北朝鮮を3発撃破の森保ジャパン、GS全勝で首位突破! 準々決勝でウズベキスタンと激突《AFC U-23選手権》2018.01.16 19:09 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽U-21日本代表は16日、AFC U-23選手権のグループB第3節でU-23北朝鮮代表と対戦し、3-1で勝利。この結果、グループBの首位突破が決定した。

▽前回のU-23タイ代表戦を1-0で勝利して、ここまで2勝してすでにグループステージ突破を決めた森保一監督率いる日本は、1勝1分けで2位につける北朝鮮と激突した。引き分け以上で首位突破が決まる日本はタイ戦から先発メンバーを総入れ替え。GK波多野、最終ラインは右から柳、庄司、古賀、中盤の底に森島、伊藤、右に長沼、左に浦田を配置した。最前線には右から三好、小松、旗手が並んだ。

▽試合は早い時間帯に日本がチャンスを迎える。5分、左CKがGKグァン・ジュヒョクのファンブルを誘うと、ボックス中央にこぼれたボールを三好が左足で合わせる。しかし、これは相手DFにわずかに触られてしまい、ゴール右外へと外れた。

▽立ち上がりが経過すると北朝鮮の応戦により決定的なチャンスを作れない日本は21分、敵陣中央で伊藤がボールを奪い、そのまま左足でシュート。GKの手前でワンバウンドするシュートもGKグァン・ジュヒョクに冷静に対処される。

▽その後も思うようにシュートまでつなげることが出来ない日本だったが、32分にセットプレーから先制に成功する。敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーの伊藤が左足でクロスを供給。これがボックス中央の相手DFを越え、ゴール前右に走り込んだ柳がヒザに当ててゴールに押し込んだ。

▽先制点を奪った日本は、徐々に巧みなパスワークからチャンスを創出。42分、右サイドでボールを持った長沼がボックス手前に持ち込み、ボックス左にラストパスを送る。これを受けた旗手が切り込んで右足を振り抜くもゴール右外へと外してしまう。それでも直後、伊藤がボックス左手前でボールを持った旗手を追い越してスルーパスを呼び込み、中央への折り返しを三好が冷静に流し込んだ。

▽2点リードして試合を折り返した日本だが、後半の早い時間帯に北朝鮮に1点を返される。52分、右サイドからリー・フン、リ・ウンチョルと中央へつながれると、チョ・ジュソンにボックス内へのスルーパスを許す。最終ラインに抜け出したキム・ユソンに一対一を制される。

▽このゴールで1点差に縮められた日本は浮足立ち、北朝鮮に最終ラインの背後を突かれてピンチを迎える場面が増える。それでも72分、スルーパスをブロックされた旗手が自らボールを拾いに行き、ボックス右でファールを貰ってPKを獲得。これを旗手がゴール左を狙うと、GKグァン・ジュヒョクに触られたが、左ポストに直撃し、GKグァン・ジュヒョクに当たってゴールに吸い込まれた。

▽首位通過へ大きな1点を奪った日本は、攻勢を強める北朝鮮に対して、原を投入する守備固めで対抗し、3-1で試合を終わらせた。日本はグループBの首位通過が決定。19日にグループAを2位で通過したU-23ウズベキスタン代表と対戦する。

▽なお、グループBのもう一試合であるU-23タイ代表vsU-23パレスチナ代表は、5-1でパレスチナが勝利。この結果、北朝鮮と同勝ち点で並んだパレスチナが得失点の差で2位に食い込み、逆転でのグループステージ突破を決めている。

コメント

関連ニュース

thumb

日本2大会ぶり優勝ならず…! 死闘制した韓国が連覇で単独最多5度目の優勝《アジア競技大会》

▽U-21日本代表は9月1日、アジア競技大会サッカー競技の決勝でU-23韓国代表と対戦し、延長戦の末1-2で敗北。この結果、韓国が2大会連続5度目の金メダルを獲得した。 ▽29日に行われた準決勝U-23UAE代表戦でFW上田の決勝点を守り抜き1-0で競り勝った日本は、U-23ベトナム代表に3-1で勝利した韓国と決勝で初顔合わせ。アジアの頂点を懸けた緊迫の日韓戦に臨んだ。 ▽日本はこの重要な一戦に向け、準決勝からスタメンを5名変更。初瀬、遠藤、神谷、旗手、前田に代えて、板倉、長沼、三好、松本、上田を起用した。韓国のスタメンには、ソン・フンミン、ファン・ウィジョ、ファン・ヒチャンらが名を連ねた。 ▽試合開始早々の4分、最終ラインからのフィードに上田が抜け出す。しかし、ボックス右から放ったシュートは枠を大きく右に逸れ、電光石火の先制弾とはいかない。 ▽球際で優位を保ちながらも攻め切れない展開の続く韓国。21分に日本陣内中央付近まで駆け上がったDFキム・ムンファンが放った強烈なグラウンダーシュートは枠を外れ、22分にソン・フンミンの浮き球のスルーパスに抜け出したファン・ウィジョが強引に放ったシュートも、GK小島のファインセーブが先制を許さない。 ▽28分、右サイドのスローインの流れからボールを受けた三好が、巧みな身のこなしのドリブルでボックス右深い位置に侵攻。そのまま左足を振り抜いて放ったシュートは枠を捉えたが、GKチョ・ヒョヌの好守に阻まれた。 ▽徐々に相手のインテンシティに慣れ始めた日本は、この日前線でボールを収め続けている三好を中心に攻撃を組み立てていく。前半終了間際には、ソン・フンミンを経由する形を多用する韓国がギアを上げ直したが、日本のディフェンダー陣が奮闘。試合は、均衡を保ったまま折り返しを迎える。 ▽後半の立ち上がりも、韓国が押し込む展開は大きくは変わらず。日本が韓国の勢いに呼応するようにテンションを高めていくと、試合は徐々に肉弾戦の様相を呈し始める。 ▽55分、味方と連携しつつボックス手前中央でボールを持ったソン・フンミンが左足で枠を捉える。しかし、ここもGK小島がキャッチし事なきを得た。韓国は、直後の57分にキム・ジョンミンに代えてイ・スンウを投入。20歳にしてロシア・ワールドカップにも召集されたジョーカーを投入し、打開を図る。 ▽韓国の猛攻を凌ぎつつ日本もカウンターを中心に攻撃を繰り出していくが、ラストパスやクロスの精度を欠き、なかなかシュートまで辿り着かない。後半の半ば、韓国の運動量にも次第に陰りが見え始めると、試合は睨み合いのような展開に。 ▽結局、試合は90分間では決着がつかず、延長戦に突入。日本は、延長戦前半のスタートから杉岡に代えて遠藤を投入し、より攻撃に比重を置いていく。 ▽しかし93分、ボックス左でボールを持ったソン・フンミンがゴール方向にドリブルで仕掛けていく。日本DFは身体を張ってブロックするも、ボールがこぼれたところに走りこんだイ・スンウが豪快に蹴りこみ、貴重な先制点をネットに突き刺した。さらに100分、左コーナーフラッグ付近で得たFKのキッカーをソン・フンミンが担当。ファーでファン・ヒチャン高い打点のヘディングシュートを放ち、追加点とする。 ▽それでも115分、日本は右CKを獲得。三好が左足でインスウィングのクロスを入れると、ニアで飛び上がった上田が頭で合わせて希望を繋ぐ得点を決め切った。しかしその後、同点弾を決め切ることは叶わず。1-2のスコアで試合が終了した。 ▽この結果、日本は死闘の末2大会ぶり2度目の優勝を逃すことに。対する韓国は連覇を果たし金メダルを獲得。通算4度で並んでいたイラン代表を抜き、単独最多5度目の優勝を飾った。 2018.09.01 23:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミン弾で辛勝の韓国がグループEを2位通過! 決勝T1回戦でイランと対戦《アジア競技大会》

▽20日、アジア競技大会のサッカー競技第3戦が行われ、U-23韓国代表がU-23キルギス代表をを1-0で破り、グループEを2位通過した。 ▽優勝候補にも挙げられている韓国は、オーバーエイジとしてロシア・ワールドカップに出場したGKチョ・ヒョヌ、そしてトッテナムのFWソン・フンミン、さらにガンバ大阪のFWファン・ウィジョを招集。第1戦のU-23バーレーン代表戦では、ファン・ウィジョのハットトリックなどで6-0と快勝し、下馬評通りの結果を残していた。だが、第2戦ではファン・ウィジョが2試合連続ゴールを記録するも、U-23マレーシア代表に1-2で敗れる屈辱的な敗戦を喫していた。 ▽前述のオーバーエイジ3人を揃って先発起用した韓国だが、この試合でも個人技による崩しの場面以外になかなかチャンスを作り切れず。圧倒的にボールを保持しながらも決め切れない状況が続いた。 ▽それでも、ゴールレスで折り返した後半の63分に左CKを獲得。ここでキッカーがファーサイドへ山なりのクロスを送ると、待ち構えていたソン・フンミンが見事な右足のダイレクトボレーでゴールに突き刺し待望の先制点を奪う。その後、追加点こそ奪えなかったものの相手の反撃を凌ぎ切り、1-0で勝利した。 ▽この結果、同日敗れたマレーシアと勝ち点6で並ぶも当該成績の結果、グループE2位通過が決定した。そして、決勝トーナメント1回戦ではグループF首位のU-23イラン代表との対戦が決定した。 ▽なお、グループD2位通過のU-21日本代表はグループE首位通過となったマレーシアと24日に行われる決勝トーナメント1回戦で対戦する。 2018.08.21 00:03 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪FWファン・ウィジョが2戦連発も及ばず…優勝候補・韓国がマレーシアに敗戦《アジア競技大会》

▽17日、アジア競技大会のサッカー競技第2戦が行われ、U-23韓国代表がU-23マレーシア代表と対戦。2-1でマレーシアが勝利する波乱が起こった。 ▽優勝候補にも挙げられている韓国は、オーバーエイジとしてロシア・ワールドカップに出場したGKチョ・ヒョヌ、そしてトッテナムのFWソン・フンミン、さらにガンバ大阪のFWファン・ウィジョを招集。第1戦のU-23バーレーン代表戦では、ファン・ウィジョのハットトリックなどで6-0と快勝し、下馬評通りの結果を残していた。 ▽迎えた第2戦、FWファン・ヒチャンやFWファン・ウィジョらが先発するも、開始5分にムハマド・サファウィにゴールを奪われ失点。さらに前半アディショナルタイムにもムハマド・サファウィにゴールを許し、2-0で試合を折り返す。 ▽得点が奪えない韓国代表は、57分にソン・フンミンを投入。マレーシアゴールに果敢に迫るもゴールが奪えないまま時間が経過。87分にファン・ウィジョがゴールを決めるも、わずかに及ばず2-1で敗れた。 ▽この結果、マレーシアが2連勝で首位に。韓国は1勝1敗で2位に。日本代表がこのまま首位通過、韓国代表が2位通過となった場合は、ノックアウトステージで同じ山に入り、準決勝で対戦する可能性がある。 2018.08.17 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

前半ゴールラッシュでU-21日本代表が連勝! 前田、旗手に岩崎2発! 《アジア競技大会》

▽U-21日本代表は16日、アジア競技大会第2戦でU-23パキスタン代表と対戦し、4-0で勝利した。 ▽2年に一度行われるアジア競技大会。U-23の世代別代表で参加可能だが、森保一監督が率いる日本は2年後の東京オリンピックに向けた強化の一環として、U-21世代のメンバーで構成されている。 ▽1-0で勝利した第1戦U-21ネパール代表戦から、中1日で行われたパキスタン戦。このタフな日程に、日本はGK小島、MF長沼、松本以外のスタメン8名を入れ替え、最終ラインに岡崎、板倉、大南、中盤に長沼、遠藤、松本、神谷、最前線には岩崎、旗手、前田が送り出された。 ▽試合開始直後から、日本は前田を中心に前線から素早くプレスをかけている。1分、3バックの右に入っている岡崎が、最終ラインの裏にフィードを供給。抜け出した岡崎がクリアに出たパキスタンGKの頭上を越すシュートを放ち、幸先良くネットを揺らした。 ▽さらに8分、左サイドでボールを持った大南が、ボックス内に浮き球のスルーパスを送る。駆け込んだ旗手がゴール左下隅に沈め、追加点。10分には、岩崎の激しいプレスからショートカウンターを発動させ、旗手とのワンツーを使い前田がシュートを放つ。タイミングをずらしたグラウンダーのシュートが決まり、スコアを3-0とした。 ▽35分、日本の勢いが止まらない。左サイドに抜け出した遠藤からのクロスをボックス内の旗手が収め、岩崎に渡す。岩崎はパキスタンDFにチェックされながらも右足を振り抜き、自身のこの日2得点目を突き刺した。 ▽その後も、日本が支配しつつ試合が進行していく。しかし、シンプルな裏へのフィードを織り交ぜつつ繰り出した攻撃は、6バックス気味になった相手に対してやや停滞。前半は4-0のスコアで折り返しを迎えた。 ▽後半も、前半半ば以降の流れを引き継ぐかのように、やや大人しめの展開が続く。52分には、右サイドを上がった長沼のクロスから前田のヘディングシュートが枠を捉えたが、パキスタンGKにセーブされ得点とはならず。 ▽73分、もう一度ギアを上げたい日本はMF神谷に代えてDF原を投入。最終ラインの中央に入っていた板倉が一列上がり、原が3バックのセンターを務めることに。 ▽しかし、直後にロングカウンターの処理をするためにボックスの外まで飛び出したGK小島が、パキスタンFWと激しく交錯。77分に、GKオビとの交代を余儀なくされた。さらに81分には、やや疲れのみえる遠藤に代えて初瀬を起用。3枚のカード全てを使い切る。 ▽結局、後半は1点も決めることができないまま試合が終了した。終盤には幾度かパキスタンがゴールに迫るシーンも見られたが、日本は主導権を握ったままシャットダウン。この結果、日本は決勝トーナメント進出に王手をかけた。19日には、グループ全勝をかけてU-23ベトナム代表と激突する。 2018.08.16 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

森保体制初招集のC大阪DF舩木翔、U-21日本代表離脱…磐田DF大南拓磨が追加招集《アジア競技大会》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、セレッソ大阪に所属するDF舩木翔がケガにより第18回アジア競技大会に臨むU-21日本代表への不参加を発表した。なお、追加招集としてジュビロ磐田に所属するDF大南拓磨を招集することも併せて発表している。背番号は「19」。 ▽C大阪下部組織出身の舩木は2017年にトップチーム昇格。今シーズンはここまでU-23チームとして明治安田生命J3リーグで16試合4アシストを記録している。なお、2017年に行われたU-20ワールドカップには内山篤監督率いるU-20日本代表として出場していた。 ▽一方の大南は、2016年に鹿児島実業高校から磐田に入団。今シーズンはここまで公式戦6試合に出場している。 ▽男子は23歳以下(オーバーエイジ3名まで)で行われる同大会。2年後の東京オリンピックを見据え、21歳以下の挑むU-21日本代表はグループDで8月14日にネパール、同月16日にパキスタン、同月19日にベトナムと対戦する。 2018.08.12 13:20 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース