アーセナルに痛手…ラカゼットがヒザ手術で4~6週間の離脱2018.02.14 00:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは13日、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが同日午前にヒザの手術を行ったことを発表した。

▽アーセナルの伝えるところによれば、今回の手術はヒザの軽微な問題を解決するための比較的簡単な手術だったという。また、離脱期間に関しては4~6週間が見込まれている。

▽今回の負傷によってラカゼットは今月末に行われるマンチェスター・シティとのEFLカップ決勝とリーグ戦(3月1日開催)の2連戦に加え、ヨーロッパリーグ(EL)のエステルスンド戦の2試合など、数試合を欠場する見込みだ。

▽とりわけ、ELでは今冬加入のFWピエール=エメリク・オーバメヤンが登録できないため、エステルスンドを退けて勝ち上がった場合、ラウンド16でナポリなどの強豪を引くと、負傷がちのFWダニー・ウェルベック以外に起用可能なセンターフォワードがいないという、緊急事態になる可能性もある。

▽なお、昨夏にリヨンから鳴り物入りで加入したラカゼットは、今季ここまでの公式戦29試合に出場し9ゴール1アシストの数字を残している。

コメント

関連ニュース

thumb

マックス・マイヤーの新天地はホッフェンハイム! プレミア勢との争奪戦制し加入と報道

▽今季限りでシャルケとの契約が終了するドイツ代表MFマックス・マイヤー(22)がホフェンハイムにフリーで加入することが決定的となった。ドイツ『Sportbuzzer』が伝えている。 ▽2013年にトップチームデビューを果たしたマイヤーは、デビュー2年目となった2013-14シーズンから主力に定着。卓越した攻撃センスと高精度の両足のキックを武器に左右のウイングや攻撃的MFとして4シーズンに渡って活躍。さらに、ドメニコ・テデスコ新監督の就任に伴い、今季はアンカーやインサイドハーフにコンバートを果たし新境地も開いていた。 ▽しかし、今後のステップアップを図るマイヤーはクラブからの再三に渡る契約延長オファーを固辞し、先日には今季限りでの退団が発表されていた。新天地に関してはアーセナルやリバプール、トッテナムなどプレミアリーグ勢が有力と見られていたが、母国のライバルチームという意外な移籍先を選んだ。 ▽なお、ホッフェンハイムは今季のブンデスリーガをバイエルン、シャルケに次ぐ3位で終えており、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ・ストレートインを果たしている。 2018.05.21 02:01 Mon
twitterfacebook
thumb

カソルラが古巣ビジャレアル復帰へ! クラブがオファーを準備か

▽今季限りでのアーセナル退団が決定的な元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(33)の新天地は古巣ビジャレアルになるのかもしれない。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽2016年10月以降、計10回の手術を受け、戦線離脱が続くカソルラ。今月に入ってようやくチームの練習に合流を果たしたものの、今季中の復帰は叶わなかった。現在、アーセナルではアーセン・ヴェンゲル監督の後任として、カソルラの同胞で元同僚のミケル・アルテタ氏(36)の新指揮官就任が決定的な状況だが、クラブがカソルラに契約延長オファーを掲示する可能性は低いようだ。 ▽そのため、今後の去就に注目が集まるカソルラだが、古巣のビジャレアルがオファーを掲示する準備を進めているようだ。現役時代にスペイン代表とビジャレアルで共にプレーし、現在はビジャレアルでアンバサダーを務めるマルコス・セナ氏はかつての同僚の復帰の可能性を示唆している。 「私は彼の移籍を確定させたいと思っている」 「ただ、現時点ではサンティ・カソルラとビジャレアルはプレシーズンの時期に練習とプレーの場を与えるということで話し合いが進んでいるだけだ」 「ただ、彼はフリーエージェントになる」 ▽生まれ故郷のオビエドの下部組織を経て17歳のときにビジャレアルに加入したカソルラは、2003年にトップチームデビュー。その後、2006年にレクレアティーボに完全移籍するも、翌年に買い戻しオプションで復帰を果たした同選手は2011年にマラガに引き抜かれるまで合計7シーズンプレー。公式戦241試合に出場し、34ゴール35アシストの記録を残していた。 ▽古巣からのラブコールに応えてカソルラの8シーズンぶりのイエロー・サブマリン復帰は実現するのか。 2018.05.20 23:53 Sun
twitterfacebook
thumb

ウィルシャーにPSG移籍が急浮上!

▽今シーズン限りでアーセナルとの契約が終了するイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の可能性が急浮上した。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽今シーズンの公式戦42試合に出場するなど、完全復活を遂げたウィルシャー。だが、今季限りで終了するクラブとの契約延長交渉は未だに合意に至らず、今夏にクラブを去る可能性も伝えられている。 ▽現在、そのウィルシャーにPSG移籍の可能性が急浮上しているようだ。 ▽『レキップ』が伝えるところによれば、アーセナルとの契約難航やロシア・ワールドカップに向けたイングランド代表から落選するなど、イングランドで失意の時を過ごすウィルシャーは母国を離れて国外で心機一転を図ることを希望しているという。 ▽そして、ウィルシャーの要請を受けた代理人がPSGのアンテロ・エンリケSDに対して、売り込みを行ったようだ。 ▽PSGではトーマス・トゥヘル新監督就任に伴い、ここから移籍市場の方針を決める段階であり、すぐさまウィルシャー獲得に動く可能性は低い。ただ、元イタリア代表MFチアゴ・モッタの現役引退、フランス代表MFラサナ・ディアラの退団が濃厚となっており、貴重な左利きのセントラルMF獲得に動く可能性は十分にありそうだ。 ▽ウィルシャーは元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏以来のパリ移籍を果たすことになるのか…。 2018.05.19 18:46 Sat
twitterfacebook
thumb

代表落選のウィルシャーが沈黙破る「チャンスを与えられれば、インパクトを残せると思っている」

▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたイングランド代表23名を発表した。しかし、今季完全復活を果たしたアーセナルMFジャック・ウィルシャーの名前はリストになかった。 ▽今季は所属するアーセナルで公式戦42試合に出場するなど復調を見せていた“ガラスの天才”。卓越した攻撃センスと左足のテクニックを誇り、現スカッドの中盤の選手と異なる特長を持つだけに待望論が出ていたウィルシャーだったが、ガレス・サウスゲイト監督は「彼はシーズン終盤にあまり効果的なプレーができていなかった」と、同選手の落選理由について語った。 ▽惜しくも代表落選となったウィルシャーは17日、自身の公式ツイッター(@JackWilshere)を通じて現在の心境を明かした。 「今回のことに関して話すには少し時間が必要だった。ワールドカップに臨むイングランド代表のメンバーから落選したことに関して、当然ながら信じられないほど失望しているよ」 「個人的に自分の状態がフィットし、シーズンを通してシャープさと強さもあったと思っている。それだけに自分がスカッドに入るべきだと信じている」 「同時にチャンスを与えられれば、僕は本物のインパクトを残せると思っている」 「だけど、監督の決定を尊重する必要があると思っているよ。そして、スカッド全体がトーナメントのためにベストを尽くすことを願っている」 「僕はいつでもイングランド代表のファンだ。今回はここに残ってチームを応援していきたいと思う」 2018.05.18 14:49 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、アルテタ新監督誕生へ…アンリ氏も入閣する可能性?

アーセナルは、新指揮官候補をミケル・アルテタ氏に絞ったようだ。英『スカイスポーツ』が伝えている。<br><br>今季限りで、22年間指揮を務めてきたアーセン・ヴェンゲル監督が退任するアーセナル。偉大な指揮官の後継には、マッシミリアーノ・アッレグリ(現ユベントス監督)やルイス・エンリケ氏など、様々なビッグネームが就任すると噂されてきた。<br><br>しかし、アーセナルは若手コーチにその未来を託すようだ。現在、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督のもとでアシスタントコーチを務めるアルテタ氏を、指揮官として招へいするつもりだという。<br><br>アーセナル上層部は17日、新指揮官候補を絞り込む会議を行い、同日にアルテタ氏と会談を行ったようだ。来週中には決定したい考えのようだ。一部報道では、グアルディオラ監督や上層部はアルテタ氏との会議後、クラブを離れることを許可したとも伝えられている。<br><br>2011~2016年までアーセナルに所属し、主将も務めたアルテタ氏。トップチームの指揮経験はない状況だが、ヴェンゲル監督も太鼓判を押している。<br><br>「彼はリーダーであり、試合への情熱があり、クラブを知り、なにがクラブにとって重要か理解している。決断の後は、私は彼をサポートするよ」<br><br>また、アーセナルはOBのティエリ・アンリ氏とも来週話し合いを行う予定だという。クラブ史上最多の228ゴールを決めたレジェンドについて、クラブへ戻ってくる可能性があるかを確認するつもりのようだ。<br><br>偉大な指揮官が去ることになったアーセナル。その後を次ぐのは、かつての教え子たちになるのかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2018.05.18 13:00 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース