フィオレンティーナとカリアリ、アストーリ着用の“背番号13”を永久欠番に2018.03.06 18:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フィオレンティーナとカリアリは6日、4日に急逝したダビデ・アストーリが着けていた背番号「13」を永久欠番にすることを発表した。▽アストーリは4日、遠征先のホテルの一室で遺体となって発見された。31歳だった。キャピターノの突然の訃報にイタリア国内だけでなく世界中が悲しみに暮れる中、フィオレンティーナとカリアリが、所属時身に着けていた背番号「13」を永久欠番にすることを発表した。

▽アストーリは2008年にミランからカリアリに移籍した。在籍8年間の中で、公式戦179試合に出場。フィオレンティーナでは、2015年にカリアリからのレンタル加入を経て、2016年に完全移籍を果たした。およそ3シーズンで出場したのは109試合。今季からはヴィオラのキャプテンとしてセリエA25試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

アストーリの死に新事実?! 医師2人に過失致死の疑い

▽今年の3月4日に、心肺停止で急逝した元イタリア代表DFダビデ・アストーリの死について、衝撃の情報が舞い込んできた。 ▽2018年3月4日、セリエAのウディネーゼ戦を前に宿泊先のホテルで心臓が停止し、31歳でこの世を去ったアストーリ。イタリア代表でもあったフィオレンティーナのキャプテンの突然の死に世界中が悲しみに暮れた。 ▽アストーリの死について調査が進められた結果、この死に関与しているとしてある2人の医師が浮上した。 ▽これまで、アストーリの死因は徐々に脈が遅くなっていく徐脈性不整脈が原因だと言われていた。ところが、フィレンツェ検察などの調査によると、実際は段々と脈が速くなる頻脈性不整脈である可能性が生じた。 ▽『LA NAZIONE』などイタリア各紙によると、頻脈性不整脈を招く恐れのある心筋症のひとつに、「不整脈源性右室心筋症」というものがある。これは初期段階ではほとんど症状がなく専門家でも判断を誤る可能性があるという。明らかに正常と思われていても、突如、突然死のリスクが6倍から7倍に跳ね上がることもあり、アスリートの突然死として最も多い死因のひとつとされている。 ▽そして、その2人の医師はその兆候を前から掴んでいたのではないかとされている。2016年7月にアストーリの身体検査を行ったところ、運動負荷試験中に脈が跳んだり乱れたりすることを意味する心室性期外収縮が起こっていたことが判明。さらにその1年後の2017年7月には、超音波検査でも脈に異常が見つかっていたことが分かった。 ▽そのような診断結果が出ていたにもかかわらず、異常なしと判断した上記の医師2名に、過失致死容疑の疑いがかけられているという。今後、フィレンツェ検察は更なる調査を進めていく模様だ。 2018.12.11 02:33 Tue
twitterfacebook
thumb

キエッリーニ、1年でユーベ復帰のボヌッチに「ずっと一緒にいたような気がする」

ユベントスのDFジョルジョ・キエッリーニが3日、『グラン・ガラ・デル・カルチョ2018』の授賞式に出席した際、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、同僚のDFレオナルド・ボヌッチらについて述べた。<br><br>ボヌッチは2017年夏、7年間所属したユベントスを退団し、ミランへ電撃移籍を決めた。ボヌッチのユーベ加入以来、ともにプレーしてきたキエッリーニは当時、「引退まで(アンドレア・バルザーリを含めた)3人で守備をやっていくつもりだったし、ボヌッチが敵になるとは思わなかった」と話し、突然の別れに戸惑いを隠さず。しかし今夏、ボヌッチはわずか1年でミランを退団し、古巣へ復帰した。キエッリーニは、離れ離れの1年間が存在しなかったように感じている。「ボヌッチは、まるでずっと一緒にいたような気がするよ。彼は重要な選手だ。お互いを称え合っているよ」と口にした。<br><br>続いてキエッリーニは、昨シーズン限りでユーベを退団したGKジャンルイジ・ブッフォンに話題を移した。「ジジにとっては、既定路線だったようだ。ピッチ内外において重要な役割を果たしていた。ロッカールーム内ではイタリア人や外国人を問わず、若手選手全員の模範であり、多くを与えてくれた」と賛辞を贈った。<br><br>さらにユーベDFは、3月に急逝した元イタリア代表DFダビデ・アストーリに言及。「彼の笑顔は今も僕の心の中に残っている。笑顔を絶やさない明るい青年だった。ダビデ・アストーリに敬意を示すためにもスタジアムに花を手向けることは大切だと考えた」と述べ、1日のフィオレンティーナ戦の試合前の自身の行動を説明した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.05 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがリーグ戦3連発で10Gに到達! ヴィオラに快勝のユーベが開幕14戦で13勝《セリエA》

▽ユベントスは1日、セリエA第14節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節SPAL戦を2-0と辛勝した首位ユベントス(勝ち点37)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバレンシア戦も1-0と辛勝し、決勝トーナメント進出を決めた。そのバレンシア戦のスタメンから2選手を変更。ピャニッチとアレックス・サンドロに代えてクアドラードとデ・シリオを起用した。 ▽ここ5試合連続ドローと足踏みが続いている9位フィオレンティーナ(勝ち点18)に対し、[4-3-3]を採用したユベントスは3トップに右からマンジュキッチ、ディバラ、C・ロナウド、中盤アンカーにベンタンクール、インサイドにクアドラードとマテュイディを配した。そのユベントスは開始2分、ベナッシの強烈なボレーシュートでゴールを脅かされる。 ▽ひやりとする入りとなった中、敵陣でボールを動かすユベントスはフィオレンティーナの守備に苦戦するも、31分に最初のチャンスを決め切った。ディバラのパスを受けたベンタンクールがドリブルでペナルティアーク中央まで持ち上がり、左足でゴール右へ流し込んだ。 ▽先制後、シメオネに決定機を許したユベントスだったが、35分にC・ロナウドがカットインシュートで追加点に迫ると、続く38分にもカンセロがカットインシュートで、40分にはディバラが強烈なミドルシュートでリードを広げにかかった中、前半を1点のリードで終えた。 ▽迎えた後半、オープンな展開で推移する中、ユベントスは55分にクアドラードがミドルシュートでGKを強襲すれば、フィオレンティーナは62分にキエーザが枠内シュートをマーク。 ▽その後もフィオレンティーナが前かかる中、ユベントスはC・ロナウドの直接FKでGKを強襲。対するフィオレンティーナも67分に途中出場のピアツァのボレーシュートでGKシュチェスニーを脅かした。 ▽そんな中69分、CKの流れからボックス右のキエッリーニがボレーで合わせたシュートがGKラフォンの手を弾いてネットに吸い込まれ、ユベントスがリードを広げた。 ▽さらに78分、ボックス左のマンジュキッチのクロスがE・フェルナンデスのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをC・ロナウドが決めて3-0とし勝負を決定付けた。 ▽セリエAで今季10ゴール目を挙げたC・ロナウドをお役御免としたユベントスは、終盤にかけて余裕の試合運びで勝利。開幕14試合で13勝目を挙げ、首位の座をがっちりと固めている。 2018.12.02 03:55 Sun
twitterfacebook
thumb

31歳で急逝の元伊代表アストーリがフィオレンティーナの殿堂入り…ラニエリらも

3月に急逝した元イタリア代表DFのダヴィデ・アストーリがフィオレンティーナの殿堂入りを果たした。イタリアメディア『スカイスポーツ』が26日、伝えている。<br><br>フィオレンティーナの主将を務めていたアストーリは3月4日、遠征先のウディネのホテルで就寝中、心肺停止状態に陥り、31歳の若さで帰らぬ人となった。その後、フィオレンティーナやアストーリが6年間プレーしたカリアリでは、選手が着用していた背番号「13」が永久欠番となることが発表されたほか、フィオレンティーナの練習場が&ldquo;ダヴィデ・アストーリ・スポーツセンター&rdquo;に名称変更された。<br><br>悲劇から9カ月の月日が流れた現在、アストーリの殿堂入りも決定している。フィレンツェ市内で行われた式典にはアストーリの両親が出席し、指揮官のステファノ・ピオリおよび新主将のDFヘルマン・ペッゼーラから表彰を受けた。ペッゼーラは亡き主将を悼み、「ここにいられることは僕にとって光栄だ。彼はチーム全体の模範だった。誰もが同じことを感じていると思う。彼は今も僕らと常に一緒にいてくれていると思う」と述べた。<br><br>アストーリは、元アルゼンチン代表ガブリエル・バティストゥータ氏や元イタリア代表ルカ・トーニ氏、フランチェスコ・トルド氏らとともに、ヴィオラの歴史を飾ったレジェンドとして名を連ねることになった。なお今回、アストーリのほか、現フラム監督のクラウディオ・ラニエリら7名も殿堂入りを果たしている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.27 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランドで不遇のガッビアディーニ、ヴィオラが来冬での獲得に興味も代理人はセリエA復帰を否定

▽サウンサンプトンに所属するイタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニ(26)の代理人が、同選手のセリエA復帰を否定した。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽2017年の冬にナポリからサウサンプトンに加入したガッビアディーニだが、イングランドでは本領を発揮できず、昨季もプレミアリーグ28試合の出場で先発出場はわずか11試合に留まっており、今季もここまでリーグ戦8試合に出場しているが、先発はわずか2試合となっている。 ▽そんな不遇の時を過ごすガッビアディーニには、今夏にも興味を示していたフィオレンティーナが1月にも獲得に動くと噂されているが、同選手の代理人は来冬でのイタリア復帰について否定的なコメントを残している。 「サウサンプトンはガッビアディーニを放出するつもりはないだろうし、我々もイングランドに残ることに満足している。だから1月の移籍マーケットでも動くことはだろう」 2018.11.23 02:18 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース