一時同点もシティが勝ち切り無敗維持で首位堅守! 《プレミアリーグ》2017.10.29 01:07 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは28日、プレミアリーグ第10節でWBAの本拠地に乗り込み、3-2で勝利した。

▽8勝1分け無敗で首位のシティが、2勝4分け3敗で13位のWBAのホームに乗り込んで行われた一戦。ミッドウィークのカラバオカップ4回戦でPK戦の末ウォルバーハンプトンを下したシティは、その試合でフル出場したアグエロやスターリング、ヤヤ・トゥーレらをベンチからスタートさせることに。ゴールマウスにエデルソン、最終ラインにウォーカー、ストーンズ、デルフ、オタメンディ、中盤にフェルナンジーニョ、L・ザネ、ベルナルド・シウバ、デ・ブライネ、シルバを並べ、最前線にはガブリエウ・ジェズスが入った。

▽シティは序盤から試合を支配。ほぼ相手の陣内で試合を進行していくと10分に先制点を奪取する。フェルナンジーニョのパスを受けたL・ザネが、ボックス手前左でDFとの一対一を迎えると、一瞬の加速で半身だけずらし、股を抜くシュート。タイミングをずらされたGKは反応できず、ゴール右隅に決まった。

▽大きなアドバンテージを握ることに成功したシティだったが、直後に一瞬の隙を突かれ、同点弾を許すことに。13分、ピッチ中央付近でボールを持ったバリーが前を向くと、ラインの裏にフライスルーパスを供給。ストーンズを背負いつつもボックス内に抜け出したジェイ・ロドリゲスが、GKエデルソンの頭上を抜くループ気味のシュートを放ち、試合をイーブンに戻した。

▽それでも直後の15分、動揺せずに相手を押し込み続けるシティが、再びリードを得る。敵陣深くでボール回しが続くと、ボックス手前中央でボールを持ったフェルナンジーニョがミドルシュート。ボールは左ポストを叩きつつ、ゴールに吸い込まれた。

▽5分間で3得点が生まれる怒涛の時間が過ぎ去ると、試合はややこう着状態に。ワンタッチでパスを回すシティに対して、WBAは前を向かせないことに集中して対応。結局、1点差で試合の折り返しを迎えることとなった。

▽後半に入ってもWBAが落ち着いた守備をみせると、なかなか好機が生まれない。リズムを変化させたいシティは、61分にベルナルド・シウバに代えてスターリングを投入。得点力のある選手を起用し、追加点を目指していく。

▽すると64分、途中出場の選手が早くも監督の期待に応える。ショートカウンターの場面で右サイド深くにオーバーラップしたウォーカーが、グラウンダーのクロスを供給。DFを置き去りにして抜け出したスターリングが、ダイレクトでゴールに流し込んだ。

▽その後もシティがチャンスを作り続けると、85分にはボックス内右でフリーとなったデ・ブライネがシュートを放つ。ボールはゴールポスト右に逸れたが、相手GKに息を突く暇を与えない。

▽しかし、試合終了間際の92分にホームのWBAが意地をみせる。敵陣中央付近からバリーがボックス内にボールを放り込むと、オタメンディは胸でGKエデルソンにバックパス。背後につけていた途中出場のM・フィリップスが飛び出してこれに触り、点差を縮めることに成功する。

▽それでも、直後に試合終了の笛が鳴り、WBAの反撃はここで終了。攻め勝ったシティが無敗を継続することとなり、首位を堅守する結果となった。

コメント

関連ニュース

thumb

シティファンのノエル・ギャラガー氏がダービーでの勝利に満足感「正直、やってやったと思ったね」

▽マンチェスター・シティの熱狂的なファンとして知られる、元オアシスの世界的ミュージシャンであるノエル・ギャラガー氏が、マンチェスター・ユナイテッドとの“マンチェスター・ダービー”での歓喜を回想。イギリス『サン』へのコメントを、スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽マンチェスター出身の大スターであるノエル氏は、生粋のシティファンであることを度々公言。プレミアリーグのライバルチームを敵視する発言も多く、とりわけ同じ街のクラブであるユナイテッドには、以前から敵対心をむき出しにしていた。 ▽今シーズン圧倒的な強さで無敗の首位に立っているシティは、10日にプレミア第16節で敵地・オールドトラッフォードでユナイテッドと激突。そして、ダービーでもあり頂上決戦でもあったその試合で、2-1と勝利している。ノエル氏は、シティファンに歓喜が訪れたスタジアムで、自身の曲である『Don’t Look Back In Anger』が合唱されていたことについて「最高だ」と語った。 「いつだって、この街ではこっち(マンチェスター・シティ)を贔屓にしてる」 「ドレッシングルームや入場時に俺の曲を流して、(ユナイテッド指揮官のジョゼ・)モウリーニョをあんなに慌てさせられるなんて最高だ。俺たちのゴールキーパーは奴のプランを壊してやったな」 「うちはこの街で最高のチームじゃないと。全てにおいてだ。俺はスタジオで座っていて、(ユナイテッドOBの) ギャリー・ネヴィルがメルトダウンしていくのを見たよ」 「めちゃくちゃ大音量で『Don’t Look Back In Anger』が歌われてるのを聞いてたよ。正直、やってやったと思ったね」 ▽この試合を中継したイギリス『スカイ・スポーツ』は、注目のダービーに合わせて豪華なゲストをスタジオに呼ぶという企画を実施。ユナイテッドOBの元イングランド代表DFギャリー・ネビル氏、アーセナルOBの元フランス代表FWティエリ・アンリ氏、リバプールOBの元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏、そしてシティからは元オアシスのノエル・ギャラガー氏といった顔ぶれがキャスティングされ、SNS上などではシティの輩出選手を揶揄する投稿も見られた。 ▽また、今回の発言の中でノエル氏が「メルトダウンしていくのを見た」と語ったG・ネヴィル氏もSNS上の流れに便乗。スタジオでの共演を前にして、「何かを勝ち取った元シティの選手なんていなかった! ノエルは前に“年間イケてるへアーカット賞”を受賞してたから、彼がベストだったんだ! 」と、自身ツイッター上に投稿していた。 2017.12.18 00:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ライバルを揶揄?シティの選手が控室でチャント大合唱「パーク・ザ・バス!」

マンチェスター・シティの選手たちは、ローカルライバルに対する鬱憤が溜まっていたようだ。『The Sun』が伝えている。<br><br>16日に行われたプレミアリーグ第18節で、ホームにトッテナムを迎えたシティ。14分にCKからMFイルカイ・ギュンドアンのヘッドで先制すると、その後さらに3ゴールを追加。終了間際に1点を返されたが、プレミア&ldquo;ビッグ6&rdquo;との直接対決で4発快勝を収めた。<br><br>リーグ戦での連勝を16に伸ばしたシティは、これで2位のマンチェスター・ユナイテッドとの差を暫定で14にまで広げた。今季前半戦の&ldquo;ビッグ6&rdquo;との直接対決を全勝で終え、圧倒的な強さでプレミアリーグを席巻している。<br><br>この試合後、完勝劇に興奮が収まらない選手たちはロッカールームで喜びを爆発させた。そして、そこでローカルライバルを揶揄するチャントを歌ったようだ。<br><br>現在怪我で離脱中のDFベンジャミン・メンディは、選手たちが「パーク・ザ・バス、パーク・ザ・バス、マンチェスター・ユナイテッド!」と、ライバルを煽るチャントを歌って盛り上がる様子が収められた動画を投稿している。<br><br>10日に行われた「マンチェスター・ダービー」後、トンネル内でユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督らと一悶着があったというシティの選手たち。さらに、ライバルクラブの指揮官は「彼らの教育に疑問を感じている」と批判を繰り返していた。<br><br>シティの選手たちは、公にライバルを批判するコメントを発していなかったが、どうやら鬱憤が溜まっていたようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.17 21:44 Sun
twitterfacebook
thumb

「夢のような関係だ」グアルディオラ、“ビッグ6”との直接対決全勝のチームに感謝

マンチェスター・シティにジョゼップ・グアルディオラ監督は、選手と「夢」のような関係を築けているとし、スタッフにも感謝を述べている。<br><br>16日に行われたプレミアリーグ第18節で、ホームにトッテナムを迎えたシティ。14分にCKからMFイルカイ・ギュンドアンのヘッドで先制すると、その後さらに3ゴールを追加。終了間際に1点を返されたが、プレミア&ldquo;ビッグ6&rdquo;との直接対決で4発快勝を収めた。<br><br>この勝利で、シティの連勝は「16」に。リーグ新記録を更新し続けており、2位のマンチェスター・ユナイテッドとの差は暫定で14にまで広げた。<br><br>圧倒的な強さで勝利を積み重ねるチームだが、指揮官は選手と「夢」のような関係を築けていると感じているようだ。<br><br>「我々はお互いに信頼しあわなければならない。選手たちが意見をくれた時、私は彼らを信頼する。私が意見を出した時、選手たちは従ってくれる。これは監督にとって夢のような関係だ」<br><br>「タイトルを獲ることは重要だが、私はこれが最重要なものであると信じているし、最高のプレーをするには必要なことだと思っている。疑いの余地はない。選手が自分を信じて従ってくれるということは、最高の贈り物だね」<br><br>リーグ戦16連勝は、グアルディオラ監督にとってバイエルン・ミュンヘンで達成した19連勝に次ぐ記録だ。46歳のスペイン人指揮官は、チームスタッフのサポートがあってこその成功だと誇っている。<br><br>「誇りに思うよ。今は謙虚にならなくても良いだろうね。コーチ陣は本当に働いてくれている。良いプレーヤーと良いスタッフの支えがなければ、これは不可能だった」<br><br>これで今季前半戦の&ldquo;ビッグ6&rdquo;との直接対決を全勝で終えたシティ。選手と監督が「夢」のような関係を築くチームは、どこまで連勝を伸ばすのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.17 19:22 Sun
twitterfacebook
thumb

メンディ代役探しのペップ、アウグスブルク左SBに関心か

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が来年1月の移籍市場で左サイドバックの補強を画策しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽その候補に名前が挙がったのが、アウグスブルクに所属するドイツ人DFフィリップ・マックス(24)だ。シャルケ育成機間出身のドイツ人左サイドバックは、カールスルーエを経て、2015年夏からアウグスブルクでプレー。高い攻撃性能を武器とし、今シーズンはここまで出場したブンデスリーガ17試合でランキングトップの10アシストをマークしている。 ▽売り出し中のマックスに対しては、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、エバートンも関心を寄せているとみられるが、負傷離脱が続いているDFバンジャマン・メンディの代役探しに奔走するシティも動向を注視。シティのスカウトマンは16日に行われたブンデスリーガ第17節のフライブルク戦でマックスを視察したという。 ▽また、グアルディオラ監督は来年1月の移籍市場で、負傷離脱中のDFヴァンサン・コンパニに代わるセンターバック獲得も視野。現時点で、レアル・ソシエダのDFイニゴ・マルティネス、エスパニョールのDFアーロン・マルティン、サウサンプトンのDFヴィルヒル・ファン・ダイク、セビージャのDFクレマン・ラングレをリストアップしている模様だ。 2017.12.17 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップ、デ・ブライネにメロメロ 「言葉がない」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がベルギー代表MFケビン・デ・ブライネを大絶賛した。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽シティは、16日に行われたプレミアリーグ第18節でトッテナムに4-1の快勝。プレミアリーグ連勝記録を16試合に伸ばして、首位を独走している。 ▽グアルディオラ監督は試合後、眩いばかりの圧倒的な存在感を示したベルギー人プレーメーカーに対して、惜しむことなく称賛の言葉を送った。 「全ての選手、特にケビン・デ・ブライネに感謝している。彼は最も才能がある選手なのに、良く走ってくれるからだ」 「彼は若手、アカデミーの選手にとって良い手本だね。ケビン・デ・ブライネがどれだけ走り、どれほどファイトしているのか。彼らにとって、良い例だ」 「彼は、将来的にチームをもっと良くするための手助けをしてくれている。彼の今日のパフォーマンスに言葉がない」 2017.12.17 12:25 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース