森岡亮太フル出場、ベベレン2戦連続ドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》2018.01.28 09:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF森岡亮太が所属するベベレンは27日、ジュピラー・プロ・リーグ第24節でズルテ・ワレゲムをホームに迎え、2-2で引き分けた。森岡はフル出場している。

▽2試合ぶりの勝利を目指したベベレンは、11分に得たPKをキーセ・テリンが確実に沈めて先制。1点リードで迎えた51分にクールスのゴールで突き放しに成功した。

▽ところが、60分に一点を返されたベベレンは、64分にも被弾。2試合連続のドローに終わっている。

ベベレン 2-2 ズルテ・ワレゲム
【ベベレン】
キーセ・テリン(前11[PK])
クールス(後6)
【ズルテ・ワレゲム】
ハルバウィ(後15)
オレインカ(後19)
コメント
関連ニュース
thumb

“日本資本”のSTVV、今冬の森岡亮太獲得試みを否定「我々から出た話ではない」

アンデルレヒトのMF森岡亮太は、今冬他のクラブへ行く可能性はどれほどあったのだろうか。<br><br>森岡は昨夏、ワースランド・ベベレンへ加入すると、ベルギー初年度からセンセーショナルな活躍を披露。その働きが認められ、アンデルレヒトへとステップアップを果たした。フランスのトップクラブも獲得を考えていたとも報じられるが、ベルギーのシント・トロイデン(STVV)も興味を示していたと伝えられる。<br><br>STVVは日本のDMMグループが経営している&ldquo;日本資本&rdquo;のクラブ。STVVでディレクターを務めるダビド・メーケルス氏は、ベルギー『HLN』で今冬の動きについてこう明かす。<br><br>「我々は考えていなかったし、クラブ側から出たうわさではない。DMMの従業員の一人が森岡の友人で、私もベベレンでの試合を見に行ったんだ。彼らはその後挨拶を交わしていたが、我々から獲得を試みようとはしていない」<br><br>日本資本のクラブということで、日本化が騒がれていたが、森岡獲得はただのうわさに過ぎなかったという。しかし結果として、ベルギートップクラブであるアンデルレヒトへの移籍が成立したため、森岡にとって悪くない移籍市場となったと言えるのではないだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.22 20:31 Thu
twitterfacebook
thumb

ベベレンMF森岡亮太が今季11アシスト目を記録!!《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表MF森岡亮太が所属するベベレンは24日、ジュピラー・プロ・リーグ第23節でアンデルレヒトとアウェイで対戦し、2-2のドローに終わった。森岡は90分までプレーしている。 ▽敵地に乗り込んだベベレンは、11分に先発出場の森岡のアシストから先制点を奪う。センターサークルでボールを受けた森岡がワンタッチで左サイドのスペースに展開。これを受けたアンボマーがGKとの一対一を制した。森岡はこのアシストでリーグ戦11アシスト目としている。 ▽その後、40分にアンデルレヒトに追いつかれたベベレンは、テリンがPKを決めて勝ち越し。しかし83分に同点ゴールを許すと試合はそのまま終了。2度のリードを守り切れずドロー決着となった。 2018.01.25 08:08 Thu
twitterfacebook
thumb

ベベレンMF森岡亮太が絶妙アシスト! 快勝に貢献《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表MF森岡亮太が所属するベベレンは20日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第22節でホームにシント・トロイデンを迎え、3-1で勝利した。森岡はフル出場を果たした。 ▽リーグ2連敗という状況で中断に入ったベベレンは12分、森岡のさばきから左サイドで抜け出したデミルがクロス。これがオウンゴールを誘発して先制する。さらにその直後には、自陣から森岡が出したロングスルーパスでボリイェビッチが最終ライン裏に抜け出すと、飛び出してきたGKをかわしてネットを揺らした。 ▽その後、1点差に詰め寄られたベベレンだったが、後半にもPKで加点してそのまま逃げ切り。森岡の活躍もあり、リーグ再開戦で快勝し、暫定8位に浮上している。 2018.01.21 09:04 Sun
twitterfacebook
thumb

森岡亮太にベルギーの強豪アンデルレヒトが関心…地元メディア「今冬のターゲット」

ベルギーメディア『voetbalnieuws』が、ワースラント・ベべレンに所属している日本代表MF森岡亮太に、移籍話が浮上していると報じた。<br><br>アンデルレヒトに所属するルーマニア代表MFニコラエ・スタンチュが、今冬の移籍市場でスパルタ・プラハへ移籍する可能性が高まっているという。その動きを受け、アンデルレヒトはスタンチュの代案として、森岡亮太をターゲットに定めている模様。<br><br>「スタンチュがもしアンデルレヒトを離れることになったら、クラブは創造性溢れる司令塔を求め、すぐさま森岡獲得に向けて動く見通しだ」<br><br>「日本代表のMFは今季前半戦のプレーを通し、ジュピラーリーグにおいて価値の高い選手だと知らしめた」<br><br>また、記事内では「ワースラント・ベべレンは森岡の残留を望んでいるが、契約解除に相当する移籍金の打診があった場合、ベべレンはこのオファーに対して検討することになる」と伝えている。<br><br>アンデルレヒトはベルギー屈指の強豪として知られ、ジュピラー・リーグ第21節終了時点で3位に付けている。今シーズン前半戦、リーグ戦7ゴール9アシストを記録した森岡亮太は、ベルギー国内で移籍実現となるのか。今冬の移籍市場でステップアップが実現する可能性も十分にありそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.03 10:36 Wed
twitterfacebook
thumb

森岡亮太に古巣ポーランドのメディアが注目「移籍先のベルギーで大ブレイク」

ポーランドメディア『przegladsportowy』が、2017年夏の移籍市場で、自国リーグから去っていった選手の特集記事を展開した。記事は「ポーランドリーグを去った選手はその後どうなった?」というタイトルで報じている。<br><br>その中で「移籍先でブレイク」の5名を選定し、日本代表MF森岡亮太も名を連ねている。<br><br>■2017年夏にポーランドリーグを去り、移籍先でブレイクした選手<br />ヤツェク・ゴラルスキ(ヤギエロニア・ビャウィストク&rarr;ルドゴレツ/ブルガリア)<br />マチェイ・ウィルシュ(レフ・ポズナン&rarr;ロストフ/ロシア)<br />ダヴィド・コフナツキ(レフ・ポズナン&rarr;サンプドリア/イタリア)<br />ラドスラフ・ムラフスキ(GKSピアスト・グリヴィツェ&rarr;パレルモ/イタリア)<br />森岡亮太(シロンスク・ヴロツワフ&rarr;ベベレン/ベルギー)<br><br>「森岡はシロンスク・ヴロツワフでも結果を残していたが、ベルギーでの活躍は特筆すべきもの。新天地での期待度はそれほど高くはなかったものの、ジュピラーリーグでは前半戦だけで7ゴール9アシストを記録した」<br><br>記事では「ベベレンはリーグで中位に付けており、森岡のおかげでこの順位をキープしている。森岡には早くも、次のステップアップのチャンスが舞い込みそうな状況となっている」と続け、森岡が新天地でチーム躍進の原動力になっていると強調した。<br><br>シロンスク・ヴロツワフに1年半在籍し、ポーランドリーグで51試合15ゴールの成績を残した森岡。その活躍を知るポーランドメディアからしても、今季前半戦にベルギーリーグで見せた森岡の活躍は、出色の出来のようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.02 19:07 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース