低調・エバートン、オーナーは指揮官への信頼を強調2017.10.02 11:44 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽開幕から低調なパフォーマンスが続いているエバートンだが、同クラブのオーナーは指揮官であるロナルド・クーマンへの信頼を強調している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽エバートンは今夏の移籍市場で、イングランド代表FWウェイン・ルーニーの復帰や同国代表DFマイケル・キーン、オランダ代表MFダビ・クラーセン、アイスランド代表MFギルフィ・シグルドソンなど、多額の移籍金を使って多くの選手を獲得した。

▽しかしチームは開幕から不甲斐ない戦いが続き、7試合を終えて2勝1分け4敗の勝ち点7で16位に位置。CL出場圏内の4位・チェルシーとはすでに勝ち点6差と離されており、逆に交換圏内の18位・スウォンジーとは勝ち点2差となっている。

▽開幕前の期待を大きく裏切る結果となっている中、エバートンの筆頭株主であるファルハド・モシリ氏は、指揮官への信頼はゆるぎないとしている。

「今の我々は悪い瞬間を過ごしている。ただ、まだシーズンは始まったばかりだとも考えている。そして私はロナルド・クーマンを完全に支持する」

コメント

関連ニュース

thumb

元ユナイテッドのオランダ人老将がエバートン監督に?

▽エバートン次期監督候補に元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のあの男の名前が急浮上した。イギリスの地元紙『リバプール・エコー』が報じた。 ▽エバートンは、成績不振により、ロナルド・クーマン監督を解任。その後、後任探しの動きが伝えられ、最近はワトフォードを率いるマルコ・シウバ監督の名前が取り沙汰されてきた。 ▽だが、エバートンの後任人事に関して、マルコ・シウバ監督に対する数回のオファーは通らなかった模様。そこで、新たにオランダ人のルイス・ファン・ハール氏(66)招へいの動きを見せているという。 ▽また、そのほかにも、ロリアンやアルジェリア代表、レンヌを率いてきたクリスティアン・グルキュフ氏や、バーンリーを指揮するショーン・ダイチェ監督やサム・アラダイス氏もリスト入りしているとみられる。 2017.11.22 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

FA、C・パレス戦で“ダイブ”したエバートンFWニアッセを処分! プレミアリーグで初の処分者に…

▽イングランドサッカー協会(FA)は21日、18日に行われたプレミアリーグ第12節、クリスタル・パレス戦で“ダイブ”したエバートンのセネガル代表FWバイェ・ウマル・ニアッセに対して処分を科すことを発表した。 ▽ニアッセは、2-2のドローに終わった18日のパレス戦に先発フル出場を果たした。同試合ではパレスが開始2分にMFジェームズ・マッカーサーのゴールで早々に先制した。だが、直後の5分にはボックス内で仕掛けたニアッセが相手DFスコット・ダンと交錯し倒れると、このプレーでエバートンにPKが与えられる。これをキッカーのDFレイトン・ベインズが決めて、試合を振り出しに戻していた。 ▽このPKの場面では、DFダンがPKを避けるために足を出しに行くことを止めていたものの、ニアッセは足をかけられたように演技を行い、これが“ダイブ”にあたると、各方面で非難の声が挙がっていた。 ▽そして、FAは同試合後、ニアッセの当該行為に関して調査を開始。元マッチオフィシャル、元レフェリー、元プレーヤーの3者で構成される独立規律委員会が中継映像で確認を行ったところ、全会一致でニアッソの行為が「マッチオフィシャルを故意に欺く行為」にあたると確認した。 ▽ニアッセには現地時間21日18時までに異議申し立てを行うことができるが、この上訴が認められない場合、2試合の出場停止処分が科される見込みだ。 ▽なお、“ダイブ”やシミュレーションなどが横行するイングランドサッカー界では、2017-18シーズンから「マッチオフィシャルを故意に欺く行為」に対して、厳格な処分を科すことを決定した。 ▽そして、今回処分を科されるニアッセは、プレミアリーグにおいて最初の処分者となる不名誉な記録を残すことになった。 2017.11.22 00:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ドリンクウォーターとM・キーンの移籍で思わぬ臨時収入?

▽マンチェスター・ユナイテッドが、かつてプレーした2選手の移籍で思わぬ臨時収入を得たようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ユナイテッドは16日に第1四半期の業績報告を実施。報道によると、今夏の移籍市場で所属チームを変えたイングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターと、同代表DFマイケル・キーンの移籍により、ユナイテッドは臨時収入を得たようだ。 ▽マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー出身であるドリンクウォーターは、2009年にトップチームに昇格するもその後はレンタル移籍を繰り返し、2012年にレスター・シティへと完全移籍で加入した。同選手はレスターで主力選手となると、2015-16シーズンにはプレミアリーグ制覇に大きく貢献。2017-18シーズンにはチェルシーへと移籍した。 ▽一方、M・キーンもユナイテッドのユースで育つも2011年にトップチームに昇格されながらドリンクウォーター同様にレンタル移籍を繰り返す。2015年にはバーンリーへ移籍すると主力へと成長し、今シーズンからエバートンに加入した。 ▽16日に発表されたユナイテッドの業績報告では、移籍の収益として930万ポンド(約13億8400万円)が計上されていた模様。ユナイテッドはレスターとバーンリーに対して、選手を売却した際の数%を受け取る契約をしていたようだ。 ▽なお、レスターは3500万ポンド(約52億1000万円)でドリンクウォーターをチェルシーに売却。バーンリーはエバートンに3000万ポンド(約44億6500万円)でM・キーンを売却しており、2つの移籍金の合計は6500万ポンド(約96億7400万円)であり、ユナイテッドが受け取った930万ポンドはこれのおよそ14%分に当たる。 2017.11.17 11:53 Fri
twitterfacebook
thumb

志は高く! エバートン、あの名将がターゲット?

▽エバートンがアトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督(47)の招へいを目指しているようだ。『スカイ・スポーツ』のケイヴ・ソルヘコル氏が伝えた。 ▽エバートンは先月23日、成績不振からロナルド・クーマン監督を解任。現在はデイビッド・アンスワース氏が暫定指揮官を務めており5日のワトフォード戦では公式戦9試合ぶりの勝利を収めたが、現在も15位と厳しい位置にいる。 ▽そのエバートン、ソルヘコル氏によれば筆頭株主のファラド・モシリ氏がシメオネ監督の指揮官就任を望んでいるとのことだ。シメオネ監督率いるアトレティコは現在、リーグ戦で首位のバルセロナから10ポイント差の4位であることに加え、チャンピオンズリーグでもローマ(8ポイント)、チェルシー(7ポイント)の後塵を拝する3位(3ポイント)という苦しい状況。とはいえ、世界屈指の名将の地位を確立しているシメオネ監督をエバートンが招へいすることは困難を極めると考えられる。 ▽なお、ソルヘコル氏はシメオネ監督への関心と共に、サム・アラダイス氏、ワトフォードを率いるマルコ・シルバ監督が現実的なターゲットであるとも主張。アンスワース氏の正式就任の可能性も含んでいる。 2017.11.07 22:42 Tue
twitterfacebook
thumb

監督業引退を示唆していた“残留請負人”サム・アラダイス氏がエバートンと交渉中?

▽エバートンが次期監督としてサム・アラダイス氏(63)と交渉しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽昨シーズン7位という成績を残したエバートンは、今夏の移籍市場で約1億4000万ポンド(約210億2000万円)の移籍金を費やして補強を敢行。しかし、第9節終了時点で2勝2分け5敗で降格圏内の19位と低迷。10月23日に、成績不振によりロナルド・クーマン監督(54)を解任した。 ▽現在、後任候補の中には、かつてドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏(44)や昨シーズンまでワトフォードを指揮していたワルテル・マッツァーリ氏(56)、過去にエバートンを指揮していたデイビッド・モイーズ氏(54)の名が浮上している。 ▽しかし、今回『スカイ・スポーツ』が伝えるところによると、エバートンは昨シーズンまでクリスタル・パレスを指揮しており、現在はフリーとなっているアラダイス氏と交渉中とのこと。今シーズン終了時までの契約で話が進んでいるようだ。 ▽アラダイス氏は、これまでニューカッスルやブラックバーン、ウェストハムなどで指揮。チームの立て直しに定評がある同氏は、2015-16シーズンに低迷していたサンダーランドを、昨シーズンには2部への降格が有力視されていたクリスタル・パレスをシーズン途中からの就任で残留に導いた経験を持っている。そんな中、今年5月にクリスタル・パレスの辞任を発表すると、「現在、新たな仕事を引き受ける野心もない」と監督業の引退もほのめかしていた。 2017.11.07 12:07 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース