シティが今冬のサンチェス獲得断念…高額移籍金の支払い拒否2018.01.13 02:38 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは今冬の移籍市場でのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)獲得を断念したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽今季限りでアーセナルとの契約満了を迎えるサンチェスだが、クラブとの契約延長を固辞しており、今冬あるいは来夏の退団が決定的となっている。そのサンチェスに関してはバルセロナ時代に同選手を指導したジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティへの移籍が既定路線となっている。

▽シティはフリーでの獲得が可能となる来夏の加入を念頭に置きながらも、先日には2000万ポンド(約30億4000万円)のオファーをアーセナル側に掲示し、今冬の獲得を検討。しかし、今冬の主力流出を避けたいアーセナルは同選手の放出条件を3500万ポンド(約53億4000万円)に設定しており、クラブ間での交渉が停滞しているようだ。

▽さらに『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、今冬にシティがサンチェスの獲得に動く場合、アーセナルが望む3500万ポンドに加え、代理人が求める500万ポンド(約7億6000万円)を別に支払う必要があるという。したがって、シティは来夏にフリーで獲得可能な選手に対して、総額4000万ポンド(約61億円)を支払うことに二の足を踏んでいる状況だ。

▽シティとアーセナルの交渉が決裂しそうな一方、現在サンチェスには2500万ポンド(約38億円)前後の移籍金に加え、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの譲渡という、好条件のオファーを掲示したといわれるマンチェスター・ユナイテッド、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの後釜を探すリバプールが獲得レースに参戦している模様だ。

▽そのため、シティ加入が決定的とみられたサンチェスの去就はここにきて不透明な状況となっている。果たしてサンチェスは今冬シティ以外の新天地を求めるのか、はたまたアーセナルとの契約満了をもって来夏恩師ペップの下に向かうのか。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、若きアッズーリMFバレッラに熱視線か

▽アーセナルがカリアリのイタリア代表MFニコーロ・バレッラ(21)の獲得に動くようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽カリアリ下部組織のバレッラは2015年にプロデビュー。2016年冬には当時セリエBのコモにレンタルされたが、武者修行の地でリーグ戦21試合に出場し、チームのセリエA昇格を手助けした。半年でカリアリに復帰すると、今シーズンもここまでリーグ戦8試合で1ゴールを記録している。また、先日行われたウクライナ代表との親善試合でイタリア代表デビューを飾った。 ▽欧州中で高い評価を受けるバレッラに対しては、以前にリバプールが興味を示しており今夏には契約に近付いたと言われていたが、クラブが拒否したことを選手当人が明らかにしている。今なおリバプールの関心は薄れていないそうだが、今回の記事によると強力なライバルが出現したようだ。 ▽伝えられるところでは、アーセナルがバレッラを注視。既にスカウトも派遣している模様で、3000万ポンド(約44億円)を用意していると噂されるリバプールと争奪戦の様相を呈している。また、ミランとインテルからの興味も聞こえており、今後の動向に目が離せない。 ▽なお、バレッラ本人は冬の移籍を望んでおらず。クラブを出る場合でも来夏の移籍になるようだ。 2018.10.17 18:11 Wed
twitterfacebook
thumb

アシストのスペシャリスト、セスク! 2つ目のプレミア記録達成

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)の、アシストに関するギネス記録が認められた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2016-17シーズンにプレミアリーグ29試合で12アシストを記録し、通算6度目のリーグ二桁アシストで新記録を樹立していたセスク。今回『スカイ・スポーツ』が報じたところでは、同じシーズンにもう一つの世界記録を打ち立てていたようだ。 ▽セスクは、2016年12月31日に行われたプレミア第19節ストーク・シティ戦で2アシストを記録し、4-2の勝利に貢献。これによりプレミアでの通算アシスト数が「100」を超えた。これが、ギネスによる「プレミアリーグ最速での100アシスト突破」に認定されている。 ▽なお、セスクはアーセナル時代と合わせてプレミア293試合で大記録を達成。これまでトップだった元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏は367試合を要しており、74試合も短縮した。 ▽この度の記録達成に際し、セスクは以下のようにコメントしている。 「僕は最速ではないし、最も強靭でもない。柔軟でもなければ、高くも飛べないよ」 「でも、キャリアの中でこの記録を達成したことは、僕の仕事で最も誇れるものの1つだ。なぜならこれが僕の仕事だし、うまくやったということだからね」 2018.10.17 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

30歳バースデーのエジル、今も欧州最高の創造者

▽データサイト『Opta(@OptaFranz)』が今月15日に30歳の誕生日を迎えたアーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルをヨーロッパ最高のクリエイターとして取り上げた。 ▽エジルは、2006年にシャルケでプロデビュー後、ブレーメン、レアル・マドリーを経て、2013年夏にアーセナル入り。2009年にA代表デビューのドイツ代表においては、今年8月に代表引退を表明するまで92キャップを誇る。 ▽『Opta(@OptaFranz)』は、エジルの誕生日を祝した企画として、データ収集を開始した2006年7月以降の欧州5大リーグでプレーする選手のチャンスクリエイト数を紹介。エジルがトップの数字を叩き出しているという。 ◆欧州5大リーグのクリエイターランキング※選手名/創出数 1位:メスト・エジル/1033 2位:ディミトリ・パイエ/1016 3位:セスク・ファブレガス/932 4位:ダビド・シルバ/886 5位:リオネル・メッシ/861 6位:エデン・アザール/794 7位:マレク・ハムシク/740 8位:フアン・マタ/723 9位:フランチェスコ・トッティ/696 10位:クリスティアーノ・ロナウド/695 ▽近年、低調なパフォーマンスから「行方不明」といった皮肉や、厳しい声の矢面に立たされることも少なくないエジル。だが、そういった批評家は、この数字を見て、今一度再考すべきなのかもしれない。 2018.10.16 15:10 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルに痛手…DFパパスタプーロスが代表戦で負傷…

▽アーセナルに所属するギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスが15日のフィンランド代表戦で負傷したようだ。ギリシャ『Gazzetta』が伝えている。 ▽パパスタソプーロスは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグCグループ2のフィンランド戦に先発出場。しかし、0-0で折り返した後半頭にDFゲオルギオス・ツァヴェラスとの交代でピッチを後にしていた。 ▽『Gazzetta』が伝えるところによれば、パパスタソプーロスは前半に足首をねん挫していた模様。ただ、現時点ではじん帯に損傷が及んでいるなど詳細は不明だ。 ▽今夏、ドルトムントからアーセナルに加入したパパスタソプーロスは、ここまで公式戦8試合に出場し1ゴールを記録。最終ラインの新たなリーダーとして活躍している。 2018.10.16 15:08 Tue
twitterfacebook
thumb

出場機会減のトーマス、1月のアトレティコ退団を考慮…アーセナルorPSGへ?

▽アトレティコ・マドリーに所属するガーナ代表MFトーマス・パルティ(25)が、来年1月の移籍を考慮しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アトレティコの下部組織で育ち2015-16シーズンにトップチームへの昇格を果たしたトーマスは、徐々に出場機会を増やし昨シーズンには公式戦50試合5ゴールを記録。しかし、今シーズンの出場はここまで公式戦9試合、プレー時間は378分間に留まっている。 ▽ディエゴ・シメオネ監督はトーマスを高く評価しているが、今夏には同じく有望株のMFロドリゴ・エルナンデスがアトレティコに到着。押し出されるような形で、トーマスの出場時間を工面することが難しくなっている。 ▽『マルカ』によると、トーマスはベンチスタートが増えた現状に満足しておらず。来年1月に退団する可能性があるようだ。その場合、アーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)が有力な新天地候補と目されている。 2018.10.16 13:15 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース