酒井先制点アシストもマルセイユは2度のリード守り切れずドロー…《リーグ・アン》2018.02.10 06:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第25節、サンテチェンヌvsマルセイユが9日に行われ、2-2のドローに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。

▽前節、メスに6-3の快勝を収めた2位のマルセイユは、ミッドウィークに行われたクープ・ドゥ・フランスでも格下相手に9-0の圧勝を収めて公式戦2連勝。12位のサンテチェンヌのアウェイに乗り込んだ一戦では、酒井やジェルマン、トヴァンら主力を揃って先発に復帰させた。

▽雪が降りしきる厳しいコンディションの中でスタートした一戦。試合はここ最近、攻撃陣が爆発しているアウェイチームが早々に動かす。4分、左サイドでボールを持った酒井が入れたクロスが相手DFに微妙にディフレクトしてファーサイドで待つトヴァンの元へ。ここでトヴァンが身体を倒しながら見事な左足のボレーで流し込んだ。

▽酒井のアシストでエースに先制ゴールが生まれたマルセイユだが、緩い守備からすぐさま追いつかれる。9分、左サイドでDFラミがアムマに簡単に抜かれてゴール前を狙ったクロスを許す。ここでバンバ、モネ=パケの2人を1人でみる形となったDF酒井はニアでバンバに対応も、ボールは両者の間を抜けてファーでドフリーのモネ=パケへ。これを難なく流し込まれた。

▽それでも、攻勢を続けるマルセイユは、今度は右サイドからの攻撃が機能する。20分、右サイドを攻め上がった右サイドバックのブナ・サールが低くて速いクロスをボックス中央へ供給。これを絶妙なタイミングで走り込んだサンソンが右足ダイレクトで合わせ、ゴール左隅に突き刺した。

▽持ち味の攻撃力を発揮して再びリードを手にしたマルセイユはここから危なげない試合運びを見せる。しかし、前半終盤の43分にはゴールキックの際に足を痛めたGKマンダンダがプレー続行不可能となり、控えGKプレの投入を余儀なくされた。

▽2-1で折り返した試合は後半に入ってより拮抗した展開に。互いに攻め合うものの、前半に比べて決定的な場面を作り出せない。この状況を打開したい両ベンチは積極的に動く。逃げ切りを図りたいマルセイユは67分、ジェルマンを下げてよりカウンター向きのエンジエを投入。対するサンテチェンヌはエンテプ、エルナニ、ベリッチと攻撃的なカードを切っていく。

▽するとこの選手交代が試合を動かす。75分、右サイドでルーズボールを回収したサンテチェンヌは右サイド深くからバンバが浮き球のクロスを供給。これをファーサイドのベリッチが頭で流し込んだ。

▽課題の守備が耐え切れず、再び追いつかれたマルセイユは失点直後にサンソンを下げてミトログルを投入。ここからリスクを冒して前に出るが、後半に入って攻め手を欠くチームは流れを引き寄せきれない。後半アディショナルタイムにはボックス右でこぼれ球に反応したトヴァンに絶好機も、左足のシュートはGKリュフィエのビッグセーブに阻まれた。2度のリードを生かせず逃げ切り失敗のマルセイユは、モナコの結果次第で3位転落の可能性が浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

トップ下で先発復帰の大迫がフル出場、ブレーメンがヘルタとの無敗対決を制して今季3勝目《ブンデスリーガ》

▽ブレーメンは25日、ブンデスリーガ第5節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、3-1で勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也はフル出場している。 ▽前節アウグスブルクに3-2と競り勝って2勝2分けとしたブレーメンは、前節を胃腸炎のために欠場した大迫が先発に復帰し、中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]のトップ下でスタートとなった。 ▽3勝1分けと好スタートを切ったヘルタ・ベルリンに対し、ブレーメンは5分にハルニクとM・エッゲシュタインが立て続けに枠内シュートを浴びせると、11分に先制した。シャヒンのFKの流れからモイサンデルのヘッドでの折り返しをゲブレ・セラシェが押し込むと、シュートはバーを直撃。ルーズボールをGKヤルシュテインにキャッチされるも、ルステンベルガーが不用意にクリアしたルーズボールをハルニクが押し込んだ。 ▽さらに17分、ハルニクがボックス右からボレーシュートを叩き込むも、オフサイドに阻まれた。その後も23分にクラーセンのミドルシュートでゴールに迫ったブレーメンは、ハルニクに決定機が訪れるなど流れを掴んでいく。 ▽前半半ば以降もアンカーのシャヒンがボールを捌き、大迫がバイタルエリアでボールを受けてアクセントを付けるブレーメンがペースを渡さない。41分には混戦の中からイビセビッチにシュートチャンスを許すも枠を外れると、45分にブレーメンが加点する。シャヒンの右CKをファーサイドのヴェリコビッチがヘディングで叩き込んだ。 ▽後半から太ももを痛めたGKヤルシュテインに代えてGKクラフトを投入したヘルタ・ベルリンに対し、オープンな展開となると、ブレーメンは53分に1点を返される。イビセビッチのスルーパスをボックス左で受けたディルロスンにGKの意表を突いたニア下を射抜くシュートを決められた。 ▽その後もオープンな展開が続いた中、ブレーメンはシャヒンを下げてバルグフレーデを投入し、中盤の強度を上げにかかる。対するヘルタ・ベルリンはダルダイに代えてゼルケを投入した。 ▽すると65分、ブレーメンはルーズボールをボックス内で拾ったゲブレ・セラシェがプラッテンハールトに蹴られて倒された。このPKをクルーゼが決めて再びリードを2点に広げた。 ▽終盤、カルーを投入してきたヘルタ・ベルリンに対し、ブレーメンが余裕を持って時間を進めると、88分には大迫がミドルシュートで牽制。3-1のまま試合を終わらせ、今季3勝目を挙げている。一方、敗れたヘルタ・ベルリンは今季初黒星となった。 2018.09.26 03:24 Wed
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第5節プレビュー】水曜に香川ドルトムントvs久保ニュルンベルク

▽先週末に行われた前節はバイエルンがシャルケを下して開幕4連勝とした。久保ニュルンベルクvs浅野&原口ハノーファーの日本人対決はニュルンベルクが2-0で勝利している。迎える第5節はミッドウィークに行われ、水曜に香川ドルトムントvs久保ニュルンベルクが開催される。 ▽香川が今季初先発を飾った前節ホッフェンハイム戦ではディアロが退場した中、ドルトムントは1-1の引き分けに持ち込んだ。香川はなかなか相手の守備網を攻略するプレーができなず、一つあった決定機を決め切れず。ファブレ監督へのアピールには失敗した。ベンチスタート予想となっている香川だが、途中出場でゴールに絡む活躍を見せられるか。 ▽対するニュルンベルクの久保は開幕4試合連続スタメンを飾った前節ハノーファー戦では2点目の起点となるなどチームの初勝利に貢献。格上ドルトムント相手に守勢に回ることが予想されるが、少ないチャンスを生かしてこちらもゴールに絡む仕事を果たしたい。 ▽原口と浅野が所属するハノーファーはホッフェンハイムとのホーム戦に臨む。ニュルンベルク戦では原口が今季初先発を飾ったものの、見せ場を作れずに前半で交代となってしまった。一方、開幕からスタメン出場を続けていた浅野は今季初めて出場機会に恵まれなかった。原口は引き続きスタメン予想となっており、今節こそスタメン定着へのアピールとしたい。 ▽胃腸炎で前節を欠場したブレーメンの大迫は、火曜にヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨むが、スタメン予想からは外れている状況だ。 ▽ヨーロッパリーグに続き、前節ライプツィヒ戦でも先発となったフランクフルトの長谷部は水曜にボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。ライプツィヒ戦では3バックのリベロを務め安定感あるプレーを披露してチームの勝ち点獲得に貢献した。新監督の信頼を掴みつつある中、引き続きスタメン予想となっている。 ▽2戦連続ベンチ入りを果たしているものの出場機会のない宇佐美のデュッセルドルフは、開幕からの連敗を3で止めたレバークーゼンとホームで対戦する。最後に順当に4連勝スタートとしたバイエルンは、アウグスブルクとのホーム戦で開幕5連勝を目指す。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第5節 ▽9/25(火) 《25:30》 ブレーメン vs ヘルタ・ベルリン 《27:30》 フライブルク vs シャルケ バイエルン vs アウグスブルク ハノーファー vs ホッフェンハイム ▽9/26(水) 《25:30》 デュッセルドルフ vs レバークーゼン 《27:30》 マインツ vs ヴォルフスブルク ドルトムント vs ニュルンベルク ライプツィヒ vs シュツットガルト ボルシアMG vs フランクフルト 2018.09.25 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

2戦連続ゴールの鎌田大地、ベンチスタートにも理解「まだフル出場できる確信がない」

シント=トロイデンでプレーするMF鎌田大地に焦りはないようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』がコメントを伝えている。<br><br>シント=トロイデンは22日、ジュピラーリーグ第8節でアントワープと対戦。鎌田は76分から途中出場すると、試合終了間際にチームの2点目となるダメ押し弾を挙げ、2-0の勝利に大きく貢献した。<br><br>一方で、今節は鎌田の希望ポジションである攻撃的MFロマン・ベズスが出場停止だったため、鎌田の先発も予想されたが、結局はベンチスタート。しかし、本人はマルク・ブリス監督の決定に理解を示している。<br><br>「まだ90分プレーできる確信はありません。昨季は10カ月もプレーしていなかったし、2つのトレーニングセッションで時折問題も起きていました。だから練習に合間に休息を取ったりもしています。まだ100%ではないし、監督が90分間僕を使えるとも思っていないと思います。だからベンチスタートだったことに失望はないです」<br><br>また、シント=トロイデン加入直後から右太ももに痛みがあることも明かし、「インテンシティの高い練習は早すぎましたね。ケガではないですが、痛みはあります」とまだ万全ではないと話している。<br><br>提供:goal.com 2018.09.25 11:35 Tue
twitterfacebook
thumb

【先週末の海外日本人結果】中島翔哉&南野拓実の両日本代表戦士がゴール!

▽海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 ▽ポルティモネンセに所属するFW中島翔哉は23日に行われたポルトガルリーグ第5節のギマランエス戦に先発した。5分に今シーズンの自身初得点をマークすると、69分にも味方のゴールをアシスト。2-2で迎えた86分には決勝弾を挙げ、チームのシーズン初勝利に大きく貢献した。 ▽ザルツブルクに所属するMF南野拓実は23日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第8節のラピド・ウィーン戦に先発。ゴールレスで迎えた36分にチームの先制点となるシーズン2得点目をマークした。 ◆プレミアリーグ [レスター・シティ]岡崎慎司 H 3-1 ハダースフィールド 〇 85分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328575">詳細ニュース</a> [サウサンプトン]吉田麻也 A 0-3 リバプール ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328571">詳細ニュース</a> [ニューカッスル]武藤嘉紀 A 0-0 クリスタル・パレス △ 81分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328576">詳細ニュース</a> ◆リーガエスパニョーラ [ヘタフェ]柴崎岳 H 0-2 アトレティコ・マドリー ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328578">詳細ニュース</a> [ベティス]乾貴士 H 2-2 ビルバオ △ 78分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328711">詳細ニュース</a> ◆ブンデスリーガ [ドルトムント]香川真司 A 1-1 ホッフェンハイム △ 70分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328566">詳細ニュース</a> [ハノーファー]浅野拓磨 A 0-2 ニュルンベルク ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328570">詳細ニュース</a> [ハノーファー]原口元気 A 0-2 ニュルンベルク ● 前半のみプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328570">詳細ニュース</a> [ニュルンベルク]久保裕也 H 2-0 ハノーファー 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328570">詳細ニュース</a> [フランクフルト]長谷部誠 H 1-1 ライプツィヒ △ フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328701">詳細ニュース</a> [ブレーメン]大迫勇也 A 3-2 アウグスブルク 〇 ベンチ入りせず [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 A 0-0 シュツットガルト △ ベンチ入りも出場せず ◆リーグ・アン [マルセイユ]酒井宏樹 A 2-4 リヨン ● フル出場 [ストラスブール]川島永嗣 H 3-1 アミアン 〇 ベンチ入りせず ◆エールディビジ [ヘーレンフェーン]小林祐希 A 3-3 エクセルシオール △ 前半のみプレー [フローニンヘン]堂安律 H 1-3 AZ ● フル出場 ◆トルコリーグ [ガラタサライ]長友佑都 A 0-3 アクヒサル ● フル出場 ◆オーストリアリーグ [ザルツブルク]南野拓実 H 2-1 ラピド・ウィーン 〇 フル出場、36分に今季2ゴール目を記録 [ヴァッカー・インスブルック]財前淳 H 1-3 アドミラ ● ベンチ入りも出場せず ◆ポルトガルリーグ [ポルティモネンセ]中島翔哉 H 3-2 ギマランエス 〇 フル出場、6分と86分にゴールを記録 ◆ロシアリーグ [CSKAモスクワ]西村拓真 H 1-1 スパルタク・モスクワ △ 83分からプレー ◆ベルギーリーグ [アンデレヒト]森岡亮太 A 2-1 スタンダール・リエージュ 〇 65分までプレー [シント=トロイデン]遠藤航 H 2-0 アントワープ 〇 フル出場 [シント=トロイデン]鎌田大地 H 2-0 アントワープ 〇 76分からプレー、91分に今季2点目を記録 [シント=トロイデン]冨安健洋 H 2-0 アントワープ 〇 フル出場 [シント=トロイデン]関根貴大 H 2-0 アントワープ 〇 ベンチ入りせず [シント=トロイデン]小池裕太 H 2-0 アントワープ 〇 ベンチ入りせず [オイペン]豊川雄太 A 1-2 オーステンデ ● 後半からプレー [セルクル・ブルージュ]植田直通 H 2-5 ヘンク ● フル出場 2018.09.24 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

2G1Aと躍動の中島翔哉、今季初勝利に安堵「嬉しい。早く勝ちたかった」

2ゴール1アシストと躍動したポルティモネンセFW中島翔哉は、今季初勝利に笑顔を見せた。<br><br>ポルトガルリーグ第5節で、ギマランエスと対戦したポルティモネンセ。この日も左サイドで先発した中島は開始5分で先制弾を奪うと、69分にはアシストを記録。さらに同点で迎えた86分にはループシュートで2点目を奪い、2ゴール1アシストでチームを今季初勝利に導いた。<br><br>中島は試合後のインタビューで、勝利を喜んでいる。<br><br>「ゴールは嬉しいです。チームが勝てて嬉しいですね」<br><br>ここまで開幕から1分3敗と、未勝利が続いていたポルティモネンセ。今季初勝利の立役者は、ここから勢いに乗っていきたいと話している。<br><br>「(中断期間中には)すごく良い練習ができていました。早く勝ちたいと思っていたけど、実現できてよかったです。ここから勢いに乗って、少しでも多く勝ちたいですね」<br><br>次節は敵地でデスポルティーボ・アベスと対戦するポルティモネンセ。チームの中心である中島は、ゴールやアシストで連勝に導けるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.09.24 07:08 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース