アタッキングフットボール展開へ! 横浜FMのポステコグルー監督が就任会見2018.01.14 23:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽横浜F・マリノスは14日の新体制発表会後、2018シーズンから指揮を執るアンジェ・ポステコグルー監督の就任発表会見を行った。▽同会見にはポステコグルー監督と横浜マリノス株式会社代表取締役社長の古川宏一郎氏、チーム統括本部スポーティングダイレクターのアイザック・ドル氏が登壇した。ポステコグルー監督の挨拶は新体制発表会で済ませたことにより、質疑応答のみが実施。ポステコグルー監督は、目指すサッカースタイルやJリーグでのチャレンジについて、古川宏一郎氏とアイザック・ドル氏は補強のポイントやポステコグルー監督招へいの理由について明かした。

──横浜FMでどのようなサッカーを見せたいか
◆アンジェ・ポステコグルー監督(横浜F・マリノス)
(C)CWS Brains,LTD.
「私のサッカーは常に攻撃的なサッカーをしてきました。横浜FMに来たからアタッキングフットボールという訳ではなく、ここ20年間変わらない私のスタイルを見せたいです。試合に来て頂ければ分かると思います」

──MF齋藤学選手という中心選手が移籍したが今の戦力をどう捉えているか
「我々としては齋藤学選手には残って欲しかったですけど、選手自身の判断もあります。1つだけ言えることは計画は何も変わらないということです。彼が残っていたとしても最初の半年間はケガによりプレーできませんし、齋藤選手が居る居ないにかかわらず、これからのプランは変わりません。今のチームで自分の落とし込み方次第で良いチームにすることができると思います」

──昨年までの横浜FMをどのように分析し、どのようなアプローチで攻撃的なチームにしていく予定か
「昨年デゲネクというオーストラリア代表の選手がマリノスに居たことで1年間試合を観ることができたのはすごく良かったです。アタッキングフットボールを作る土台はある程度できていると感じています。キャンプ1日目からしっかりと落とし込めるようにチームを作っていきたいと感じています」

──チームの顔と言えるMF齋藤学が居なくなったことによる影響は
◆古川宏一郎 代表取締役社長(横浜F・マリノス)
(C)CWS Brains,LTD.
「今日の新体制発表会という形で今シーズンどのようなメンバーでどのように戦っていくかというお話をさせて頂いたばかりですけど、監督やスポーティングダイレクターのアイザックが説明したことに共感して頂いたファンの方々を観て今年このメンバーで頑張っていけると思っています」

──補強のポイントについて
◆アイザック・ドル スポーティングダイレクター(横浜F・マリノス)
(C)CWS Brains,LTD.
「今月だけでなく、去年から1番のプライオリティを考えました。齋藤学はケガがあり、今シーズンは半年間プレーすることができない状態で今回の補強を敢行しました。同じポジションに2人の選手を持ち、レギュラー争いをしながらやっていくことを考えて、若い選手だけでなく国際経験のある選手も獲得しました。1月末までまだ時間があるので、新しい選手の獲得も含めてチームがレベルアップさせることを考えています」

──ポステコグルー監督がここまで分析してきた中で新しく補強したいポジションはあるか
ポステコグルー監督「今アイザックから話があったようにあと1枠というところでもう1人できれば攻撃的な選手が欲しいです。チームに違いを見出せる選手が見つかり、選手としても人としてもプラスになるのであればそういう選手は獲得したいと思っています」

──昨年を見て土台はできていると言ったが、その中で1番変えなくてはいけないポイントは
ポステコグルー監督「リーグ戦で5位、天皇杯でも準優勝したことで土台はあると思います。1つのポイントだけでなく選手に自信を持ってプレーさせることを心がけるようにキャンプの初日からそのような雰囲気があるチームにしていきたいです。それができれば、自ずと攻撃的なチームになると信じています」

──オーストラリア代表のようなボールを握るサッカーを展開するか
ポステコグルー監督「もちろん攻撃的な部分ではやはりボールを持っていないとダメだと思います。相手を圧倒するようなチームにするにはボールを持つことの大切さだということは変わりません」

──ポゼッションで鍵を握りそうな選手は
ポステコグルー監督「ただ1人というわけではなく、グループ・チームとして全員が自信を持ってプレーできる環境を作っていきたいです。今現時点でこの選手が鍵になるというのは特にありません。そういうメンタリティから少しずつ変えていきたいです」

──ポステコグルー監督を招へいした理由は
アイザック・ドル氏「ロングリストとショートリストがありました。その中でディスカッションして、マネジメントを1番に考えました。あとは日本のサッカー、日本の文化、横浜F・マリノスの特徴を理解しているかです」

古川宏一郎氏「若い選手が多いということで監督として求めることにコーチング・マネジメントを軸にインタビューを重ねてきました。私自身、この監督と働きたいと思いました」

「彼の私への最初の質問が『優勝を目指しますか?』という質問でした。彼はここ数年オーストラリア代表の監督をしていたので、選手を招集してキャンプをして、チームが解散してというサイクルを送ってきました」

「彼は毎日選手と練習をして、毎週の試合に備えてというサイクルに早く戻りたいと言いました。そしてそのサイクルの中で優勝を目指していきたいという勝利の飢えみたいなものを感じ、若い選手を育てて次のステージにつなげて行ってくれるだろうと確信し、この人にしようと決めました」

──Jリーグ全体の印象は
ポステコグルー監督「アジアの中で、組織的にもリーグの強さでもトップレベルだと感じています。非常に難しいリーグだと思います。ただ、先ほどの新体制発表会でも言った通り、我々自身勝てると信じてチームを作っていく中で、他のチームはどのチームであろうとリスペクトしながら戦っていくことに変わりはありません」

──オーストラリア代表監督を辞めて、横浜F・マリノスに決めた理由について
ポステコグルー監督「監督としても人としても成長したい、挑戦したいというのが常にありました。オーストラリア代表で4年間過ごした時間の中で、アジアカップを制したり、ワールドカップ出場を決めたことなど良い思い出ばかりです。その中でこのようなチャレンジをこのようなタイミングで来るとは思っていませんでした」

「日本の文化を学びながら、いろいろやっていかなくてはいけません。このチャレンジを非常に楽しみにしています。オーストラリアの方たちみんながこの質問の答えを聞きたいとは思いますけど、具体的な理由というよりは新しいチャレンジをしたいというのが気持ちです」

▽ポステコグルー氏はこれまでオーストラリアのサウス・メルボルンやブリスベン・ロアーなどで指揮。ブリスベン・ロアー時代には、2011年にAリーグプレミアシップ優勝へと導き、Aリーグチャンピオンシップでは同年から連覇を達成した。2013年からはオーストラリア代表を率い、2015年のアジアカップで同国史上初の優勝に導いた。しかし、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループBを3位。最終的に本大会行きを決めたが、11月21日に辞任していた。


コメント

関連ニュース

thumb

ルヴァンカップ決勝の国歌斉唱歌手に『水曜日のカンパネラ』のコムアイ

▽Jリーグは19日、27日に埼玉スタジアム2002で開催されるYBCルヴァンカップ決勝の試合前に行われる国歌斉唱の歌手が『水曜日のカンパネラ』のコムアイに決定したことを発表した。 ▽『水曜日のカンパネラ』は、2012年結成の音楽ユニット。コムアイは独特な世界観を音楽で表現し、ファンを魅了する同ユニットのボーカルを務めている。 ▽決勝は、クラブ史上初の決勝進出となる湘南ベルマーレと、2001年以来17年ぶりの進出となる横浜F・マリノスが対戦。13時5分にキックオフを迎える。 2018.10.20 09:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】ノリノリな両雄の残留巡るビッグマッチ《G大阪vs横浜FM》

▽20日にパナソニック スタジアム 吹田で行われる明治安田生命J1リーグ第30節で激突する5連勝のガンバ大阪(勝ち点36/12位)と、3連勝の横浜F・マリノス(同38/10位)。現在のJ1で最も勢いに乗る両者の顔合わせは、単なる中断明けの初戦にあらず、J1残留に向けた重要な戦いとなる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">G大阪vs横浜FMをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>◆上位陣をも呑み込む5連勝の勢い〜ガンバ大阪〜 ▽今シーズン開幕から2012年以来のJ2降格危機に瀕したG大阪だが、この終盤に来て、完全に息を吹き返した。第25節の川崎フロンターレ戦を皮切りに、ヴィッセル神戸、清水エスパルス、サンフレッチェ広島、セレッソ大阪を連破。3年半ぶりの5連勝で降格圏を抜け出す中で、薄れつつあった自信と勝負強さを取り戻した感がある。 ▽ただ、2試合未消化の名古屋グランパスが位置する降格圏の16位とは、わずか6ポイント差。史上最大の大激戦の残留争いから完全に抜け出したとは言い難い。その中で、迎える今節の相手は、ルヴァンカップ準々決勝でトータル1-7の大惨敗を喫した横浜FM。宮本恒靖体制発足後3勝2分けのホームでリベンジの先にある勝ち点3を目指す。 ◆3連勝の勢い+ルヴァン決勝進出の勢い〜横浜F・マリノス〜 ▽対する横浜FMも、G大阪に引けを取らないぐらい好調だ。一時クラブ初のJ2降格がちらついたが、第27節のジュビロ磐田戦から3連勝で一気に残留圏内へ。さらに、代表ウィーク期間に行われたルヴァンカップ準決勝で鹿島アントラーズを退け、17年ぶりの決勝行き切符を掴み取っていることから、チームの勢い、ムードは抜群に良い。 ▽そうした中で迎える今回のG大阪戦は、相手にとってもそうだが、横浜FMにとっても勝てば勝ち点を残留ラインに乗せることのできる大一番。さらに、他力だが、ACL権がかかる3位争いも見えてくる。この終盤に形づくアンジェ・ポステコグルー監督志向のアタッキングフットボールで要塞と化しつつある相手のホームで勝ち点3を掴めるか。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_9_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、遠藤保仁、今野泰幸、倉田秋 FW:渡邉千真、ファン・ウィジョ 監督:宮本恒靖<hr>▽先の大阪ダービーを累積警告で欠場した主砲のFWファン・ウィジョが復帰。したがって、先の大阪ダービーで存在価値を再び示したFWアデミウソンは、ジョーカー待機が濃厚だ。そのほかの顔ぶれ、布陣は変更なし。現状のベストな陣容で今節に挑む。 ◆横浜F・マリノス[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_9_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、ドゥシャン、チアゴ・マルチンス、山中亮輔 MF:大津祐樹、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、ウーゴ・ヴィエイラ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー<hr>▽こちらもDFドゥシャンが累積警告の出場停止から復帰。そのほかの面子に関して、大幅な入れ替えは考えにくく、フォーメーションの変更もないだろう。左ヒジ骨折から驚異的な回復を見せるFW伊藤翔だが、17日に練習復帰して間もなく、流動的な様相だ。 【注目選手】 ◆MF倉田秋(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_9_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪の注目選手は、名前のとおり、この秋口から調子を挙げるMF倉田秋だ。チームの復活劇の功労者としてMF今野泰幸やFWファン・ウィジョの活躍が称えられがちだが、倉田もその間に1得点2アシストのほかに、局面での切り崩し役として多大なる貢献度を誇る。中断期間を経て、再び攻撃陣の潤滑油として光になれるか。青黒屈指のトリックスターに期待したい。 ◆FW仲川輝人(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_9_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽横浜FMの注目選手は、今や不動のアタッカーに君臨するMF仲川輝人だ。その仲川は、直近に行われたルヴァンカップの鹿島戦でも1得点を挙げるなど、直近の公式戦5試合4ゴールと絶好調。9月のJ1月間ベストゴール賞を受賞した今、新たな“ハマのメッシ”との呼び声も高まりつつある。要注意選手として相手も警戒心を強める中、チームとして重要な一戦でも輝けるか。 ◆勢いと勢いのぶつかり合い ▽5連勝中のG大阪と3連勝中の横浜FMによる一戦は、単なる中位対決にならない。両者の勝ち点差は、わずか「2」。両雄の今節は、G大阪が勝てば残留のボーダーラインとみられる40ポイントに大手をかけることができ、逆に横浜FMからしてみれば、それをクリアする可能性のある大一番となる。“勢い”を勝利に繋げるチームは果たして。両者の一戦は15時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">勝てば残留に大きく前進の注目カード!<br />G大阪vs横浜FMをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

次期ギリシャ監督候補に横浜FM指揮官ポステコグルー監督が浮上! すでにギリシャ連盟関係者が接触か

▽横浜F・マリノスで指揮を執るアンジェ・ポステコグルー監督(53)が、ギリシャ代表の新監督候補に挙がったようだ。オーストラリア『The Sydney Morning Herald』が伝えている。 ▽ギリシャ代表は、現在開催中のUEFAネーションズリーグのリーグC・グループ2で2位につけているが、直近に行われた首位のフィンランド代表戦で敗戦し、グループBへの昇格が厳しい状態となってる。そんな中、ギリシャメディアでは、近日中にも代表を率いるミヒャエル・スキッベ監督(53)の解任が行われると報じられており、その後任候補の最上位にポステコグルー監督の名が挙がっているようだ。 ▽『The Sydney Morning Herald』によれば、ギリシャサッカー連盟(HFF)とポステコグルー監督の間で合意に達した事項はいまのところ無く、今季終了までは横浜FMを離れることはないとのこと。しかし、同監督は今回のオファーに興味を示しており、今季限りで横浜FMを離れて自身の母国に戻る可能性を考慮しているという。 ▽なお、HFFがポステコグルー監督に接触したのは今回が初めてではなく、同監督オーストラリア代表監督を辞任した2017年にも就任を熱望していた。 2018.10.19 02:26 Fri
twitterfacebook
thumb

決勝カードは湘南vs横浜FMに決定! 昇格組湘南がファイナル到達《YBCルヴァンカップ》

▽2018JリーグYBCルヴァンカップ決勝進出の2チームが決定した。 ▽決勝進出を果たした2チームは、17年ぶりの優勝を目指す横浜F・マリノスと、初の優勝を狙う湘南ベルマーレだ。両クラブは10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で激突する。 ▽横浜FMはJ1リーグ年間3回、1stステージ4回、2ndステージ1回、天皇杯2回、リーグカップ(現ルヴァン杯)1回、計11個のタイトルを誇る。対する湘南は、J2リーグ制覇を2回成し遂げている。 ◆決勝戦 ▽10月27日(土) 《13:05》 湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス [埼玉スタジアム2002] 2018.10.14 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島あと一歩及ばず…! 逃げ切った横浜FMが17年ぶり決勝へ《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズが、14日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計4-3で横浜FMが決勝進出を決めた。 ▽20日に県立カシマサッカースタジアムで行われた第1戦では、横浜FMが2-1で勝利。横浜FMは、その試合から全くスタメンを変更せずに勝ち抜きを目指した。 ▽一方、巻き返しが必要な鹿島はスタメンを3名変更。内田、中村、セルジーニョに代えて、山本、西、金森を先発させた。 ▽試合の立ち上がり、お互いに積極的にゴールに迫っていく。5分に遠藤渓が左サイドから惜しいクロスを供給して横浜FMがチャンスを作れば、10分にはボックス内へのパスに反応した安西がダイレクトシュートを放ち鹿島も応戦。スコアこそ動かないものの、激しくアップダウンが繰り返される。 ▽すると20分、横浜FMが先に結果を出す。ボックス手前中央の天野がミドルシュートを放つと、鹿島DFにブロックされたボールがボックス内にこぼれる。反応したウーゴ・ヴィエイラが、右足でゴール左下隅に沈めた。 ▽最低でも2点以上が奪わなければ敗退となる鹿島は盛り返そうとするが、横浜FMがそれを許さない。右サイドの仲川が幾度かタイミングの良い駆け上がりを見せるなど、横浜FMが牽制しつつ時計の針を進めていく。 ▽34分、横浜FMが効率的に攻撃を繰り出していく。ボックス手前中央でボールを持った遠藤渓がボックス左にスルーパスを供給。天野が最終ラインの裏に抜け出してファーサイドに折り返し、仲川が無人のゴールに流し込んだ。 ▽0-2のビハインドで試合を折り返した鹿島は、ハーフタイム中に永木に代えてセルジーニョを投入。フォワードの枚数を増やし逆転を目指していく。 ▽すると53分、ボックス手前右で鹿島がFKを得ると、遠藤康のクロスに町田が頭で合わせてネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定でこの得点は認められない。 ▽徐々に鹿島の勢いが増してきた61分、横浜FMは前半からハードワークしていた大津に代えて喜田を送り出しちゅばんの活性化を図る。 ▽しかし、直後の62分に痛恨のミスから鹿島の得点を許すことに。ボールを持ったGK飯倉が中途半端なショートパスを蹴り、土居がカット。落ち着いてゴール右を捉えて点差を縮めた。 ▽さらに70分、またしても鹿島が決定機を迎える。左サイドを駆け上がった途中出場の山口がボックス内中央に山なりのクロスを供給。DFドゥシャンのマークを剥がしたセルジーニョが、指揮官の起用に応える同点弾を決め切った。 ▽この得点で、2戦合計スコアは4-3で横浜FMがリード。しかし、アウェイゴールは2点ずつで並び、勝負は1点を争う状況に変貌した。 ▽その後、守備の意識を強めた横浜FMを相手に鹿島のリスクを冒した攻撃が続く。84分、鹿島は金森に代えて高さのある昌子を投入。ディフェンスリーダーを約3か月ぶりに復帰させた。 ▽しかし、守備を固めた横浜FMからこれ以上得点を奪うことができず。試合は2-2の引き分けに終わった。この結果、2戦合計4-3で横浜FMが勝ち抜けを決めている。 ▽2001年以来17年ぶりに決勝進出を果たした横浜FMは、湘南ベルマーレvs柏レイソルの勝者と対戦。決勝戦は、10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で開催される。 2018.10.14 16:00 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース