無所属ナスリの新天地はロシア? ゼニトでマンチーニと再タッグか2018.02.14 03:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元フランス代表MFサミル・ナスリ(30)がゼニト移籍に関心を示しているようだ。フランス『レキップ』がロシアメディアのレポートを引用して伝えている。

▽先月末にトルコ・スーパーリーグのアンタルヤシュポルとの契約を双方合意の下で解消したナスリは、現在フリーの状況となっている。先日にはアーセナルとマンチェスター・シティ時代の同僚である元フランス代表DFバカリ・サーニャが在籍するセリエAのベネヴェントとの交渉が報じられたが、条件面で折り合わず交渉は破談に終わっていた。

▽しかし、『レキップ』の伝えるところによれば、ナスリはロシア行きに近づいているようだ。現在、リーグ戦で5位に低迷するゼニトは攻撃陣のテコ入れを考えており、フリーで獲得可能なナスリの獲得に興味を示しており、すでに交渉もスタートしているという。

▽なお、ゼニトを率いるロベルト・マンチーニ監督とナスリは、シティ時代にプレミアリーグ優勝を共に経験した元教え子という関係だ。

▽マルセイユの下部組織出身のナスリは、2008年7月にアーセナルへと完全移籍。チームの主軸としてプレーすると、2011年8月にマンチェスター・シティへ移籍。その後はセビージャへのレンタル移籍経て、2017年8月にアンタルヤシュポルへ完全移籍していた。

▽トルコ・スーパーリーグでは、8試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコが連勝でラウンド16進出! ラツィオ&ゼニトが逆転突破!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグが22日に各地で行われた。 ▽アトレティコ・マドリーvsコペンハーゲンは、ホームのアトレティコが1-0で勝利した。この結果、2戦合計5-1としたアトレティコがラウンド16進出を決めた。 ▽今大会出場チーム最多の2度の優勝を誇るアトレティコは、敵地で行われた初戦を4-1で快勝。今週末に行われるリーガエスパニョーラでセビージャとの上位対決を控えるチームは、グリーズマンやサウールら主力数名を温存。2トップにはガメイロとトーレスが起用された。 ▽試合は開始早々にアトレティコが動かす。7分、ボックス手前でコレアからパスを受けたガメイロがペナルティアーク付近で左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴールネットを揺らした。その後もコレアとビトロの両翼の個人技を軸に、トーレスやガメイロが積極的に相手の背後を狙って行く中、トーレスに幾度か決定機があったものの、試合は1-0のまま前半を終了した。 ▽迎えた後半、週末のセビージャ戦を睨んでコケ、コレアを早い時間帯に下げてサウール、ガイタンをピッチに送り込んで試合を締めにかかるアトレティコ。すると、指揮官の堅実な采配によって後半はなかなか決定的な場面を作り出せない。それでも、守護神オブラクとDFゴディンを中心に相手に決定機を作らせず、試合はこのままタイムアップ。地力の差を見せつけたアトレティコが順当にラウンド16へ駒を進めた。 ▽また、同時刻に行われたその他の試合では、敵地での1stレグを0-1で落としたラツィオがエースFWインモービレのハットトリックの活躍などで5-1の大勝を収め、2戦合計5-2のスコアで逆転突破を決めた。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)やELの常連対決となったビジャレアルvsリヨン、ゼニトvsセルティックの2カードは、リヨンとゼニトが強豪対決を制した。ホームでの初戦を3-1で先勝したリヨンはやや守備的に試合に入って0-0のスコアで時間を進めていく。しかし、試合終盤に相手に退場者が出ると、85分にバートランド・トラオレのゴールで先制に成功し、敵地で1-0の勝利。2戦合計4-1で突破を決めた。また、敵地での初戦を0-1で落としたゼニトはイバノビッチの早々のゴールで2戦合計タイに戻すと、その後クジャイェフ、ココリンの2ゴールで突き放して3-0で快勝。2戦合計3-1として逆転での突破を決めた。 ▽22日の日本時間25時開催および27時開催となったELラウンド32・2ndレグの結果は以下のとおり。 ◆ラウンド32・2ndレグ結果(日本時間25時・27時開催試合) ▽2/22(木) ロコモティフ・モスクワ 1-0(AGG:4-2) ニース アトレティコ・マドリー 1-0(AGG:5-1) コペンハーゲン ※ディナモ・キエフ 0-0(AGG:1-1) AEKアテネ ラツィオ 5-1(AGG:5-2) ステアウア・ブカレスト ※RBライプツィヒ 3-3(AGG:3-3) ナポリ スポルティング・リスボン 3-3(AGG:6-4) アスタナ ビクトリア・プルゼニ 2-0(AGG:3-1) パルチザン ビジャレアル 0-1(AGG:1-4) リヨン ゼニト 3-0(AGG:3-1) セルティック ※アウェイゴール数で上回り突破 2018.02.23 05:19 Fri
twitterfacebook
thumb

ゼニトのロシア代表FWジューバ、レンタルで同1部アルセナル・トゥーラへ

▽アルセナル・トゥーラは1月31日、ゼニトに所属するロシア代表FWアルチョム・ジューバ(29)のレンタル加入を発表した。期間は今シーズン終了までとなる。 ▽ジューバは、身長194cmの長身ストライカー。ロシア代表としても22試合11ゴールの実績を持つが、今シーズンはここまでロシア・プレミアリーグ15試合に出場してわずか1ゴールにとどまっている。 ▽アルセナル・トゥーラは、1946年創設のロシア・プレミアリーグ所属クラブ。今シーズンはここまでロシア・プレミアリーグ8位につけている。 2018.02.01 08:40 Thu
twitterfacebook
thumb

マンチーニ、PSGでの監督業に興味「是非ともやってみたい」

▽ゼニトのロベルト・マンチーニ監督が、パリ・サンジェルマン(PSG)での指揮に興味があることを明かした。イギリス『Four Four Two』がフランス『レキップ』でのインタビューを引用して伝えている。 ▽フィオレンティーナ、ラツィオで指導者としての経験を積み、2004年に就任したインテルでセリエA3連覇を成し遂げたマンチーニ監督。2009年12月にマンチェスター・シティに就任すると、2011-12シーズンにはプレミアリーグ制覇へ導いた。その後はガラタサライ、自身2度目となるインテルでの指揮を経て、今シーズンはゼニトを指揮。国内リーグ戦では、首位のロコモティフ・モスクワに勝ち点8差で次ぐ2位につけている。 ▽そんなマンチーニ監督は、PSGでの指揮に関心を抱いていることを告白。また、タレント揃いのPSGが数年のうちにチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げる可能性があると主張している。 「是非ともパリ・サンジェルマンで監督をやってみたい。ありえない話ではないだろ? 素晴らしい仕事をした監督でさえ、1日で全てが変わる可能性があるんだ」 「コンタクトはなかったが、将来はわからないよ。PSGは各ポジションに素晴らしい選手がいるんだ。全ての監督がそのようなチームで指揮してみたいと思うだろう」 「PSGは世界でベストなチームの一つだ。ネイマールやキリアン・ムバッペがいるし、チャンピオンズリーグを優勝するチャンスを持っている。今シーズンだけでなく、数年間はその可能性がある」 2018.01.20 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

マンチーニ「代表監督は美しい経験になるだろう」空位のイタリア代表指揮官に興味

ロシア・ワールドカップ開幕まであと半年に迫った。今大会では、4度の優勝を誇るイタリア代表が欧州予選のプレーオフで敗れ、60年ぶりに本大会出場を逃したことでも話題となった。<br><br>そのイタリア代表は昨年11月にジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を更迭したものの、それから2カ月にわたって後任が決まらず、指揮官の座は空席となっている。<br><br>この状況を受けて、ゼニトを率いるロベルト・マンチーニがイタリア代表監督のポストに関心を示していると『スカイスポーツ・イタリア』が報じた。<br><br>「これまで私の人生で、母国がワールドカップに出られないなんて経験したことがなかった。それが当たり前のようになっていたからね」<br><br>「私はビッグクラブでも指揮官を務めた。代表でもチームを率いることができたら、それは美しい経験になるだろうね。ユーロやW杯で母国を優勝に導いたら、それはとてつもない極上の体験となるはずだ」<br><br>マンチーニは昨年11月時点でアッズーリ指揮官就任のうわさに対して「関心がない」と公言していた。だが、その後イタリア代表の後任監督が決まらず、混迷しているアッズーリの状況を見かね、代表監督のポストに興味を示しているようだ。<br><br>イタリア代表監督はマンチーニのほか、カルロ・アンチェロッティ、ファビオ・カペッロ、さらには現チェルシー指揮官のアントニオ・コンテも候補として報じられていた。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.12 06:52 Fri
twitterfacebook
thumb

長友に新ライバル? インテルがスパレッティ愛弟子のクリーシト獲得に動くか

▽インテルが今冬の移籍市場でゼニトに所属する元イタリア代表DFドメニコ・クリーシト(31)の獲得に動いているようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽現在、ブラジル代表DFミランダ、イタリア代表DFダニーロ・ダンブロージオ、元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアと最終ラインに負傷者が続出中のインテルは、今冬の移籍市場でDFの補強が急務となっている。 ▽そこでクラブが関心を示しているのが、ジェノアやゼニトで活躍してきたクリーシトだ。同選手はルチアーノ・スパレッティ監督がゼニトを率いた時代の愛弟子であり、本職は左サイドバックながらセンターバックや守備的MFでもプレー可能であることから、今のインテルにとって最適な人材と思われる。 ▽なお、ゼニトとの契約が今季終了までとなっているクリーシトは、来夏のイタリア復帰を希望している。その一方で、ゼニト側には今冬に放出する意思がないといわれており、移籍成立にはタフな交渉が必要となる。 2018.01.08 03:02 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース