アーセナルに痛手…ラカゼットがヒザ手術で4~6週間の離脱2018.02.14 00:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは13日、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが同日午前にヒザの手術を行ったことを発表した。

▽アーセナルの伝えるところによれば、今回の手術はヒザの軽微な問題を解決するための比較的簡単な手術だったという。また、離脱期間に関しては4~6週間が見込まれている。

▽今回の負傷によってラカゼットは今月末に行われるマンチェスター・シティとのEFLカップ決勝とリーグ戦(3月1日開催)の2連戦に加え、ヨーロッパリーグ(EL)のエステルスンド戦の2試合など、数試合を欠場する見込みだ。

▽とりわけ、ELでは今冬加入のFWピエール=エメリク・オーバメヤンが登録できないため、エステルスンドを退けて勝ち上がった場合、ラウンド16でナポリなどの強豪を引くと、負傷がちのFWダニー・ウェルベック以外に起用可能なセンターフォワードがいないという、緊急事態になる可能性もある。

▽なお、昨夏にリヨンから鳴り物入りで加入したラカゼットは、今季ここまでの公式戦29試合に出場し9ゴール1アシストの数字を残している。

コメント

関連ニュース

thumb

ELラウンド16進出チームが決定! 日本人所属3クラブは揃って勝ち抜け!《EL》

▽22日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の全日程が終了した。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 ▽グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われた今回のラウンド32。いずれも接戦が目立った中、RBライプツィヒに敗れたナポリを除きアーセナルやミラン、アトレティコ・マドリー、ドルトムントといった優勝候補が順当にラウンド16進出を果たした。 ▽また、日本人選手所属ではMF香川真司が2試合共に欠場となったドルトムントがアタランタとの接戦を制した。また、グループIで同居して共にグループステージ突破を決めたDF酒井宏樹のマルセイユ、MF南野拓実のザルツブルクはそれぞれブラガ、レアル・ソシエダを下してラウンド32を突破した。なお、1stレグでは酒井がアシスト、南野が貴重な同点ゴールときっちりチームの突破に貢献していた。 ▽また、国別での勝ち上がりをみると、唯一の参戦となったイングランド勢のアーセナルを除き、5大リーグと評されるスペイン、イタリア、ドイツ、フランスがそれぞれ2チームずつをラウンド16に送り込んでいる。その一方で、ラウンド16に最多3チームを送り込んだのは優勝候補にも挙がるゼニトを含め、CSKAモスクワ、ロコモティフ・モスクワが勝ち上がったロシア勢だった。 ▽なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は23日の日本時間21時にスイスのニヨンで開催される予定だ。また、ラウンド16は1stレグが3月8日に、2ndレグが同月15日に行われる。ELラウンド16進出チームは以下の通り。 ◆ELラウンド16進出チーム アーセナル(イングランド) ミラン(イタリア) ラツィオ(イタリア) ドルトムント(ドイツ) RBライプツィヒ(ドイツ) アトレティコ・マドリー(スペイン) アスレティック・ビルバオ(スペイン) リヨン(フランス) マルセイユ(フランス) スポルティング・リスボン(ポルトガル) ゼニト(ロシア) CSKAモスクワ(ロシア) ロコモティフ・モスクワ(ロシア) ディナモ・キエフ(ウクライナ) ザルツブルク(オーストリア) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 2018.02.23 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ホームで格下にまさかの敗戦も1stレグのアドバンテージ生かしたアーセナルがベスト16進出!《EL》

▽アーセナルは22日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグでエステルスンド(スウェーデン)と対戦し、1-2で敗戦した。しかし、2戦合計4-2でアーセナルがベスト16進出を決めた。 ▽敵地で行われた1stレグで3-0と完勝したアーセナルが、本拠地のアーセナル・スタジアムにエステルスンドを迎えた2nd。今週末にマンチェスター・シティとのEFLカップ決勝というビッグマッチを控えているアーセナルは、1stレグから先発を3人変更。エジルやモンレアル、ムスタフィに代えてウィルシャー、コラシナツ、ホールディングを先発で起用した。 ▽ウェルベックを1トップに置いた[4-2-3-1]で試合に臨んだアーセナルは、積極的な入りを見せるエステルスンドを前に後手に回る。すると4分、左サイド深くからボックス内へカットインしたケン・セマの折り返しをホップカットに合わせられるも、これはホールディングがブロック。 ▽連係ミスやイージーなミスが目立ち、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めないアーセナルに対し、エステルスンドは22分に決定機。中盤でボールを受けたゴッドスがダイレクトでスルーパスを送ると、抜け出したアイエシュがボックス右まで持ち上がりシュート。DFチャンバースにディフレクトするもネットに吸い込まれた。 ▽先制点で勢いづくエステルスンドは24分、中盤でボールをカットしたゴッドスが素早くロングパスを前線に供給。これをボックス左で受けたケン・セマが、切り返しでチャンバースのマークを振り切ると左足のシュートをゴール右隅に突き刺し、追加点を奪った。 ▽わずか2分間で2失点を喫したアーセナルは、35分に反撃。バイタルエリア左サイドでFKを獲得すると、ムヒタリアンのFKをウェルベックがバックヘッドで合わせたが、これはGKケイタの正面を突いた。 ▽迎えた後半、アーセナルはナイルズを下げてジャカを投入。すると47分、ムヒタリアンのパスでボックス右深くまでオーバーラップしたベジェリンがクロスを供給。これをDFムキイビがクリアミスすると、ファーサイドでボールを拾ったコラシナツがシュートをゴール左に突き刺した。 ▽一進一退の展開が続く中、アーセナルは76分にウィルシャーを下げてウィロックを投入。その後はポゼッションで上回るアーセナルが、試合の主導権を握りながらエステルスンドゴールに迫るも、最後まで同点弾は奪えず1-2で試合終了。 ▽今季わずか1敗と絶好調のホームで格下相手に敗戦を喫するも、1stレグのアドバンテージを生かしたアーセナルが、2戦合計4-2でベスト16進出を決めた。 2018.02.23 07:13 Fri
twitterfacebook
thumb

ジルー「ドルトムントが最も興味深いオファーだった」…それでもチェルシーを選んだ理由とは

▽デッドライン・デイにアーセナルからチェルシーに完全移籍したフランス代表FWオリヴィエ・ジルーがアーセナル退団の理由を告白している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽2012年夏にモンペリエからアーセナルに加入したジルーは、以降5シーズンに渡ってレギュラーとして活躍。昨シーズンには先発回数が減ったものの、高い得点力を発揮してチームに貢献していた。しかし、今シーズンは昨年の夏にフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが加入したこともあり、ポジションを失っていた。さらに1月31日にはガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがドルトムントから加入。ジルーは同日に1800万ポンド(約26億8900万円)でチェルシーへ移籍した。 ▽チェルシー加入後ここまで公式戦3試合1ゴール3アシストを記録しているジルーは、「プレーすることで幸せになりたかった」アーセナル退団の理由を明かした。また、ドルトムントからも熱烈なオファーがあったことを認め、それでもチェルシーを選択した訳を告白している。 「アーセナルでは明らかにイライラしていたよ。1年間半でますますひどくなった。僕はそれを続けることができなかったし、もう1年アーセナルのサブや3番手として過ごすことはできなかった」 「新たなストライカー(オーバメヤン)の加入で自分の未来が暗く見えた。再びプレーすることで幸せになりたかったんだ。だから僕はチームを去った。単純なことだよ」 「最も簡単な解決案は、ドルトムントに行くことだったんだ。アーセナルはドルトムント同様にそれが幸せだったし、金銭的な話でも最も興味深いオファーだった。チェルシーも素晴らしいオファーだったけど、ドルトムントはとても僕を欲しがってくれた」 「しかし、長引いてしまった。3人目の子どもが生まれたばかりでストレスもあった。それがドルトムントに行きたくなかった理由でもあるんだ」 「息子と4カ月会えずにやっていけるかどうかわからなかった。困難に立ち向かうためには彼らが必要だったんだよ」 2018.02.22 10:04 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサが狙うベジェリン、最大のライバルが横槍?

▽アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(22)に思わぬ移籍の噂が立っている。『ESPN』が報じた。 ▽22歳の快速サイドバックであるベジェリンは、パフォーマンスの高さと年齢から多くのクラブが獲得に興味を示している。 ▽今シーズンはアーセナルでより重要なポジションを任されており、プレミアリーグでは全試合で先発出場し2ゴールを記録している。 ▽最近は、アーセナルTVにて、常にチームを批判する人々を「本当のファンではない」とコメントし、炎上してしまう事態にも陥っていた。 ▽そんなベジェリンだが、スペインではレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が今夏にトップターゲットにすると報道。かつてのライバルクラブへの“禁断の移籍”が実現する可能性もゼロではない。 ▽ベジェリンはバルセロナのカンテラ出身であり、2011年にアーセナルのユースチームへ移籍。2013年にトップチームへと昇格していた。 ▽古巣であるバルセロナが常にターゲットにしているベジェリンだが、まさかのマドリー移籍が起こるのだろうか。 2018.02.21 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルがエミレーツ航空との胸スポンサー契約延長を発表! 5年間で総額300億円の大型契約を締結!!

▽アーセナルは19日、エミレーツ航空とのスポンサー契約を2023-24シーズンまで延長することを発表した。なお、公式サイトで契約金などは明かされていないが、イギリス『BBC』やイギリス『デイリー・ミラー』によると、年間4000万ポンド(約60億円)で総額2億ポンド(約300億円)の大型契約を結んだと報じている。 ▽今回の契約延長を受け、アーセナルのイワン・ガジディス最高経営責任者(CEO)はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「我々とエミレーツ航空のパートナーシップは、プレミアリーグでの最長期間であり、世界のスポーツ界を見ても最も長い関係のひとつだ。私たちのアプローチと野心の信念と投資の大幅な増加は、私たちがトロフィーのために競争し続け、世界中のクラブやファンにもっと成功をもたらすのに役立つことだろう」 「エミレーツ航空は、2024年までシャツ・パートナーシップを拡大することで、影響力を拡大し、世界を牽引するという我々の野望に重要な役割を果たしているアーセナルの最高のパートナーであり、両組織がどれほど価値を持ち、パートナーシップによってどれだけ多くの利益を得ているかを強調している」 ▽アーセナルは、スタジアムのネーミングとしてもお馴染みのエミレーツ航空と2006-07シーズンから契約を締結。以降11年にわたって同社と契約を結んでいた。なお、エミレーツ航空とのスタジアムのネーミングライツ契約は、2028年までとなっている。 2018.02.20 00:00 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース