ザネ「パーフェクトなCLの夜だ」…6週間から7週間離脱かと思われたケガからわずか16日で復帰2018.02.14 09:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネが、復帰を喜んだ。

▽ザネは1月28日に行われたFA杯4回戦のカーディフ戦の前半終了間際に危険なタックルを受けて負傷。足首じん帯損傷と診断され、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督からは「6週間から7週間はアウト」だと説明されていた。

▽そんな中、ザネは13日に行われたチャンピオンズリーグ1回戦1stレグのバーゼル戦にベンチ入りすると、4-0と大量リードして迎えた57分にスターリングに代わって途中出場。負傷日からわずか16日で復帰を果たし、試合はそのまま4-0で終了した。

▽試合後、復帰を果たしたザネは自身のツイッタ―(@LeroySane19)を更新。復帰を報告し、「パーフェクトなチャンピオンズリーグの夜」とコメントを残した。

「勝利と共にピッチに戻った。僕ら全員にとってパーフェクトなチャンピオンズリーグの夜だ」

コメント

関連ニュース

thumb

今季20発スターリング、シティとの延長交渉が停滞か

▽イギリス『テレグラフ』は、マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)の延長交渉が滞っていると報じた。 ▽2015年夏にリバプールから加入したスターリング。ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、今シーズンのここまで公式戦36試合20ゴール10アシストとキャリアハイの活躍を披露している。 ▽スターリングの現行契約は残り2年。MFケビン・デ・ブライネ、MFダビド・シルバ、MFフェルナンジーニョ、DFニコラス・オタメンディら主力が続けて契約を延長したが、スターリングはいまだ至っていない。 ▽伝えられるところによれば、シティは今後もスターリングの代理人と未来について話し合う予定だというが、果たして…。 2018.02.23 09:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール狙うレアル・マドリー、デ・ブライネにも265億円オファー?

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)にレアル・マドリーから熱視線が注がれているようだ。スペイン『Don balon』が伝えた。 ▽プレミアリーグで首位独走態勢を築くジョゼップ・グアルディオラ監督のシティにおいて、非凡なパスセンスを武器にゴールの創出者と化しているデ・ブライネ。飛ぶ鳥を落とす勢いで評価を高め、周囲から称賛の声が挙がることも少なくない。 ▽そのデ・ブライネに対して、来夏に中盤の補強を企てるレアル・マドリーが移籍金2億ユーロ(約265億2000万円)の莫大なオファーを準備。パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールと共にリストの最上位に名を連ねているという。 ▽デ・ブライネは、今シーズンのここまで公式戦39試合に出場して11ゴール19アシストをマーク。今夏に控えるロシア・ワールドカップ後、レアル・マドリーの仲間入りを果たすことになるのだろうか。 2018.02.21 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

イングランド3部に敗戦のペップ「ウィガンにはおめでとうと言いたい」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、ウィガン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽シティは19日にFAカップ5回戦でリーグ1(イングランド3部)のウィガンとのアウェイ戦に臨んだ。デ・ブライネやGKエデルソンをベンチスタートとしたものの、アグエロやシルバ、ザネにフェルナンジーニョら主力を投入して挑んだ試合だったが、前半アディショナルタイムにデルフが悪質なスライディングタックルを見舞い、1人少ない状況に。すると79分にウォーカーの判断ミスからピンチを招いてしまい、グリグに一対一を制されてしまう。その後、シティは攻勢を続けたがゴールは生まれず、0-1で試合終了。格下相手にまさかの5回戦敗退に終わった。 ▽予想外の形で4冠の可能性が潰えたシティ指揮官のグアルディオラ監督は、ウィガンを称賛。また、デルフの退場については「レッドカードだった」と認めている。 「ウィガンにはおめでとうと言いたい。彼らは我々の1つのミスを見逃さず、1本のシュートから得点した」 「我々はいくつか良いチャンスを作ったが、こういう種類の試合においてゴールを決められない時もある。我々にとっては決勝戦だった。しかし、FAカップに敗れた。次の日曜日の決勝戦まで休まなくてはいけない」 「(デルフの退場について)ファンの後押しがある中で、こういう試合ではそういうことも起こりえる。あれはレッドカードだった」 2018.02.20 14:13 Tue
twitterfacebook
thumb

踏んだり蹴ったりのシティ…アグエロが殴られる

▽リーグ1(イングランド3部相当)のウィガンにまさかの敗戦を喫したマンチェスター・シティに対して、さらなる悲劇が怒ったようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽シティは19日、FAカップ5回戦でウィガンと対戦した。4冠の可能性を残すシティだったが、前半でデルフが一発退場となるなど苦しい戦いとなる。すると79分、自分たちのミスから失点を喫すると、試合終盤はGKブラーボも相手陣内に攻め込むパワープレーを見せたが及ばず。格下相手にまさかの敗戦となった。 ▽今シーズンのプレミアリーグで無類の強さを見せて首位を快走するシティに、完封勝利を収めたウィガン。この快挙にサポーターも大喜びを見せ、試合後には複数のサポーターがピッチになだれ込む事態となった。『アス』によると、ほとんどのサポーターはウィガンの選手たちの健闘を称えていたようだが、一人のサポーターだけは違う行動をとったという。 ▽そのサポーターは敗れたシティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに近づき、いきなり右ストレートを見舞った模様。これに怒り狂ったアグエロが反撃に出ようとしたところで、ウィガンのイングランド人DFシャイアン・ドンクリーが仲裁に入ったようだ。 ▽今回の事件を受けてウィガンのデイビッド・シャープ会長は「サッカーは感情的なスポーツだ。特にファンはそうだが、試合の最後にこういう光景は見たくなかった。素晴らしい結果だと思うが、もっと上品に振舞うべきであり、このような行為は好きではない」と、ファンの行動に苦言を呈している。 2018.02.20 11:58 Tue
twitterfacebook
thumb

デルフ退場のシティ、3部のウィガンにまさかの敗戦で5回戦敗退《FAカップ》

▽マンチェスター・シティは19日、FAカップ5回戦でウィガンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽カーディフに勝利して5回戦に進出したシティは、デ・ブライネやGKエデルソンをベンチスタートとしたものの、アグエロやシルバ、ザネにフェルナンジーニョら主力を投入した。 ▽リーグ1(イングランド3部)のウィガンに対し、3トップに右からベルナルド・シウバ、アグエロ、ザネ、中盤インサイドにシルバとギュンドアンを据えた[4-3-3]で臨んだシティが立ち上がりからハーフコートゲームを展開。6分にはギュンドアンがGKを強襲するミドルシュートを浴びせた。 ▽その後も一方的に押し込んで圧力をかけていくシティは、サイドのザネとB・シウバを起点に打開を図る。しかし、水際で守るウィガンを崩しきるには至らず、なかなか枠内シュートを浴びせられない。そんな中、前半追加タイム1分、フェルナンジーニョの縦パスを受けたアグエロが個人技でボックス右に侵入し、強烈なシュートを浴びせた。だが、GKの好守に阻まれてしまう。すると直後、デルフが相手選手に対して悪質なスライディングタックルを見舞い、一発レッドカード。シティは10人となって前半を終えた。 ▽後半からザネに代えてウォーカーを投入したシティは、左サイドバックにダニーロを配置。10人になりながらも敵陣でのプレーを続けていく。 ▽それでも守備を固めるウィガンを崩せず、65分にはシルバに代えてデ・ブライネを投入した。すると73分にようやく決定機を演出。ボックス右のデ・ブライネのクロスを受けたアグエロが反転からシュート。しかし、GKにセーブされた。 ▽すると79分、シティは痛恨の失点を喫する。ウォーカーが不用意に相手のパスをスルーしてGKに任せようとしたところをグリグに拾われ独走。ボックス左まで持ち上がったグリグにGKブラーボとの一対一を制された。 ▽終盤にかけて攻勢を続けたシティだったが、ウィガンの集中した守りを最後まで崩せずに0-1で敗戦。格下相手にまさかの5回戦敗退に終わった。 ▽一方、金星を挙げたウィガンは準々決勝でサウサンプトンと対戦する。 2018.02.20 07:06 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース