磐田MF中村俊輔がトレーニング中に負傷…全治3週間と診断2018.03.19 11:40 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽ジュビロ磐田は19日、MF中村俊輔の負傷を発表した。

▽クラブの発表によると、中村は17日のトレーニング中に負傷したとのこと。浜松市内の医療機関で検査を受けた結果、左大腿二頭筋肉離れと診断。全治は3週間程度とのことだ。

▽今シーズンの中村は、明治安田生命J1リーグで3試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

松浦連発! 小川大貴プロ初弾! 田口移籍後初弾! 3発で堅守・仙台撃破の磐田、今季初の連勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節のベガルタ仙台vsジュビロ磐田が21日にユアテックスタジアム仙台で行われ、3-0で磐田が勝利した。 ▽ここまで4勝3分け1敗で2位につける仙台(勝ち点15)と、3勝2分け3敗で11位に位置する磐田(勝ち点11)の一戦。前節の川崎フロンターレ戦をゴールレスドローで終えて2試合負けなしで2位に浮上した仙台は、その一戦から先発メンバーを4人変更。菅井と石原、ジャーメイン良らに代えて金正也と梁勇基、中野を起用した。また、板倉が負傷から復帰した。 ▽一方、前節のサガン鳥栖戦を1-0で勝利して、3試合ぶり白星飾った磐田は、その一戦から先発メンバーを3人変更。櫻内と山田、上原に代えて小川大貴と松浦、山本を起用した。 ▽試合は序盤から磐田の川又が積極的にゴールに迫る。一方、徐々にボールを保持して攻撃を組み立てる仙台は18分、パスを受けた石原がボックス手前から右足シュート。しかし、わずかにゴール左外へと外れた。 ▽ヒヤリとする場面を迎えた磐田は20分、敵陣中央左でFKを獲得。中村がゴール前へクロスを送ると、川又がファーサイドにフリーで走り込んだが、手前でワンバウンドしたボールにうまく頭を当て切れずゴールとはならない。 ▽その後は仙台の時間帯が続いた。仙台は石原、磐田は川又をターゲットにクロスからチャンスを作ったが互いにゴールは生まれず0-0で試合を折り返した。 ▽迎えた後半、磐田にビッグチャンスが到来。49分、中村のパスを受けたギレルメがボックス左に侵攻してクロス。ファーサイドでフリーとなっていた田口がダイビングヘッドで合わせるも、GK関の好守に阻まれてしまう。 ▽それでも磐田は57分、中村の右足クロスをボックス内の田口が流れるようなトラップからボレーシュート。これは相手DFにブロックされたが、こぼれ球にいち早く反応していた松浦がプッシュして先制点を記録した。 ▽先制に成功した磐田はさらにその1分後、自陣ハーフウェイライン付近右でパスを受けた小川大貴が敵陣に持ち込み、ギアを上げてボックス手前に侵攻すると思い切りよく左足を振り抜く。これがゴール右上隅へと吸い込まれて、あっという間に試合を2-0にする。なお、小川大貴はこれがプロ初ゴール。 ▽連勝に大きく近づいた磐田は82分、敵陣中央右でFKを獲得すると、キッカーの中村がクロスを選択。うまく走り込んだ田口が頭で合わせ、移籍後初ゴールとなるチームの3点目を叩き込んだ。 ▽結局試合は3-0で試合終了。ここまで堅守を誇っていた仙台から3ゴールを奪った磐田が今シーズン初のリーグ戦連勝。一方の仙台は上位キープへ手痛い黒星を喫した。 2018.04.21 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

松浦弾守り抜き磐田が3戦ぶり勝利! …鳥栖は手痛い3連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第8節、ジュビロ磐田vsサガン鳥栖がヤマハスタジアムで行われ、1-0で磐田が勝利した。 ▽リーグ2試合勝利がない磐田は、0-2で敗北した前節のガンバ大阪戦からスタメンを4名変更。櫻内、山田、上原、川又に代えて、小川大、松浦、山本、小川航を起用した。 ▽対するリーグ連敗中の鳥栖は、1-2で敗北した前節の柏レイソル戦からスタメンを2名変更。小林、趙東建に代えて、チョン・スンヒョン、河野を起用した。 ▽1分、試合開始早々に鳥栖陣内右サイドで磐田がFKを獲得。キッカーの中村がディフェンスとGK権田の間に落ちるようなボールを入れたが、飛び込んだ小川航にはわずかに合わず、得点には繋がらない。 ▽その後、中盤での激しい奪い合いが続き、お互いに危険なゾーンまで迫ることができない。43分、高橋秀の落としに反応した原川がボックス手前中央で右足を振り抜いたが、GKカミンスキーがセーブ。スコアが動きを見せないまま、試合は折り返しを迎えた。 ▽後半に入ると、磐田が積極的にチャンスを作っていく。49分、ボックス手前中央で田口のパスを受けた中村が、素早くターン。しかし、左足で放ったシュートは枠を外れた。さらに、53分には小川大がボックス手前中央に切り込んで左足を振り抜く。これも得点とはならなかったが、連続して鳥栖ゴールを脅かした。 ▽57分、磐田のカウンターが発動。左サイドを駆け上がったギレルメが中央マイナス方向にクロスを上げると、松浦が飛び込む。右足で放ったシュートはGK権田の手を弾き、ゴールに吸い込まれた。 ▽得点が求められる鳥栖は、68分にDF高橋祐に代えてFW趙東建を投入。守備の枚数を減らして攻撃のカードを切り、前線の圧力を高めていく。 ▽すると77分、途中出場の安庸佑が右サイドからクロスを供給すると、磐田のボックス内に混戦が生まれる。しかし、こぼれ球を拾った趙東建が放ったシュートがネットを揺らすことは叶わない。 ▽85分にも鳥栖に好機が訪れる。左サイドからの原川のシュートはGKカミンスキーのファインセーブに阻まれたが、ボックス手前中央の高橋秀がこぼれ球を拾う。しかし、右足で放たれたグラウンダーのシュートはわずかに枠を捉えることができない。 ▽結局、試合は1-0のスコアで終了。この結果、磐田はホームでリーグ3試合ぶりの白星を飾ることに成功。対する鳥栖は、手痛い3連敗を喫した。 2018.04.15 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

パナスタ狂喜乱舞! 磐田撃破のクルピ・ガンバが待ちに待った今季初白星《J1》

▽11日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ第7節のガンバ大阪vsジュビロ磐田は、ホームのG大阪が2-0で勝利した。 ▽G大阪は前節負傷交代のオ・ジェソクに代わり、米倉が右サイドバックで先発。対する磐田は、前節と同じ11名の顔ぶれを先発メンバーに起用した。 ▽試合は開始早々に動く。マテウスのインターセプトから左CKのチャンスを得た4分、遠藤が右足でクロスを供給。ニアサイドに走り込んだファビオが厳しい角度から頭で合わせ、G大阪が先制した。 ▽立ち上がりに失点した磐田は、急ぐことなくボールを保持しながら反撃の糸口を探る。だが、ミスパスからG大阪に何度かカウンターを許すなど、なかなか攻撃のリズムをつくり出せない。 ▽そうした中、磐田は22分、川又の粘りからバイタルエリア中央の好位置でFKのチャンスを獲得。FKの名手である中村俊輔にとって見せ場だったが、左足で直接ゴールを狙ったシュートは壁に嫌われる。 ▽前からの守備を良いリズムで攻撃に繋げるG大阪は、39分に追加点の絶好機。遠藤のプレッシングからバイタルエリア中央でボールを拾った長沢が左足でシュートを放つが、枠に飛ばせない。 ▽追いすがる磐田は、後半の入りからよりテンポを上げて攻勢。その中で相手のミスパスから55分に絶好機を迎えた川又だが、バイタルエリア中央から放ったシュートをゴール左に外してしまう。 ▽56分に松浦と山本を同時投入した磐田は、優勢の61分に中村俊輔が遠目の位置から左足を一閃。さらに、セットプレー崩れの62分に松浦がミドルレンジから右足でゴールを狙い、G大阪ゴールに迫る。 ▽その磐田は、70分にビッグチャンス。ゴール前でボールを収めた川又のシュートが相手DFにブロックされると、こぼれ球に松浦が反応。押し込みにかかるが、これを決めきれない。 ▽劣勢のG大阪は75分、敵陣右サイドを完全に抜け出した途中出場の中村敬斗が中央にグラウンダーのクロス。ファーサイドに流れたボールにファン・ウィジョが反応するが、相手のブロックに遭う。 ▽79分に長沢の負傷交代を強いられたG大阪だが、86分にカウンターからファン・ウィジョが右足のコントロールショットをゴールの右隅へ。G大阪が今シーズン初白星を手にし、昨年から続くリーグ未勝利記録を16試合で止めた。 2018.04.11 20:57 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】結果伴わないクルピ・ガンバが名波ジュビロと激突…必見はヤットvs俊輔の司令塔対決《G大阪vs磐田》

▽今シーズン初のミッドウィーク開催となる明治安田生命J1リーグ。パナソニック スタジアム 吹田で行われる第7節は、MF遠藤保仁を擁するガンバ大阪とMF中村俊輔を擁するジュビロ磐田が激突する。 <span style="font-weight:700;">◆浮上のキッカケを求めた戦い</span> ▽1分け5敗の最下位に沈むG大阪と、2勝2分け2敗で14位につける磐田による上位浮上のキッカケを探る両雄の一戦。互いに前節を勝ち切れなかっただけに、3ポイントだけを目指した激戦が予想できる戦いとなる。 <span style="font-weight:700;">◆己を信じて今の戦いを</span>〜ガンバ大阪〜 ▽結果がついてこない。前節のヴィッセル神戸との関西ダービーでもDF藤春廣輝やMF今野泰幸、FWアデミウソンら主力に故障者を抱える中、レヴィー・クルピ新監督の掲げるアタッキング・フットボールを展開。守備面においても開幕から続く“緩さ”を克服する戦いを披露した。 ▽だが、結果は主審の判定に泣かされるなどの不運も重なり、開幕6戦未勝利となる黒星。降格時の2012年を下回るクラブワースト記録を樹立した格好だが、遠藤が「勝ってもおかしくない内容」と語るとおり、下を向くほど悪くない。むしろ、良い。己を信じて、今の戦いを続けるしかない。 <span style="font-weight:700;">◆昨年2戦2勝の相手、狙うは勝利のみ</span>〜ジュビロ磐田〜 ▽対する磐田も、G大阪と同様、MFアダイウトンやMFムサエフといった超主力が故障離脱を強いられる苦しい台所事情。だが、今年で指揮5年目となる名波浩監督の緻密なスカウティングと見事な人心掌握術により、戦力ダウンを余儀なくされた戦いの中でも最低限の結果を手にしている。 ▽その状況の中で迎えた前節は、清水エスパルスとの“静岡ダービー”をゴールレスドロー。内容的に勝ち点3が欲しい試合内容だったが、3試合ぶりに先発復帰した中村の働きも含め、今後の戦いにポジティブな要素を残した。今節は昨年2戦2勝のG大阪戦。目指すは3ポイントのみだ。 <span style="font-weight:700;">◆日本が誇る司令塔対決</span> ▽日本代表でいち時代を築いた遠藤と中村の“司令塔対決”も見どころの1つだ。昨シーズンの対戦時は、中村のセットプレーが炸裂。今シーズンのここまでセットプレーからの失点が目立つG大阪としては、不用意なファウルを避けることも勝負のポイントになってくる。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ガンバ大阪</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180410_0777_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、三浦弦太、ファビオ、初瀬亮 MF:遠藤保仁、マテウス、ファン・ウィジョ、倉田秋、食野亮太郎 FW:長沢駿 監督:レヴィー・クルピ ▽前節負傷交代のDFオ・ジェソクに代わり、DF米倉恒貴が右サイドバックで先発か。そのほか、左サイドハーフにおいて、J1デビューの神戸戦で堂々たるプレーを披露したFW食野亮太郎か、卓越した攻撃センスでアピール続くMF井出遥也のいずれかが先発の座を掴むことになりそうだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆ジュビロ磐田</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180410_00777_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:カミンスキー DF:高橋祥平、大井健太郎、新里亮 MF:櫻内渚、上原力也、田口泰士、ギレルメ MF:中村俊輔、山田大記 FW:川又堅碁 監督:名波浩 ▽対する磐田は、FW川又堅碁、MF山田大記、中村による前線のトライアングル継続か。MF上原力也が引き続きムサエフを欠くボランチの一角を務めることになるだろう。左ウィングバックは引き続きDFギレルメか。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWファン・ウィジョ</span>(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180410_gamba_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、チームトップの4ゴールを記録するファン・ウィジョだ。前節も攻撃陣の主軸を担い、出色の活躍を披露したが、渾身のシュートがポストに嫌われるなどノーゴール。状態自体悪くないだけに、今節こそチームを勝利に繋がる肉食系ストライカーの一発でホームのサポーターに歓喜の瞬間を届けたい。 <span style="font-weight:700;">◆FW川又堅碁</span>(ジュビロ磐田)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180410_jubilo_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽磐田の注目選手は、ここまで2ゴールの川又だ。前節は清水の守備陣をこじ開けられずに不発。展開的に磐田ペースだっただけに、サックスブルーの得点源を司る者として思うところがあるはずだ。今節は昨年2得点を挙げたアルビレックス新潟時代の同僚であるGK東口順昭と対峙。個人としてもチームとしても波に乗りたい。 2018.04.10 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

白熱の静岡ダービーは両守護神奮闘で2011年5月以来のゴールレスドロー!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第6節のジュビロ磐田vs清水エスパルスが7日にエコパスタジアムで行われ、ゴールレスドローに終わっている。 ▽ここまで2勝1分け2敗で10位につける磐田(勝ち点7)と、2勝2分け1敗で4位につける清水(勝ち点8)の一戦。前節の浦和レッズ戦で2-1と逆転勝利を収め、3試合無敗を継続している磐田は、その一戦から先発メンバーを2人変更。宮崎と松浦に代えて、ギレルメと中村を起用した。 ▽一方、前節の横浜F・マリノス戦で0-1で敗れて今シーズン初の黒星を喫した清水は、その一戦と同様の先発メンバーを送り出した。 ▽今シーズン2度目の対戦となった静岡ダービー。試合は清水が開始直後に松原のクロスを受けた金子のシュートでいきなり磐田を脅かす。対する磐田は6分、ボックス手前で味方の落としを受けた田口が右足インサイドでミドルシュートを放つが、GK六反の正面に飛んでしまう。 ▽序盤からダービーさながらの激しさを見せる両者。そんな中、清水は8分、GK六反からのフィードがボックス手前でセカンドボールになると、石毛がダイレクトで右足を振り抜く。しかし、強烈なシュートは左ポストに嫌われてしまい、先制点とはならない。 ▽20分には左サイドで松原、石毛、クリスランとつなぎ、ボックス内のミッチェル・デュークがシュートを放つなど押し込み続ける清水。対する磐田はギレルメの左サイドから徐々にボックス付近への侵攻回数を増やが、シュートまで結び付けることができない。前半アディショナルタイムには中村がミドルレンジから左足を振り抜いたがゴールとはならず、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、ここまでチャンスを作ることができなかった磐田が決定機を迎える。47分、中村からの左CKをゴール前正面の川又が相手DFに競り勝つ。しかし、GK六反の好守に阻まれてしまう。 ▽対する清水にも53分、ボックス内混戦の中から金子が強引にシュート。これは相手DFに当たるも威力が弱まったボールがゴール前に転がり、反応した石毛が押し込もうとしたが、GKカミンスキーの牙城を崩すことができない。 ▽すると磐田は73分、相手のロングボールを自陣ボックス付近でクリアしようとした大井がミスキック。これがゴール方向へ飛んでしまうも、GKカミンスキーが素早い反応で味方のミスを救う。 ▽両者譲らない試合。終盤にかけてはカウンターを防ごうとファウルした清水の金子を、磐田の田口が倒し、ヒートアップする場面も。得点が欲しい両者はその後、磐田は小川を、清水は鄭大世を投入したが、最後まで得点は生まれず、ゴールレスで試合終了。リーグ戦初の静岡ダービーは、勝ち点1を分け合う結果となった。ちなみに両者の対決でゴールレスドローは、2011年5月28日以来のことである。 2018.04.07 17:00 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース