一時同点もシティが勝ち切り無敗維持で首位堅守! 《プレミアリーグ》2017.10.29 01:07 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは28日、プレミアリーグ第10節でWBAの本拠地に乗り込み、3-2で勝利した。▽8勝1分け無敗で首位のシティが、2勝4分け3敗で13位のWBAのホームに乗り込んで行われた一戦。ミッドウィークのカラバオカップ4回戦でPK戦の末ウォルバーハンプトンを下したシティは、その試合でフル出場したアグエロやスターリング、ヤヤ・トゥーレらをベンチからスタートさせることに。ゴールマウスにエデルソン、最終ラインにウォーカー、ストーンズ、デルフ、オタメンディ、中盤にフェルナンジーニョ、L・ザネ、ベルナルド・シウバ、デ・ブライネ、シルバを並べ、最前線にはガブリエウ・ジェズスが入った。

▽シティは序盤から試合を支配。ほぼ相手の陣内で試合を進行していくと10分に先制点を奪取する。フェルナンジーニョのパスを受けたL・ザネが、ボックス手前左でDFとの一対一を迎えると、一瞬の加速で半身だけずらし、股を抜くシュート。タイミングをずらされたGKは反応できず、ゴール右隅に決まった。

▽大きなアドバンテージを握ることに成功したシティだったが、直後に一瞬の隙を突かれ、同点弾を許すことに。13分、ピッチ中央付近でボールを持ったバリーが前を向くと、ラインの裏にフライスルーパスを供給。ストーンズを背負いつつもボックス内に抜け出したジェイ・ロドリゲスが、GKエデルソンの頭上を抜くループ気味のシュートを放ち、試合をイーブンに戻した。

▽それでも直後の15分、動揺せずに相手を押し込み続けるシティが、再びリードを得る。敵陣深くでボール回しが続くと、ボックス手前中央でボールを持ったフェルナンジーニョがミドルシュート。ボールは左ポストを叩きつつ、ゴールに吸い込まれた。

▽5分間で3得点が生まれる怒涛の時間が過ぎ去ると、試合はややこう着状態に。ワンタッチでパスを回すシティに対して、WBAは前を向かせないことに集中して対応。結局、1点差で試合の折り返しを迎えることとなった。

▽後半に入ってもWBAが落ち着いた守備をみせると、なかなか好機が生まれない。リズムを変化させたいシティは、61分にベルナルド・シウバに代えてスターリングを投入。得点力のある選手を起用し、追加点を目指していく。

▽すると64分、途中出場の選手が早くも監督の期待に応える。ショートカウンターの場面で右サイド深くにオーバーラップしたウォーカーが、グラウンダーのクロスを供給。DFを置き去りにして抜け出したスターリングが、ダイレクトでゴールに流し込んだ。

▽その後もシティがチャンスを作り続けると、85分にはボックス内右でフリーとなったデ・ブライネがシュートを放つ。ボールはゴールポスト右に逸れたが、相手GKに息を突く暇を与えない。

▽しかし、試合終了間際の92分にホームのWBAが意地をみせる。敵陣中央付近からバリーがボックス内にボールを放り込むと、オタメンディは胸でGKエデルソンにバックパス。背後につけていた途中出場のM・フィリップスが飛び出してこれに触り、点差を縮めることに成功する。

▽それでも、直後に試合終了の笛が鳴り、WBAの反撃はここで終了。攻め勝ったシティが無敗を継続することとなり、首位を堅守する結果となった。

コメント

関連ニュース

thumb

我々なら希望額を出す! レアル・マドリーがスターリング獲りへ

▽イギリス『エクスプレス』は、レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)の獲得に尽力と報じた。 ▽スターリングの現行契約は2020年まで。長らく延長交渉が続いているが、金銭面で折り合いがつかず、依然として合意に至っていない。さらに長引けば、シティは無銭流失を避けるべく、来夏の移籍市場で売却を迫られることになる。 ▽そのスターリングの新天地候補として挙がっているのがレアル・マドリーだ。15日に行われたUEFAネーションズカップのスペイン代表vsイングランド代表で2得点を挙げたスターリングの活躍を受け、獲得意欲を強めたとみられる。 ▽そこで、レアル・マドリーはシティで週給17万ポンド(約2400万円)を受け取るスターリングに対して、週給27万ポンド(約3900万円)の好条件を用意。同数字はシティとの延長交渉で承諾してもらえずにいる本人の希望額だという。 2018.10.22 08:05 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ怒涛のゴールラッシュ!バーンリーに5発圧勝…デ・ブライネも復活《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは20日、プレミアリーグ第9節でバーンリーと対戦し、5-0で勝利した。 ▽チェルシー、リバプールと並んで6勝2分け無敗のシティは前節リバプールと0-0の引き分けを演じた。無敗を目指す今節では、開幕戦のアーセナル戦以降負傷離脱が続いていたデ・ブライネがベンチ入り。スタメンにはコンパニやラポルテ、ザネ、マフレズらが顔を揃えた。 ▽序盤からホームのシティが次々とゴールに迫る。まずは4分、右サイドのクロスをアグエロがダイビングヘッドでシュートに繋げると、15分にはマフレズのクロスから再びアグエロがゴール前で合わせるが、つま先で僅かに当ててコースを変えたシュートは古巣対決のGKハートがファインセーブを見せた。 ▽それでも猛攻続けるシティがゴールを奪うのは時間の問題だった。17分、左サイドでボールを持ったザネを起点に、シルバがボックス左でフリーに。シルバはそこからゴール前を横切る鋭いパスを通し、逆サイドのアグエロが楽々と押し込んだ。 ▽その後もシティが圧倒的な力の差で試合を支配。前半アディショナルタイムには右サイドのクロスをアグエロが完璧なタイミングで頭で捉えたが、ハートが再びのビッグセーブ。元シティGKの活躍もあり前半はシティは1点をリードするにとどまった。 ▽しかし、後半開始開始まもなくシティがリードを広げる。54分、ボックス左に侵入したザネが相手の足にかかって倒れると、バーンリーの選手たちはプレーを止めて審判にノーファウルをアピール。しかし笛はなっておらず、シティはその隙にシルバがボールを拾ってクロスを上げる。これをベルナルド・シウバが蹴り込んでシティが追加点。バーンリーにとっては悔やまれる失点となった。 ▽さらにバーンリーに追い打ちをかけるようにその2分後、シティの左CKの場面でボールを処理し損ねると、こぼれ球をフェルナンジーニョにボックス手前からダイレクトでゴール右上に突き刺すファインゴールを決められ3点目を奪われてしまった。 ▽これで試合を決めたシティは58分、ついにデ・ブライネがピッチへ。ベルナルド・シウバの代わる際には観客から大きな拍手が送られた。 ▽シティは84分、ボックス手前でボールを受けたマフレズが左足でゴール左上を突く見事なシュートを沈めて4点目。90分にはメンディのグラウンダーのクロスをザネがダイレクトで合わせ5点目を追加した。 ▽試合はそのまま終了。後半に怒涛の4得点を奪ったシティが5発大勝を収めた。 2018.10.21 01:08 Sun
twitterfacebook
thumb

シティが今節対戦の元守護神に最大限の敬意! GK練習場ピッチにジョー・ハートの名

▽マンチェスター・シティは20日に行われるプレミアリーグ第9節でバーンリーと対戦する。この一戦を前にかつての守護神に対して最大限の敬意を示した。 ▽現在、バーンリーで守護神を務めるのは昨季までシティに12年間在籍していた元イングランド代表GKジョー・ハートだ。同選手は2006年にシュルーズベリーから加入して以降、幾つかのクラブへのレンタル移籍を経験した一方、2011-12シーズンと2013-14シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献したレジェンドだ。 ▽ジョゼップ・グアルディオラ監督の就任に伴い、ここ2シーズンはトリノ、ウェストハムにレンタルに出され、今夏愛するクラブを旅立つ決断をしたハートだが、クラブはその功労者への恩を忘れていなかったようだ。 ▽シティは19日、アカデミーの練習場にあるGK用のトレーニングピッチにジョー・ハートの名前を冠することを発表。さらに同ピッチの柵の部分には2011-12シーズンのプレミア最終節のQPR戦での劇的過ぎる優勝時にハートが見せた、お馴染みのセレブレーションの様子を模したモザイク絵も飾られている。 ▽さらにバーンリー戦後には前述のモザイク絵のミニチュア版と、ハートとその家族に生涯のシーズンチケットがプレゼントされる予定だ。 ▽ハートは古巣からの粋な計らいに対して、心から感謝を示している。 「シティ・フットボール・アカデミーのゴールキーパー用のトレーニングピッチに自分の名前が冠されることは大きな誇りだ。マンチェスター・シティは僕の人生、キャリアにおいてとても大きな部分を占めているんだ。そして、僕と当時のチームメートが成し遂げたことを心から誇りに思っているよ」 「マンチェスター・シティの歴史において数々の偉大なゴールキーパーたちがいた。そして、クラブがその中の1人として僕を選んでくれたことをこの上ない特権と感じているよ」 2018.10.20 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネついに復活!今節バーンリー戦で開幕節以来の出場へ

▽マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがついに戦線に戻ってくるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今季のプレミアリーグ開幕節のアーセナル戦で負傷して以降、しばらくチームから離脱していたデ・ブライネ。当初は3カ月の離脱が見込まれていたが、驚異的な回復を見せ20日に行われる第9節のバーンリー戦に出場できる見通しとなったようだ。記者会見に出席したジョゼップ・グアルディオラ監督が以下のようにコメントしている。 「彼が90分間プレーできるかどうかは分からないが、彼はここ2週間痛みなくトレーニングを順調にこなしてきた。準備は出来ているよ」 ▽また、MFファビアン・デルフも起用可能となった一方で、MFイルカイ・ギュンドアンについては「正確には分からないが、2、3週間は離脱するだろう」とコメントしている。 2018.10.19 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

シティDFダニーロが負傷…最低1カ月の離脱か

▽マンチェスター・シティのブラジル代表DFダニーロが負傷したようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 ▽10月の国際親善試合のためブラジル代表に招集されていたダニーロ。16日のアルゼンチン代表戦で先発出場したが、53分に足首を負傷し途中交代を余儀なくされていた。 ▽正確なケガの具合は不明なものの、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は最低でも1カ月は回復に時間を要する可能性があると伝えている。現在シティは、MFファビアン・デルフとMFイルカイ・ギュンドアン、MFケビン・デ・ブライネが負傷離脱中。 ▽シティの今後の予定は、20日のプレミアリーグ第9節バーンリー戦(H)、23日のチャンピオンズリーググループステージ第3節シャフタール・ドネツク戦(A)、29日のプレミアリーグ第10節トッテナム戦(A)となっている。なお、ギュンドアンとデ・ブライネに関しては、バーンリー戦で復帰できる見込みだ。 2018.10.18 17:04 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース