いらないだろ!! 偽造免許で捕まったナビ・ケイタが新車を購入…2017.12.25 10:59 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽“ライプツィヒの悪童”ギニア代表MFナビ・ケイタ(22)が、偽造免許提出容疑がかけられている最中に新車を購入したようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。

▽ケイタは2016年12月と2017年1月にライプツィヒの地元警察に対して母国であるギニアの運転免許証を提出した。しかし後に、これが偽造免許証であったことが発覚。ケイタに対してライプツィヒの裁判所は41万5000ユーロ(約5600万円)の罰金処分を科している。

▽しかしケイタはこの判決を不服として、弁護士を通して控訴を行った模様。現在は審議中で、来年3月に判決が出るだろうと言われている。

▽処分が確定していないものの世間的に厳しい目に晒されているケイタだが、本人は動じず。『ビルト』によると同選手は先日、メルセデス・ベンツの真っ赤なGクラスAMGを購入したようでそのお値段は、14万5000ユーロ(約1900万円)。偽造免許で一度は捕まった同選手だが、新車を運転するときは本物の免許証を携帯しているのだろうか?

コメント

関連ニュース

thumb

ライプツィヒ、ラングニックがSD兼任監督に 19-20シーズンからナーゲルスマンが指揮

▽RBライプツィヒは9日、スポーツダイレクター(SD)を務めるラルフ・ラングニック氏(60)の監督就任を発表した。ラングニック氏はSD職と監督の兼任となる。 ▽RBライプツィヒは、ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督(30)が2019-20シーズンから指揮を執ることが決定。それまでの繋ぎ役として、監督キャリアを持つラングニック氏を擁立した格好だ。 ▽ラングニック氏は、シュツットガルトやハノーファー、シャルケ、ザルツブルクなどで監督を歴任。2015年からRBライプツィヒに加わり、ブンデスリーガ2部に属した2015-16シーズンにもSD兼任監督を務めた。 2018.07.09 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートンがスウェーデン代表MFフォルスベリに興味? 若手FWの去就も影響か

▽スウェーデン代表としてロシア・ワールドカップに出場していたRBライプツィヒのMFエミル・フォルスベリ(26)に、エバートンが注目しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽背番号10を背負いプレーしたフォルスベリは、5試合に出場。ラウンド16のスイス代表戦ではゴールを決め、チームのベスト8入りに貢献していた。 ▽フォルスベリの評価は今回のワールドカップで上がったとみられており、リバプールやアーセナルも興味を持っている。しかし、フォルスベリはライプツィヒと新契約を結んでおり、移籍金は2500万ポンド(約36億7200万円)に設定されている。 ▽ライプツィヒは、エバートンのFWアデモラ・ルックマン(20)に興味があり、1500万ポンド(約22億300万円)のオファーを準備しているとのこと。昨シーズンはライプツィヒへとレンタル移籍し、ブンデスリーガで11試合に出場し5ゴールを記録していた。なお、エバートンは1200万ポンド(約17億6200万円)のオファーを既に拒否している。 ▽新シーズンからエバートンを率いるマルコ・シウバ監督は、ルックマンがトップチームでポジションを獲得できると確信しているようで、フォルスベリ獲得には利用するつもりがないようだ。 2018.07.09 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ブライトンがライプツィヒからブラジル人DFベルナルドを獲得

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは5日、ライプツィヒからブラジル人DFベルナルド(23)を獲得した。契約期間は2022年6月までの4年間となる。 ▽2014年にレッドブル・ブラジルでプロデビューしたベルナルドは、2016年1月に姉妹クラブであるレッドブル・ザルツブルクへ移籍。ザルツブルクでは、1年半の在籍で公式戦26試合に出場。2016年の夏には、ザルツブルクから同じレッドブルが出資するライプツィヒへステップアップ移籍を果たした。 ▽ライプツィヒでは、両サイドバックを務め在籍2シーズンで公式戦49試合に出場。昨季は、リーグ戦18試合を含む公式戦27試合に出場し1ゴール1アシストを記録した。 2018.07.06 06:32 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール新加入N・ケイタの背番号がジェラード氏の「8」に決定!

▽7月1日からリバプールに加入するRBライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタ(23)の背番号が、「8」に決定した。クラブ公式サイトが発表している。 ▽リバプールは昨年8月29日、N・ケイタの2018-19シーズンからの加入で合意したことを発表した。以来、高いボール奪取能力、卓越したテクニックを誇る逸材の入団を、約1年待ち焦がれたレッズサポーター。その期待に応えるべく、7月1日を以ってN・ケイタがいよいよ正式にリバプールの選手となる。 ▽27日、リバプールは公式サイト上にN・ケイタがユニフォームを手にしている姿の写真を掲載。なんとその手には、クラブのレジェンドであるフィル・トンプソン氏、スティーブン・ジェラード氏らが背負った、背番号8のユニフォームが握られている。 ▽クラブの大きな期待を背負うN・ケイタは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「彼ら(リバプールの選手たち)が昨シーズンにどれだけの成績だったかを目にして、僕もこのチームの一員となり同じようにやりたいと思わせられるよ」 「よく見てきたチームだから、僕はリバプールを選んだんだ。それに、サディオ(・マネ)とは沢山話したよ。彼は、このクラブやチームのことを多く語ってくれた」 「チームのプロジェクトに関してコーチから聞いたことも、僕がここに来るモチベーションになった」 ▽2016年6月にザルツブルクからライプツィヒへ加入したN・ケイタは2016-17シーズン、ブンデスリーガで31試合に出場し、8ゴール8アシストを記録。ブンデスリーガ昇格初年度での2位躍進を支えた。 2017-18シーズンは、公式戦39試合9ゴール7アシストの成績を残している。 2018.06.27 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、ナーゲルスマン監督の来夏での退任を発表! 2019-20シーズンからはライプツィヒの指揮官に就任!!

▽ホッフェンハイムは21日、ユリアン・ナーゲルスマン監督(30)が2018-19シーズンを最後に退任することを発表した。昨夏に2021年まで契約を延長していた同監督だが、契約には来夏で解消可能となる例外条項が含まれていた。 ▽2016年2月に健康上の理由により退任したフーブ・ステーフェンス前監督の後任としてトップチームの監督に就任したナーゲルスマン監督。当時2部降格目前となっていたチームを立て直すと、7勝2分5敗の成績を残しブンデスリーガ残留に成功した。 ▽翌シーズンは、開幕から勝ち切れない試合が続いたものの、前半戦を無敗で終えると、後半戦でもわずか4敗に終わり、4位でシーズンをフィニッシュ。クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にチームを導いた。 ▽今季初挑戦となったCLでは、予選プレーオフでリバプールに敗れたがリーグ戦ではクラブ史上最高位となる3位でシーズンを終え、2年連続のCL出場権獲得に成功した。 ▽来季での契約解消に踏み切ったナーゲルスマン監督は、公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「自らの気持ちを明確にするためにも早期の決定が必要だった」 「CL初参戦という歴史的シーズンで、私の個人的なことや去就への推測で選手たちやサポーター、クラブの関係者全員に不安を与えることは望んでいなかった」 「今回の決断でこれからがはっきりとしたし、あとは我々としてはプロフェッショナルとして、待ち構える難しいタスクに向けて集中して臨んでいくだけだ。最後の瞬間まで目標達成のために私が全力を尽くすということは、みんなが理解してくれているものと思っているよ」 ▽なお、ライプツィヒは同日に来シーズンからナーゲルスマン監督がチームを率いることを公式サイトで発表。 ▽今季限りでチームを率いていたラルフ・ハッセンヒュッテル監督が退任したライプツィヒ。今回の発表位によれば、来季はスポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニックSDが監督を兼任し、2019-20シーズンからナーゲルスマン監督が監督に就任するという。 2018.06.22 01:55 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース