今冬ミラン退団のDFパレッタが中国へ! 江蘇蘇寧加入が決定的に2018.02.14 00:53 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先月末にミランとの契約を解消した元イタリア代表DFガブリエル・パレッタ(31)が中国スーパーリーグに所属する江蘇蘇寧に加入することが決定的となった。『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。

▽アルゼンチン出身のセンターバックであるパレッタは、2015年冬にパルマからミランに移籍。ミランでは公式戦47試合に出場して2ゴールを記録したが、主力としてプレーした昨季はリーグワーストタイとなる5度の退場を犯すなど荒さも目立ち、今季は構想外となってヨーロッパリーグ1試合の出場に留まっていた。

▽そのパレッタにはフェネルバフチェ、ガラタサライ、アンタルヤスポルといったトルコ勢、古巣のパルマといったクラブが獲得に興味を持っていたようだが、新天地は中国となる模様だ。

▽なお、『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えるところによれば、ファビオ・カペッロ監督率いる江蘇蘇寧加入に向けて大筋合意しているパレッタは、同クラブの外国人登録枠が空き次第、フリーで加入する見込みだという。

▽そして、パレッタに代わって放出されるのは、昨シーズン途中にインテルにレンタル移籍していたオーストラリア代表DFトレント・セインズベリーとなるようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー行き迫るイグアインが21日ジェノア戦メンバー外に! ガットゥーゾも移籍示唆

チェルシー移籍が決定的とされるミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)が21日に行われるセリエA第20節のジェノア戦でメンバー外となった。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えた。 シーズン半ばを過ぎてエースストライカー不在が顕著なチェルシーは、今冬の移籍市場でスペイン代表FWアルバロ・モラタの退団を認め新ストライカーの確保に動く模様。そして、そのメインターゲットがマウリツィオ・サッリ監督のナポリ時代の教え子であるイグアインだ。 ここ数日、ミランとのレンタル契約を満了し保有元のユベントスからチェルシーに3200万ポンド(約45億4000万円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍の可能性が報じられていた中、週明けにも移籍が成立する見込みだ。 ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は20日、ジェノア戦に向けて公式会見の場でイグアイン希望を受け入れたことを認めた。 「私は彼の決断を受け入れる。恐らく、彼はよりうまくやることができたと思う。そして、我々が彼のフィットさせるため助けることができたかもしれない」 「私はすべてに対して正直でありたい。こういった移籍の噂もあり今日のトレーニングセッションは酷いものだった。我々はトレーニングセッション後に彼と話し合ったが、私は彼が次の試合への準備ができているとは考えていない」 2019.01.21 00:00 Mon
twitterfacebook
thumb

モラタ、22日にもアトレティコ入りか 買取OPは75億円?

チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)のアトレティコ・マドリー入りは、22日になりそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 育成年代にアトレティコ・マドリーからヘタフェを経てレアル・マドリーに加入、トップチーム昇格を果たしたモラタは、ユベントス移籍、レアル・マドリー復帰を経て2017-18シーズンからチェルシーに加入。今シーズンは公式戦24試合9ゴールを記録しているが、イングランドでは物足りなさが指摘されており、アトレティコへの移籍が既定路線と見られている。 また、19日に行われたプレミアリーグ第23節アーセナル戦(0-2でチェルシーは敗北)で招集メンバーに含まれなかったことも、移籍報道に信憑性をもたらす事柄の一つだ。『マルカ』は、大きな変更さえ起こらなければモラタはアトレティコと契約することになり、その日付が22日になるであろうことを伝えている。 モラタはレンタル移籍の契約を結ぶとされており、残る交渉は買い取りオプションの設定金額のみ。なお、記事ではチェルシーが6000万ユーロ(約75億円)前後の値が付くと信じている、とされている。 とはいえ、アトレティコ内部での問題も残されており、それはラ・リーガの設定する給与制限に関するものだ。現状で上限までの猶予が残されておらず、モラタの給与を負担するためには人員整理が必要に。伝えられるところでは、MFジェウソン・マルティンスがモナコに売却され、FWニコラ・カリニッチも放出される可能性があるようだ。 さらに、以前から伝えられる通り、ユベントスからレンタルでミランに加入しているFWゴンサロ・イグアインのチェルシー入りも間近に。チェルシーは24日にリーグカップ準決勝のトッテナム戦を控えており、同選手に関してもそれまでの発表が見込まれそうだ。 2019.01.20 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

イグアインがロンドンへ 19日アーセナル戦でチェルシーデビューか

ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(31)のチェルシー移籍が間近の様相だ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、イグアインは18日にもチェルシー移籍に向け、ロンドン入りし、メディカルチェックへ。ユベントスとの話もまとまっており、契約書にサインを交わすのみだという。 また、イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』もイグアインのチェルシー移籍を報道。19日に行われるプレミアリーグ第23節のアーセナル戦に間に合わせるべく、締め切りの18日午後12時までにメンバー登録したい模様だ。 なお、チェルシーとユベントスは、3200万ポンド(約45億4000万円)の買取オプションが付随したレンタルで合意。イグアインはチェルシーで週給15万ポンド(約2100万円)の契約を結ぶとみられる。 2019.01.18 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ピョンテク、ミランへ! 伊紙報道

ジェノアのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)がミランと合意に至ったようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。 ここ最近ミラン移籍が取り沙汰されていたピョンテク。今回の記事によると、ミランとピョンテクは個人間合意に至り、あとは5年契約にサインするだけとなったようだ。今季いっぱいは買い取りオプション付きレンタルという形でミランに合流し、来シーズンに同クラブがオプションを行使すれば、正式にロッソネロの一員となる。 ミランでは、レンタル期間中の今季は週給3万5000ユーロ(約434万円)、完全移籍した場合は4万ユーロ(約496万円)になるようだ。これは現在ジェノアから受け取っている給与の4倍にあたる額となっている。 また、ミランが買い取りオプションを行使する際に支払う移籍金は4000万ユーロ(約49億6000万円)となる見込みだが、ジェノア側は保証金として、そのうちの1000万ユーロを先に支払うことを要求しているようだ。 今季ブレイクを果たしたピョンテクは、リーグ戦では第19節を終えた時点で13得点。ユベントスのクリスティアーノ・ロナウドの14得点に次ぐゴール数で、多くのビッグクラブが関心を寄せていた。 2019.01.17 20:03 Thu
twitterfacebook
thumb

イグアイン退団濃厚のミラン、後釜にバチュアイをリストアップ?

ミランが、バレンシアに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(25)を新たにリストアップしたようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ミランは昨夏ユベントスから元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)をレンタルで獲得。しかし、ここまでのリーグ戦で15試合6得点と期待値からすれば、やや物足りないパフォーマンスにレンタル打ち切りの可能性が浮上し、16日にはチェルシーへのレンタル移籍でユベントスが合意したことが同メディアによって伝えられた。 ミランは現在、イグアインの後釜としてジェノアに所属するFWクシシュトフ・ピョンテク(23)の獲得に関心を示している。しかし、ジェノア側が4000万ユーロ(約49億円)+ボーナスを要求しており、完全移籍か買い取り義務付きのレンタル移籍を求めていることから、ミランは難色を示しているという。 そんな中、ミランはプランBとしてバレンシアのバチュアイを注視。しかし、同選手は最近、元ベルギー代表のアシスタントコーチであるティエリ・アンリ監督が率いるモナコへのレンタル移籍で合意寸前であることが伝えられているため、そうなれば争奪戦になることは間違いなさそうだ。 移籍市場は残り約2週間。果たしてミランはどのような動きを見せるのだろうか。 2019.01.17 10:30 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース