24歳で偉業!ルカクが日本戦でベルギー代表歴代最多得点記録を更新!2017.11.15 10:18 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、ベルギー代表歴代最多得点記録を更新した。

▽ルカクは、10日に行われたメキシコ代表戦(3-3のドロー)で2ゴールを記録。ベルナルド・ヴォールホーフ氏とポール・ヴァン・ヒムスト氏と並び、ベルギー代表歴代最多得点記録である30ゴールに並んだ。

▽迎えた14日、ルカクは日本代表戦に先発出場すると、72分にドリブル突破からボックス左に侵攻したFWナセル・シャドリのクロスを頭で合わせてゴールに押し込んだ。ベルギー代表通算31ゴール目を記録して、同代表歴代最多得点記録を更新。ルカクは直後の74分にピッチを退いたが、ベルギーはこのゴールを守りきって1-0で日本代表に勝利している。

コメント

関連ニュース

thumb

パナマ戦2発のルカク「個人よりチームの勝利」次節チュニジア戦へ意気込む

現地時間18日、ロシア・ワールドカップのグループG第1節、ベルギーvsパナマは3-0でベルギーが勝利を収めた。試合後、2ゴールを決めて勝利に貢献したロメル・ルカクが試合を振り返っている。<br><br>「初戦に勝つことができてホッとしているよ。何よりも重要なことはチームが勝利することであって、個人のパフォーマンスではないと持っている。僕らはピッチ上で違いをもたらすことができる選手がたくさんいることを把握している。今日はしっかり準備ができたことも大きかったね。次の試合に向けて備えたいと思っているよ」<br><br>ルカクは2ゴールを決めたことについて問われると「2ゴールこそ記録したけれど、個人として良かったとか、そこまで意識していない。僕がすべきことはチームをできるだけ助けることだ。もちろん、得点というタスクを求められていることは承知しているけどね。勝つために次の試合に向けて気持ちを切り替えていく」と続け、謙虚な姿勢を見せながら早くも次の試合に向けて集中している。<br><br>パナマを下したベルギーは次節、23日にチュニジアと激突する。<br><br>提供:goal.com 2018.06.19 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:ベルギー 3-0 パナマ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第1節、ベルギー代表vsパナマ代表が18日にフィシュト・スタジアムで行われ、3-0でベルギーが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ベルギー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180619_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 クルトワ 6.0 1点リードした後のピンチを好飛び出しで防ぐ DF 2 アルデルヴァイレルト 5.0 守備面で試されることなく攻撃面でサポートできず 20 ボヤタ 5.5 3バックの中央でそつなくプレー 5 ヴェルトンゲン 5.5 フィード面で貢献 MF 15 ムニエ 5.5 馬力ある突破で多少の違いを生む 7 デ・ブライネ 6.0 もっとできるはずだが、ルカクのゴールをアシストした場面はさすがだった 6 ヴィツェル 5.0 攻撃面でのサポートが物足りず (→シャドリ -) 11 カラスコ 5.0 ドリブルで打開できずブレーキに (→デンベレ 5.5) 無理せずプレー FW 14 メルテンス 6.5 スーパーボレーで均衡を破った (→T・アザール -) 9 ルカク 6.5 パワー系センターバックに対峙したが、きっちり2点を挙げる 10 アザール 6.0 デ・ブライネ同様、本来の動きではなかったが、それでも3点目をアシスト 監督 マルティネス 5.5 勝つには勝ったが、連動性がほぼ皆無でこの先の戦いが心配な初戦だった ▽パナマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180619_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ペネド 5.5 前半は好守を見せるも後半に3失点 DF 2 ムリージョ 5.5 アザールの対応に腐心 5 R・トーレス 5.5 水際で耐えていたが、守り切れず 4 エスコバル 5.5 パワーではルカクと対等にやり合った 15 E・ダビス 5.5 前半は攻撃に絡む場面も MF 8 バルセナス 5.5 幾つか気の利いたパス出しでチャンスメイク (→G・トーレス 5.0) 何もできなかった 11 クーペル 5.5 攻撃に多少絡んだ 6 G・ゴメス 5.5 アンカーの位置でバイタルエリアを埋める 20 ゴドイ 5.0 攻守に凡庸 21 ルイス・ロドリゲス 5.5 何度か左サイドを上がって攻撃に絡む (→ディアス 5.0) 流れを変えられず FW 7 B・ペレス 5.0) 相手センターバックを慌てさせられず (→テハダ 5.0) 特に印象に残るプレーはなかった 監督 ゴメス 5.5 守備は強豪にもまずまず通用することを示した ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! メルテンス(ベルギー) ▽低調なパフォーマンスで苦戦していたチームを個人技で払拭。難度の高いボレーでゴールをもたらし、チームを楽にした。 ベルギー 3-0 パナマ 【ベルギー】 メルテンス(後2) ルカク(後24) ルカク(後30) 2018.06.19 02:03 Tue
twitterfacebook
thumb

ベルギーがメルテンスのファインゴールとルカクの2発で白星発進《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第1節、ベルギー代表vsパナマ代表が18日にフィシュト・スタジアムで行われ、3-0でベルギーが勝利した。 ▽イングランド、チュニジアが同居するグループG。前回大会ベスト8の“タレント軍団”ベルギーは、アザールやデ・ブライネ、ルカクといった主力が先発となった一方、テストマッチで負傷した主将のコンパニがベンチスタートとなった。 ▽一方、名将ゴメス監督の下でアメリカを敗退に追い込み、W杯初出場を果たしたパナマは、ベテランのトーレスやペレス、GKペネドらがスタメンとなった。 ▽立ち上がりから格上のベルギーが攻勢に出ると、カラスコ、メルテンスが枠内シュートを浴びせていく。続く12分にはアザールがDFのミスパスを突いてシュートを浴びせたベルギーだったが、徐々にパナマのスペースを埋める守備に苦戦してしまう。 ▽序盤にシュートに持ち込んで以降、攻めあぐねたベルギーは、38分にようやくアザールがGKを強襲するシュートを浴びせると、40分に決定機。メルテンスのスルーパスに抜け出したルカクがボックス中央へ。しかし、パスが長くなりシュートには持ち込めない。 ▽単調な攻めによりゴールレスで前半を終えたベルギーだったが、後半開始2分にファインゴールで均衡を破る。浮いたルーズボールをボックス右のメルテンスがボレーで一閃。見事にミートしたシュートがゴール左上に決まった。 ▽ようやくゴールをこじ開けたベルギーだったが、54分にピンチ。浮き球パスに抜け出したムリージョにボックス右へ侵入され、決定的なシュートを打たれたが、GKクルトワが好セーブで凌いだ。 ▽追う展開となったパナマは63分、2枚代えを敢行。9番のトーレスと10番のディアスを投入した。 ▽しかし69分にベルギーが突き放す。デ・ブライネがボックス左から右足アウトにかけた絶妙なクロスを送ると、ルカクがヘッドでゴールに押し込んだ。さらに75分、ロングカウンターからアザールのラストパスを受けたルカクがボックス左に侵入してGKとの一対一を制した。 ▽このまま3-0で勝利したベルギーが順当に白星発進とし、第2節ではチュニジアと対戦。敗れたパナマはイングランドと対戦する。 2018.06.19 02:02 Tue
twitterfacebook
thumb

【W杯グループG第1節プレビュー】2強イングランド&ベルギーが2弱チュニジア&パナマとの初戦

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第1節が18日にスタートする。28:00からはチュニジアとイングランドによるグループ突破に向けて重要な直接対決が行われ、24:00からは優勝候補にも挙がるタレント軍団ベルギーと初出場パナマの一戦が組まれている。 ◆テストマッチ情報:未勝利も格上相手のイメージ刻む ▽まずはチュニジアvsイングランド。3大会ぶりの出場となるチュニジアはポルトガルとトルコ、スペインとのテストマッチを2分け1敗の未勝利で終えた。しかし、決勝トーナメント進出に向けてベルギーとイングランドの2強のいずれかに勝利しなければならない中、ポルトガルとスペインという格上相手のテストマッチでイメージを掴めており、最高の準備ができたと考えていいはずだ。とりわけ、ポルトガル戦では2点ビハインドから最終的に追いつくなどチームにとって大きな自信となっている。 ▽一方、予選で強さを見せるものの大舞台で勝負弱さが目立つイングランドはナイジェリアとコスタリカとの2試合を連勝で飾り、本大会に向けてまずまずの状態を整えてきた。とりわけ、FWケインとFWラッシュフォード、FWウェルベックとストライカー陣が揃ってゴールを決めている点はプラス材料だ。あとは課題である本大会での勝負弱さを払拭するだけだ。 ◆注目選手:重責担う若きスリーライオンズのエースに注目 ▽イングランドの注目選手はキャプテンとエースストライカーの重責を担うケインだ。長年、その2役を担ったFWルーニーの代表引退によってエースストライカーに加え、本大会前にキャプテンマークも引き継ぐことになった24歳は国民の大きな期待を背負って自身初のW杯に挑む。直近のユーロ2016やアンダー年代を含めて国際大会では思うような活躍を見せられていない。そのため、重圧を払拭するうえでは初戦でのゴールが必須だ。 ▽一方、初戦でジャイアントキリング達成を目指すチュニジアの注目選手はリーグ・アンで活躍するスリティだ。左ウイングでの起用が濃厚なスリティは優れたアジリティとテクニックを武器とするドリブラー。恐らく、イングランドはサンダーランド時代にプレミアリーグでプレー経験がある逆サイドのMFハズリへの警戒を強めているはずだ。その中で緩急自在のスリティの仕掛けがカウンターの局面などでチームのカギを握ってくる。 ◆チュニジア予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_tunisia_fom.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆イングランド予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_england_fom.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupG1_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆テストマッチ情報:攻撃陣が好調維持 ▽続いてベルギーvsパナマ。今大会の優勝候補にも推す声があるベルギーはポルトガル、エジプト、コスタリカとW杯出場チームとのテストマッチを2勝1分けの無敗で終えた。ポルトガル相手にはゴールレスドローに終わったものの、エジプトとコスタリカ相手には3点以上奪っての快勝とグループリーグで求められる格下相手の確実な勝利という、タスクをきっちりこなした。その一方で、DFコンパニとDFヴェルメーレンと守備陣の主力のコンディション調整に問題を抱えており、グループリーグを通しても慎重な対応が求められる。 ▽一方、予選を突破したこと自体が奇跡といえるパナマは今大会では初ゴールや勝ち点奪取が当面の目標だ。直前のテストマッチでは北アイルランド、ノルウェーとヨーロッパの中堅国相手に0-0、0-1と接戦を演じた。3月のスイス戦で0-6の大敗を喫したことを考えれば、守備面の修正はできてきているようだ。ただ、2試合を通じて得点を挙げることはできておらず、カウンターやセットプレーの改善は急務だ。 ◆注目選手: 攻守の要に注目 ▽ベルギーの注目選手はエースストライカーのルカクだ。今回の一戦でパナマが自陣に引いてブロックを形成する、“弱者の戦い”を採用する可能性が高く初戦特有の緊張感を考えれば、決して簡単な試合にはならないはずだ。また、ボールを持たされるとMFアザールらの個人技以外に攻め手がなくなる傾向が強い現チームの中でルカクのボックス内でのシンプルな強さがゴールをこじ開けるうえで重要となるはずだ。幸い、直近のテストマッチでは2試合連続の合計3ゴールを記録しており、得点を奪う感覚は研ぎ澄まされている。 ▽一方、パナマの注目選手は守護神を担うペネドだ。直近のテストマッチではカルデロンと併用されていたものの、代表通算130キャップ以上を誇る大ベテランが歴史的な初戦でゴールマウスを任される可能性が高い。自陣に引いて人海戦術での守備が予想される中、ハイボールの処理や味方が限定したシュートをきっちり防ぎ切って勝ち点奪取を目指したい。 ◆ベルギー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_belgium_fom.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆パナマ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_panama_fom.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽6/18 《24:00》 ベルギー vs パナマ 《28:00》 チュニジア vs イングランド 2018.06.18 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

守護神クルトワ「ベルギーは優勝候補ではないが」…W杯での躍進誓う

ベルギー代表の守護神、GKティボー・クルトワは、ベルギーは2018FIFAワールドカップ・ロシアの優勝候補でないものの、上を目指せるチャンスがあると話した。<br><br>イングランド・プレミアリーグで活躍するエデン・アザールやケヴィン・デ・ブライネ、ロメル・ルカクらを擁し、ロシアW杯での躍進が期待されるベルギー。しかし、4年前のW杯や2年前のユーロでは、ともにベスト8止まりと、期待されたほどの結果を残せていない。大舞台で十分な成果を出せていないため、自国を優勝候補の一角でないと主張するクルトワだが、チャンスはあると自信をのぞかせる。<br><br>「僕たちはクオリティがあり、才能のある選手がそろっている。それにお互いのことをよく理解できている。多くの選手がキャリアのピークに達して、大きな自信を持っている。でも、優勝候補とは呼べないだろう」<br><br>「僕たちはアウトサイダーだけれど、先に行けるチャンスはある。優勝できるとか、世界のベストチームだとは言えないが、僕たちは自分たちを信じている。4年前と比較すれば全員が経験を積んだ。人生でもフットボールでも多くのことを経験した。戦う準備は整った」<br><br>ベルギーは現地時間18日、グループリーグ初戦でパナマ代表と対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 17:40 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース