10シーズンぶりベスト8進出に導いたゼコ「僕に向けられたスタンディングオベーションは全員のもの」2018.03.14 10:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコが、チャンピオンズリーグ(CL)でのベスト8進出に歓喜した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽ローマは13日、CL決勝トーナメント1回戦2ndレグでシャフタールをホームに迎えた。1stレグを1-2で落としたローマは52分、この日先発したゼコが、ストロートマンのパスに反応して、ゴールネットを揺らして先制点。2戦合計2-2もアウェイゴールの差で優位に立ったローマは、その後決定機阻止による退場で数的不利となったシャフタールから逃げ切り、10シーズンぶりのベスト8進出を決めた。

▽決勝弾でチームをベスト8進出へと導いたゼコは試合後、自身のゴールに向けられた拍手喝采が全員のものであると主張。また、準々決勝では、どのチームであっても十分戦うことができると自信をあらわにした。

「今日僕に向けられたスタンディングオベーションは、全員のものだ。それはみんなが最後の瞬間まで全てを捧げたからだ」

「僕らは準々決勝進出に値している。次のラウンドでどこと対戦するかは考えていない。全ての面でうまくいっている。どのチームに対しても戦うことができる」

「僕らはヨーロッパで最も強いチームの1つだ。そして、僕らは他のチームのように強くならなくてはいけない」

コメント

関連ニュース

thumb

ナインゴランのインテル移籍、今週中に「30億+2選手」で決着

▽『イタリア・スカイ・スポーツ』など複数メディアは21日、ローマに所属する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(30)のインテル移籍を報じた。 ▽伝えられるところによれば、ナインゴランのインテル行きは移籍金2400万ユーロ(約30億6000万円)に加えて、DFダビデ・サントンとMFニコロ・ザニーロの2選手を譲渡する形で成立に至った模様だ。 ▽ナインゴランは、2014年1月からローマでプレー。今シーズンもローマの中盤で主軸を担い、チャンピオンズリーグ4強入りに貢献するなど、抜群の存在感を誇った。なお、この取引は今週末までに完了予定だ。 2018.06.22 09:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、下部リーグへレンタルを繰り返していたローマDFカラブレシを獲得

▽ボローニャは21日、ローマからU-21イタリア代表DFアルトゥーロ・カラブレシ(22)を獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽ローマのプリマヴェーラ出身のカラブレシは、2015年にトップチームに昇格したがこれまで出場機会はなく、リボルノやブレシア、スペツィア、フォッジャなど、国内の下部リーグで武者修行を繰り返していた。 ▽186cmの恵まれたサイズに加え、右サイドバックや守備的MFでもプレー可能なクレバーなセンターバックのカラブレシは、各年代のイタリア代表に選出されており2015年8月にU-21イタリア代表デビューを飾ると、これまで3試合に出場していた。 2018.06.22 02:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、パストーレ獲得が決定的に…移籍金は23億円程度

▽ローマがパリ・サンジェルマン(PSG)のMFハビエル・パストーレを獲得することが決まったようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。 ▽かつてパレルモで活躍したパストーレがイタリアに戻ってくる。報道によると、ローマはPSGと合意に達し、選手とは年俸400万ユーロ(約5億2000万円)で2022年までの契約を交わすことになった。あとは正式発表を待つだけという状況だという。 ▽パストーレは2014/15シーズンにPSGで公式戦50試合に出場した。だが、世界各地からタレントをかき集める同クラブでレギュラーポジションを維持するのは困難で、昨シーズンは出番が減っている。その結果、ロシア・ワールドカップに臨むアルゼンチン代表には呼ばれていない。 ▽ローマがPSGに支払う移籍金は1800万ユーロ(約23億円)程度になる模様だ。 2018.06.20 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、新たなテクニカル・ディレクターに敏腕サバティーニ氏を招へい

▽サンプドリアは18日、新たなテクニカル・ディレクター(TD)にワルテル・サバティーニ氏(63)を招聘したことを発表した。 ▽サンプドリアは、これまでダニエル・プラデ氏がテクニカル・ディレクターを務めていたが14日に退任を発表。来季よりウディネーゼのテクニカル・ディレクターを務めることが伝えられていた。 ▽今回、新たなテクニカル・ディレクターに就任したサバティーニ氏は、パレルモ時代にアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(現パリ・サンジェルマン)、ウルグアイ代表FWエディソン・カバーニ(現パリ・サンジェルマン)を発掘。 ▽その後、2011年から5年間にわたりローマのスポーツ・ディレクター(SD)を歴任すると、2017年5月からはインテルのオーナーである蘇寧グループで補強部門を統括するテクニカル・ディレクターに就任したが、選手の移籍についてグループを非難するコメントを残すなど、蘇寧グループの方針と反りが合わず、3月に解雇されていた。 ▽サンプドリアは公式サイトで以下のようなコメントを残している 「サバティーニは最高レベルの経験を持つ世界でも屈指の敏腕ディレクターだ。彼は7月1日からテクニカル・ディレクターの職を引き継ぐことになるだろう」 2018.06.19 00:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、クラブ史上初のCLベスト4に導いたディ・フランチェスコ監督と2020年まで契約延長!

▽ローマは18日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(48)との契約を2020年まで延長したことを発表した。 ▽ローマを史上初のチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4に導いたディ・フランチェスコ監督は、今回の契約延長に際して以下のようなコメントを残している。 「ローマで私たちを応援してくれるファンとこの冒険を続けられることをとても嬉しく思っている」 「会長と経営陣からの信頼を私は誇りに思っている。そしてその信頼には今シーズン以上の成績を残すことで応えていきたいと願っているよ」 ▽ディ・フランチェスコ監督は、現役引退後にローマでチームマネージャーを務めた後、ランチャーノ、ペスカーラ、レッチェの指揮官を歴任し、2012年から指揮を執ったサッスオーロでは就任1年目にセリエA昇格に導くと、2015-16シーズンはクラブ史上最高位の6位で終え、歴史的なヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献するなど、その手腕を発揮。 ▽これが認められ、ルチアーノ・スパレッティ前監督の後任として2017年の夏にローマの指揮官に就任。就任初年度となった今シーズンは、CLでクラブを史上初のベスト4に導き、セリエAでも5年連続のCL出場権獲得となる3位でシーズンを終えていた。 2018.06.19 00:25 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース