アタッキングフットボール展開へ! 横浜FMのポステコグルー監督が就任会見2018.01.14 23:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽横浜F・マリノスは14日の新体制発表会後、2018シーズンから指揮を執るアンジェ・ポステコグルー監督の就任発表会見を行った。

▽同会見にはポステコグルー監督と横浜マリノス株式会社代表取締役社長の古川宏一郎氏、チーム統括本部スポーティングダイレクターのアイザック・ドル氏が登壇した。ポステコグルー監督の挨拶は新体制発表会で済ませたことにより、質疑応答のみが実施。ポステコグルー監督は、目指すサッカースタイルやJリーグでのチャレンジについて、古川宏一郎氏とアイザック・ドル氏は補強のポイントやポステコグルー監督招へいの理由について明かした。

──横浜FMでどのようなサッカーを見せたいか
◆アンジェ・ポステコグルー監督(横浜F・マリノス)
(C)CWS Brains,LTD.
「私のサッカーは常に攻撃的なサッカーをしてきました。横浜FMに来たからアタッキングフットボールという訳ではなく、ここ20年間変わらない私のスタイルを見せたいです。試合に来て頂ければ分かると思います」

──MF齋藤学選手という中心選手が移籍したが今の戦力をどう捉えているか
「我々としては齋藤学選手には残って欲しかったですけど、選手自身の判断もあります。1つだけ言えることは計画は何も変わらないということです。彼が残っていたとしても最初の半年間はケガによりプレーできませんし、齋藤選手が居る居ないにかかわらず、これからのプランは変わりません。今のチームで自分の落とし込み方次第で良いチームにすることができると思います」

──昨年までの横浜FMをどのように分析し、どのようなアプローチで攻撃的なチームにしていく予定か
「昨年デゲネクというオーストラリア代表の選手がマリノスに居たことで1年間試合を観ることができたのはすごく良かったです。アタッキングフットボールを作る土台はある程度できていると感じています。キャンプ1日目からしっかりと落とし込めるようにチームを作っていきたいと感じています」

──チームの顔と言えるMF齋藤学が居なくなったことによる影響は
◆古川宏一郎 代表取締役社長(横浜F・マリノス)
(C)CWS Brains,LTD.
「今日の新体制発表会という形で今シーズンどのようなメンバーでどのように戦っていくかというお話をさせて頂いたばかりですけど、監督やスポーティングダイレクターのアイザックが説明したことに共感して頂いたファンの方々を観て今年このメンバーで頑張っていけると思っています」

──補強のポイントについて
◆アイザック・ドル スポーティングダイレクター(横浜F・マリノス)
(C)CWS Brains,LTD.
「今月だけでなく、去年から1番のプライオリティを考えました。齋藤学はケガがあり、今シーズンは半年間プレーすることができない状態で今回の補強を敢行しました。同じポジションに2人の選手を持ち、レギュラー争いをしながらやっていくことを考えて、若い選手だけでなく国際経験のある選手も獲得しました。1月末までまだ時間があるので、新しい選手の獲得も含めてチームがレベルアップさせることを考えています」

──ポステコグルー監督がここまで分析してきた中で新しく補強したいポジションはあるか
ポステコグルー監督「今アイザックから話があったようにあと1枠というところでもう1人できれば攻撃的な選手が欲しいです。チームに違いを見出せる選手が見つかり、選手としても人としてもプラスになるのであればそういう選手は獲得したいと思っています」

──昨年を見て土台はできていると言ったが、その中で1番変えなくてはいけないポイントは
ポステコグルー監督「リーグ戦で5位、天皇杯でも準優勝したことで土台はあると思います。1つのポイントだけでなく選手に自信を持ってプレーさせることを心がけるようにキャンプの初日からそのような雰囲気があるチームにしていきたいです。それができれば、自ずと攻撃的なチームになると信じています」

──オーストラリア代表のようなボールを握るサッカーを展開するか
ポステコグルー監督「もちろん攻撃的な部分ではやはりボールを持っていないとダメだと思います。相手を圧倒するようなチームにするにはボールを持つことの大切さだということは変わりません」

──ポゼッションで鍵を握りそうな選手は
ポステコグルー監督「ただ1人というわけではなく、グループ・チームとして全員が自信を持ってプレーできる環境を作っていきたいです。今現時点でこの選手が鍵になるというのは特にありません。そういうメンタリティから少しずつ変えていきたいです」

──ポステコグルー監督を招へいした理由は
アイザック・ドル氏「ロングリストとショートリストがありました。その中でディスカッションして、マネジメントを1番に考えました。あとは日本のサッカー、日本の文化、横浜F・マリノスの特徴を理解しているかです」

古川宏一郎氏「若い選手が多いということで監督として求めることにコーチング・マネジメントを軸にインタビューを重ねてきました。私自身、この監督と働きたいと思いました」

「彼の私への最初の質問が『優勝を目指しますか?』という質問でした。彼はここ数年オーストラリア代表の監督をしていたので、選手を招集してキャンプをして、チームが解散してというサイクルを送ってきました」

「彼は毎日選手と練習をして、毎週の試合に備えてというサイクルに早く戻りたいと言いました。そしてそのサイクルの中で優勝を目指していきたいという勝利の飢えみたいなものを感じ、若い選手を育てて次のステージにつなげて行ってくれるだろうと確信し、この人にしようと決めました」

──Jリーグ全体の印象は
ポステコグルー監督「アジアの中で、組織的にもリーグの強さでもトップレベルだと感じています。非常に難しいリーグだと思います。ただ、先ほどの新体制発表会でも言った通り、我々自身勝てると信じてチームを作っていく中で、他のチームはどのチームであろうとリスペクトしながら戦っていくことに変わりはありません」

──オーストラリア代表監督を辞めて、横浜F・マリノスに決めた理由について
ポステコグルー監督「監督としても人としても成長したい、挑戦したいというのが常にありました。オーストラリア代表で4年間過ごした時間の中で、アジアカップを制したり、ワールドカップ出場を決めたことなど良い思い出ばかりです。その中でこのようなチャレンジをこのようなタイミングで来るとは思っていませんでした」

「日本の文化を学びながら、いろいろやっていかなくてはいけません。このチャレンジを非常に楽しみにしています。オーストラリアの方たちみんながこの質問の答えを聞きたいとは思いますけど、具体的な理由というよりは新しいチャレンジをしたいというのが気持ちです」

▽ポステコグルー氏はこれまでオーストラリアのサウス・メルボルンやブリスベン・ロアーなどで指揮。ブリスベン・ロアー時代には、2011年にAリーグプレミアシップ優勝へと導き、Aリーグチャンピオンシップでは同年から連覇を達成した。2013年からはオーストラリア代表を率い、2015年のアジアカップで同国史上初の優勝に導いた。しかし、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループBを3位。最終的に本大会行きを決めたが、11月21日に辞任していた。


コメント

関連ニュース

thumb

横浜FM、MFダビド・バブンスキーに第一子誕生 「家族となった彼とユニークな人生を」

▽横浜F・マリノスは21日、MFダビド・バブンスキー(24)に第一子となる男の子が18日に誕生したことを発表した。 ▽ダビド・バブンスキーは、2017年から横浜FMでプレー。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ5試合に出場している。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントした。 「最高の瞬間を味わえて幸せです。この人類に新しい命を授かったことを嬉しく、そして新しく家族となった彼とユニークな人生を送れることが今から楽しみです」 2018.05.22 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMのMF喜田拓也が右足関節外側側副靭帯損傷により全治4週間

▽横浜F・マリノスは19日、MF喜田拓也の負傷を発表した。 ▽クラブ公式サイトによると、喜田は16日のYBCルヴァンカップ グループステージ第6節アルビレックス新潟戦で負傷。横浜市内の病院で検査をした結果、右足関節外側側副靭帯損傷により全治4週間の見込みと診断された。 ▽クラブの副キャプテンを務める喜田は、2013年に横浜FMのトップチームに昇格。今シーズンはここまで公式戦6試合に出場して1ゴールを記録していた。 2018.05.19 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

攻撃爆発5発の横浜FMが長崎に逆転で4戦ぶり勝利! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節の横浜F・マリノスvsV・ファーレン長崎が19日に日産スタジアムで行われ、5-2で横浜FMが勝利した。 ▽リーグ3試合勝ちのない15位・横浜FM(勝ち点14)は、2-1で勝利したミッドウィークのYBCルヴァンカップ アルビレックス新潟戦からスタメンを5名変更。栗原、金井、喜田、オリヴィエ・ブマル、伊藤に代えて、中澤、山中、天野、大津、仲川を起用した。 ▽前節名古屋グランパスに3-0の完勝を収め、リーグ連勝を目指す12位・長崎(勝ち点17)は、2-0で勝利したミッドウィークのYBCルヴァンカップ 湘南ベルマーレ戦からスタメンを総入れ替え。最後方にGK徳重を据え、最終ラインに徳永、高杉、田上、中盤に黒木、中原、飯尾、翁長、中村、澤田、最前線にファンマを配した。 ▽13分、長崎が試合を動かす。左サイド深い位置でボールを持った翁長の横パスが横浜FMのDFに当たって前にこぼれると、中村が反応。そのままグラウンダーのクロスを入れると、反応したフリーのファンマが押し込んだ。 ▽しかし、21分には横浜FMが試合を振り出しに戻す。ボックス左でボールを持った遠藤が中央にカットインすると、長崎DFに倒されてこれがPKの判定に。キッカーの大津が左下隅に蹴り込み、同点弾とした。 ▽勢いに乗る横浜FMは前半終了間際の43分にも決定機を得る。ボックス手前右で仲川からのパスを受けた扇原が、左足を振り抜く。強烈なシュートはGK徳重に阻まれたが、積極的に長崎ゴールを脅かしていく。 ▽しかし、折り返して迎えた後半開始早々の47分に長崎が勝ち越し点の奪取に成功する。ボックス内で翁長からのパスを受けたファンマが、ダイレクトで左足を振り抜く。強烈なシュートをGK飯倉が弾いたところを、詰めていた中村が流し込んだ。 ▽それでもその後、ビハインドを抱えた横浜FMの攻撃が爆発する。60分、山田がボックス右までドリブルで侵攻し、グラウンダーのクロスを供給。長崎DFに当たり軌道が変わったが、ニアで反応した仲川が右足で蹴り込んで再び同点に。 ▽そして67分、右サイドに開き松原からのパスを受けた仲川が、中央にカットイン。ボックス手前中央から左足でゴール右下隅を射抜き、逆転に成功する。 ▽さらに75分、左サイドからの横浜FMボールのFKの場面で、キッカーの山田がクロスを供給。長崎の選手がボックス内でクリアミスをしたところ、見逃さなかった扇原が左足を振り抜いてリードを広げた。 ▽最終盤に差し掛かる82分にも、横浜FMが左CKを獲得。キッカーの天野がインスウィングのボールを蹴り込むと、ボックス内で長崎DFに競り勝ったDFミロシュ・デゲネクが頭で合わせ、スコアを5-2とした。 ▽結局、長崎が反撃することは叶わずに試合が終了。この結果、横浜FMは4試合ぶりに勝利。対する長崎は、手痛い逆転敗北で連勝を逃すこととなった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.19 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】イベリアの点取り屋対決! 中断期間前に結果を残すのは《横浜FMvs長崎》

▽19日、明治安田生命J1リーグ第15節が開催される。日産スタジアムでは横浜F・マリノスvsV・ファーレン長崎が行われる。 <span style="font-weight:700;">◆8年ぶりの対決…リーグ戦では初顔合わせ</span> ▽ホームの横浜FMはここまで勝ち点14の15位、対する長崎は勝ち点17の12位。互いに波に乗ることができていないものの、やっているサッカーは悪くない。結果を残せるかどうかが重要ではあるが、監督が推し進めるサッカーをしっかりと体現もしている。 ▽両者の対戦は、8年前の天皇杯。天皇杯2回戦にニッパツ球技場で行われた試合は3-1で横浜FMが勝利していた。8年ぶりの対決は、果たしてどちらに軍配が上がるのだろうか。 <span style="font-weight:700;">◆課題はゴール前のフィニッシュ</span>~横浜F・マリノス~ ▽ここ2試合は下位対決である名古屋グランパス、ガンバ大阪と続けて1-1のドロー。勝ち切れない試合が続いている。 ▽今シーズンから取り組む新たなスタイルは、形になりながらも思うような結果がついてきていない。さらに、中盤でフィルター役を担っていたMF喜田拓也が16日に行われたYBCルヴァンカップのアルビレックス新潟戦で右足首を負傷。今節は起用が難しい状況だ。 ▽ここ3試合はチャンスを作りながらも全て1ゴールに終わっており、フィニッシュの精度が問われている。チーム得点王のFWウーゴ・ヴィエイラに頼り切りの状態が続いており、他の選手のゴールにも期待が懸かる。中断前のラストゲーム。勝って、良い状態で中断期間に入りたい。 <span style="font-weight:700;">◆快勝の流れを継続できるか</span>~V・ファーレン長崎~ ▽前節は同じ昇格組の名古屋グランパスを相手にホームで3-0と快勝。長崎らしいサッカーを見せ、連敗をストップさせた。 ▽J1初挑戦の長崎は、ここまで3連敗が2回。しかし、最初の3連敗後は、J1初勝利を含む4連勝と勢いに乗った。その後、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪と3連敗。しかし、前節では勝利を止めただけに、今節も勝利して再び連勝街道に入りたい。 ▽J1での5勝は全て1失点以下。4試合はクリーンシートと、守備陣が奮闘すれば勝利が見えてくる。しっかりと集中した守備を見せられるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆横浜F・マリノス</span>[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180518_29_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:大津祐樹、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、ウーゴ・ヴィエイラ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー ▽横浜FMは、[4-3-3]のシステムと予想。負傷の喜田の代わりにMF扇原貴宏がアンカーに入り、インサイドハーフにMF天野純、MF大津祐樹が入ると予想する。右サイドはここ2試合連続で先発しているFW仲川輝人、左にはMF遠藤渓太が入ると予想。1トップはチーム得点王のFWウーゴ・ヴィエイラと予想する。 <span style="font-weight:700;">◆V・ファーレン長崎</span>[3-4-1-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180518_29_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:徳重健太 DF:徳永悠平、高杉亮太、田上大地 MF:飯尾竜太朗、中原彰吾、黒木聖仁、翁長聖 MF:澤田崇 FW:ファンマ、中村慶太 監督:高木琢也 ▽対する長崎は、いつもの[3-4-1-2]と予想する。前節からの変更はなく、トップ下にMF澤田崇、2トップにFWファンマとFW中村慶太を配置すると予想。中盤以降は同じメンバーが顔を揃えるだろう。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWウーゴ・ヴィエイラ</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180518_29_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜FMの注目選手は、ここまで7得点を記録しているFWウーゴ・ヴィエイラだ。最近は先発を外れる試合もあったが、やはりチームの得点源のため外すわけにはいかない。第9節の湘南ベルマーレ戦でハットトリックを記録して以来ゴールはないものの、ボックス内での動きは秀逸。高い得点力を発揮し、チームを勝利に導けるかに期待だ。 <span style="font-weight:700;">◆FWファンマ</span>(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180518_29_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽対する長崎の注目選手はFWファンマだ。今シーズンはゴールを奪うことに苦労しており、ここまで12試合に出場してわずかに1得点。本来の得点力を発揮できていない。しかし、前節も2トップでコンビを組むFW中村慶太のゴールをアシストするなど、得点以外の面でも貢献している。久々のゴールでチームの連勝に貢献なるか。 <span style="font-weight:700;">◆輝くイベリアの助っ人は</span> ▽横浜と長崎と言えば、中華街が思い浮かぶだろう。そして、港町という共通点もあり、世界に門戸を開いた土地でもある。 ▽横浜FMにはポルトガル人のウーゴ・ヴィエイラ、長崎にはスペイン人のファンマが所属。両エースは同じイベリア半島出身ということもあり、どちらがチームを勝利に導く活躍を見せるのかも注目だ。 ▽互いに日本代表に選手は輩出しておらず、中断期間はより高いパフォーマンスを発揮するために、チーム戦術の落とし込みに力を入れられる状況だ。混戦とはいえ、下位に位置する両者。ポゼッションの横浜FMとプレス&カウンターの長崎のどちらに軍配が上がるのか。試合は19日(土)の14時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">横浜FMvs長崎をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.18 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMvsG大阪は痛み分け…バースデー復帰GK東口好守連発&藤本先制弾も天野FK弾炸裂《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第14節の横浜F・マリノスvsガンバ大阪が12日に日産スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽リーグ2試合勝ちのない15位横浜FM(勝ち点13)は、2-4で敗北した直近のYBCルヴァンカップ、ベガルタ仙台戦からスタメンを総入れ替え。最後尾にGK飯倉を据え、最終ラインにミロシュ・デゲネク、中澤、山中、松原、中盤に喜田、扇原、天野、最前線にウーゴ・ヴィエイラ、大津、仲川を起用した。 ▽前節の北海道コンサドーレ札幌戦を0-2で落として3連勝を阻止された16位G大阪(勝ち点13)は、3-2で勝利した直近のルヴァン杯のサンフレッチェ広島戦からオ・ジェソク、菅沼、長沢以外のスタメン8名を変更。守護神はGK東口が務め、最終ラインに三浦、菅沼、ファビオ、中盤に藤春、オ・ジェソク、マテウス、今野、最前線に遠藤保仁、ファン・ウィジョ、長沢が入った。4月21日の第9節セレッソ大阪戦で顔面を骨折したGK東口にとっては、32歳の誕生日当日の復帰戦となった。 ▽試合の序盤は横浜FMがペースを握る。6分、松原のスルーパスに抜け出した仲川が右サイドから入れたクロスをGK東口に跳ね返されると、ボックス手前の山中がこぼれ球を拾う。山中の放ったミドルシュートはGK東口に阻まれたものの、積極的なプレーでG大阪ゴールを脅かした。 ▽横浜FMはさらに20分、扇原の自陣からのロングパスに山中が抜け出す。ボックス左まで侵攻して折り返したクロスはG大阪DFにブロックされるが、こぼれ球に自ら反応。しかし、再び供給したクロスに反応した大津とウーゴ・ヴィエイラが被ってしまい、決定機を逃すこととなった。 ▽32分、またしても横浜FMにチャンス。右サイドを抜け出した仲川がボックス右まで侵攻して右足を振り抜く。しかし、またしてもGK東口の好守に阻まれ、ネットを揺らすことはできない。 ▽その後も横浜FMの流れが途切れない中、G大阪のGK東口がゴールを死守。43分、ボックス手前中央の山中が放った強烈なミドルシュートをキャッチすれば、45分にはボックス左に抜け出したウーゴ・ヴィエイラからスライディングでボールを奪取してみせ、ゴールレスで試合を折り返すこととなった。 ▽G大阪は、ハーフタイム中に選手交代を敢行する。今野に代えて藤本を起用。攻撃的なカードとして投入された藤本はトップ下の位置に入り、遠藤保仁はボランチにポジションを下げることとなった。 ▽すると52分、その藤本が指揮官の起用に応える活躍を披露する。自陣内で遠藤保仁のパスを受けた藤本は、左サイドをオーバーラップする藤春へのスルーパスではなくロングシュートを選択。これが飛び出していたGK飯倉の頭上を越え、ゴールに吸い込まれG大阪が先制に成功する。古巣戦の藤本にとってはこれが今シーズンの初ゴールとなった。 ▽スコアをイーブンに戻したい横浜FMは素早い連係から得点を目指すが、G大阪の厳しいチェックに遭い、なかなかゴールに迫ることができない。それでも61分、ボックス手前左でFKを獲得すると、キッカーの天野が左足でゴール左上隅を射抜く。美しい軌道のシュートに再三の好守をみせていた東口の反応も及ばず、試合は振り出しに。 ▽追いつかれたG大阪は、63分にファン・ウィジョに代えて倉田を投入。フレッシュな選手の起用で、勝ち越し点を奪いにいく。すると68分、その倉田がボックス右に侵攻して左足を振り抜いたが、枠を捉えることはできなかった。 ▽ややシュートを浴びる回数が増えてきた横浜FMは、70分に2枚替えを敢行する。ウーゴ・ヴィエイラ、大津に代えてオリヴィエ・ブマル、遠藤渓太を起用。対するG大阪も最後のカードを切り、長沢に代えて中村を送り出す。 ▽横浜FMは76分、ボックス左に抜け出した遠藤渓太のクロスにニアの仲川が頭で合わせる。しかし、うまくミートできず、シュートは枠を捉えない。 ▽83分にも横浜FMにビッグチャンス。左サイドの山中がクロスを供給すると、ボックス内の扇原がボレーシュートを放つ。しかし、シュートは仲川の背中に当たり、得点とはならない。 ▽結局、両クラブとも追加点を奪えないまま試合が終了。この結果、横浜FMは3試合勝ちなしに。G大阪は連敗こそ回避したものの2試合勝ちなしとなった。 2018.05.12 21:10 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース