2017年のCLでブレイクしたのは!? 『UEFA.com』がCLブレイクベストイレブンを選出!2017.12.27 20:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽『UEFA.com』は、2017年のチャンピオンズリーグで躍動した若手選手でのベストイレブン「BREAKTHROUGH TEAM 2017」を発表した。▽『UEFA.com』選出によるベストイレブンは、「24歳以下」であり、「2017年にCLデビューを果たした選手か、経験が少なく、今年大きな飛躍を遂げた選手」を基準に選出されている。

▽フォーメーションは[4-3-3]を採用。GKは、プレミアリーグで無類の強さを見せつけているマンチェスター・シティのエデルソン。昨シーズンばベンフィカでプレーしていた。右サイドバックは同じくベンフィカでプレーし、今シーズンからバルセロナでプレーするネルソン・セメド。センターバックは、トッテナムのダビンソン・サンチェス、バイエルンのニクラス・ジューレが選ばれた。左サイドバックには、セルティックのキーラン・ティアニー。20歳ながら、セルティックで100試合以上に出場し、スコットランド代表でキャプテンを務めている。

▽中盤は、トッテナムのハリー・ウィンクス、ベシクタシュのタリスカ、レアル・マドリーのマルコ・アセンシオの3名。前線は、パリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペ、RBライプツィヒのティモ・ヴェルナー、バーゼルのディミトリ・オベルリンが選ばれている。ムバッペは6試合で4ゴール、ヴェルナーは6試合で3ゴール、オベルリンは6試合で4ゴールを記録し、チームのラウンド16進出に貢献していた。

◆BREAKTHROUGH TEAM 2017
GK
エデルソン(24/マンチェスター・シティ)

DF
ネルソン・セメド(24/バルセロナ)
ダビンソン・サンチェス(21/トッテナム)
ニクラス・ジューレ(22/バイエルン)
キーラン・ティアニー(20/セルティック)

MF
ハリー・ウィンクス(21/トッテナム)
タリスカ(23/ベシクタシュ)
マルコ・アセンシオ(21/レアル・マドリー)

FW
キリアン・ムバッペ(19/パリ・サンジェルマン)
ティモ・ヴェルナー(21/RBライプツィヒ)
ディミトリ・オベルリン(20/バーゼル)
コメント
関連ニュース
thumb

FFP違反でルビン・カザンがUEFA主催大会に2季出場禁止

▽UEFA(欧州サッカー連盟)は18日、ロシア・プレミアリーグに所属するルビン・カザンに対し、今後2シーズンの間、同連盟主催のクラブコンペティションへの参加を禁止することを発表した。 ▽UEFAによれば、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に規則に違反したルビン・カザンと同連盟は、当初和解協定を結んでいたものの、クラブ側がこの協定を破棄。UEFAはあらたに調査に乗り出していた。 ▽すると改めて、ルビン・カザンがFFPに違反していたことが判明。この度上記のような罰則が下った。 ▽現在のレギュレーションでは、UEFAランク6位のロシア・プレミアリーグは、優勝クラブと2位のクラブがチャンピオンズリーグ(CL)本戦にストレートインする資格を得ることができ、3位のチームは予備戦3回戦からのスタートとなる。また、4位と5位はそれぞれヨーロッパリーグ(EL)の予備戦3回戦と2回戦から出場。さらに、国内カップ優勝クラブはEL本戦にストレートインできるものとなっている。 ▽1958年創設のルビン・カザンはこれまでに2008年と2009年シーズンにリーグ優勝を果たしている。2012年にはロシア・カップも制覇し、近年力を付けてきたクラブだ。それまでロシア・プレミアリーグはJリーグと同じように3月~11月にかけてリーグが行われていたが、2012年からはほかのヨーロッパのリーグに合わせて8月~5月に行われるようになった。なお、今季はここまで第10節を終えた時点で5位に位置している。 2018.10.18 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

UEFAがCL、ELに続いて第3の大会を開催へ…2021年が目処か

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は、新たなクラブの大会を開催する考えがあるようだ。欧州クラブ協会(ECA)のアンドレア・アニェッリ会長が明かした。 ▽現在は、世界最高峰の戦いとされるチャンピオンズリーグ、そしてヨーロッパリーグを開催しているUEFA。それに次ぐ第3の大会を検討しているようだ。 ▽ECAのアンドレア・アニェッリ会長は、「グリーンライトが与えられた」とコメント。詳細については述べていないものの、「現在のモデルは近代化を必要としている」と語り、「2021-22シーズンにはクラブ総数で96になるだろう」と構想を明かした。 ▽現在は、チャンピオンズリーグの本戦に32クラブ、ヨーロッパリーグの本戦に48クラブが参加。ここに16クラブが加わることで、96クラブがヨーロッパの大会に参加することとなる。 2018.09.11 19:10 Tue
twitterfacebook
thumb

新生スペインが”聖地”でイングランドを撃破! ルイス・エンリケ新体制の初陣飾る《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグAグループ4のイングランド代表vsスペイン代表が8日にウェンブリーで行われ、1-2でスペインが勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)を4位で終えたイングランド代表は、強豪スペインとの一戦に向けて[3-5-2]の布陣を採用。GKにピックフォード、最終ラインは右からJ・ゴメス、ストーンズ、マグワイア。中盤は右からトリッピアー、ヘンダーソン、デレ・アリ、リンガード、ショーと並べ、2トップはラッシュフォードとケインを配置した。 ▽一方、ロシアW杯をベスト16で終えたスペインは、新監督にルイス・エンリケ氏を招へい。初陣となる一戦に向けてエンリケ監督は[4-3-3]の布陣を採用。GKにデ・ヘア、最終ラインは右からカルバハル、ナチョ、セルヒオ・ラモス、マルコス・アロンソを配置。中盤はアンカーにブスケッツ、インサイドハーフにサウールとチアゴ、3トップは右からロドリゴ、アスパス、イスコと並べた。 ▽立ち上がりから一進一退の展開が続く中、イングランドが先手を取る。11分、ケインのパスで左サイドをオーバーラップしたショーがアーリークロスを供給。これをゴール前に抜け出したラッシュフォードが右足で流し込んだ。 ▽先制を許したスペインだが、すぐに反撃に転じる。すると13分、カルバハルのパスをボックス右で受けたロドリゴが縦への突破からマイナスに折り返すと、これをサウールが右足のダイレクトシュートでゴールに叩き込み、同点に追いついた。 ▽膠着状態が続く中、32分にスペインが逆転に成功する。左サイドで獲得したFKからチアゴが高速クロスを供給すると、ニアサイドに走り込んだロドリゴが左足で流し込んだ。 ▽逆転を許したイングランドも直後に反撃。35分、リンガードの左CKからゴール前でフリーのラッシュフォードがヘディングシュート。しかし、このシュートはGKデ・ヘアの好セーブに防がれた。 ▽スペインのリードで迎えた後半、イングランドは開始早々にアクシデントに見舞われる。47分、カルバハルと交錯したショーがピッチに倒れ込み、担架で外へ出ることに。ローズとの交代を強いられ、ピッチを退くこととなった。 ▽強豪同士の対戦らしく後半も一進一退の展開が続く。そんな中、イングランドは81分に決定機。ケインのパスを受けたラッシュフォードがワンタッチで斜めに切り込むと、ボックス中央からシュート。しかし、これもGKデ・ヘアの牙城に阻まれる。 ▽イングランドは試合終了間際にも、セルヒオ・ラモスのクリアミスを飛び出したGKとウェルベックが競り合うと、GKデ・ヘアのファンブルしたボールをウェルベックがゴールに流し込んだが、これはキーパーチャージを取られノーゴールとなった。 ▽結局、試合は1-2のまま終了。敵地でイングランドを撃破した新生スペインが、ルイス・エンリケ新体制の初陣を勝利で飾った。なお、白星発進としたスペインは11日にUNLでクロアチア代表とホームで戦い、イングランドは11日にスイス代表と親善試合を戦う。 2018.09.09 06:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ベッカム氏がUEFA会長賞を受賞…チェフェリン会長「彼の世代の真のアイコン」

▽マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーなどで活躍した元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が、UEFA(欧州サッカー連盟)会長賞を受賞した。UEFA公式サイトが発表した。 ▽UEFA会長賞は、優れた業績や優れた専門性、そして、個人的な資質の良さを認めて送られるもの。2018年はベッカム氏に送られることとなった。 ▽UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は、ベッカム氏の選出について「彼はサッカーにおいてグローバルな大使であり、地球上のあらゆる場所で、試合に対する勝ちを宣伝している」と理由を語り、「世界中の多くの子供たちの生活を助けてきた、彼の絶え間ない人道的な努力も祝われるべきだ。ベッカムは、彼の世代の真のサッカーアイコンだ」と、ベッカムが世界中で行っている貢献活動を称えた。 ▽受賞を受けたベッカム氏は「UEFA会長賞を受賞したことは光栄だ。僕のキャリアでは、常に100%を出し、チームワークとフェアプレーの精神を保とうと努力してきた。この賞を受賞した傑出した選手たちのリストに並ぶことを誇りに思う。UEFAチャンピオンズリーグのピッチでは、多くの忘れがたい瞬間を過ごしてきた。1999年にバルセロナで行われたバイエルン戦の魔法のような夜。そのような劇的なものだ」と、今回の会長賞受賞を喜んだ。 ▽ベッカム氏は、マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で、2003年7月にレアル・マドリーへと移籍。銀河系軍団と呼ばれたチームの一員として活躍すると、その後はLAギャラクシー、ミラン、パリ・サンジェルマンでプレー。2013年7月に現役を引退していた。プレミアリーグでは264試合に出場し62ゴール23アシストを記録。リーガエスパニョーラでは116試合に出場し13ゴール33アシスト。チャンピオンズリーグではイングランド人初の100試合出場を達成し、通算107試合出場16ゴール20アシストを記録していた。 ▽また、イングランド代表としても115試合に出場し17ゴールを記録。1998年、2002年、2006年と3度のワールドカップに出場していた。 ▽なお、UEFA会長賞はベッカム氏で18人目。昨年は、ローマ一筋で現役を引退した元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏が受賞していた。 ◆UEFA会長賞受賞者 1998年:ジャック・ドロール(フランス) 2000年:ギ・ルー(フランス) 2001年:フアン・サンティステバン(スペイン) 2002年:ボビー・ロブソン(イングランド) 2003年:パオロ・マルディーニ(イタリア) 2004年:アーニー・ウォーカー(スコットランド) 2005年:フランク・ライカールト(オランダ) 2006年:ビルフリート・ストラウブ(ドイツ) 2007年:アルフレド・ディ・ステファノ(スペイン) 2008年:ボビー・チャールトン(イングランド) 2009年:エウゼビオ(ポルトガル) 2010年:レイモン・コパ(フランス) 2011年:ジャンニ・リベラ(イタリア) 2012年:フランツ・ベッケンバウアー(ドイツ) 2013年:ヨハン・クライフ(オランダ) 2014年:ヨセフ・マソプスト(チェコ) 2017年:フランチェスコ・トッティ(イタリア) 2018.08.21 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

UEFA審判団会長コリーナ氏が辞職…理由は“個人的な都合”

▽UEFAは1日、審判委員会会長を務めていたピエルルイジ・コリーナ氏(58)が辞職したことを発表した。 ▽コリーナ氏は、1988年から2005年にかけてイタリア国内で審判を務めた。1995年に国際審判の資格を取ると、1999年のチャンピオンズリーグ決勝戦や2002年の日韓ワールドカップの決勝戦を裁いた伝説的な審判だった。 ▽2010年からはUEFA初の審判委員会会長に任命され、審判員の技術発展に大きく貢献した。最優秀審判員を決める、センター・レフェリング・エクセレンス(CORE)の設立や、360度モニタリングカメラを開発。さらには審判団の技術やフィットネス、栄養基準を改善するためのプログラムの向上や、各試合ごとの担当するチームの戦術的要素や知識を保証するプログラム作成に尽力した。 ▽UEFAは、コリーナ氏の辞任については“個人的な理由”としている。 ▽なお、コリーナ氏の後任には、かつてセリエAで笛を吹いたロベルト・ロセッティ氏が任命されている。同氏はロシア・ワールドカップでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の責任者を務めていた。 2018.08.02 15:35 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース