ハットトリックで2大会ぶりW杯出場に導いたデンマークのエリクセン「キャリアと人生において重要な出来事」2017.11.15 10:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場に喜びの声を上げた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽11日に行われたアイルランド代表とのロシアW杯欧州予選プレーオフ1stレグをゴールレスドローで終えたデンマーク代表。迎えた14日の2ndレグ、デンマークはアイルランドに試合開始序盤に先制点を許す。しかし、29分にアンドレアス・クリステンセンが試合を振り出しに戻すと、その後エリクセンがハットトリック。試合終了間際にも追加点を挙げたデンマークが5-1で勝利して、2大会ぶり5度目のW杯出場を決めた。

▽試合後のインタビューに応対したエリクセンは、この1戦に対してとても緊張していたことを告白。そんな中で達成したハットトリックについて「キャリアと人生において重要な出来事」とコメントした。

「自分でも一日中緊張していたのがわかっていたし、この試合を楽しみにしていたんだ。緊張を抑えて試合に集中し、1stレグの時よりもボールを保持しようとした。それにより、ボールを保持することもできたし、1stレグよりも良いプレーができたんだ。チャンスも作ることができたし、幸運にも5ゴールを奪うことができた」

「信じられないほど素晴らしい気持ちだよ。僕らはW杯に出場するために長い間戦ってきた。とても厳しいプレーオフの2試合を戦い、今夜それを達成することができた。W杯が楽しみだよ」

「僕がハットトリックを達成することなんてあまりないよ。だから、アウェイでのプレーオフでW杯出場を決定づける3ゴールを奪えて本当に素晴らしいね。僕のキャリアと人生において重要な出来事になったよ」

「2得点目は他のゴールよりもテクニックが優れていたね。僕はメンタル面でも成長したと思う。(W杯予選で)ゴール数の方がアシスト数よりも上回っているしね」

コメント

関連ニュース

thumb

30歳になっても“問題児”…タクシー運転手暴行のベントナーが謝罪

▽タクシー運転手に対する暴行事件を起こして逮捕されていたデンマーク代表FWニクラス・ベントナーが、事件について謝罪した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ベントナーは、タクシー運転手への暴行を行ったとして、9日の朝にコペンハーゲン警察に通報。通報した運転手が所属する『Dantaxa』は、運転手がアゴの手術を受けていると声明を発表していた。ベントナーは、その後に逮捕されていた。 ▽所属するローゼンボリやデンマークサッカー協会は今回の件について声明を出すことを拒否。事件について調べるとしていた中、ベントナー本人が謝罪を行った。 「残念な結果になり、僕も悲しい。一部の人に謝罪したいと思います」 「ローゼンボリファンの皆さんへ。今回のことを謝罪します。ローゼンボリに忠誠を誓うファンの皆さんのためにプレーすることは、最初から喜びでした。そして、自分自身、チームについて誇りに思ってくれていることを、名誉と感じています」 「クラブへ。僕自身が今日ここに立っていることを心から謝罪します。ローゼンボリは僕にとってより良いクラブでした。新たな家、新たな家族と感じており、僕には新たなスタートがひつようでした。なりたい人になることは簡単でした」 「親愛なるチームメイトには、重要な時期に集中力を奪ってしまうことを謝罪します。皆さんの理解に感謝し、それを受け止めています」 「1年半にわたって、毎日ロッカールームを共有した彼らは、僕のことを知ってくれています。しかし、もし愛している人々をピッチ内外で守ることができなければ、ファイターではあってはいけない。僕はそうではありませんでした」 ▽ベントナーは、アーセナルやユベントス、ヴォルフスブルクでプレー。これまでも、ピザ屋でクレジットカードが使えなかったために無償提供を要求する事件や、自動車を破壊する器物破損、飲酒運転など問題行動を起こしていた。 2018.09.12 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイル&ギグスがデンマーク戦の判定に苦言「ホームじゃなきゃ与えられないPK」

ウェールズ代表のライアン・ギグス監督とガレス・ベイルは、デンマーク代表戦の主審の判定に納得できないようだ。<br><br>9日に行われたUEFAネーションズリーグでデンマーク代表と対戦したウェールズ代表だが、クリスティアン・エリクセンに2ゴールを許して0-2で敗戦。中でも、2点目につながるPKの場面で、イーサン・アンパドゥがハンドを取られた判定は正当なものではなかったと、キャプテンのベイルがイギリス『スカイスポーツ』で不満をあらわにした。<br><br>「間違いなく問題になりかねないから多くのコメントはできない。しかし、僕にしてみればあれはペナルティではなかった。あまりにも優しすぎる判定だ。仮にあれが(デンマーク代表にとって)ホームの試合ではなかったら、与えられなかっただろう。0-1の場面ではまだ試合になっていたが、0-2になってしまってとても困難になった」<br><br>また、ギグス監督も「後半は本当に良い入りができていた。しかし、ペナルティの判定を下された。あれはペナルティか、イエスかノーか? 私にはわからない。でも本当に厳しい判定だった」とベイルの発言に同調した。<br><br>さらに、試合についても「彼らは前の試合を戦っていない選手ばかりだった。一方で我々の選手たちは短い期間で2試合を戦った。全体的に見れば、選手たちを責めることはできない。我々はあのペナルティの判定までは上回っていたんだ」とコメントを残した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.10 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ベントナー、タクシー運転手に暴行か…一部ではすでに逮捕とも

▽ローゼンボリに所属するデンマーク代表FWニクラス・ベントナーが、タクシー運転手に対して暴力行為を行った疑惑が浮上している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽伝えられるところによると、9日朝コペンハーゲン警察にタクシー運転手から、ベントナーに暴行を受けたとの通報があったとのこと。タクシー会社『Dantaxa』のスポークスマンは、暴行にあった運転手が顎を骨折し、手術を受けたと語っている。 ▽一部メディアではすでにベントナーが逮捕されたとも報じられているが、まだその状況は明らかにはなっていない。ローゼンボリ、デンマークサッカー協会(DBU)はコメントを控えており、コペンハーゲン警察も被疑者については明かしていない。 ▽アーセナル、ヴォルフスブルクなどでプレーしてきたベントナーは、現在ローゼンボリに所属。2017シーズンにはリーグ戦19ゴールで得点王に輝いた。デンマーク代表としては、今年3月から招集されておらず、ロシア・ワールドカップ(W杯)、今回のUEFAネイションズリーグには出場していない。 2018.09.10 09:35 Mon
twitterfacebook
thumb

エリクセン2発のデンマークがウェールズ撃破で白星発進《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグB・グループ4のデンマーク代表vsウェールズ代表が9日に行われ、2-0でデンマークが勝利した。 ▽4日前に行われたスロバキア代表との親善試合を0-3と完敗したデンマークは、その試合に出場していなかったエリクセンやデラネイ、Y・ポウルセンら主力がスタメンとなった。 ▽一方、3日前に行われたUNL初戦のアイルランド代表戦をベイルの1ゴール1アシストなどで4-1と圧勝したウェールズは、ベイルやラムジー、ジョー・アレンらが引き続きスタメンとなった。 ▽立ち上がりからデンマークがポゼッションする流れとなる中、23分にはCKの流れからデラネイがボレーシュートでゴールに迫る。 ▽対するウェールズは29分、カウンターからボックス左に侵入したベイルが際どいシュートを浴びせてけん制。 ▽そんな中32分、先制したのはデンマーク。右サイドからのクロスをボックス右で受けたエリクセンがグラウンダーのシュートを放つと、左ポスト内側に当たったシュートがゴールに吸い込まれた。 ▽続く36分にもシストのボレーシュートでゴールに迫ったが、GKヘネシーのファインセーブに阻まれてしまう。ハーフタイムにかけてはウェールズに攻め手を与えなかったデンマークが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半もデンマークが主導権を握ると、62分にPKを獲得した。ストリガー・ラーセンが左サイドから上げたクロスがボックス内のアンパドゥのハンドを誘った。このPKをエリクセンが決めてリードを広げたデンマークは、79分にはブラースヴァイトが際どいコントロールシュートを浴びせてウェールズの反撃を許さない。 ▽結局、守護神シュマイケルが脅かされるシーンを作られずに快勝したデンマークがUNL初戦を制している。 2018.09.10 02:54 Mon
twitterfacebook
thumb

選手と協会が一時和解を果たしたデンマーク代表に主力が復帰! UNLのウェールズ代表戦に向けたメンバーを発表《UEFAネイションズリーグ》

▽デンマークサッカー協会(DBU)は7日、一連の契約問題に関してDBUと選手協会の間で一時的な和解が成立。9日に行われるUEFAネイションズリーグ・リーグB・グループ4のウェールズ代表戦に向けたメンバーを発表した。 ▽DBUと選手協会は代表選手の商業的権利に関する契約問題が合意に至らず、今月4日に発表されたスロバキア代表との国際親善試合に向けた代表メンバーに関してはMFクリスティアン・エリクセン(トッテナム)やGKカスパー・シュマイケル(レスター・シティ)などの主力を招集できず、国内の3部、4部のチームや2016年のフットサル・ワールドカップに出場したフットサルプレーヤーを4名招集する異例の事態に見舞われた。 ▽そして、その24名のメンバーで臨んだスロバキア戦では0-3の大敗を喫していた。 ▽その後、DBUと選手協会は再び話し合いを行い、9月10日に今回の契約問題に関する交渉を行うことを約束し、一時的な和解を発表。これにより、ロシア・ワールドカップに出場していた主力メンバーを呼び戻すことに成功した。 <span style="font-weight:700;">◆デンマーク代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">カスパー・シュマイケル</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">フレデリック・レノウ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨナス・レッスル</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マティアス・ヨルゲンセン</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">シモン・ケアー</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・クリステンセン</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヤニク・ヴェステルゴーア</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">イェンス・ストリガー・ラーセン</span>(ウディネーゼ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ヘンリク・ダルスゴーア</span>(ブレントフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">ヨナス・クヌドセン</span>(イプスウィッチ/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ニコライ・ボイレセン</span>(FCコペンハーゲン) <span style="font-weight:700;">ラッセ・シェーネ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">ミケ・イェンセン</span>(ローゼンボリ/ノルウェー) <span style="font-weight:700;">アンデルス・クリスティアンセン</span>(マルメ/スウェーデン) <span style="font-weight:700;">トーマス・デラネイ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">クリスティアン・ノルゴーア</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ルーカス・レラガー</span>(ボルドー/フランス) <span style="font-weight:700;">クリスティアン・エリクセン</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ピオネ・シスト</span>(セルタ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ビクトル・フィッシャー</span>(FCコペンハーゲン) <span style="font-weight:700;">アンドレアス・コーネリウス</span>(ボルドー/フランス) <span style="font-weight:700;">ユスフ・ポウルセン</span>(ライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マルティン・ブラースヴァイト</span>(ミドルズブラ/イングランド) 2018.09.08 11:37 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース