無所属ナスリの新天地はロシア? ゼニトでマンチーニと再タッグか2018.02.14 03:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元フランス代表MFサミル・ナスリ(30)がゼニト移籍に関心を示しているようだ。フランス『レキップ』がロシアメディアのレポートを引用して伝えている。

▽先月末にトルコ・スーパーリーグのアンタルヤシュポルとの契約を双方合意の下で解消したナスリは、現在フリーの状況となっている。先日にはアーセナルとマンチェスター・シティ時代の同僚である元フランス代表DFバカリ・サーニャが在籍するセリエAのベネヴェントとの交渉が報じられたが、条件面で折り合わず交渉は破談に終わっていた。

▽しかし、『レキップ』の伝えるところによれば、ナスリはロシア行きに近づいているようだ。現在、リーグ戦で5位に低迷するゼニトは攻撃陣のテコ入れを考えており、フリーで獲得可能なナスリの獲得に興味を示しており、すでに交渉もスタートしているという。

▽なお、ゼニトを率いるロベルト・マンチーニ監督とナスリは、シティ時代にプレミアリーグ優勝を共に経験した元教え子という関係だ。

▽マルセイユの下部組織出身のナスリは、2008年7月にアーセナルへと完全移籍。チームの主軸としてプレーすると、2011年8月にマンチェスター・シティへ移籍。その後はセビージャへのレンタル移籍経て、2017年8月にアンタルヤシュポルへ完全移籍していた。

▽トルコ・スーパーリーグでは、8試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、セスク後釜確保へ! ゼニトに2度目のオファー

チェルシーがゼニト所属のアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(24)獲得に向けて、2度目のオファーを出したようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 スペイン代表MFセスク・ファブレガスをモナコに売却したチェルシーはその後釜獲得に尽力している。カリアリのU-21イタリア代表MFニコロ・バレッラ(21)にも関心を寄せているとされる中、ここ数日は、より安価で可能性の高いパレデスに力を注いている模様。 伝えられるところによると、チェルシーはすでに推定2700万ポンド(約37億7000万円)のオファーを拒否されており、この度2度目のオファーとして、3120万ポンド(約43億5000万円)を用意したようだ。 ゼニト側はアルゼンチン代表MFの放出に3600万ポンド(約50億円)を要求しているようだが、選手本人もチェルシー移籍に前向きであるため、今回のオファーを承諾する構えだと見られている。 なお、チェルシーはパレデスに対し、週給8万ポンド(約1100万円)の4年半契約を提示しているようだ。 2019.01.16 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、セスク後釜のアルゼンチン代表MFと個人合意目前!

チェルシーが、ゼニトに所属するアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(24)との個人合意目前まで迫っているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 チェルシーからは、今冬にスペイン代表MFセスク・ファブレガスがモナコに移籍。今冬の移籍市場において、マウリツィオ・サッリ監督が同選手の抜けたセントラルミッドフィルダーの補強を優先事項としていることが伝えられてきた。 これまでにもセスクの後任についての報道はされており、パレデスの他にもカリアリに所属するU-21イタリア代表MFニコロ・バレッラ(21)が候補として列挙。しかし、サッリ監督のお気に入りともされるバレッラはシーズン途中の移籍に消極的であり、現在ではパレデスの優先順位が上がっているという。 『メトロ』によれば、チェルシーは既にパレデスとの個人合意に最接近しており、選手当人の移籍希望も明らかになっているとのこと。移籍金についての合意はされていないが、パレデスがゼニトでストライキを起こす覚悟を持っていれば、2700万ポンド(約37億7000万円)前後で十分だと見積もられている。また、ゼニト側も既に後任の確保に動いているようだ。 2019.01.15 18:35 Tue
twitterfacebook
thumb

マルキージオが考える監督に向かない選手とは?「ボヌッチなら信じるけど…」

今シーズンからロシアに拠点を移し、ゼニトでプレーする元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオが、ロシア『Championat.com』のインタビューに応じ、ユベントス時代のチームメートらについて語った。<br><br>マルキージオは今夏、25年間在籍したユベントスと契約解除に合意し、ロシアを新天地に選んだ。32歳のイタリア人MFは、まず古巣との別れを振り返った。<br><br>「交渉はずいぶん前から進んでいたので、心の準備はできていた。クラブを離れなければならないことは自覚していた。するとある日、練習を終えると、ユーベの幹部から連絡を受けた。それから数時間のうちに退団が決定した」<br><br>■元同僚へ思いを巡らすマルキージオ続いてマルキージオは、自身と同様に今夏、ユベントスを退団したGKジャンルイジ・ブッフォンについて言及。40歳を迎えてなおパリ・サンジェルマンに移籍し、一線で活躍を続ける元同僚の秘訣を明かした。<br><br>「彼が長く現役を続けていられるのには、いくつか理由がある。まずジジはGKだから、他のポジションの選手とは違う。それに練習では1人で取り組んでいて、別の形で集中できる。ブッフォンのキャリアは、長年にわたりトリノで厳しいトレーニングを続けてきた結果だと思う。最後の要因は、大ケガを負うことがなかったため、万全であるからだと思う」<br><br>また引退後のキャリアについて話が及ぶと、自身だけでなく、元チームメートの可能性についても見解を示した。<br><br>「ユベントスの元チームメートの中で、(ジョルジョ)キエッリーニは素晴らしいリーダーだけど、監督には向かないと思う。(レオナルド)ボヌッチは監督を志望しているはずで、僕も彼の可能性を信じているよ。ファビオ・グロッソはもう監督だし、彼の成功を祈っている。僕に関して言えば、将来的に指導者に転身するつもりはない。あまり魅力を感じないんだ」<br><br>最後にFWズラタン・イブラヒモビッチについても言及。「彼は最も偉大な選手ではないけど、サッカー史上最高峰の選手の1人だよ」と断言した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.23 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、パケタに続きゼニトMFパレデス獲得を検討か

▽ミランがゼニトに所属するアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(24)の獲得を検討しているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽中盤の強化を図るミランは、フラメンゴからブラジル代表MFルーカス・パケタ(21)を3500万ユーロ(約45億円)の移籍金で獲得。公式には発表されていないものの、レオナルドスポーツ・ディレクターが今冬の獲得合意を認めている。そして、次なる強化としてパレデスの獲得に興味を示しているようだ。 ▽ボカ・ジュニアーズ下部組織出身のパレデスは2010年にトップチーム昇格を果たした。その後、2014年にキエーボやローマへのレンタル移籍を経て、その翌年にローマに完全移籍で加入した。2015-16シーズンはエンポリにレンタルし公式戦33試合で2ゴール1アシストを記録。16-17シーズンはローマに復帰し公式戦41試合で3ゴール1アシストをマークした。昨シーズンからゼニト活躍の場を移したパレデスは公式戦39試合で6ゴール11アシストの活躍。今シーズンもここまで公式戦14試合に出場し。2ゴール4アシストを記録している。 ▽すでにセリエAでの経験があるパレデスはミランにとっても好都合。2017年夏にゼニトに移籍した際の移籍金は2300万ユーロ(約29億5000万円)+ボーナス400万ユーロ(約5億1000万円)だった。 2018.10.13 21:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ生え抜きマルキジオ、1年前にミランの高額オファーを拒否…理由は「愛」

ゼニトに所属する元イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオの父であり代理人を務めるステファノ・マルキジオ氏が、11日付のイタリア紙『トゥット・スポルト』のインタビューに応じた。昨年、ミランからのオファーを断っていたことを明かしている。<br><br>■ボヌッチ&マルキジオW獲得狙ったミラン幼少期から25年もの間ユベントスに在籍し、セリエA7連覇を含む数々のタイトル獲得に貢献したマルキジオ。しかし、近年は故障に泣かされ、十分な出場機会を得られず、8月に双方の合意による契約解除により退団した。その後、新天地ロシアへと旅立っている。<br><br>1年前にはミランへ電撃移籍したDFレオナルド・ボヌッチ(今夏、ユーベへ復帰)に続き、生え抜きのマルキジオまでもがライバルクラブに加入する可能性があると報じられ、ファンがパニックに陥る騒動となったが、父であるステファノ氏は実際にミランからオファーが届いていたことを明かしている。<br><br>「後悔はないが、3年前ならクラウディオは他クラブへ移籍し、もっと稼ぐことができたはずだった。2017年には、ミランから2倍の年俸を提示されたが断った。なぜなら彼は愛するクラブであるユベントスでキャリアを終えることを望んでいたからだ。ただサッカーにおいて事情は変わるものだ。チームの若返りを図りたいというユベントス幹部の決断も理解できる」<br><br>「クラウディオは少しノスタルジックに感じているようだが、むしろ感じない方がおかしいだろう。もし彼が今もユベントスに残れていたとしたら、地球上で最も幸せな男になっていただろうね。だが我々は新たな1ページを開くことを決め、クラウディオも新たな生活に非常に満足している。ゼニトは野心のあるクラブだし、スタジアムも非常に近代的だ。順位表でも首位につけているので、ロシアで8年連続優勝を達成できるよう祈っている」<br><br>最後にステファノ氏は、これからもファンとしてユベントスを見守っていくことを約束。「息子も私もユーベの1人目のファンだ。1試合たりも見逃すつもりはない。1996年と同じようにファンとしてチャンピオンズリーグ優勝を祝えることを願っている」と述べた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.12 16:52 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース