ハットトリックで2大会ぶりW杯出場に導いたデンマークのエリクセン「キャリアと人生において重要な出来事」2017.11.15 10:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場に喜びの声を上げた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽11日に行われたアイルランド代表とのロシアW杯欧州予選プレーオフ1stレグをゴールレスドローで終えたデンマーク代表。迎えた14日の2ndレグ、デンマークはアイルランドに試合開始序盤に先制点を許す。しかし、29分にアンドレアス・クリステンセンが試合を振り出しに戻すと、その後エリクセンがハットトリック。試合終了間際にも追加点を挙げたデンマークが5-1で勝利して、2大会ぶり5度目のW杯出場を決めた。

▽試合後のインタビューに応対したエリクセンは、この1戦に対してとても緊張していたことを告白。そんな中で達成したハットトリックについて「キャリアと人生において重要な出来事」とコメントした。

「自分でも一日中緊張していたのがわかっていたし、この試合を楽しみにしていたんだ。緊張を抑えて試合に集中し、1stレグの時よりもボールを保持しようとした。それにより、ボールを保持することもできたし、1stレグよりも良いプレーができたんだ。チャンスも作ることができたし、幸運にも5ゴールを奪うことができた」

「信じられないほど素晴らしい気持ちだよ。僕らはW杯に出場するために長い間戦ってきた。とても厳しいプレーオフの2試合を戦い、今夜それを達成することができた。W杯が楽しみだよ」

「僕がハットトリックを達成することなんてあまりないよ。だから、アウェイでのプレーオフでW杯出場を決定づける3ゴールを奪えて本当に素晴らしいね。僕のキャリアと人生において重要な出来事になったよ」

「2得点目は他のゴールよりもテクニックが優れていたね。僕はメンタル面でも成長したと思う。(W杯予選で)ゴール数の方がアシスト数よりも上回っているしね」
コメント
関連ニュース
thumb

カスパーの勇敢な救助活動…父ピーターが率直な思いを吐露

▽マンチェスター・ユナイテッドOBで元デンマーク代表GKのピーター・シュマイケル氏が、息子であるレスター・シティの同代表GKカスパー・シュマイケルの勇敢な行動を称賛すると共に、父親としての率直な思いを吐露した。 ▽その行動とは、レスターオーナーのヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏ら搭乗者5名の命を奪ったヘリコプター墜落事故の救助活動だ。事故発生当時、シュマイケルはすぐさま現場に駆けつけ、炎で包まれたヘリコプターから人命救助を試み、警察官に制止されたことが明らかになっている。 ▽そのカスパーの父であるピーター・シュマイケル氏は、イギリス『BBC』の『BBC Radio 5 live's Sportsweek』で次のように言及。息子に対して、いち人間としての「誇り」を感じると同時に、父として「怒り」の感情がこみ上げたことを明かした。 「私は息子のリアクションを誇りに思う。真っ先にやろうとしたことが救助活動だったのだからね」 「彼は炎上しているヘリコプターに走って行った。誰の親だって、あんなことは子供にさせたくない」 「私の息子は尊敬の念を欠かさない思いやりのある繊細な男だ。彼はとんでもないことをやった」 「今は難しい状況にある。私も彼の気持ちを読み取ろうとしていて、大きな反動がないことを願う」 2018.11.19 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

デンマークが敵地でウェールズを撃破しリーグA昇格《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ4、ウェールズ代表vsデンマーク代表が16日に行われ、1-2でデンマークが勝利した。 ▽先月行われたUNL3戦目のアイルランド代表戦を1-0と勝利した首位ウェールズ(勝ち点6)は、勝利すれば首位が確定する中、ベイルやラムジー、ジョー・アレンらが先発となった。 ▽一方、UNL2戦目のアイルランド代表戦を0-0で引き分けた2位デンマーク(勝ち点4)も、勝利すれば首位が確定する中、エリクセンやデラネイ、GKシュマイケルらが先発となった。 ▽開始3分にエリクセンのミドルシュートでゴールに迫ったデンマークがボールを保持する展開で試合は推移していく。 ▽しかし、カウンターを狙うウェールズは9分にベイルのミドルシュートでGKシュマイケルを強襲。直後のCKの流れからチェスターが際どいヘディングシュートを浴びせるなど、主導権を渡さない。 ▽その後もデンマークがポゼッションする中、36分に右クロスをファーサイドのベイルが打点の高いヘディングシュートでゴールに迫り、デンマークを牽制していく。 ▽しかし42分、ロングカウンターからデンマークが先制した。デラネイのパスを右サイドのY・ポウルセンがダイレクトで前方にパスを送ると、これに反応したN・ヨルゲンセンがディフェンスライン裏を取ってGKとの一対一を制した。 ▽迎えた後半開始3分、ウェールズはベイルが右サイドを突破した流れからゴール前のブルックスがボレーで合わせるも枠を捉え切れない。 ▽その後もブルックスやT・ローレンスのミドルシュートでゴールに迫ったウェールズだったが、デンマークの守備網を攻略できない。終盤の82分、ボックス手前右で得たFKをベイルが直接狙うも、枠の右上を捉えたシュートはGKシュマイケルのビッグセーブに阻まれた。 ▽そして88分、スローインの流れからボックス右のブラースヴァイトがボレーシュートを決めたデンマークは、90分にベイルに1点を返されるも2-1で逃げ切り。敵地で勝利したデンマークが1試合を残して首位を決め、リーグAへの昇格を決めている。 2018.11.17 07:14 Sat
twitterfacebook
thumb

エリクセン、ベイルを警戒「彼はメッシやC・ロナウドの領域にとても近い選手」

▽トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、ウェールズ代表FWガレス・ベイルを警戒している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽デンマーク代表は16日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ4の第3戦でウェールズ代表と対戦する。現在、デンマークは1勝1分けで2位につけており、首位浮上に向けても負けられない一戦を迎える。 ▽今回負傷から復帰したエリクセンは、ウェールズ戦に向けてエースのベイルについて言及。フットボール界をけん引し続けるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに匹敵する選手だと語った。 「彼はトップ。トッププレイヤーだ。メッシやロナウドと同等な人は誰もいないが、彼はその領域にとても近い選手だね」 「彼は長い間レアル・マドリーでプレーしているし、そこで上手くやっている。ベイルは常に違いを作れる選手だ。どのチームでも彼はそれができる」 「彼はとても速い。常に複数ゴールが保証されている。代表のチームでは、ゴールを決めることが全てであり、彼はそれができるんだ」 2018.11.15 08:50 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア出場ゼロ…苦境のチェルシーDFクリステンセンが去就に言及

▽チェルシーに所属するデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(22)が、今冬の去就に関して口を開いた。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽2012年夏にチェルシーの下部組織に入ったクリステンセンは、2015年夏からの2年間に渡りボルシアMGへレンタルされ、昨シーズンに復帰。すると、アントニオ・コンテ前監督の下で公式戦40試合に出場するなど、ポジションを確保した。 ▽しかし、マウリツィオ・サッリ監督を招へいして迎えた今シーズンは大幅に出場機会が減少。ここまででプレミアリーグでの出場は一切なく、公式戦全体でも6試合の出場に留まっている。クリステンセンは、苦しい現状について以下のように語った。 「昨シーズンとは違う。僕は多くの試合でプレーしてたけど、今シーズンはそうじゃない。これはプレーヤーにとって困難なものだよ。でも、何が起こるか見ていこう」 ▽また、「トランスファーリクエストを提出するかどうか」と直接的な質問を受けたクリステンセンは、断言はしなかったもののやんわりと否定している。 「それは難しい質問だ」 「どんな選手でも、プレーしていない時に幸せかどうか聞けば『ノー』と答えるだろうね。全員がプレーしたがっているけど、僕には何もできない。トレーニングして、機会を得るためにベストを尽くすだけだ」 「彼(マウリツィオ・サッリ監督)からの信頼を得られるような、良いプレーを見せなければ。そこら辺に座りたいと思ってはいないし、すぐにプレーしたいと思って待っている。それが僕らがフットボールをする理由だよ」 「プレーしなければ楽しくない。けど、(CLを逃した)昨シーズンとは違うんだ。(1月に移籍しようとは)考えてないよ」 ▽チェルシーは今シーズン、プレミア第12節終了時点で8勝4分けと無敗を維持。チームはポジティブな戦いを続けているが、クリステンセンがその輪に加わることはできるのだろうか。 2018.11.13 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

デンマークとの最終戦に臨むウェールズ代表メンバー発表、ベイルやラムジーが選出《UEFAネーションズリーグ》

▽ウェールズサッカー協会(FAW)は5日、今月行われるUEFAネイションズリーグ(UNL)と国際親善試合に向けた代表メンバー26名を発表した。 ▽先月行われたUNL3戦目のアイルランド代表戦を1-0で勝利して2勝1敗とした暫定首位のウェールズは、最終戦のデンマーク代表戦を勝利すればグループA昇格が決まる中、ライアン・ギグス監督は主軸のFWガレス・ベイル(レアル・マドリー)やMFアーロン・ラムジー(アーセナル)を招集した一方、DFベン・デイビス(トッテナム)が選外となった。 ▽UNL・リーグB・グループ4に属するウェールズは、16日にUNL最終戦のデンマーク代表戦をホームで、20日に国際親善試合のアルバニア代表戦をアウェイで戦う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ウェールズ代表メンバー26名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ウェイン・ヘネシー</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダニー・ウォード</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">アダム・デイビス</span>(バーンズリー/イングランド) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">コナー・ロバーツ</span>(スウォンジー) <span style="font-weight:700;">トム・ロッキャー</span>(ブリストル/イングランド) <span style="font-weight:700;">クリス・メファム</span>(ブレントフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・チェスター</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ニール・テイラー</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ポール・ダメット</span>(ニューカッスル/イングランド) <span style="font-weight:700;">アシュリー・ウィリアムズ</span>(ストーク・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">クリス・ガンター</span>(レディング/イングランド) <span style="font-weight:700;">イーサン・アンパドゥ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・ローレンス</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ダニエル・ジェームズ</span>(スウォンジー) <span style="font-weight:700;">マシュー・マット・スミス</span>(トゥベンテ/オランダ) <span style="font-weight:700;">アンディ・キング</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">デイビッド・ブルックス</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョー・アレン</span>(ストーク・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">アーロン・ラムジー</span>(アーセナル/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ガレス・ベイル</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">サム・ヴォークス</span>(バーンリー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ベン・ウッドバーン</span>(シェフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">タイラー・ロバーツ</span>(リーズ・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ハリー・ウィルソン</span>(ダービー/イングランド) <span style="font-weight:700;">トム・ローレンス</span>(ダービー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョージ・トーマス</span>(スカンソープ・ユナイテッド/イングランド) 2018.11.06 01:08 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース