レーティング:ユベントス 2-2 トッテナム《CL》2018.02.14 07:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ユベントスvsトッテナムが13日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ブッフォン 5.0
好守もあったが、2失点目では読み間違いを犯すなど悔やまれる2失点…

DF
2 デ・シリオ 6.0
攻撃参加は多くなかったが、安定したクロスへの対応など質の高い守備で存在感

4 ベナティア 5.5
ケインの対応に苦戦。それでも、キエッリーニとの連係で何とか耐えた

3 キエッリーニ 6.0
同点に繋がるFK献上を含め2失点に関与。それでも、読みを利かせた鋭い守備で再三の決定機を阻止

12 アレックス・サンドロ 6.0
マンジュキッチのサポートを受けながら我慢強く守った

MF
11 ドグラス・コスタ 6.5
守備で奮闘しつつロングカウンターの担い手としてPK奪取に貢献

(→アサモア -)

6 ケディラ 5.5
デンベレらとの肉弾戦で劣勢も、攻守に最低限の仕事はこなした

(→ベンタンクール 5.5)
気迫のプレーを見せたが、流れを変えられず

33 ベルナルデスキ 6.5
指揮官の起用に応えて攻守にハードワークをみせ、2点目に繋がるPK奪取

5 ピャニッチ 6.5
先制点をアシスト。苦手の守備でスペースをケアしつつ、精度の高いボールを相手の背後に送り込んだ

17 マンジュキッチ 6.5
後半序盤に負傷しながらもチームを鼓舞するハードワークを見せ続けた

(→ストゥラーロ -)

FW
9 イグアイン 6.5
痛恨のPK失敗も公式戦5連発となる2ゴールを含め抜群の存在感

監督
アッレグリ 5.0
多数の負傷者というエクスキューズはあったものの、2点リードから追いつかれるらしくない内容に…

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 6.0
2失点もほとんどの枠内シュートに鋭い反応をみせ、チームを救った

DF
24 オーリエ 5.0
攻撃では手詰まり、守備ではPK献上など思うようにいかず

6 D・サンチェス 5.5
序盤はかなりバタついたが、無理の利く守備でチームを前に押し出した

5 ヴェルトンゲン 6.0
前半はらしくない対応が散見もケインのゴールの起点になるなど、徐々に盛り返した

33 B・デイビス 5.0
やや不運な形でPK献上。攻撃の場面ではクロスを引っかけられる場面が目立った

MF
23 エリクセン 7.0
値千金の同点FK弾に加え、相手の堅守を翻弄するアイデアを幾度も披露

(→ワニャマ -)

15 E・ダイアー 5.5
中盤のバランサーとして及第点の出来

20 デレ・アリ 6.5
1アシストを記録。エリクセンと共に質の高い間受けとキープ力で攻撃をけん引

(→ソン・フンミン -)

19 デンベレ 6.5
強靭なフィジカルでボールキープに持ち出し、ラストパスと獅子奮迅の働き。守備の強度も高かった

11 ラメラ 6.0
前半は消される場面が多かったが、後半は持ち味のキープ力とパスセンスで攻撃をけん引

(→ルーカス・モウラ -)
今季初のCLでスパーズデビュー

FW
10 ケイン 6.5
堅守ユベントス相手に公式戦8試合ぶりの失点を与える。徹底マークの中でも確かな存在感を示した

監督
ポチェッティーノ 6.0
ラメラ抜擢が機能するなど、精神面の成長を伺わせる好内容でアウェイゴール2つを持ち帰った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
エリクセン(トッテナム)
▽ケインやデレ・アリ、デンベレと共に世界屈指の堅守に風穴を開けた。ここ最近、決めていなかった直接FKをこのビッグマッチで決めるあたりはさすがの一言。

ユベントス 2-2 トッテナム
【ユベントス】
イグアイン(前2)
イグアイン(前9[PK])
【トッテナム】
ケイン(前35)
エリクセン(後27)
コメント
関連ニュース
thumb

フルアム、32歳バベル獲得の次は岡崎やG・ケーヒル?1部残留に向け補強の年齢制限撤廃

現在、プレミアリーグで2部降格圏の19位に沈んでいるフルアム。先日、オランダ代表FWライアン・バベルを獲得したが、1部残留に向けてさらなるテコ入れを画策しているようだ。<br><br>イギリス『イブニング・スタンダード』が報じたところによると、指揮官クラウディオ・ラニエリ率いるフルアムは、1部残留に向けた緊急事態に伴い、補強条件の方針を大きく拡大させたとのこと。<br><br>フルアムは補強する場合、28歳未満の選手という&ldquo;若さ&rdquo;が一つの制約となっていた。だが、2部降格の危機が迫っていることから、補強の年齢制限を撤廃。それに伴い、ベシクタシュから半年間のレンタルで32歳のバベルを獲得した。バベルはすでにリバプールでも実績があり、即戦力として期待を寄せる。<br><br>記事によると「バベルを獲得したばかりのフルアムは、33歳ガリー・ケーヒルの補強も画策しているようだ」とのこと。<br><br>また「ラニエリ監督はレスター時代の教え子、岡崎慎司とダニー・シンプソン(ともに32歳)も迎え入れるべく動いているようだ」と報道。バベルのほか、即戦力として期待される複数の選手に関心を示しているという。<br><br>「クラブ幹部はラニエリが求める補強にゴーサインを出しており、クレイブンコテージ(フルアムのホームスタジアム)の窓口は忙しくなりそうだ」<br><br>同メディアは、フルアムDFカラム・チャンバースの「ライアン(バベル)は今週合流したけど、彼は本当に素晴らしい選手だね。フィジカルが優れているし、フィニッシュも申し分ない。チームの浮上を目指す上で、冬の移籍市場での新戦力確保はポジティブな方向に動くと思う」という言葉も紹介している。<br><br>フルアムは20日、第23節トッテナム戦が控えている。3位トッテナム相手に、ホームで19位フルアムが勝ち点を奪えるのか。また、冬の移籍市場閉幕までフルアムは大きな立ち回りを見せることが確実視され、引き続きその動向から目が離せなくなりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.19 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ケインが2018年イングランド最優秀選手に! 2年連続受賞

イングランドサッカー協会(FA)は18日、ファン投票による2018年の同国年間最優秀選手賞の受賞者として、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(25)の選出を発表した。ケインにとって、2年連続の受賞となる。 昨年のケインはイングランド代表の一員としてロシア・ワールドカップに臨み、28年ぶりのベスト4進出に大きく貢献すると共に、個人としても6得点で大会得点王に。1年を通じた代表活動でも公式戦12試合に出場して8得点を記録した。 「2年連続の選出をすごく誇りに思う。この賞はファンに認められた証。誇らしいよ。イングランド代表のガレス・サウスゲイトやスタッフと目標を達成するために努力した。昨年が最高の年にならないように、ユーロ予選やネーションズリーグで継続的に進歩していきたい」 なお、U-21イングランド代表年間最優秀選手賞も発表され、エバートンに所属するFWドミニク・キャルバート=ルーウィン(21)が選ばれた。 2019.01.19 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムを牽引していたMFムサ・シソコ、2週間の離脱

トッテナムは18日、フランス代表MFムサ・シソコが2週間の離脱となることを発表した。 ムサ・シソコは13日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦(0-1でトッテナムが敗戦)に先発。スプリントの際にハムストリングを負傷し、43分に交代していた。 強靭なフィジカルを武器に中盤のダイナモとしてトッテナムを牽引していたムサ・シソコは今季、公式戦24試合に出場していた。 エースFWハリー・ケインも負傷で不在となるトッテナムは今後、プレミアリーグのフルアム戦(1/20)、EFLカップ準決勝2ndレグのチェルシー戦(1/24)、FAカップ4回戦のクリスタル・パレス戦(1/27)などを控える。 2019.01.19 00:16 Sat
twitterfacebook
thumb

移籍先が二転三転したトッテナムMFムサ・デンベレはピクシー指揮の広州富力に加入

中国スーパーリーグの広州富力は、トッテナムのベルギー代表MFムサ・デンベレ(31)の獲得を発表した。契約期間は3年間となる。 デンベレは、2003年にジェルミナル・ベールスホットでプロキャリアをスタート。その後は、ヴィレムIIやAZといったオランダのクラブでプレーし、2010年にフルアムへと完全移籍した。 フルアムでは、2シーズンにわたって主力としてプレー。この間、FWからMFにコンバートされるなど、プレースタイルを変えていった。そして、2012年8月にフルアムからトッテナムへと加入。トッテナムでは、249試合に出場し10ゴール12アシストを記録していた。 ここ数年、マウリシオ・ポチェッティーノ監督率いるトッテナムの中盤で主力を担ってきたデンベレだったが、今シーズン限りで切れる契約を更新せず。中国へと活躍の場を移した。 移籍先には北京国安や広州恒大などが浮上していたが、ドラガン・ストイコビッチ監督率いる広州富力への加入が決定した。 2019.01.17 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムに大打撃…ケインが左足首じん帯損傷 3月上旬に練習復帰予定

トッテナムは15日、イングランド代表FWハリー・ケインの負傷を発表した。 ケインは13日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦(0-1でトッテナムが敗戦)に先発したが、試合終盤に足首を負傷していた。腫れがひどく、落ち着くまで正確な検査を受けられない状況だったという。 そんな中、クラブは今回左足首のじん帯損傷と診断されたことを発表。リハビリを開始し、3月上旬にトレーニングへ復帰する見込みであることを伝えている。 ケインは今シーズンここまでプレミアリーグ22試合に出場し、得点ランクトップタイとなる14ゴールを記録している。絶対的エースの離脱にトッテナムは苦しい戦いが強いられることになりそうだ。 2019.01.16 08:30 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース