出場機会減のラッシュフォード、延長交渉を先延ばしか2018.04.17 11:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(20)がクラブとの契約延長を先延ばしにしているようだ。

▽ユナイテッドアカデミー出身で次代のスター選手として期待が集まるラッシュフォードの契約は残り2年。イギリス『メトロ』によれば、ユナイテッドは、そのラッシュフォードと新たに長期契約の締結を目指しているという。

▽だが、ラッシュフォードは、今冬にアーセナルからチリ代表FWアレクシス・サンチェスが加入して以降の出場機会減少を懸念。クラブの来夏における動きを静観した上で、延長するか否かの答えを導き出したい意向の模様だ。

▽とはいえ、ラッシュフォード自身の希望は、ユナイテッド残留。なお、今シーズンのここまで公式戦45試合に出場して12ゴール9アシストを記録しているが、1月以降はプレミアリーグでわずか1回の先発機会にとどまっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ビルバオがユナイテッドの放出候補・エレーラを連れ戻しか

▽アスレティック・ビルバオが、かつてチームに在籍したマンチェスター・ユナイテッドのMFアンデル・エレーラを連れ戻す考えがあるようだ。スペイン『エル・コレオ』が報じた。 ▽2011年7月からビルバオでプレーしていたエレーラは、2014年7月にユナイテッドへと移籍。今シーズンはプレミアリーグで23試合に出場し2アシストを記録。チャンピオンズリーグでは6試合に出場していた。 ▽古巣であるビルバオは、エレーラに復帰の意思を確認したとのこと。移籍金を支払うことは決定したようで、ユナイテッドの合意が得られれば獲得に動くとのことだ。 ▽ユナイテッドは今夏人員整理をすると見られており、エレーラもそのリストの1人とのこと。DFダレイ・ブリント、DFクリス・スモーリング、DFルーク・ショー、MFマルアン・フェライニ、MFフアン・マタ、FWアントニー・マルシャルも放出候補と見られ、引退するMFマイケル・キャリックもその1人だ。 ▽エレーラは、ビルバオで公式戦128試合に出場し11ゴール20アシストを記録していた。 2018.04.25 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョ氏がポグバのバロンドールに太鼓判「歴史を作れる選手」…去就についても言及

バルセロナなどで活躍した元ブラジル代表のロナウジーニョ氏が、ポール・ポグバのバロンドール受賞に太鼓判を押している。<br><br>チームと個人の成績を加味した上で年間最優秀選手に贈られるバロンドールだが、2007年にカカ氏が受賞して以降はクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシ以外の受賞者が表れていない。<br><br>2005年に同賞を獲得しているロナウジーニョ氏は、『Canal Football Club』のインタビュー内で次期バロンドール受賞者候補としてマンチェスター・ユナイテッドのMFポグバの名を挙げている。<br><br>「彼は若いし、中盤ならどこでだってプレーできる。攻撃で自由にプレーすることが多いけど、守備もやってチームのために走ることもできる。才能に溢れた歴史を作ることができる選手だね」<br><br>ロナウジーニョ氏から守備能力の高さを評価されたポグバだが、今シーズンはマンチェスター・U指揮官のジョゼ・モウリーニョにポジショニングの拙さを指摘されるなど、守備でのプレーに不安定さを見せてベンチに座る試合も多くなっている。<br><br>出場機会の少なさに不満を持ったポグバが移籍を画策しているという噂もあるが、モウリーニョの手腕を称賛したロナウジーニョ氏は、指揮官の決断を尊重するよう若いポグバにアドバイスを送っている。<br><br>「モウリーニョは数多くのタイトルを取っている世界でもトップクラスの監督だ。もし彼が選手に向かってベンチに座れと言ったなら、その決断を尊重しなければならない。そこには必ず理由があるはずなんだ」<br><br>ポグバの移籍先については、すでにレアル・マドリーが触手を伸ばしているという報道もある。ロナウジーニョ氏は、マンチェスター・Uに留まることがベストだとしつつも、移籍先については本人が決めればいいというスタンスで、悩める若きフランス代表MFにエールを送った。<br><br>「ポグバはモウリーニョの下でプレーすることによってたくさんのことを学ぶことができるだろう。でも、彼がもっと幸せになれるクラブがあるなら、そこでプレーしたらいいんじゃないかな」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.25 00:01 Wed
twitterfacebook
thumb

名将の年俸トップ5は? 仏誌が発表

▽フランス『フランス・フットボール』が、高額年俸を受け取っている名将たちのトップ5を発表した。 ▽現在最も多くの年俸を受け取っているのがマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督だ。昨シーズンから赤い悪魔の指揮を執るポルトガル人指揮官は今年1月に2020年まで契約を延長。その際に200万ユ―ロ増加の年俸2600万ユ―ロ(約34億5000万円)の契約を結んだようだ。 ▽それに次ぐのが中国代表マルチェロ・リッピ監督だ。2016年10月に広州恒大から中国代表に籍を移した元イタリア代表監督の年俸は2300万ユ―ロ(30億5000万円)とのこと。中国バブルの恩恵を受け取っている形だ。 ▽3番目は、意外(?)にも思えるかもしれないが、ディエゴ・シメオネ監督となっている。アトレティコ・マドリーで7シーズン目を迎えているアルゼンチン人監督は、昨年9月に2020年まで契約を延長。現在は2200万ユ―ロ(約29億2000万円)もの年俸になっており、後に続くジネディーヌ・ジダン監督やジョゼップ・グアルディオラ監督を凌ぐ報酬を受け取っている。 ▽レアル・マドリーのジダン監督とマンチェスター・シティのグアルディオラ監督は、それぞれ年俸2100万ユ―ロ(約27億9000万円)と2000万ユ―ロ(約26億6000万円)となっている。今季シティをプレミアリーグ優勝に導いたグアルディオラ監督に関しては契約延長も囁かれており、新契約ではモウリーニョ監督を超える額を受け取ることも予想される。 2018.04.24 22:25 Tue
twitterfacebook
thumb

スモーリング、代表入りへ自信「ケインも封じ込めている」…昨年6月以来不選出

マンチェスター・ユナイテッドDFクリス・スモーリングは、イングランド代表としてのロシア・ワールドカップ出場へ自信を明かした。<br><br>現在28歳のスモーリングは2010年にフルハムから加入して以来8年間、ユナイテッドのディフェンスラインを支えている。21日のFAカップ準決勝トッテナム戦にも出場し、チームの決勝進出に貢献した。<br><br>今季チームのFAカップ決勝進出、リーグ2位に貢献しているスモーリングだが、2017年6月以来イングランド代表からは遠ざかっている。しかし6月に行われるロシア・ワールドカップ出場は諦めていないようだ。<br><br>「僕にできることは試合に出場し、大事な試合でしっかりとしたパフォーマンスを見せることだけだよ。自分の仕事を続けるだけさ。もちろん夏もプレーしたい。自分のサッカーで主張を続けるしかないよ。僕は長い間チームの大黒柱を務めていると思っている。今はできる限り良い成績でシーズンを終え、何が起こるのか見てみたい」<br><br>イングランド代表のサウスゲイト監督とは特に会話を交わしていないことを明かしつつも、ユナイテッドでの経験の重要性を強調した。さらに代表のエースを封じ込めていることも評価されるべきと考えているようだ。<br><br>「ユナイテッドで長い間プレーしていることはとても大きなアピールポイントだと思う。全ての監督が僕を信頼してくれている。残りのシーズンを楽しみたい。ハリーとの戦うことはとても楽しいよ。彼は長い間僕から多くの点を奪えていないはずさ。最高の選手と対戦することは自分自身を試すのにいい機会だよ。彼は間違いなく今季のベストプレーヤーだからね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.24 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ、モウリーニョとの不仲&移籍を否定!

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)がジョゼ・モウリーニョ監督との軋轢を否定した。『ESPN』が伝えた。 ▽2016年夏に当時の史上最高額でユベントスからユナイテッドに復帰したポグバ。だが、ジョゼ・モウリーニョ監督との不仲説が囁かれ、移籍の噂も後を絶えない。 ▽だが、ポグバは母国フランスメディア『Canal+』でポルトガル人指揮官との不仲を否定。移籍の可能性も一蹴している。 「問題はない。彼もそう思っているはずだ。彼は監督で、彼に選ぶ権利がある。僕は選手。彼の決断を受け入れ、ピッチで表現するまでさ」 「今はマンチェスター・ユナイテッドのことだけを考えている。僕らはFAカップ決勝があって、その先にワールドカップもある。移籍は考えていない」 2018.04.24 08:25 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース