルンを退団か2018.04.17 11:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンに所属するブラジル代表DFラフィーニャ(32)とスペイン代表DFフアン・ベルナト(25)の両サイドバックに今シーズン限りで退団する可能性があるようだ。

▽ドイツ『キッカー』によれば、ラフィーニャは代理人を務めるロジャー・ヴィットマン氏を介して、バイエルンから届いた契約延長オファーを拒否。バイエルンは改めて単年の延長を打診したようだが、ラフィーニャの移籍を容認する姿勢も示しているという。

▽また、来シーズン限りで契約が満了を迎えるベルナトにおいても、バイエルンとの契約延長に難色。すでに移籍を志願したとみられ、バイエルンも代役としてケルンでプレーするドイツ代表DFヨナス・ヘクターの獲得に向かっている模様だ。

▽2011年からバイエルンでプレーするラフィーニャは、今シーズンのここまで公式戦33試合に出場して3アシストを記録。2014年にバレンシアから加入したベルナトは、ここまで10試合の出場にとどまっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ボアテングがバイエルン退団を示唆か「できることはやり尽くした」プレミア復帰話も浮上

25日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝の第1戦、バイエルンvsレアル・マドリーは、1-2でアウェーのレアル・マドリーが勝利を収めた。この試合で先発出場したジェローム・ボアテングは筋肉系の負傷により34分で途中交代。同選手は第2戦の欠場が有力視されており、ロシア・ワールドカップ出場を危ぶむ声もある。そんな中、本人が今季限りでバイエルンを去る可能性があると一部メディアで報じられた。<br><br>現在29歳のボアテングは2011年にバイエルンへと加入。その後は最終ラインの主軸としてプレーし、契約は2021年まで残している。だが、スポーツメディア『Socrates』の取材で、ボアテング本人がバイエルンからの退団を示唆しているという。<br><br>「人生で、これまで達成していない目標は何なのか、疑問を持ちながら自分に言い聞かせている。いつも同じクラブで、同じ環境下で、本当にいいのかってね」<br><br>同メディアは「バイエルンでできることはほぼやり尽くした」と&ldquo;移籍示唆&rdquo;とも取れるボアテング本人の言葉を掲載している。<br><br>その一方で一部メディアの報道によると、ジョゼ・モウリーニョ監督が指揮するマンチェスター・ユナイテッド、そして10-11シーズンにプレーした古巣であり、恩師ペップ・グアルディオラが率いるマンチェスター・シティへの復帰話も浮上しているという。<br><br>ロシア・ワールドカップを直前に控えたシーズン終盤戦で負傷したボアテング。当面のところはロシアW杯のドイツ代表メンバー入りを目指して治療に専念する見通しだが、4年に一度の大舞台を終えた後は&ldquo;新たな目標&rdquo;に向け、移籍を決断するというシナリオも現実的なプランとなっているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ミュラー、多くのチャンス逸を悔み「リスペクトしすぎた。しかし諦めない」

バイエルンのFWトーマス・ミュラーはチャンスを決めきれなかった試合を悔やんだ。<br><br>バイエルンは25日、チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグでレアル・マドリーと対戦。ホームで行なわれた一戦では多くのチャンスがありながらも決めきれず、1-2で落としている。<br><br>ミュラーは「もっと違う結果になる可能性だってあった」と話し、多くのチャンスを逃したことを反省する。<br><br>「1-2にしてレアルを生き返らせてしまった。ハーフタイムのときはチャンスがあると思って笑顔を浮かべられたんだけどね。チャンスも多くあったし、リスペクトしすぎたんだと思う。それは必要なかった。しかし諦めないよ。僕らは(昨年)マドリーで2-1と勝っている。異なるメンタリティが必要だね」<br><br>なお、セカンドレグはサンティアゴ・ベルナベウで5月1日に行なわれる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「ミスから2点を与えた」逆転負けのハインケス、2つのアウェイゴールに落胆を隠せず

バイエルンのユップ・ハインケス監督は、2つのアウェイゴールを許したことを嘆いている。<br><br>25日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグでバイエルンはホームにレアル・マドリーを迎える。ヨシュア・キミッヒのゴールで先制したバイエルンだが、前半のうちに同点にされると、57分にマルコ・アセンシオに決勝点を奪われ、ホームで1-2と逆転負けを喫した。<br><br>試合後、ハインケス監督はドイツ『ZDF』で「明らかなミスからレアル・マドリーにアウェイゴールを2つ与えてしまった。我々にも本当良いチャンスがあったが、ものにできなかったから負けたことに驚きはない。多くのチャンスがあってもそれで得点を挙げれなければ勝つことはできない」と落胆した様子で話した。<br><br>決勝進出の可能性はまだ残されているかと問われた同指揮官は「まだセカンドレグが残っている。我々には失うものは何もない」とレアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われる一戦を見据えている。<br><br>また、前半早々に負傷してチアゴ・アルカンタラと交代したアリエン・ロッベンについて「彼の状態はそんなに悪いようには見えない」と回答。検査結果次第のようだが、セカンドレグへの出場の可否を明言しなかった。<br><br>レアル・マドリー対バイエルンのCL準決勝セカンドレグは5月1日に予定されている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

S・ラモス、ジダン守るためにモウリーニョを引き合いに?「タイトル獲得しなくても批判されない監督だっていた」

レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスが、ジネディーヌ・ジダン監督に向けた批判に対して反論した。スペイン『マルカ』と『アス』が伝えている。<br><br>25日のチャンピオンズリーグ準決勝1stレグ、敵地アリアンツ・アレーナでのバイエルン・ミュンヘン戦を2-1で制したレアル・マドリー。その後にミックスゾーンに現れたS・ラモスは、今季にコパ・デル・レイで敗退し、リーガ・エスパニョーラ連覇も逃しそうなジダン監督が批判を浴びせられることに異議を唱えている。<br><br>「マドリーの監督は、いつだって疑問視されるものだ。まあ、ここに何年もいて、タイトルを獲得していないにもかかわらず誰からも批判されなかった監督もいたけどね。僕たちはジダンが舵を取る船に乗ることができて、とても満足しているよ」<br><br>『マルカ』は、この「誰からも批判をされなかった監督」が、S・ラモスと対立していた現マンチェスター・ユナイテッド指揮官ジョゼ・モウリーニョ監督だと指摘している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 08:36 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLスタッツ】マドリーが史上初のCL150勝目! C・ロナウドがCL最多勝利選手に

▽レアル・マドリーは25日に敵地フースバル・アレーナ・ミュンヘンで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのバイエルン戦を2-1で逆転勝利した。同試合で達成された幾つかの記録をデータ会社『OptaJoe』が伝えている。 ▽マドリーは今回の勝利によって、史上初となるCL通算150勝を達成した。奇しくも今回の対戦相手であるバイエルンから最多の9勝、次に前ラウンドで破ったユベントスから7勝を挙げている。 ▽また、この試合でCL通算96勝目を手にしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは元同僚GKイケル・カシージャスの95勝を抜き、個人として単独最多のCL勝利選手となった。なお、CL11試合連続ゴール中だったC・ロナウドだったが、この試合ではゴールを記録することができず、連続ゴール記録はストップした。 ▽その他では前半終了間際に貴重な同点ゴールを挙げたブラジル代表DFマルセロが、1シーズンでのキャリアハイを更新する今季3ゴール目を記録。また、逆転ゴールを記録したFWマルコ・アセンシオはこれが今季CL初ゴールとなったが、同選手のこれまでの3ゴールはいずれもCL準々決勝以上のラウンドでのゴール。これまでは昨季準々決勝でのバイエルン戦と昨季決勝のユベントス戦で挙げていた。 ▽一方、バイエルンではMFヨシュア・キミッヒが先制ゴールを記録したが、これはユップ・ハインケス監督にとって自身が率いたチームでのCL通算100点目となった。 2018.04.26 08:32 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース