香川真司の華麗ループが9月のブンデスリーガ月間ベストゴールに選出!2017.10.13 12:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ公式サイトは13日、9月の月間ベストゴールにドルトムント日本代表MF香川真司のループシュートが選ばれたことを発表した。

▽月間ベストゴールは、Facebookを通じてファンが投票して選ぶもの。香川が、ブンデスリーガ第7節のアウグスブルク戦で決めた華麗なループシュートが見事に選ばれた。

▽23分、ボックス内右深くに侵入したオーバメヤンがマイナスのパス。これをヤルモレンコが繋ぐと、走り込んだ香川がGKの意表を突くループシュート。これがネットを揺らし、ドルトムントは2-1と勝ち越し、勝利を収めていた。

▽香川のゴールは全体の43%の票を獲得し、2位のカイウビー(アウグスブルク)の14%に大きな差をつけて選出された。9月の月間ベストゴール投票結果は以下の通り。

香川真司(ドルトムント)─43%
カイウビー(アウクスブルク)─14%
チャルレス・アランギス(レーバークーゼン)─10%
セバスティアン・アラー(フランクフルト)─8%
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)─8%
ユリアン・ヴァイグル(ドルトムント)─7%
アンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント)─4%
ナビ・ケイタ(ライプツィヒ)─3%
レオン・ゴレツカ(シャルケ)─2%
マクシミリアン・フィリップ(ドルトムント)─1%

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島からKASオイペン移籍のFW豊川雄太がスタンダール・リエージュ戦の遠征メンバー入り…早速デビューの可能性

▽ベルギーのジュピラー・プロ・リーグに所属するKASオイペンは19日、鹿島アントラーズからFW豊川雄太(23)の加入を発表した。契約期間は2019年6月30日までの1年半契約とのこと。移籍にはリーズ・ユナイテッドが絡んでいることも主張している。 ▽豊川は、今冬にテスト生としてトレーニングセッションに参加。満足行く結果を残したことにより、経営陣に認められ、ドーハで行われていたトレーニングにも参加。チームとのコンビネーションも完璧にしているという。 ▽また、クラブは20日に行われる第22節でスタンダール・リエージュと対戦。アウェイゲームに臨むが、豊川も選手登録され、帯同していることを発表した。キックオフは26時の予定だ。 ▽鹿島は19日に豊川のKASオイペンへの完全移籍を公式発表しているものの、リーズはこれまで一度も発表せず。しかし、KASオイペンはリーズが絡んでいることを主張し、当初は2018年夏までのレンタル移籍だったとのこと。鹿島とリーズの協議の結果、2019年6月30日まで契約を結ぶことができたとしている。 2018.01.20 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

R・シルバ移籍でヘルタFW原口元気が浦和復帰も? イングランド、ドイツのクラブも獲得に興味

▽今冬の移籍の可能性が報じられているヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気(26)だが、ここに来て古巣の浦和レッズも獲得に動いているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽今シーズン終了後にヘルタ・ベルリンとの契約が満了を迎える原口は、昨夏トランスファーリクエストをクラブに提出。しかし、移籍先が決定せずにチームに残るも、パル・ダルダイ監督の構想外となり、今シーズンはブンデスリーガで7試合、ヨーロッパリーグで3試合の出場に留まっている。 ▽原口は、19日に行われたドルトムント戦でもメンバー外となっており、6月に行われるロシア・ワールドカップへ向けて出場機会を得るため、今冬の移籍の可能性が噂されている。原口には、イングランドの2クラブやブンデスリーガのクラブも興味を持っている中、浦和も手を挙げているようだ。 ▽浦和は、昨シーズン加入したブラジル人FWラファエル・シルバが中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部への移籍が決定的となっており、AFCチャンピオンズリーグやJリーグで活躍したストライカーを失うこととなる。ラファエル・シルバの移籍金は700万ユーロ(約9億4700万円)とになると言われている。 ▽原口は50万ユーロ(約6800万円)で2014年にヘルタ・ベルリンへと加入。今なお高い評価をしている古巣に移籍する可能性もあるが、どのような決断を下すだろうか。 2018.01.20 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

香川真司、ヘルタ戦のゴールでブンデスリーガ史に名を刻む

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司がブンデスリーガ史に名を刻むゴールを記録した。 ▽ドルトムントは19日、ブンデスリーガ第19節でヘルタ・ベルリンのホームに乗り込んだ。この一戦に先発出場した香川は、0-1のビハインドで迎えた71分、ボックス左からのサンチョのクロスをゴール前でヘディングで押し込み、今シーズンリーグ戦4ゴール目。このゴールがブンデスリーガ史上2万点目のアウェーゴールとなった。 ▽試合はそのまま1-1のドローで終了。2試合連続ドローのドルトムントは、次節にフライブルクをホームに迎える。 2018.01.20 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

柴崎2戦連続先発! 試合は両者譲らずドロー決着《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第20節のヘタフェvsビルバオが19日に行われ、2-2の引き分けに終わった。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は先発して56分までプレーした。 ▽前節、柴崎が先発復帰しマラガを1-0で下したヘタフェと、リーガ8試合3勝5分けと負けの無いビルバオが、折り返しを迎えたリーガ最初の試合で対戦。9位のヘタフェ(勝ち点26)が、12位に沈みつつも調子を上げつつあるビルバオ(勝ち点25)をホームに迎え、スコアレスドローに終えた開幕戦と同一のカードで今シーズン初の連勝を目指した。 ▽最初のチャンスを得たのはビルバオ。6分にヘタフェの攻撃がボックス手前で止められると、ロングカウンターが発動する。最前線に残っていたイニャキ・ウィリアムズがヘタフェDF2人と対峙しつつもシュートまで持ち込んだが、枠を右に逸れていく。 ▽反撃に出るヘタフェは10分、ショートカウンターからDFジェネが相手陣内右付近からの速いクロスを入れていく。しかし、ニアに走り込んだモリーナが放った鋭いヘディングシュートはGKイアゴ・エレリンに阻まれた。 ▽お互いにゴール前まで運べる展開が目立ち始めた13分、試合が動く。ビルバオがやや押し込んだシーンで、ラポルテが高精度のフィードを供給。ボックス右のイニャキ・ウィリアムズが、クロス気味のループシュートをダイレクトで狙うと、GKマルティネスの手をかすめつつもファーのネットを揺らした。 ▽それでも、追い付きたいヘタフェはすぐさま反撃に出ていく。21分、ポルティージョのスルーパスに反応したモリーナがボックス右に走り込むと、前に出たGKイアゴ・エレリンと交錯して転倒。すると、これがPKの判定に。倒されたモリーナ自ら沈め、同点弾とした。 ▽しかしヘタフェはその後、なかなか良い形でモリーナや柴崎の待つ前線にボールを繋げられず、ビルバオのペースが続いていく。それでも、大きなチャンスはなくスコアを動かすまでには至らない。試合は均衡を保ったまま折り返しを迎えた。 ▽後半に入ると、ビルバオが攻勢をかけていく。すると48分、ボックス手前左のFKのシーンでボックス内の混戦から途中出場のモリネーロが相手選手を倒してしまい、ヘタフェはPKを与えてしまう。これを、ラウール・ガルシアが落ち着いて決め、勝ち越し弾とした。 ▽直後の52分には、ボックス右に抜け出したモリーナが再びGKイアゴ・エレリンに倒され、この日3回目のPKとなる。しかし、GKイアゴ・エレリンはキッカーを務めるモリーナのシュートを右腕一本でセーブ。同点弾とすることはできなかった。 ▽流れを変えたいヘタフェは、疲れの見える柴崎に代えて56分にアンヘルを投入。アタッカーを起用し、勝ち点の獲得を目指していく。対するビルバオは、61分にスサエタに代えてベニャトを入れる。キックの名手を投入し、カウンターの鋭さを増していった。 ▽それでもヘタフェがボールを持つ時間がやや増えると、74分にアントゥネスのフィードを受けたポルティージョが、DFサボリの前に入り込み頭で落とす。途中出場のアンヘルがフリーの状態で蹴り込み、監督の起用に応えた。 ▽86分にもアンヘルがボックス内で一対一を迎えたが、シュートはカバーに入ったラポルトがブロック。結局、試合は2-2のまま終了することに。この結果、ヘタフェは2戦負けなし、ビルバオはリーガ9戦負けなしとなった。 2018.01.20 06:51 Sat
twitterfacebook
thumb

酒井宏フル出場のマルセイユ、パイエのPK弾とトヴァン弾で5連勝《リーグ・アン》

▽マルセイユは19日、リーグ・アン第22節でカーンとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場している。 ▽3日前に行われた前節ストラスブール戦を2-0と勝利した3位マルセイユ(勝ち点44)は、酒井宏が3試合連続左サイドバックで先発となった。 ▽10位カーン(勝ち点27)に対し、地力に勝るマルセイユがポゼッションする展開となる中、19分にピンチ。酒井宏のサイドからクロスが上がってサンティニにネットを揺らされるもオフサイドで助かった。 ▽その後もマルセイユが押し気味に試合を進めると、34分にパイエの左クロスにエンジエがヘディングシュート。しかし枠の上に外れ、目立ったチャンスのなかった前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も押し込むマルセイユは54分、ボックス右に侵入したB・サールがベサに倒されてPKを獲得。これをパイエが決めて先制した。 ▽一方的な展開としたマルセイユはパイエをお役御免とした中、74分に突き放す。ペナルティアーク右からトヴァンが狙いすましたコントロールシュートをゴール左上に流し込んだ。 ▽勝負を決定付けたマルセイユはリーグ戦10ゴールに到達したトヴァンもお役御免とし、2-0のまま快勝。リーグ戦5連勝としている。 2018.01.20 06:45 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース