出場機会減のラッシュフォード、延長交渉を先延ばしか2018.04.17 11:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(20)がクラブとの契約延長を先延ばしにしているようだ。

▽ユナイテッドアカデミー出身で次代のスター選手として期待が集まるラッシュフォードの契約は残り2年。イギリス『メトロ』によれば、ユナイテッドは、そのラッシュフォードと新たに長期契約の締結を目指しているという。

▽だが、ラッシュフォードは、今冬にアーセナルからチリ代表FWアレクシス・サンチェスが加入して以降の出場機会減少を懸念。クラブの来夏における動きを静観した上で、延長するか否かの答えを導き出したい意向の模様だ。

▽とはいえ、ラッシュフォード自身の希望は、ユナイテッド残留。なお、今シーズンのここまで公式戦45試合に出場して12ゴール9アシストを記録しているが、1月以降はプレミアリーグでわずか1回の先発機会にとどまっている。
コメント
関連ニュース
thumb

敵地ユナイテッド戦でまた敗戦のフルアム、最後の勝利は稲本潤一ゴールの2003年…

▽フルアムは8日にオールド・トラフォードで行われたマンチェスター・ユナイテッド戦に1-4で大敗した。『@OptaJoe』が伝えるところによれば、この敗戦によってフルアムはオールド・トラフォードでの公式戦22戦未勝利(21敗1分け)という結果になった。 ▽クラウディオ・ラニエリ新監督の下で浮上のキッカケを掴みたい最下位のフルアムは、リーグ4戦未勝利のユナイテッドのホームに乗り込んだ。しかし、序盤からペースを握られて前半を3点ビハインドで終えると、後半にPKから1点を返すも最終的に1-4で大敗した。 ▽この結果、敵地オールド・トラフォードでの戦いを極端に苦手とするフルアムは、直近の対ユナイテッドの公式戦22試合目で21敗目を喫することになった。 ▽なお、フルアムがオールド・トラフォードで最後に勝利をしたのは2003年10月のプレミアリーグでの対戦。同試合ではDFリオ・ファーディナンドやMFライアン・ギグス、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWルート・ファン・ニステルローイ、FWディエゴ・フォルランらが先発したユナイテッドに対して、フルアムがMFリー・クラーク、MFスティード・マルブランク、MF稲本潤一のゴールによって3-1の快勝を収めていた。 2018.12.09 15:03 Sun
twitterfacebook
thumb

5試合ぶり勝利に上機嫌のモウリーニョ「水がないな。1月へ向けた経費削減か?」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、リーグ戦5試合ぶりの勝利に&ldquo;美しく、完璧だった&rdquo;と満足した様子で語った。<br><br>8日に行われたプレミアリーグ第16節でユナイテッドはホームでフルアムと対戦。ここリーグ戦4試合で勝利のないユナイテッドだが、この日は13分にアシュリー・ヤングが先制点を挙げると、その後もフアン・マタ、ロメル・ルカクが追加点をマークし、前半までに3点のリードを奪う。後半にPKから1点を許すもマーカス・ラッシュフォードがチーム4点目を決めて、4-1と快勝した。<br><br>試合後、今シーズン最多となる4得点を挙げたチームへモウリーニョ監督はイギリス『スカイスポーツ』で賛辞を送った。「前半は本当に良かった。フルアムにチャンスを与えず、積極的に激しくプレーできていた。美しく、チームとしてのフットボールだった。前半は完璧だった」<br><br>「後半は(クラウディオ)ラニエリにしてやられた。彼は2枚を代えて、前半のようにプレーできないよう我々を陥れた。それに何人かの選手たちは疲労もあった。さまざまな要因が重なって前半のようにはプレーできなかった。しかし、我々はボールが無いときも相手FWをゴールから遠ざけることができた。ボールを持ったときもシンプルに1タッチや2タッチでプレーした。本当に良かった」<br><br>同指揮官は久々に勝利できたことについても言及。「我々には勝利が必要だった。直近の3試合では負けなかったが、勝てもしなかった。これから2つのアウェー戦を行い、その後2つのホームゲームだ。これからどれだけポイントを稼げるか見物だ」<br><br>また、直後の会見でもモウリーニョ監督は、席に水が用意されていないことに対して「水がないな。(冬の移籍市場が始まる)1月に向けての経費削減か?」と快勝に終始上機嫌だった。<br><br>ユナイテッドは、12日のチャンピオンズリーグでバレンシアと戦った後、敵地で首位リバプールと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.09 14:47 Sun
twitterfacebook
thumb

今季最多の4ゴールを奪ったユナイテッドがリーグ戦5試合ぶりの白星!《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは8日、プレミアリーグ第16節でフルアムとホームで対戦し4-1で勝利した。 ▽ミッドウィークに行われたプレミアリーグ第15節のアーセナル戦を2-2のドローで終えたユナイテッドは、その試合から先発を4人変更。マルシャルやダルミアン、ロホらに代えてルカクやマタ、ヤングらが先発で起用された。 ▽激しい雨の降りしきる中で始まった試合は、立ち上がりから地力で勝るユナイテッドが主導権を握る。すると13分、ラッシュフォードのパスをボックス左横で受けたヤングが強引なカットインでボックス内に侵入。豪快に右足を振り抜くと、このシュートが右サイドネットに突き刺さった。 ▽先制点で攻撃の勢いが増したユナイテッドは、28分にもルカクのスルーパスでボックス左に侵入したラッシュフォードがマイナスの折り返しを供給すると、中央に走り込んだマタがゴール右隅にダイレクトシュートを流し込んだ。 ▽攻撃の手を緩めないユナイテッドは41分、マタがボックス左手前リンガードとのパス交換でボックス左深くまで侵入すると、ダイレクトの折り返しをゴール前のルカクが右足で押し込み、3点目を奪った。 ▽後半に入っても攻勢を続けるユナイテッドだが、66分にエレーラがボックス内でカマラを倒してしまいPKを献上。このPKはカマラにゴール右隅に決められた。 ▽1点を返されたユナイテッドだが、69分にザンボ・アンギッサがラッシュフォードへのファールで2枚目のイエローカードを受けて退場に。数的有利となったユナイテッドは、82分に決定機。左サイド深くでボールを受けたラッシュフォードがゆったりとしたリズムで切り込むと、ボックス左横からミドルシュート。無回転気味のシュートは、相手GKの手を弾いてネットを揺らした。 ▽結局、試合はそのまま4-1で終了。今季最多4ゴールを奪ったユナイテッドが、リーグ戦5試合ぶりの白星を飾った。 2018.12.09 02:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ガラタサライで躍動の若手DFカバクに興味か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ガラタサライに所属するU-18トルコ代表オズカン・カバク(18)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を引用して、イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽ガラタサライ下部組織出身のカバクは、足元の技術に加えて優れたカバーリングが武器のセンターバックだ。昨シーズンのトルコリーグ第33節のコンヤスポル戦でトップチームデビューを果たし、プロ2年目となった今シーズンもトルコリーグ第5節のカスムパシャ戦で初先発。以降、安定したプレーを披露し、スタメンの座を勝ち取っている。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、来年1月の移籍市場でセンターバックの獲得を切願。これに対し、ガラタサライはカバクに移籍金2000万ポンド(約28億円)の評価を下していると言われている。しかし、国外移籍限定の契約解除金700万ポンド(約10億円)が設定されているという噂も流れているようだ。 ▽とはいえ、ガラタサライも同選手の契約延長に動いており、契約解除金も3000万ポンド(約43億円)に引き上げることを望んでいるようだ。 ▽また、カバクに関しては、ユナイテッドのほかにアーセナルやローマ、インテルが関心を抱いているようだ。 2018.12.08 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、ユナイテッド行きの噂に即言及「知らない」

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督(46)が、マンチェスター・ユナイテッドからの関心を斬り捨てている。イギリス『メトロ』が伝えた。 ▽2014年からトッテナムで指揮を執り、今ではタイトルを狙える位置にまでクラブを押し上げたポチェッティーノ監督。今シーズンもプレミアリーグ第15節終了時点で3位に付けており、同じロンドンのアーセナルやチェルシーに勝るとも劣らない優勝候補だ。 ▽当然ながら、ポチェッティーノ監督の手腕は各所で高く評価されており、今夏にはレアル・マドリー行きも噂された。先日には、不振に喘ぐマンチェスター・ユナイテッド指揮官、ジョゼ・モウリーニョ監督の後釜候補筆頭とも報じられたが、そのことを問われたポチェッティーノ監督当人は「トッテナムで幸せだ」と強調している。 「(その動きは)知らない」 「最も重要なことは、私がここでとても幸せだということだ。トッテナムが私に価値を与えてくれているんだと思う」 「答えは分からないが、トッテナムでは私たちの仕事が評価されていると感じるし、ここで幸せだ」 「ダニエル・レヴィ(会長)が契約を5年間延長したのは、彼がこの船を、このクラブを管理するのに私たちが最適な人物だと信じたからだ。その認識は私たちにとって大きい」 「周囲の人々が語ることに耳を傾ける必要はない。私たちはナイスガイだし、(戦術を批判されようと)フットボールに関するアイデアだって多分いくつか持ってる」 2018.12.08 20:55 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース