デ・ブライネ、幼少期はリバプール大好きっ子だった2018.01.13 17:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティで評価を高めるベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ。幼き日の夢の1つを未だ叶えられていないことがわかった。イギリス『ミラー』が報じている。▽デ・ブライネは、スペイン代表MFダビド・シルバと共に二大プレーメーカーとして抜群の存在感を発揮。ジョゼップ・グアルディオラ監督からべた褒めされるなど、不動の地位を確立している。

▽この活躍を続けていけばより明るい将来が待っていてもおかしくないデ・ブライネだが、“今の状況”だと到底叶えられない夢を幼少期に抱いていたようだ。

▽日々、ゲンクのユースで練習に励む当時のデ・ブライネ少年は、インタビューで将来の夢について次のように応えたという。

「僕のお気に入りのチームはリバプールです」

「好きな選手はマイケル・オーウェン。僕もいつかあのクラブでプレーしたいです」

コメント

関連ニュース

thumb

サンチョ争奪戦は古巣シティが大きくリード! 買戻し条項が存在

▽ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)を巡り、プレミアリーグの複数クラブによる争奪戦が来夏に勃発しそうな構えだ。しかし、その争奪戦を大きくリードしているのは古巣マンチェスター・シティのようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 ▽14歳のときにワトフォードからサンチョを引き抜いたシティは、同世代のU-21イングランド代表MFフィル・フォーデンと同様にトップチーム契約を打診。しかし、すぐにトップチームでのプレー機会を求めたサンチョは昨夏にドルトムントに完全移籍した。 ▽すると、超絶技巧を生かしたドリブルに加え、ラストパスや決定力にも優れる逸材は、左右のウイングを主戦場に昨シーズンはブンデスリーガ戦12試合で1ゴール4アシストを記録。さらに、今季はすでに公式戦10試合に出場し1ゴール9アシストを記録する大ブレイクを果たし、先日のUEFAネーションズリーグのクロアチア代表戦ではイングランドのフル代表デビューまで飾った。 ▽そして、すでに市場価値が1億ポンド(約148億円)に高まっているサンチョにはマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプール、チェルシー、トッテナムといったプレミアリーグのビッグクラブに加え、ユベントスやレアル・マドリーら国外のメガクラブも獲得に関心を示している。 ▽しかし、『MES』が伝えるところによれば、シティはサンチョのブレイクを見越してドルトムントと交渉を行う際に、買戻し条項を契約の中に盛り込んでいたという。そのため、サンチョに古巣復帰の意思さえあれば、シティが買い戻せる可能性が高いようだ。 ▽なお、この買戻し条項に関してはすでに金額が決定しているものではなく、優先交渉権に近いもののようだ。 ▽シティではイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)との契約延長交渉が難航しており、一部ではレアル・マドリー行きの可能性も報じられている。そのため、仮に同選手が流出する事態になれば、即サンチョの買い戻しに動くはずだ。 2018.10.16 15:41 Tue
twitterfacebook
thumb

3年ぶりに代表戦ゴールのスターリング、「僕にとってはたくさんの意味がある」

▽15日にUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4、スペイン代表vsイングランド代表が15日に行われ、イングランドが3-2で勝利した。同試合でイングランドを勝利に導く2ゴールを記録したマンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングが自身3年ぶりの代表戦ゴールを喜んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽スペイン相手に敵地で32年ぶりの勝利を目指したイングランドは、前半にスターリングの2ゴールと、FWマーカス・ラッシュフォードのゴールで3点を先行。その後、追いすがるスペインにFWパコ・アルカセル、DFセルヒオ・ラモスのゴールで点差を詰められるも、最終的に3-2で勝利。敵地で32年ぶりの勝利と共に今大会初白星を手にした。 ▽ラッシュフォード、ケインのアシストから見事に2ゴールを記録したスターリングだが、今回のゴールは2015年10月9日のユーロ2016予選のエストニア代表戦以来、3年ぶりのゴールだった。代表46試合目で通算4ゴール目を記録した23歳は、「たくさんの意味がある」と自身のゴールを噛み締めている。 「(最初のゴールに関して)美しい瞬間だったよ。ボックス内に入っていくこと、ゴールを挙げるという部分に関して自分自身に強いプレッシャーをかけていたんだ」 「それは時にうまくいくこともあるし、そうではないときもある。だけど、僕はゴールを決めるべきポジションにいるし、それを続けていく必要があるんだ」 「3年ぶりのゴールという部分で僕にとってはたくさんの意味がある。同時にこういった試合ではとても意味があるものだったと思うよ」 ▽さらに、スターリングは強豪スペイン相手に見せたチームのパフォーマンスに関しても満足感を示している。 「素晴らしいチームパフォーマンスだった。僕たちは最初から真っ向勝負に打って出て、とりわけ前半は決定的なプレーができた」 「この前の試合(クロアチア戦)では要所で良いフットボールができていたけど、今日は試合を通してうまくプレーすることができ、必要な時間帯にチャンスを決め切れたと思っているよ」 ▽また、スターリングが3年ぶりにゴールを挙げた一方、7戦連続でゴールを奪えなかったトッテナムFWハリー・ケインは、2アシストを筆頭にゴール以外で見せた自身の貢献に満足しているようだ。 「多くの人はいつもゴールのことばかり話す。僕がゴールを挙げられなければ、良いプレーではなかったと言う人もいる。だけど、個人的にはチームに貢献できたと感じているよ。そして、それこそが自分にとって重要なことなんだ。もちろん、自分がゴールすることも好きだけど、それよりも勝利は格別さ」 2018.10.16 14:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ジェコがキャリア通算300ゴール達成! 北アイルランド戦で2発

▽ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(32)が15日に行われた北アイルランド代表戦でキャリア通算300ゴールを達成した。所属するローマの公式ツイッターが伝えた。 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナは15日にUEFAネーションズリーグ・リーグBグループ3の北アイルランド戦に臨み、2-0で快勝した。また、この試合で先発フル出場したジェコはチームを勝利に導く2ゴールを記録した。そして、先制点となった27分のゴールは同選手にとってプロキャリア通算300点目のゴールになった。 ▽母国のジェリェズニチャルでプロキャリアをスタートしたジェコは、チェコのテプリツェ、ウースティー・ナド・ラベム(レンタル)、ヴォルフスブルク、マンチェスター・シティを渡り歩き、2015年からローマでプレー。 ▽190cmを超える長身を生かした空中戦の強さに加え、抜群のコーディネーションから両足で繰り出す精確なシュートを武器に各国リーグでゴールを量産する世界屈指のストライカーだ。これまでブンデスリーガ、セリエA、ヨーロッパリーグ(EL)で得点王にも輝いている。 ▽また、2007年にデビューを飾ったボスニア・ヘルツェゴビナ代表では、ここまで通算96試合に出場し同国歴代最多の55ゴールを記録している。 ◆ジェコキャリア通算ゴール内訳(301ゴール) ▽クラブチーム マンチェスター・シティ 72ゴール ローマ 78ゴール ヴォルフスブルク 85ゴール テプリツェ 11ゴール ▽代表 ボスニア・ヘルツェゴビナ 55ゴール 2018.10.16 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、将来的なイタリア行きに関心?

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が将来的なイタリア行きに関心を示しているようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽古巣バルセロナで監督キャリアをスタートして以降、これまでバイエルン、シティと国外のビッグクラブを率いてきたグアルディオラ監督。シティとの現行契約は2021年までとなっているが、新天地は現役時代にプレーした経験を持つイタリアなのかもしれない。 ▽先週末にイタリアで行われた『フェスティバル・デッロ・スポルト』というイベントに出席したアルディオラ監督は同会場で行われた囲み取材の中でイタリア行きに含みを見せた。 「私にイタリア行きの可能性はないって? なぜそう思うんだ。私がバルセロナを指揮した後、誰がドイツのミュンヘンに行くと想像できただろう」 「ドイツ語の取得という難しい挑戦を経て、今ではすべてが可能だ。これまでスペイン、ドイツ、イングランドで指揮を執ってきた。その中でなぜイタリアでは監督することができないんだ? 自分の将来に関してはまだわからないが、少なくともここの食べ物をすごく気に入っている」 ▽また、グアルディオラ監督は現役時代にプレーしたブレシアとローマでの充実した日々が今でもイタリアをホームのように感じさせていると語っている。 「私はイタリアを心から愛しているし、チャンスがあれば頻繁にこの国を訪れている。ここにはたくさんの友人がいるし、カタルーニャ人やスペイン人はここの人々とすごく似ているんだ。そこには素晴らしい生活、太陽の光があり、私たちはそういったものを愛しているんだ」 ▽街の雰囲気やチームの志向するプレースタイルを考えれば、古巣ローマあたりが最適な新天地と思われるが、グアルディオラ監督がセリエAを舞台に指揮を執る姿は将来見られるのか。 2018.10.15 21:57 Mon
twitterfacebook
thumb

コンパニの父親が快挙! ベルギー史上初の黒人市長に

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニの父親であるピエール・コンパニ氏がベルギーのブリュッセル首都圏地域に属する基礎自治体ガンショアンの市長に選出された。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽コンパニは14日、自身の公式『インスタグラム(@vincentkompany)』で兄弟と共に父の当選を祝福する動画を投稿した。 「歴史的なことだ! 僕たちは父のことを心から誇りに思う。父は1975年にコンゴ民主共和国から難民としてやってきた。そして、現在父はこの地域社会で大きな信頼を得て、ベルギーで初めて黒人の市長になった。それには多くの時間を要したけど、素晴らしい進歩だ。心からおめでとうと言いたい」 ▽なお、『レキップ』が伝えるところによれば、ピエール・コンパニ氏は28.38パーセントの得票率を記録。また、今回の当選によって今後3年間ガンショアンの市政を担うことになる。 ▽ベルギー代表とマンチェスター・シティで偉大なキャプテンとしてチームを牽引し続けるコンパニだが、その並外れたリーダーシップは一難民からベルギー史上初の黒人市長に任命された偉大な父の遺伝だったようだ。 2018.10.15 17:22 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース