ハットトリックで2大会ぶりW杯出場に導いたデンマークのエリクセン「キャリアと人生において重要な出来事」2017.11.15 10:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場に喜びの声を上げた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽11日に行われたアイルランド代表とのロシアW杯欧州予選プレーオフ1stレグをゴールレスドローで終えたデンマーク代表。迎えた14日の2ndレグ、デンマークはアイルランドに試合開始序盤に先制点を許す。しかし、29分にアンドレアス・クリステンセンが試合を振り出しに戻すと、その後エリクセンがハットトリック。試合終了間際にも追加点を挙げたデンマークが5-1で勝利して、2大会ぶり5度目のW杯出場を決めた。

▽試合後のインタビューに応対したエリクセンは、この1戦に対してとても緊張していたことを告白。そんな中で達成したハットトリックについて「キャリアと人生において重要な出来事」とコメントした。

「自分でも一日中緊張していたのがわかっていたし、この試合を楽しみにしていたんだ。緊張を抑えて試合に集中し、1stレグの時よりもボールを保持しようとした。それにより、ボールを保持することもできたし、1stレグよりも良いプレーができたんだ。チャンスも作ることができたし、幸運にも5ゴールを奪うことができた」

「信じられないほど素晴らしい気持ちだよ。僕らはW杯に出場するために長い間戦ってきた。とても厳しいプレーオフの2試合を戦い、今夜それを達成することができた。W杯が楽しみだよ」

「僕がハットトリックを達成することなんてあまりないよ。だから、アウェイでのプレーオフでW杯出場を決定づける3ゴールを奪えて本当に素晴らしいね。僕のキャリアと人生において重要な出来事になったよ」

「2得点目は他のゴールよりもテクニックが優れていたね。僕はメンタル面でも成長したと思う。(W杯予選で)ゴール数の方がアシスト数よりも上回っているしね」

コメント

関連ニュース

thumb

「あの場面でPKが与えられたら…」シュマイケル、2試合連続でのビデオ判定に苦言

デンマーク代表守護神のカスパー・シュマイケルは、2試合連続でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定からPKを取られたことへの不満を露にした。<br><br>21日に行われたワールドカップのグループC第2戦でデンマークはオーストラリアと対戦。前半開始早々にクリスティアン・エリクセンのゴールで先制に成功したデンマーク代表だが、前半のうちにPKからオーストラリア代表に得点を許し、同点に。その後はオーストラリア代表に攻め込まれる時間帯があったものの、追加点を許さず1-1のドローで終わった。<br><br>試合後、シュマイケルはインタビューでVARの判定について厳しい口調で答えた。<br><br>「判定は非常に厳しいものだった。あの状況では(ユスフ)ポウルセンはどうしようもなかった。彼がジャンプした瞬間に手が少し上がって、50センチ程度しか離れていないところからボールが来たら避けようにも避けきれない」<br><br>「あの状況でPK判定をされるのは理解できないが、レフェリーは別の見方をしたのだろう。あの場面でPKが与えられるのなら、今後はもっとPKを目にすることになるだろう。VARは必要だと思う。しかし、あの場面で必要だったとは思えない。2試合続けてこのようなことが起きたんだ」<br><br>「それに加え、アンドレアス・コーネリウスにも同様の場面があったと思う。彼は反則を受けていたが、倒れなかった。こういう場面こそ、VARが活用されるべきだと思う。いずれにせよ、誰かしらがレフェリーに悪い判定だったと言わなくてはならない」<br><br>この試合が引き分けに終わったものの、勝ち点を4に伸ばしたデンマーク代表は、26日にフランス代表と対戦する。決勝トーナメント進出が懸かる一戦に向けてシュマイケルは「非常にタフな試合で、今日以上のプレーをしなければならない。今日は良いスタートを切り、試合を支配したが、いくつかの場面では納得できなかった。しかし、僕たちは戦う準備ができているはずだ」と意気込みを語った。<br><br>提供:goal.com 2018.06.22 08:50 Fri
twitterfacebook
thumb

豪州に大苦戦のデンマーク…先制弾のエリクセン「難しい試合だった」

21日に行われたロシア・ワールドカップのグループC第2節でデンマークはオーストラリアと1-1で引き分けた。この試合で先制点となる芸術ボレーを決めたクリスティアン・エリクセンが試合を振り返った。<br><br>序盤に攻勢を強めたデンマークは7分、オーストラリアのクリアボールを拾い、ニコライ・ヨルゲンセンが巧みなトラップで収めると、走り込んでいたエリクセンへパス。これをエリクセンが弾道を抑えたボレーをゴールに突き刺し、デンマークが先制点を奪取した。<br><br>しかし、38分にユスフ・ポウルセンがPA内でハンドを犯したとして、VAR判定の末にオーストラリアにPKが与えられた。このPKを決められ同点に。後半はオーストラリアに押し込まれる展開となり、勝ち越しゴールを決められず。1-1のドロー決着となった。<br><br>試合後にエリクセンは、オランダの『NOS』のインタビューで、オーストラリアとのゲームを「難しい試合だった」とし、「僕たちは非常に強いスタートを切った。しかし、ペナルティがあってその後にポイントを失う可能性があったね」と振り返った。<br><br>デンマークはこれで2試合で4ポイントを挙げ、最終節のフランス戦にグループリーグ突破を懸けることとなった。デンマークの10番は「(フランス戦で)より良いサッカーをしてポイントを取るつもりだ」と、優勝候補のフランス相手に奮起を誓った。<br><br>デンマークは26日に最終節のフランス戦に臨む。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.22 00:45 Fri
twitterfacebook
thumb

古傷の肩を痛めた浦和FWナバウトのW杯が終了か

▽ロシア・ワールドカップ(W)杯)を戦っている浦和レッズのオーストラリア代表FWアンドリュー・ナバウトが21日、負傷した影響で今後の試合を欠場することが濃厚となったようだ。オーストラリア代表を率いるベルト・ファン・マルバイク監督が明かしている。 ▽ナバウトは21日に行われたロシアW杯グループC第2節デンマーク戦(1-1)で先発していたが、脱臼していた古傷の右肩を痛め、75分にピッチを後にしていた。 ▽フランス代表戦、デンマーク戦とスタメン出場していたナバウトについてファン・マルバイク監督は「肩の負傷が重く、彼のトーナメントは終わった」とコメントした。 ▽ここまで1分け1敗のオーストラリアはグループステージ突破を懸けて最終節でペルー代表と対戦する。 2018.06.22 00:35 Fri
twitterfacebook
thumb

痛恨ドローに不満の豪州指揮官、逆転でのGL突破へ「チャンスはまだある」

オーストラリア代表は、21日に行われたロシア・ワールドカップのグループC第2節でデンマークと1-1で引き分けた。試合後、ベルト・ファン・マルバイク監督は、グループリーグ突破はまだ「チャンスがある」と前向きな姿勢を崩さなかった。<br><br>オーストラリアは16日に行われたフランスとの初戦を1-2で落とし、黒星スタートとなった。3大会ぶりのベスト16進出へ、勝ちが欲しかったデンマーク戦は、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定により得たPKの1得点にとどまり、1-1の痛み分けに終わった。<br><br>ファン・マルバイク監督は試合後、オランダ『NOS』を通じ「我々は試合を常にコントロールしていた。後半は驚くほどチャンスもたくさんあった。得点できなかったことが信じられない」と失望感をあらわにした。<br><br>「この試合は勝利すべきだった。我々は今1ポイントを持っているが、(突破には)4ポイント必要だ」<br><br>しかし、オランダ人指揮官は「私は非常にポジティブだ。まだチャンスがあるし、勝つためにペルーと戦うつもりだ」と最終戦で対峙するペルーとの戦いに目を向けている。<br><br>オーストラリアは、2試合を終えて勝ち点は『1』。逆転でグループリーグを突破するのは、26日に行われる最終節のペルー戦で勝利することが絶対条件となった。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.22 00:17 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:デンマーク 1-1 オーストラリア《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC第2節、デンマーク代表vsオーストラリア代表が21日にサマーラ・アリーナで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽デンマーク採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180621_27_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュマイケル 6.5 PKはノーチャンス。後半の好守連発に加えクロスへの飛び出しの判断など安定していた DF 14 ダルスゴーア 6.5 堅実な守備に加えて豪快な持ち上がりから攻撃面でも貢献。終盤は絶妙な絞りでピンチを阻止 4 ケアー 6.5 抜群の危険察知能力を生かしてピンチの芽をことごとく摘む。積極的なフィードも利いていた 6 A・クリステンセン6.0 冷静に相手との間合いを取りながら対人守備ではほぼやられなかった 17 ストリガー・ラーセン 6.0 果敢なオーバーラップでクロスやフィードの受け手として機能。守備も及第点の出来 MF 8 デラネイ 6.0 豊富な運動量を生かして攻守に多くの仕事をこなした 10 エリクセン 6.5 らしい冷静なフィニッシュで今大会初ゴール。巧みな持ち出しやパスで攻撃にアクセントを加えた。ただ、後半はややミスパスも散見 19 シェーネ 5.5 先制点の起点となるなどクヴィストの代役をきっちりこなす。アンカーに近い役割でボールを散らした FW 20 Y・ポウルセン 5.5 攻守にハードワークをこなす。ただ、2試合連続のPK献上で次節は累積警告で出場停止に (→ブラースヴァイト 5.5) 足元で収めるプレーなど一定の存在感 9 N・ヨルゲンセン 6.0 先制点をアシスト。利他的なプレーや抜け目ない動き出しで攻撃を牽引 (→コーネリウス 5.5) 前線で身体を張ったが、決定的な仕事はできず 23 シスト 5.5 意識的に中寄りでプレーしながら要所で鋭い仕掛けを披露。ただ、最後の場面での判断や精度に難があった 監督 ハレイデ 5.5 初戦からの修正の跡はうかがえたが、選手交代で流れを変えられなかった ▽オーストラリア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180621_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ライアン 5.5 失点はノーチャンス。ややキックの精度は欠いたが、それ以外は堅実な仕事ぶりだった DF 19 リズドン 5.5 押し込まれる展開にラーセンの高さに苦戦も粘りの守備で穴を開けず 20 セインズベリー 6.0 ヨルゲンセンに起点を作られてしまったが、最後の場面ではきっちり身体を張った 5 マーク・ミリガン 6.0 ベテランらしい読みを利かせたプレーで堅実にスペースをカバー。対人守備でも粘った 16 ベヒッチ 5.5 ポウルセンとダルスゴーアとのフィジカル勝負に苦戦。それでも、要所で攻撃にも絡んだ MF 15 ジェディナク 6.0 PK職人ぶりを発揮して2試合連続ゴール。相手の攻撃に揺さぶられるも要所は締めた 23 ロギッチ 6.0 キープ力や仕掛け共に上々でナバウトが物足りない中で前線の起点に (→アーバイン -) 13 ムーイ 6.5 立ち上がりこそ消えていたが、時間の経過と共にインターセプトや正確な捌きで存在感を示した FW 7 レッキー 6.5 積極的な仕掛けでチームの攻め手に。要所で中にポジションを取ってボールを引き出した点も良かった 11 アンドリュー・ナバウト 5.5 攻守両面でハードワークしたが、危険なエリアではなかなか勝負させてもらえず。川崎戦で痛めた古傷の肩を再び痛めて負傷交代… (→ユリッチ 5.0) 持ち味の高さや強さは見せられず 10 クルーズ 5.5 要所で良い仕掛けを見せたが、やや試合を通して波があった (→アルザニ 5.5) 試合最終盤にようやく鋭い仕掛けからチャンスに絡んだ 監督 ファン・マルバイク 5.5 PKによる幸運な同点ゴールからうまく切り替えてあわや逆転という展開まで持って行った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ケアー(デンマーク) ▽対人やカバーリング、クロス対応のいずれも安定していたデンマークのディフェンスリーダーをMOMに選出。所属するセビージャでヨーロッパ最高レベルの舞台を経験している、その経験値は絶大だった。 デンマーク 1-1 オーストラリア 【デンマーク】 エリクセン(前7) 【オーストラリア】 ジェディナク(前38[PK]) 2018.06.21 23:08 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース