レーティング:セビージャ 0-0 マンチェスター・ユナイテッド《CL》2018.02.22 06:56 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、セビージャvsマンチェスター・ユナイテッドが21日にサンチェス・ピスファンで行われ、0-0の引き分けに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 セルヒオ・リコ 5.5
難しい枠内シュートはなかった

DF
16 ヘスス・ナバス 6.5
かつての宿敵相手に守備から攻撃まで存在感を発揮

25 メルカド 6.0
守備の局面で存在感を披露

5 ラングレ 6.5
ルカクを相手にもバタつかず対応、対人での強さも見せた。

18 エスクデロ 6.0
守備の局面で粘り強い対応が光った

MF
17 サラビア 5.5
後半はチャンスに絡むも、目立った活躍はできず

10 バネガ 6.5
正確なキックで的確な散らしを見せる

(→ピサーロ -)

22 フランコ・バスケス 5.5
相手のプレッシャーに晒されながらも、無難にさばく

15 エンゾンジ 6.5
ルカクにバイタルエリアを使わせないよう監視した

11 コレア 5.5
前半に惜しいシュートを放ったが、それまでだった

FW
20 ムリエル 5.5
前半終了間際の決定機は決めたかった

(→サンドロ・ラミレス -)

監督
モンテッラ 6.0
終始押し込むもデ・ヘアに阻まれホームで勝利を掴み獲れず、最低限のゴールレスドロー


▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 デ・ヘア 7.0
8本のセーブを見せるなど、慣れ親しんだスペインの地で躍動。クリーンシートに大貢献

DF
25 バレンシア 6.0
攻撃では鳴りを潜めたが相手の強力な左サイドに対応

12 スモーリング 6.0
多くのピンチがあったが、及第点の出来

2 リンデロフ 6.0
守備に追われた中で冷静に対応を続けた

18 A・ヤング 5.5
あまり攻撃参加できなかったが、守備で粘る

MF
21 エレーラ 5.5
スタメン抜擢も見せ場を作れず16分に負傷交代

(→ポグバ 5.5)
可もなく不可もないプレーに終始した

31 マティッチ 5.5
今日は守備に奔走。ユナイテッドの中盤をしっかり固めた

39 マクトミネイ 6.0
先発抜擢も大きなミスなく上々の活躍

FW
8 マタ 5.0
全く見せ場がなくシュートらしいシュートもなかった

(→マルシャル -)

9 ルカク 5.0
前線で身体を張ったが、相手センターバックコンビに狙い撃ちにされて沈黙

7 サンチェス 5.5
今季CL初戦も決定的な場面には絡めず

(→ラッシュフォード -)

監督
モウリーニョ 5.5
防戦一方も聖ダビドに救われ敵地で思惑通りの価値あるドロー

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
▽25本のシュートを浴びるなど、防戦一方の展開で圧巻のゴールキーピングを披露。2ndレグへの希望を繋ぐと共に自身の価値を高めることに成功した。

セビージャ 0-0 マンチェスター・ユナイテッド

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョがポグバの代理主将権限剥奪! ウルブス戦での戦術批判が影響か…

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がフランス代表MFポール・ポグバからゲームキャプテンの権限を剥奪したようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽今季のユナイテッドは昨季限りで現役を退いたマイケル・キャリック氏に代わって、以前からゲームキャプテンを務めることが多かったMFアントニオ・バレンシアが正式にチームキャプテンに就任した。だが、プレシーズンのケガによって離脱が続いていた同選手に代わって、ここまでの公式戦6試合ではポグバが代理のゲームキャプテンを務めていた。 ▽だが、ポグバはオールド・トラフォードで行われた直近のウォルバーハンプトン戦後に、モウリーニョ監督の守備的な戦術を批判する趣旨の以下のコメントをしていた。 「ホームゲームでは攻めて攻めて攻めまくるべきだ。それがオールド・トラフォードというものだ。僕たちはホームチームであり、ウルブスよりはるかに良いプレーをするべきなんだ。僕たちは攻めるためにここにいる。ユナイテッドが攻めに攻めているとき、相手は怯えていると思う。ウルブス戦は僕たちのミステイクだった」 「昨シーズンにトッテナムやリバプール、チェルシー、アーセナル相手にやったように、とにかく攻めてプレスを掛けていくべきだ。そうすれば試合はより簡単になる」 ▽後にポグバは自身のSNSでこの発言がメディアによって誤って報じられたと主張したが、以前から不仲説が流れるモウリーニョ監督はこの発言を問題視。そして、25日に行われたトレーニングの際に、ポグバ本人とその他の選手の前で同選手から代理キャプテンの権限を剥奪する決定を伝えたようだ。 2018.09.26 02:11 Wed
twitterfacebook
thumb

エレーラはユナイテッド残留を希望! …バルサから関心も

▽マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)に、クラブを退団する意思はないようだ。大手『ESPN』が報じている。 ▽ユナイテッドとの契約を今シーズン限りとしているエレーラ。2014年夏にアスレティック・ビルバオからユナイテッド入りし、2016-17シーズンにはクラブの年間最優秀選手賞にも輝いたが、現在では出場機会を減らしており退団も噂されている状態だ。 ▽そういった状況にある同選手に関して、イギリス『サン』は先日、バルセロナが興味を示していると報道。現在バルセロナを指揮するエルネスト・バルベルデ監督が、エレーラの在籍最終年にビルバオ指揮官を務めていたという縁もあり、来年夏のフリーでの獲得を狙っているという。 ▽しかし、今回の『ESPN』の情報によると、エレーラ当人はユナイテッド残留を望んでいる模様。とはいえ、今シーズンここまでプレミアリーグ2試合(先発は1度)という出場機会の少なさが契約延長を迷わせる要因になっているそうだが、ジョゼ・モウリーニョ監督はチャンスを与えるのだろうか。 2018.09.25 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ノエル、授賞式でユナイテッドをチクリ! サラーは思わずニヤリ…デ・ヘアは?

▽元オアシスのノエル・ギャラガー氏が、またもマンチェスター・ユナイテッドを“口撃”した。スペイン『アス』が報じている。 ▽マンチェスター・シティの大ファンとして知られるノエル氏は、24日にロンドンで行われたザ・ベストFIFAアワード2018に、プレゼンターとして出席。最も印象的なゴールを決めた選手に与えられる『プスカシュ賞』の受賞者が、リバプールFWモハメド・サラーだと発表する役目を担った。 ▽つまり、今回の授賞式には運営側の人間として参加している。しかし、そういった立場でもそのロックンロールな人柄に歯止めがかかるわけもなく、挨拶の際にユナイテッドにチクりとジョークを浴びせた。 「偉大なフットボーラーとして知られている選手たちと同じ部屋に居られるのは、素晴らしいことだ」 「もちろん、マンチェスター・ユナイテッドの選手が少数なのも最高だ」 ▽この発言を受けて、優勝を争うライバルであるサラーは思わずニヤリ。ユナイテッドの守護神を務めるGKダビド・デ・ヘアが顔をしかめる様子が、カメラに抜かれている。 2018.09.25 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネの回復力は常人離れ! マルティネス監督「ギフトを備えている」

▽ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、マンチェスター・シティに所属する同国代表MFケビン・デ・ブライネの回復状況について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽シティで完全無欠の創造者に君臨するデ・ブライネ。今シーズンも活躍に期待がかかるが、8月中旬のトレーニングで右ヒザ靭帯を痛めており、「復帰までに2カ月半〜3カ月ほど」と同クラブのジョゼップグアルディオラ監督は明かしていた。 ▽それでも先日、当人は「まだ3〜5週間ほどかかるけど、よくなりつつある」 と、11月11日にホームで行われる第12節のマンチェスター・ユナイテッド戦には間に合うだろうとコメント。それを裏付けるように、24日のザ・ベストFIFAアワード2018の会場に現れたマルティネス監督が楽観的な観測を示した。 「どれだけ長く離脱するかが問題だが、報告はとてもポジティブだ。ほかのプレーヤーたちの負傷時よりも、かなり早くピッチでの彼(ケビン・デ・ブライネ)を見ることになるはずだ。彼はさらにフレッシュにさえなっているかもしれない」 「予定表はまだ無いが、ケビン(・デ・ブライネ)は出来るだけ早くフットボールのピッチに立ちたいと願っているし、彼はほかの選手たちよりも早く回復できるギフトを備えているんだ」 2018.09.25 14:55 Tue
twitterfacebook
thumb

アンデル・エレーラがカラバオカップで復帰か「アンデルはもう大丈夫だ」

▽マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFアンデル・エレーラが25日に行われるカラバオカップ3回戦のダービー戦で復帰する見込みだ。 ▽2日に行われたプレミアリーグ第4節のバーンリー戦に76分からプレーしたが、試合後に足首を負傷が発覚し、ここ2試合を欠場していた。 ▽チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、エレーラのダービー戦への出場可否について、公式会見で以下のように語った。 「アンデルはもう大丈夫だ。ラッシュフォードは出場停止が1試合残っているため欠場するが、ケガで出場できないのはマルコス・ロホだけだ」 2018.09.25 01:20 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース