24歳で偉業!ルカクが日本戦でベルギー代表歴代最多得点記録を更新!2017.11.15 10:18 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、ベルギー代表歴代最多得点記録を更新した。

▽ルカクは、10日に行われたメキシコ代表戦(3-3のドロー)で2ゴールを記録。ベルナルド・ヴォールホーフ氏とポール・ヴァン・ヒムスト氏と並び、ベルギー代表歴代最多得点記録である30ゴールに並んだ。

▽迎えた14日、ルカクは日本代表戦に先発出場すると、72分にドリブル突破からボックス左に侵攻したFWナセル・シャドリのクロスを頭で合わせてゴールに押し込んだ。ベルギー代表通算31ゴール目を記録して、同代表歴代最多得点記録を更新。ルカクは直後の74分にピッチを退いたが、ベルギーはこのゴールを守りきって1-0で日本代表に勝利している。

コメント

関連ニュース

thumb

最新FIFAランキング!ベルギーがフランスと並び同率一位に!UEFAネーションズリーグの影響は?

▽国際サッカー連盟(FIFA)は20日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ以降、2度目の更新となった今回。今年から新設されたUEFAネーションズリーグの影響はあまり見られなかったものの、上位では前回2位のベルギーがフランスと同率1位に。ドイツは順位を3つ上げて12位となった。 ▽最も大きな変化となったのがウクライナ。UEFAネーションズリーグでチェコとスロバキア相手に2連勝を収め、順位を6つ上げることに成功。29位となった。 ▽なお、日本は前回の55位から1つ上げて54位となった。 ◆9月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位) 1.フランス(1) 1.ベルギー(2) 3.ブラジル(3) 4.クロアチア(4) 5.ウルグアイ(5) 6.イングランド(6) 7.ポルトガル(7) 8.スイス(8) 9.スペイン(9) 10.デンマーク(9) 11.アルゼンチン(11) 12.チリ(12) 12.ドイツ(15) 14.コロンビア(14) 15.スウェーデン(13) 15.メキシコ(16) 17.オランダ(17) 18.ポーランド(18) 19.ウェールズ(19) 20.イタリア(21) 21.ペルー(20) 22.アメリカ(25) 23.チュニジア(24) 24.オーストリア(23) 25.セネガル(24) 26.スロバキア(26) 27.ルーマニア(28) 28.北アイルランド(27) 29.ウクライナ(35) 30.アイルランド(29) 31.パラグアイ(30) 32.ベネズエラ(31) 33.イラン(32) 34.ボスニア・ヘルツェゴビナ(39) 35.セルビア(36) 36.アイスランド(32) 37.コスタリカ(32) 38.トルコ(38) 39.スコットランド(40) 40.コンゴ(37) 41.モンテネグロ(41) 42.ギリシャ(42) 43.オーストラリア(43) 44.ブルガリア(47) 45.モロッコ(46) 46.ロシア(49) 47.チェコ(44) 48.ナイジェリア(49) 50.カメルーン(47) : 54.日本(55) 55.韓国(57) ◆アジア内トップ10(カッコ内は総合順位) 1.イラン(33) 2.オーストラリア(43) 3.日本(54) 4.韓国(55) 5.サウジアラビア(71) 6.シリア(74) 7.中国(76) 8.UAE(77) 8.レバノン(77) 10.オマーン(85) 2018.09.20 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカク2G+PK獲得のベルギー、アイスランドに快勝で白星発進《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ2のアイスランド代表vsベルギー代表が11日に行われ、0-3でベルギーが快勝した。 ▽3日前に行われたUNL初戦のスイス代表戦を0-6と惨敗したアイスランドは、スイス戦のスタメンから3選手を変更。シグルドソンやB・ビャルナソン、GKハルドルソンらは引き続きスタメンとなった。 ▽一方、4日前に行われた親善試合のスコットランド代表戦を4-0と快勝したベルギーは、スコットランド戦のスタメンから4選手を変更。アルデルヴァイレルトやムニエ、カラスコにヴィツェルといった主力がスタメンとなった。 ▽[3-4-3]を採用したベルギーは3トップに右からメルテンス、ルカク、アザール、中盤は右からムニエ、ティーレマンス、ヴィツェル、カラスコ、3バックは右からアルデルヴァイレルト、コンパニ、ヴェルトンゲンと並べた。 ▽ベルギーがポゼッションするゆったりとした展開で立ち上がっていった中、14分にアイスランドがゴールに迫る。右サイドを突破した流れからシグルドソンがシュートに持ち込んだが、枠を捉えていたシュートはDFにカットされた。 ▽それでも28分、右クロスに反応したルカクがヘディングで合わせにかかったところでインガソンに倒されてベルギーがPKを獲得する。これをアザールが決めて先制した。 ▽さらに31分、右CKからニアのコンパニのヘディングシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをルカクが詰めて2-0とした。 ▽2点をリードして迎えた後半もベルギーが押し込む展開とすると、63分にムニエが際どいシュートを浴びせていく。 ▽敵陣でボールを保持するベルギーは70分、シグルドソンのミドルシュートで脅かされるも、GKクルトワがセーブして凌ぐと、81分にメルテンスの右クロスをルカクが左足アウトでうまく流し込んで3-0と突き放した。 ▽このまま試合を終わらせたベルギーがルカクの活躍で快勝し、白星発進としている。一方、敗れたアイスランドは連敗スタートとなった。 2018.09.12 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

クルトワ、チェルシーサポからの批判に「悲しくなった」

▽レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、古巣ファンに悲しみを感じている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽クルトワは、今夏に3500万ポンド(約50億円)でチェルシーからマドリーに移籍。マドリーではGKケイロル・ナバスとのし烈なポジション争いが議論されているが、リーガエスパニョーラ第3節レガネス戦ではついにデビューを果たし、4-1での勝利に貢献していた。 ▽しかし、イギリス『デイリー・メール』のインタビューで新天地の印象に触れた際、「レアル・マドリーのレベルはチェルシーよりも高い」とコメント。比較する発言をしてしまい、SNS上などで古巣のサポーターから批判を浴びる事態に発展している。 ▽これに関して聞かれたクルトワは、以下のように釈明した。 「あれには悲しくなった。彼らは明らかに全ての真実を知らないんだ」 「3月にはこの決断は固まっていたように思うし、クラブもそれを受け入れると考えていた」 「移籍が終わったから僕は姿を現さなかった。チームやスカッドの邪魔をしない方が良いと思ったんだ」 「心を蝕む存在になりたくなかった。僕はチェルシーを愛しているし、(ファンからの批判は)どう考えても残念なことだ」 「僕はいつでもチェルシー時代を幸せな気持ちで回想するつもりだ」 「スペインに戻り、子供たちの近くに居られるチャンスが巡ってきた。それは僕にとって重要なことだった」 「大勢のチェルシーファンが僕の決断を理解してくれるだろうと分かっている。彼らがベストであることを願うし、彼らが開幕4試合に勝利できて幸せだ。このまま持続することができて、リーグを制覇してくれたらいいな」 ▽2009年にヘンクでプロデビューしたクルトワは、2011年の夏にチェルシーへ入団し、直後にアトレティコ・マドリーにレンタルで加入した。2014年夏からチェルシーに復帰すると、退団まで在籍4シーズンで公式戦154試合に出場し58試合のクリーンシートを達成。昨シーズンも守護神として活躍し、プレミアリーグ35試合を含む公式戦46試合に出場していた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.08 20:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ベルギー、途中出場バチュアイの2発など4Gでスコットランドに快勝《国際親善試合》

▽ベルギー代表は7日、国際親善試合でスコットランド代表とアウェイで対戦し、4-0で快勝した。 ▽ロシア・ワールドカップで史上最高位となる3位に輝いたベルギーは、デ・ブライネを負傷で欠く中、アザールやルカク、GKクルトワといった主力を先発で起用した。 ▽ロバートソンやフレイザー、アームストロングといったプレミアリーグでプレーする面々をスタメンで起用してきたスコットランドに対し、ベルギーは[3-4-3]を採用。3トップに右からメルテンス、ルカク、アザール、中盤右にカスターニュ、左にT・アザール、センターにデンベレとティーレマンスを置き、3バックにコンパニ、ヴェルトンゲン、ボヤタと据えた。 ▽立ち上がりこそホームチームが前に出たものの、徐々にポゼッションを高めたベルギーは、8分にアザール兄弟のパス交換からトルガンがシュートを浴びせる。 ▽しかし、押し込むものの攻め手のないベルギーはメルテンスやティーレマンス、アザールらがミドルシュートでスコットランドをけん制していく。 ▽すると28分に先制した。デンベレが敵陣でボールを奪ってボックス左のT・アザールにつなぎ、最後はルカクがゴールに蹴り込んだ。 ▽その後も主導権を握ったベルギーは45分、カスターニュの右クロスをニアに飛び込んだアザールがヘディングで合わせたシュートはGKゴードンの好守に阻まれ、前半を1点のリードで終えた。 ▽後半からルカクやメルテンス、コンパニら4選手を変更してバチュアイやカラスコ、ムニエを投入したベルギーは開始1分に加点する。左サイドで仕掛けたカラスコのパスをボックス左で受けたアザールが左足で豪快にゴール右上へ蹴り込んだ。 ▽さらに52分、敵陣でデンベレがボールを奪った流れからアザールのラストパスを受けたバチュアイが冷静に左足でゴールに流し込み、3-0と突き放した。 ▽60分にも敵陣でティーレマンスがボールを奪った流れからバチュアイが確実にゴールネットを揺らし、4-0で快勝した。 ▽ベルギーは今後、11日にUNLでアイスランド代表とのアウェイ戦を戦い、スコットランドは10日にUNLでアルバニア代表とのホーム戦を戦う。 2018.09.08 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表がミニョレ、フェライニ、ベンテケの離脱を発表…

▽ベルギーサッカー協会(KBVB)は5日、ベルギー代表招集中のGKシモン・ミニョレ(リバプール)とMFマルアン・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド)、FWクリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス)が負傷し同代表を離脱することを発表した。 ▽なお、ベルギー代表はアンデルレヒトに所属するGKダビー・ローフ(24)を追加招集。初招集となったローフは、今シーズンのリーグ戦全試合でゴールマウスを守り続けている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)を過去最高の3位で終えたベルギー代表は、7日に国際親善試合でスコットランド代表と、11日にUEFAネイションズリーグ2018-19リーグA・グループ2のアイスランド代表と対戦する。 2018.09.06 01:20 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース